トルニタリナイコト@MimeiTagawa

Mi:media −田川未明OfficialBlog

銀杏


落ち葉


朝カフェ


駅


雨の日の朝さんぽ。そして朝カフェ。
いろいろ言葉を考えたけれど、朝の時間は、ただ静か。
ぼんやりゆったり。
なので、今回は写真だけ。
あしからず。

◆更新シテマス
夢見食堂―夢見荘亭主の簡単ゴハン
『鮭缶とキャベツのパスタ 』
http://mimeo.blog.jp/
これ、こんなにシンプルなのに、どうしてこんなに美味しいんだろうと首をひねるような美味しさ。後引く味です。騙されたと思って(?)ぜひお試しを♪
 
 

 

 
 
 
 

 
 

 

 
 

テラスモール


いいお天気。気持ちの良い朝。そんなふうに思えるのは、じつは、すごいこと。雨だって良い、曇り空でも。空を見あげて、ただ眺める。ただぼんやりと。そんなふうにぼんやりできるのは、じつはすてきなこと。奇蹟に近いようなこと。あたりまえの日常なんかじゃなくて、ものすごく幸せなこと。

cafe


この数ヶ月で、すっかり早寝早起きに。毎朝、今までより早い時間に家を出る。スーパーもデパートもまだ開いていない、始動する前の静かな町。見慣れたはずの景色が、どこか違う。空気も、風も、秘やかで、ビルもヒトも街路樹も、まだ半分目を閉じている。

ひっそりとした町が物珍しくて、ミメオとふたり、ゆるゆる歩く。せっかくだから、朝のお茶は今まで入らなかった店で飲むことにする。小さな探検。朝カフェ散歩。一日の楽しみが、ひとつ増えた。
 

 
 
 

 

 

 

 

 
 
 

キンモクセイ


この前の台風であっという間に散ってしまった、
と思っていたキンモクセイが、再び開花。
第二弾の花々も思いっきり香っている。
植物って、すばらしい。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
あ、また咲いてる、香ってる、と思ってぱちりと撮った写真。こうしてアップしてみたら、前の時と似たようなアングル。意識して、そうした訳ではないのに。うーん。こういうのって「好み」なのか、「クセ」なのか。なんだか、ふしぎ。

写真やカキモノだけでなく、仕事や家事にも「クセ」は出る。何か事にあたるときのクセ。行動だけでなく、思考にも。どうせならポジティブなクセを身につけたい、と思う。生きていくのに役に立つような、クセ。(って、どんなだろう)。あ、でも、最近少し、早寝・早起きになりました。これはクセというより習慣だけれど、ね。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
◇「夢見食堂」夢見荘亭主の簡単ゴハン
鳥つくねの照り焼きバーグ」 
甘辛たれが絶妙で、野菜も美味しくいただけて。
これは我が家の定番メニューのひとつになるでせう。
むふふ。
 

 
 
 
 




キンモクセイ


雨をまといながらも香るキンモクセイ。
あの花のしずくを口に含んだら、甘いだろうか。


キンモクセイ


降る雨さえも甘く香るかのような、キンモクセイの季節。「夢見食堂」にミメオも書いていたように、今年のキンモクセイは早かった。そういえば今年は残暑もなく、ぱたりと本を閉じるようにして夏が終わり、新しい本の表紙を開くようにして秋が始まった。

ぱらり。ぱらり。一日一日が頁をめくるように過ぎていく。今日の頁には何が書かれているのだろう。その次の頁には。指をかけて捲るその頁には、いつも明るい光が溢れていますように。
 

 
 

 
 

 
 
 

 

サルビア


子どもの頃、サルビアの花をちぎりとっては唇にあてて、ちうちうと蜜を吸っていた。あの頃サルビアといえば真っ赤な花だったのに、最近は青いものが多い。青い花は好きだけれど、蜜を吸うなら赤い花のほうがいい、と思うのはなぜだろう。

この花、ブルーサルビア、と呼んでいたけれど、正式にはサルビア・グアラニチカという名前だそう。Salvia(サルビア)は、ラテン語の「salvus(安全な、健康な)」、「salvare(治療)」、「salveo(健康)」が語源とか。花言葉は「家族愛」、「燃える想い」、「知恵」、「エネルギー」。

澄んだ青と紫のあいだのような、ちょっとクールな色の花なのに、ずいぶんとパワフルな花言葉。蝶たちがよくこの花に群がっているのは、健康的な美味しい蜜がたっぷりあるからだろうか。「青い花」にはあまり食欲(?)をそそられないけれど、エネルギー不足の今日この頃、お相伴にあずかりたいような気も。

そういえばミメオが読んでいる本に、「濃色」(こきいろ)という日本の伝統色が出てきたという。「紫の特別な色」なのだとか。濃い紫なのであればちょうどこのサルビアのような色かな、とネットの色見本を見てみたら、ちょっと違った。紫というより小豆色に近いような。よく袱紗などで見る色。確かに和服の色。この色を眺めていたら、ふっと匂いがした。和箪笥を開いたときの、「匂い袋」の香り。
色って、ふしぎだ。


更新シテマス
◆「夢見食堂」―夢見荘亭主の簡単ゴハン―
「ロールキャベツ・ポトフ転じて」
 http://mimeo.blog.jp/
このミネストローネ・リゾット。絶品でありました。
ミネストローネスープとご飯(十八穀米)がこんなに合うなんて。
ぜひお試しを。