本日は久々の関東大学リーグ。
日大グラウンドで2部を2試合。
第1試合は立教大学と青山学院大学の2部残留を争う両チームの対決。

立教大学は今シーズン初観戦。
リーグ戦成績
3勝3分7敗 得点15 失点25
勝ち点12 11位
監督:倉又寿雄

青山学院大学は今シーズン初観戦。
リーグ戦成績
4勝1分8敗 得点20 失点29
勝ち点13 10位
監督:流郷吐夢

関東大学サッカーリーグ
2部 第14節
2019.9.28
@日大稲城スポーツフィールド

立教大学 2-2 青山学院大学

後半2分 15桐蒼太(立教)
後半19分 17佐々木達也(青学)
後半28分 9大竹将吾(青学)
後半40分 9佐藤大雅(立教)

立教大学
669B830D-B302-410A-AC30-8097D4C0B447

GK
1 栗山聖 4年 初芝橋本
DF
2 桂島直輝 3年 八千代
4 井浦智史 4年 都立東久留米総合
5 田中拓実 3年 桐光学園
19 加藤雅也 2年 モンテディオ山形ユース
MF
3 武智悠人 3年 駒澤大高
6 大塚諒 3年 前橋育英
10 吉田直矢 4年 JFAアカデミー
15 桐蒼太 2年 日大藤沢
FW
20 立川将吾 2年 浦和レッズユース
26 小林達成 3年 東京農大第三

ーーーー26ーーー20ーーーー
ーー15ーーーーーーー10ーー
ーーーー6ーーーー3ーーー
ー19ーー5ーーーー4ーー2ー
ーーーーーー1ーーーーーー

後半26分 3→28
後半26分 20→9
後半42分 10→32

28 穴吹瞬平 2年 三菱養和SCユース
9 佐藤大雅 4年 光陵
32 堀博昭 1年 ジェフ千葉U-18

青山学院大学
BC762CD9-30E7-47CD-9183-A6A2D4053196

GK
12 佐藤海斗 1年 サンフレッチェ広島ユース
DF
18 後藤田亘輝 2年 前橋育英
3 池庭諒耶 4年 名古屋グランパスU18
25 鈴直樹 1年 サンフレッチェ広島ユース
15 吉田歩未 2年 市立船橋
MF
7 尾ノ上幸生 4年 前橋育英
6 佐藤凌輔 4年 尚志
8 小畑慶太郎 3年 三菱養和SCユース
17 佐々木達也 1年 瀬戸内
FW
9 大竹将吾 2年 富山第一
11 渡貫舜大 3年 GA FC U-18

ーーーー11ーーー9ーーーー
ーー17ーーーーーーー8ーー
ーーーー6ーーーー7ーーーー
ー15ーー25ーーー3ーー18ー
ーーーーーー12ーーーーーー

後半16分 11→29
後半23分 18→10
後半45分+2 17→23

29 五百蔵悠 1年 大宮アルディージャユース
10 梅津直人 4年 専修大松戸
23 小澤秀充 2年 静岡学園

前半開始(45分ハーフ)
立教大学は4-4-2の布陣。
青山学院大学は4-4-2の布陣。

前半1分-立教。1本の縦パスでPA左へ飛び出した#26小林が深く抉ってマイナスの折り返し。ニアへ詰めた#20立川がDFをブロックしながらダイレクトで合わせたシュートは左ポストに嫌われ、セカンドを#10吉田が押し込むもゴールライン上でDFがクリア。決定機。

前半20分-立教。左サイドで持った#15桐が内側へ短く付ける。#6大塚がダイレクトで狭い縦方向へスルーパス。DFの背後を取った#20立川が抜け出しPA左からニアを狙ったシュートはGK#12佐藤が右へ飛んで弾く。CKに。

前半26分-青学。#9大竹が最終ラインに激しく襲い掛かりミスを誘発すると#18後藤田がインターセプトから大竹とのワンツーでDFを剥がし対角を狙ったシュートは僅かにゴール左へ外れる。

