トルニタリナイコト@MimeiTagawa

Mi:media −田川未明OfficialBlog


そうだよねぇ、犬だって運動音痴な子はいるよね。犬だけじゃなくて、他のイキモノだって。電柱にぶつかっちゃう鳥とか、鼠に追いかけられる猫とか、きっといる。人間だって、エレベーターのボタンで突き指する人とか廊下を曲がりきれなくて壁に激突する人とか(どちらもあたしのことですが)。ま、それでもなんとか生きているからヨシとしよう。ね。

と。FBに投稿したら、すぐに水沢勉さんがコメントを下さった。Don't worry, be happy! ああ、ああ、まさに、そう。今のあたしが欲しているコトバはこれだったのかも。と思ったりしたのでした。うふふのふ。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
コメントを下さった水沢さんは神奈川県立近代美術館の館長さんで、ドールアート作家・宮崎郁子さんとのご縁から、あたしもFBの「友だち」に加えて頂いている。その神奈川近代美術館サイトに書かれている水沢さんの文章もまた印象的です。『復興は復旧ではなく、その土地にあらたにもうひとつの風景を作りだすことであろう。』『1951年、敗戦後の荒廃から立ちあがろうというときに、日本に公立の最初の近代美術館として当館が、鎌倉の鶴岡八幡宮の境内に誕生したことを想起しながら、わたしは、自然と文化がもう一度深くむすびつく可能性、その出発点のことを考えずにはいられない』(館長ごあいさつ) ぜひご一読を。 

◆更新シテマス
夢見食堂 夢見荘亭主の簡単ゴハン
豆腐と水餃子鍋



 
 

 

 
 

 
 

 

choco


『チョコレートの日本初の文献記録は、1797年(寛政9年)に長崎の遊女が帰国するオランダ人から「しよくらあと 六つ」をもらったという届け出』とか。(2/10読売新聞より) こういうのを読むと、バレンタインもちょっと艶っぽい感じがしていいかも。

Happy Valentine's Day!

















空


なんだか昨日から心身不協和音。びりびりと声が響いて響きすぎて、話言葉が点線のようになっている。自分の声が「響いて聞こえる」のではなく、実際に声帯と気道あたりがびりびり震えている。扇風機に向かって、ああああ、と声を出してみたときのような。宇宙人の声真似(?)をしたときのような。

と、午後になって携帯に防災メールが。「突風、竜巻、雷、雹に注意」。気圧争乱。一挙取りそろえてみました、とでもいうような注意報。ああやっぱりなるほどなるほど。

気象病にしろ更年期にしろ、以前は「自覚して、やり過ごすしかない」と思っていた。どちらも時が経てば(時がくれば)治るもの。けど、それまではどう抗っても勝てっこない、と。

が、しかし。昨年末、ふと思ったのだ。だからといって、打ち負かされているばかり、というのはよくないんじゃないだろか。ああもうどうしてこんなことに、と気に病んでグタグタウツウツしていると、どうしたって「負」のエネルギーがたまっていく。知らず知らずのうちに、気の流れが淀んでしまう。そういうのって、色んなことに影響を及ぼすのでは。それって、よくない。よくないよね、きっと。

ぐたぐた気に病んだところで、何も変わらない。だったら気にしなきゃいい。気にしすぎず、でも少しは楽になるよう何らかの手だてを探りつつ、やりすごす。そうすれば、気の流れも、きっと良くなる。

ということで、今日はウダウダせずに、『気象病に効果有り』という「乗りもの酔い止め薬」を飲んでみました。効くかな。効くといいな。

−−−−−−−−−−−−−−−−

夕方のニュースで、厚木で竜巻があったことを知りました。ああやっぱり気圧が乱高下していたのだなぁ。でも竜巻は警報が出たところで何をどうしたらいいのか分からないから怖い。とにかくけが人が出なかったということで、ほんとによかったです。


更新シテマス
◆Instagram
http://instagram.com/tagmimei/

◆夢見食堂―夢見荘亭主の簡単ゴハン
http://mimeo.blog.jp/
 

 

 

 
 

 
 
 

 
 
 
 
 

ねこじゃらし


エレベーターに乗って、1のボタンを押すと、
アナウンスの声が言う。
「北へ まいります」

はて。
これはマンションの大規模修繕の影響か。
念のため訊いてみようと、
工事期間中、管理事務所となっている集会室に行く。
すみません、責任者の方は。
奥のついたての向こうから、おじさんが顔を出す。
灰色の作業着に黄色いヘルメット。
ぬぼうっと大きな顔が、どことなくカワウソに似ているが、
予想に反したか細い声で、丁寧に言う。
申し訳ありません。Hは只今地下7階へ行っております。

はて。このマンション、地下なんてあっただろうか。
と眉を寄せたとたん、カワウソのおじさん、ハッとした顔になる。
さっと蒼褪め、視線が泳ぎ、あまりのうろたえぶりに、
なんだか気の毒になり、見なかったことにしてドアを閉める。

午後。
もうH氏が戻っている頃かと、再び集会室へ。
すみません、と、声をかけると、おばさんが顔を出す。
白いかっぽう着に花柄の三角巾。
愛嬌のある垂れ目が、どことなくカワウソに似ているが、
思いのほかハスキーな声で、さばさばと言う。
あ、Hなら今7階に行ってるけど。

はて。このマンションは5階建てではなかったか。
と眉を寄せたとたん、カワウソのおばさん、ハッとした顔になる。
見る間に頬が紅潮し、冷や汗が吹き出し、
なんだか気の毒になり、見なかったことにしてドアを閉める。



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
なんてことがあるわけもなく、大規模修繕も、もう終盤。
積まれていた鉄板やパイプも工事用具もあらかた無くなって、
工事の人々も、冬と共に去って行くもよう。
すっきり静かになるのは嬉しいけれど、
ちょっと淋しいような気もして、ふしぎ。

このエレベーター内での空耳、「北へまいります」は、以前にもツイートしたりしたけれど。ほんとにこう聞こえるんですよね、時々。寒い、寒い、と思っているせいかなぁ。最強の寒波が各地を襲っている昨日、今日。どうか大きな被害がありませんように。

更新シテマス
◆tumblr photo&word
http://mimedia-mimei.tumblr.com/

◆夢見食堂―夢見荘亭主の簡単ゴハン
「節分にはおでん」
http://mimeo.blog.jp/




 
 

 
 

 
 
 

 
 
 
 






雲


もくもくもく。
急速に、発達中。


雲


江の島上空まで、到達。


 
−−−−−−−−−−−−−−−−−−


ツイッターには「#イマソラ」というハッシュタグがあって、そのタグをクリックすると、文字通り「イマ見ているソラ」を撮った写真がずらりと並ぶ。少し離れた場所でも同じような雲が見えていたり、さほど離れていないのに全く違う空模様だったり。以前誰かが、「SNSをやるようになって、ひとつだけ良かったと思うのは、今までより空を見あげる回数が増えたこと」とツイートしていたけれど、たしかにそれには、同感。

◆夢見食堂―夢見荘亭主の簡単ゴハン
http://mimeo.blog.jp/