本日はK2→社会人。
湘南学院グラウンドでK2最終節。
湘南学院と藤沢清流の対決。

湘南学院は今シーズン5回目の観戦。
147.厚木北 vs 湘南学院
156.湘南学院 vs 座間
235.市立橘 vs 湘南学院
261.湘南学院 vs 光陵
関東:ベスト16
総体:ベスト16
選手権:ベスト16
リーグ戦成績
7勝2分8敗 得点36 失点49
勝ち点23 6位

藤沢清流は今シーズン6回目の観戦。
74.桐蔭学園 vs 藤沢清流
107.日大藤沢 vs 藤沢清流
127.市立橘 vs 藤沢清流
236.SC相模原U-18 vs 藤沢清流
262.湘南工科 vs 藤沢清流
関東:ベスト16
総体:2次予選2回戦
選手権:2次予選2回戦
3勝3分11敗 得点25 失点37
勝ち点12 9位

K2 第18節
2018.12.2
@湘南学院G

湘南学院 1-0 藤沢清流

後半28分 11鷹野佳介(湘南学院)

湘南学院
C96F6CD5-D96D-4CFB-9021-6D46E6A9A0AA

GK
1 小林司 3年 FC明浜JY
DF
17 細田龍樹 3年 横浜FC鶴見JY
4 長島頌ヤニック 3年 FC明浜JY
24 田中翔 2年 エスペランサJY
5 三浦幹太 3年 浦賀中
MF
10 鈴木凱斗 3年 追浜中
8 剣凱也 3年 横浜FC鶴見JY
9 内田龍星 3年 YSCC JY
14 井内悠人 3年 横浜FC鶴見JY
12 黒田駿平 1年 横浜栄FC
FW
19 亀山弘登 3年 バンデリージャ横浜

ーーーーーー19ーーーーーー
ーー12ーーー14ーーー9ーー
ーーーー8ーーー10ーーーー
ー5ーー24ーーー4ーー17ー
ーーーーーー1ーーーーーー

後半16分 9→11
後半? 10→16
後半34分 24→3
後半39分 19→6
後半45分+3 8→23

11 鷹野佳介 3年 岡村中
16 渕上佳吾 3年 バンデリージャ横浜
3 船津海斗 3年 大道中
6 吉田洋二郎 3年 横浜栄FC
23 廣田孝太郎 3年 バンデリージャ横浜

藤沢清流
7F56BDE1-BE1B-488F-B87C-B4BE1311C216

GK
30 遠山翔也 3年 大清水中
DF
19 小林智輝 3年 片瀬中
8 鈴木拓朗 3年 寒川東中
5 大海龍真 3年 湘南台中
6 石野直哉 3年 戸塚中
MF
2 川野雄大 3年 腰越中
22 伊丹新大 3年 希望ヶ丘中
7 岡田達也 3年 村岡中
FW
25 坂拓也 3年 千代中
10 山田拓海 3年 旭が丘中
28 鬼頭慶光 3年 BANFF横浜ベイ

ーー28ーーー10ーーー25ーー
ーーーーーー7ーーーーーー
ーーーー22ーーー2ーーーー
ー6ーー5ーーーー8ーー19ー
ーーーーーー30ーーーーーー

HT 22→14
HT 28→27
後半17分 2→11
後半21分 10→18
後半33分 25→4

14 近藤匠 3年 スエルテFC
27 加藤優 3年 六会中
11 齋藤晴也 3年 滝の沢中
18 田島広登 3年 和光ユナイテッド川崎
4 常盤勇仁 3年 大船中

前半開始(45分ハーフ)
湘南学院は4-2-3-1の布陣。
藤沢清流は4-2-1-3の布陣。

前半30分-湘南学院。バイタルでパスを引き出した#14井内がスムーズなターンから右足シュートはゴール右へ外れる。

前半39分-湘南学院。中盤で#14井内が持つとライン裏へオシャレなスルーパス。反応した#19亀山がDFを振り切りGKと1対1。これはGK#30遠山が間合いを詰め足でブロック。ファインセーブ。

前半43分-湘南学院。#19亀山がPA右を抉ってマイナスに折り返す。2枚がニアへ突っ込みDFとGKをゴール前へ貼り付けると3枚目の#14井内がフリーで空振り。更に後方から4枚目の#8剣がダイレクトで合わせたシュートは枠の上。湘南学院が分厚い攻撃を披露する。

前半終了
湘南学院 0-0 藤沢清流

前半は互角の展開ながらフィニッシュに持ち込む回数は湘南学院が優勢。
ホームの湘南学院はトップ下のファンタジスタ#14井内が鮮やかなスルーパスを連発し最終ラインの背後を突く。相手GKの攻守に阻まれながらも決定機は創出した。
一方アウェイの藤沢清流はCF#10山田がスピードを活かしたスペースへの走り込みで惜しいシーンは創出した。ただ、アタッキングサードまで運ぶ回数は限られていてフィニッシュに繋がらない。守備に関してはCB#8鈴木が鋭い読みで素晴らしいディフェンスを披露した。