前半終了
立教大学 0-0 青山学院大学

前半は互いにゴールは奪えずスコアレスで終了。
青山学院大はボランチの#6佐藤が最終ラインに降りてビルドアップの中心として長短のパスでリズムを作って行く。ここにCB#3池庭も加勢。前線でのコンビネーションの精度やバリエーションの数は改善点ではあるが、最前線の#9大竹は1発有りそうな雰囲気が漂っている。
立教大学は最終ラインの背後を突く形で2度の決定機を作りながら仕留められず。中盤の広範囲を動いて攻守の関与を増やす#6大塚、中盤での潰しなど守備面での貢献度の高い#7武智のダブルボランチが鍵を握る。2トップは共に機動力に優れ守備でも貢献出来るタイプ。両SHがイマイチ関与出来ていないので、この2人を組み込んで行きたいところ。

後半開始
選手交代なし

後半2分-立教
最終ラインで横に動かし#5田中が左奥へロングフィード。高い位置をキープしていたSB#19加藤がセカンドを拾って内側へ運びながらスルーパス。PA左へ抜けた#15桐がGKを引き付けタイミングを外した左足シュートで対角へ流し込んだ。
立教大学 1-0 青山学院大学

後半16分-青学
#11渡貫→#29五百蔵

後半18分-立教。自陣からのクリアを前線で#26小林がDFに体を預けながらキープ。タメを作り短く繋いで#10吉田がドリブルで持ち上がりミドルは僅かにゴール左へ外れる。

後半19分-青学
#8小畑がPA右でキープから外へ流す。オーバーラップした#18後藤田が完璧なクロス。ゴール前でマーカーを剥がした#17佐々木がヘッドで中央へ決めた。
立教大学 1-1 青山学院大学

後半21分-青学。バイタルで#29五百蔵→#17佐々木とダイレクトで繋がりショートクロス。ゴール前へ走った#9大竹が難しいトラップから右足で狙うもGK#1栗山が間合いを詰め片手でストップするビッグセーブ。

後半23分-青学
#18後藤田→#10梅津
梅津がボランチに入り.#6佐藤が右SBへ。

後半24分-青学。PA付近左中間からのFK。#8小畑が壁上を通した素晴らしいスピード、軌道のシュートはGK#1栗山が横へ飛んで両手パンチングで外へ弾きCKに。

後半26分-立教
#3武智→#28穴吹
#20立川→#9佐藤
4-1-4-1に変更。
#28穴吹がアンカーに入り.#6大塚と#10吉田がインサイド.#26小林が右SH.#9佐藤がCFへ。

後半28分-青学
右サイド、フリーで受けた#6佐藤がGKとDFの間へ完璧なクロス。外寄りから中央へ入りDFの前でトラップした#9大竹が冷静に流し込む。青学が逆転。
立教大学 1-2 青山学院大学

後半40分-立教
右サイド高い位置から#26小林がロングスロー。
ニアで#4井浦が競り合い、リフレクトしたボールを中央の密集で途中出場#9佐藤がパワーを活かした執念のヘッドでねじ込んだ。
立教大学 2-2 青山学院大学

後半42分-立教
#10吉田→#32堀

後半45分+2-青学
#17佐々木→#23小澤

試合終了
立教大学 2-2 青山学院大学

立教大学は後半開始早々の先制点の歓喜から一転、残留を争うライバルに1度は逆転を許す苦しい流れのゲームだったが... 途中出場#9佐藤が値千金のゴールで同点に持ち込み勝ち点1を獲得した。
最低限の結果は残した。
前半から#20立川と#26小林の機動力に優れる2トップが背後を突く形や(特に右サイド)#10吉田と#2桂島の連係、このSBの攻撃参加を絡めた形でゴールへ迫った。後半に入ると#15桐と#10吉田の両SHにタイミング良くボールが渡る回数が増え、ショートカウンターや個人技を交えたサイドから押し込む場面を増やした。また運動量豊富で関与意欲の高い#6大塚と#3武智のダブルボランチがチームを下支えしていたのが印象的。そして後半に見せた#1栗山の好セーブも頼もしかった。

