トップページ » 09夏新番組雑感

09夏新番組雑感

 まともに見られるのも今季が最後かなあ。
新クールに入って2週目、出そろった感じなので自分用に簡単にまとめておきたい。


・うみものがたり
 沖縄弁らしい言葉が怪しすぎる。方言指導のギブユウのキャラのしゃべる言葉とほかのキャラのしゃべる言葉が全然違うあたりいい加減さがうかがえる。まあ絵はすごく綺麗だし、話はド正直なので、不可というほどではないか。飯塚晴子デザインの目がすごく好きだ。


・うみねこのなく頃に
ひぐらしよりも竜騎士キャラの再現度が高いな。
原作未プレイで、どういうコンセプトなのかもよく分からないが、こういうわざとらしいのは好みではある。


・青い花
 俺はむしろあのギブユウが今季レギュラー2本でしかも一本がヒロインという事実に感動したさ。頑張れギブユウ。


・大正野球娘。
 キャラクターデザインが圧倒的にかわいすぎる。主人公もかわいい。小道具以外は全然大正らしくない(むしろマリみてのほうが大正っぽい)けどまあそういうもんなんだろうな。できれば破天荒な野球をやってほしい。
植田と能登の「ごきげんよう」はにやけるところですよね。


・化物語
 新房節全開というべきなのか、西尾節全開というべきなのか。両方かな。
セリフが独特。メンヘラと掛け合いを楽しむ作品なんだろうな。相変わらず手間ばっかりかかってスタッフ大変なんじゃなかろうかと思うアニメだけれども、またもやシャフト二本立て進行ということで、力尽きないで頑張ってほしい。今クールは絶望先生にガイナ参加しないんでしょ?


・エレメントハンター
 これはいい理系アニメ。昔なら天テレ枠で実写パートとセットでやってたろうなあ。中学生くらいで見たらジーンダイバー並に知識増えそうでいい。
NHKにしてはしょぼい絵だけど、普通に面白そうだ。


・CANAAN
 絵はディーンぽいけどディーンにしてはエッジが荒かったり全体的にぼやけたりしてないし、躍動感が抜群→P.A.ワークス、なのかね。true tears以来二本目の元請けになる富山の実力派だけど、仕上げがいいのか、制作進行の能力が高いのか、安定感が抜群。
 特徴的という点で頭一つ抜けてる武内崇デザインの再現度の高さが半端ない。あのまんまめちゃくちゃ動いてるから月厨的には堪らない。原作未プレイには優しくないし原作やった人にもあまり評判がよくないアニメみたいだけれども、それほどわかりづらい話じゃないし、普通に期待できそう。ほんと武内キャラが凄い動いてるってだけでも興奮する。


・懺・さよなら絶望先生
 まさかの三期、ついに師弟同クール放映。2期はガイナの支えもあってだいぶ実験的だったけど、3期はどうなることやら。OAVもあるし、そろそろ追いついちゃうのか?
 やっと斎藤千和がレギュラー?毎回入るっぽい絶望先生絵描き歌に参加して、小林ゆうにもっていかれた画伯の地位を取り戻してほしい。

 
・プリンセスラバー
 エロゲアニメにはもったいない作画のよさ。これで規制がなければ(ry
GoHandsってサテライトから分離したスタジオらしいけど、サテライトの致命的欠点である制作管理能力の欠如を継承せず、このままのクオリティを維持してもらいたい。
 すごく堅実な感じのアニメで好感はもてるけど、エロゲアニメならではのコミカルさ、アホさに期待したい。


・かなめも
 いろんな意味で意外性のある美少女アニメ作画をいたすfeel.だけど、一話はさすがに作画がよかった。なんか目に力入ってるな。ほのぼのギャグ四コマアニメにしてはキャラクターの等身がやや高めなのが特徴的か。
 舞台が神田〜お茶の水ということでなじみ深さもある。日常アニメにしては各キャラごとに暗い部分が目立つし、子供ばかりの新聞屋という設定もいつ破たんしてもおかしくない危うさを感じてしまうが、そこは日常アニメ、あんまり肩張らずに見よう。


・宙のまにまに
 めずらしく原作既読のアニメ。アフタヌーンらしくない漫画だけど、アニメにするとますます無毒少女漫画っぽい。
 意外と姫ちゃんのたっぱがあるのにびっくり。というか美星が小さすぎるのか?リア充属性のある前野といい、小清水フーミンといい、キャスティングにも不安はないので(江戸川声高すぎだけど)、このままやってくれれば十分満足。
 今年は世界天文年だし、皆既日食があったりして、もっとタイアップが多いかと思ったけど、意外と地味に展開されてるな。これがノイタミナだったら凄いタイアップされてたんだろうか。


・GA
 ギャラクシーエンジェルではない。
なんという混沌蘊蓄アニメ。四コマ漫画を行間補完せずそのまんまアニメ化したのか、エイケン制作のおばあちゃんの知恵袋的な5分アニメを切り合わせたようなまとまりのないある意味シュールなアニメになってるけど、まあ日常アニメだしな。


・狼と香辛料
 2期はのっけからイチャイチャしまくり。しかしこのイチャイチャっぷりに、どうも破滅的なものを感じざるを得ない。冒頭のエピソードから旅の終わりを予感させる話だし、原作もそうだけど、終りがあるのにいつまでもイチャイチャした揚句心中でもしそうなくらいの危うさ。まあそうなったらそうなったでいいのかもしれないなあ。
 まあ死ぬまでイチャイチャしてほしい。凄まじいしあわせものっぷりの割にリア充感をあまり感じないのがまたいいところ。ロレンス死相出てるもんなあ…。


 今季もアニメいぱーい。特に日常アニメ分多くてうれしい。ただ、エヴァ破があまりにも凄すぎて、他のアニメ見る気力が薄れ始めているのも確かなんだよなあ。

トラックバックURL
トラックバック
懺・さよなら絶望先生 新創刊の「別冊少年マガジン」には雷句氏のほか、「みなみけ」の桜場コハル氏による超能力ファンタジー「そんな未来はウソである」、「さよなら絶望先生」の久米田康治氏が原作を担当し「とらドラ!」イラストのヤス氏が漫画を担当する「じょしらく(仮...
コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星