後半開始
-藤沢清流
#22伊丹→#14近藤
#28鬼頭→#27加藤
加藤がCFに入り.#10山田が右FW.#25坂が左FWへ。
HTでの積極的な交代は珍しい。

後半10分-湘南学院。PA左へ飛び出した#12黒田がゴールを横切るクロス。フリーの#14井内がGKと1対1はGK#30遠山が正面で弾き返す。

後半13分-藤沢清流。バイタルの#7岡田がDFの間を通すオシャレなショートパスを通す。#25坂がPA左で1つタメて中央へ。#10山田が持つと左足で対角を狙ったシュートは僅かにゴール左へ切れる。

後半16分-湘南学院
#9内田→#11鷹野
鷹野が左SHに入り.#19亀山が右SH.#12黒田がCFへ。

後半17分-藤沢清流
#2川野→#11齋藤

後半20分-藤沢清流。左サイドから#11齋藤が右足でアーリークロス。中央の#27加藤が難しい体勢のループヘッドはGK#1小林がバックステップからキャッチ。

後半21分-藤沢清流
#10山田→#18田島

後半23分-藤沢清流。#25鬼頭がPA付近で相手のビルドアップをカットすると#14近藤を経由し#7岡田がPA右角度のないところからのシュートはGK#1小林が正面で跳ね返す。

後半25分-藤沢清流。PA付近中央で#27加藤が獲得したFK。加藤が壁の左を通したパンチの効いたシュートはGK#1小林がパンチング。真上へ上がったボールに#11齋藤が勇気を伴うヘッドで突っ込むとクロスバーに嫌われる。

後半26分-湘南学院。右サイドから打開し中央への折り返し。#8剣が合わせたシュートはGK#30遠山がストップ。

後半28分-湘南学院
PA左で受けた#11鷹野が対角のゴールネットへ左足で流し込んだ。湘南学院は交代策が当たり先制に成功する。
湘南学院 1-0 藤沢清流

後半33分-藤沢清流
#25坂→#4常盤
常盤がCBに入り.#8鈴木が右FW.#18田島が左FWへ。

後半34分-湘南学院
#10鈴木→#16渕上
この交代は見逃したので時間は不正確...。
#24田中→#3船津

後半39分-湘南学院
#19亀山→#6吉田
吉田がボランチに入り.#16渕上が右SHへ。

後半45分+3-湘南学院
#8剣→#23廣田

試合終了
湘南学院 1-0 藤沢清流

湘南学院は勝利で残留が確定するシチュエーションで迎えたホーム最終戦。
昨年から得点を量産しているエースストライカーの#11飯野は事情により欠場となったがチーム一丸となり#11鷹野が挙げた虎の子の1点を守り抜きウノゼロ勝利。ラストマッチでK2残留を決めた。
チーム最大のストロングポイントであるトップ下の#14井内へボールを集め、彼がボールを持てば周囲が背後を狙いスルーパスを引き出す。更に井内にマークが集まれば、彼を囮にしてダブルボランチの#8剣や#10鈴木が攻撃に関与しSBの攻め上がりをタイミング良く活用。速攻と遅攻を良い塩梅で使い分けた。
また守備では#4長島がインテリジェンスのあるディフェンスで相手の攻撃を堰き止め、縦に速い攻撃を繰り出す藤沢清流に何度か危ないシーンは作られながらも3年生守護神#1小林が最後の砦として立ちはだかりクリーンシートを達成した。
湘南学院はK2では安定した成績を誇り、ここ数年は昇降格に関与しない中位でシーズンを終えているが、そろそろK1を狙いたい。この試合は3年生中心の編成で臨んだものの下級生にも魅力的な選手が多い。特にGKはタレントが揃い来年の守護神争いも注目の1つ。

#14井内は湘南学院が誇るファンタジスタ。何度も紹介している選手だが完全に攻撃は彼を経由する。この試合で特長的だったのはバイタルで受けて必殺のスルーパス以外に簡単に叩いて裏抜けをするなと活動量が多かった点。これはエース不在の影響から意識的に増やしていたプレーかもしれない。

#4長島は174/72のFC明浜出身の3年生。最終ラインならばどこでもこなせるユーティリティ性を備える。この試合ではCBとして出場すると先読みした的確なポジショニングで攻撃の芽を積み完封勝利に大きく貢献した。

藤沢清流は前日に行われた他会場の結果によってこの試合の結果に関係なく9位が確定。
K2残留は上のカテゴリーの結果による他力に。詳細は割愛させてもうが、残留にはなかなかの条件が揃わないと厳しい状況に...。
順位が確定した事もあり最終節は真剣勝負の中にも引退試合の色が濃く、年間を通してスタメン出場していた選手が数人ベンチスタート。そして途中出場を含めピッチに立った16人全員が3年生。
試合内容自体は互角の展開で今シーズンを象徴するようなゲームだった。劣勢の時間帯ばかりでなく流れの良い時間帯も十分に存在し飛び抜けて悪くもない。チャンスは幾度か創出した。しかし得点が奪えず...先制点を与えてしまいウノゼロで敗戦を喫してしまった..。

#8鈴木は選手権後にCBの定位置を掴んだ169/68の寒川東中出身のディフェンダー。読みの鋭い守備やスライディングで相手を堰き止め失点を防いだ。

#30遠山は怪我で選手権を棒に振ってしまったが最終節に間に合わせた大清水中出身の守護神。決定的なシュートストップや間合いを詰めてコースを限定するなど複数失点を回避した。