#15桐は日大藤沢出身のレフティドリブラー。ステップワークとボールタッチが巧みで相手の逆を突くドリブルで自在にボールを運んで行く。特にオープンな展開となった後半は彼にボールが渡る回数が増え、1on1で持ち味を発揮した。

#6大塚は前橋育英出身の3年生ボランチ。中盤で1タッチ2タッチのパスを出し入れしてリズムを刻みながら積極的に前へ関わりフィニッシュの局面に顔を出した。守備の能力も高い面白いセントラルハーフ。

#3武智は駒澤大高出身の守備的MF。激しいアプローチや迅速に危険なエリアを埋めるカバーリング、豊富な運動量など守備に安定感を与えた。

#20立川は浦和レッズユース出身の2年生FW。機動力抜群で守備でも手を抜かずに動き続けた。PA付近では巧みにパスを呼び込み果敢にシュートを狙った。

#2桂島は積極的な攻撃参加で右サイドをえぐった八千代出身の3年生右SB。派手なタイプでは無いが室屋成(FC東京)的な雰囲気を持つ。

#1栗山は初芝橋本出身の4年生GK。後半に訪れたピンチの場面で連続したファインセーブでチームを救った。

青山学院大学はラスト5分で追い付かれてドロー決着。一時は逆転に成功したが、関東2部残留を争う立教大に勝利する事は叶わなかった。
基本的には後方からボールを動かして行くチーム。相手を剥がしながら前進し利き足とは逆に配置された#17佐々木と#8小畑がカットインし中央でのコンビネーションを狙って行く。手詰まりになれば最前線の#9大竹の高さを使ってシンプルにゴールを目指す。アタッキングサードでの崩しの精度の課題は有るがハマった際の面白味は感じさせた。
この試合で最も目を惹いたのが#6佐藤。ボランチの位置で先発するとCB間に降りてビルドアップの始点となるシーンや中盤で後方からのパスを受けて素早いターンから縦パスを入れる。状況に応じたポジショニングとスイッチを入れるプレーでリズムを創出した。またクリアボールやルーズボールに対する予測が鋭くセカンド回収の面でも大きく貢献した。1点ビハインドの後半途中からは右SBに移り右サイドから複数が関与した崩しを見せ多彩な球種のクロスをゴール前へ送り込みアシストも記録した。

#6佐藤はこの試合で最も目立っていた尚志出身の4年生MF。ビルドアップの入り口として最大限に機能しつつ中盤の広範囲に渡るルーズボールを回収し続けチームに貢献した。また多彩な球質のクロスは絶品。

#9大竹は182/72の体躯以上に大きさと迫力を感じさせるパワフルストライカー。身体能力に優れていて相手に囲まれていようがお構い無しに驚異の跳躍力で空中戦を制した。また他の選手なら頭で行く場面でも胸トラからシュートまで持ち込むなど規格外なプレーが光った。

#8小畑は右サイドに配置された左利きのアタッカー。独特なボールの持ち方やカットイン、パスのタイミングなど変則的で相手の意表を突く場面が目立った。

#3池庭は186/78のサイズを有しながらも足元も上手いタイプの大型CB。ビルドアップに不自由せず積極的な持ち上がりやサイドチェンジなど相手のプレスを無効化出来る存在。

#12佐藤はサンフレッチェ広島ユース出身の1年生GK。187cmの大柄ながら動けるタイプの守護神。手足の長さを活かしたシュートストップでチームを救った。

#25鈴はサンフレッチェ広島ユース出身の1年生CB。昨年はサンフレッチェ広島で2種登録されJ1でベンチ入りも果たしている逸材。177/72のサイズでやや細身だが頭脳的なプレーで相手の攻撃を食い止める。またキックの精度が高く後ろからゲームを組み立てられる貴重なCB。