トルニタリナイコト@MimeiTagawa

Mi:media −田川未明OfficialBlog

花火


8月18日、納涼花火。
江ノ島の正式な花火大会は10月なので、
夏の花火はほんの20分ほど。
しかも、お盆過ぎということで、
なんだか侘びしい。やけに寂しい。
呆気なく過ぎ去る夏だからこそ、
もっと盛大に賑やかな華を咲かせてほしいのに。


蝉1


ということで。
そろそろ夏も終盤。


蝉2


蝉たちも、なりふりかまっちゃいられない。
人気のある木は、大混雑。
(見えるところだけで3匹います)

と書いてFBにアップしたら、すぐにコメントが。
「四匹おりますね。」
え? あ。あああ、ほんとだ!



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


更新シテマス。
◆PHOTO AC
http://www.photo-ac.com/profile/187264
(写真素材のダウンロードサイト。簡単な登録だけで、無料で写真を使えます。お気に召したものがあれば、どうぞご自由に)

◆夢見食堂―夢見荘亭主の簡単ゴハン
http://mimeo.blog.jp/

 
 

 

 
 

空


昨日は「湘南にサメ出現」ということで、この辺りの海岸映像が何度もニュースに。(でも実際に遊泳禁止になったのは、茅ケ崎市と鎌倉市、逗子市など6市町の海水浴場で、なぜか藤沢は「遊泳注意」に留まったのですが)

そして今日は今日とて、「神奈川県藤沢市で突風(竜巻か)」というニュースが駆け巡り…。被害にあったのは「辻堂」や「亀井野」という地域で(お見舞い申し上げます)、この辺り(藤沢〜江の島)は一時的な土砂降りだけで突風らしきものはなかったのですが。それでもTVで知って案じた母や友だちが連絡をしてきたり(どうもありがとう)。

空にはヘリコプターも行き来して、なんだか騒がしい昨日今日。こちらまで心身共にざわざわぞわぞわ。まぁそれはたぶん、この不安定な大気のせい。夕方には雨もあがり青空がのぞいたものの、キモチはまだ低空飛行なので、明日もまだ空模様は妖しそう。って、太古の昔であれば、天のご機嫌を予知する(いかさま)預言者になっていたかも。

ところで。
突風の被害にあった「亀井野」というところ、最寄り駅は小田急線の「六会日大前」(むつあいにちだいまえ)なのですが。あたしはこの駅名を初めて目にしたとき、なぜか「大会六日前」(たいかいむいかまえ)と読んでしまって。

大会六日前。いったい何の「大会」があったんだろう。そして、その「六日前」にはいったい何が??

と、しばらくのあいだ、あれこれ想像、妄想していたのでありました。
やれやれ。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

ミメオがついにガラケーをスマホに替えて、そのスマホのカメラには色んな機能がついていたので嬉しくて、ちょっと遊んで撮ってみました。こんなふうに、刻々と変化する空を閉じ込めたスノーボールがあったらいいのに。ね。

◆更新シテマス
夢見食堂―夢見荘亭主の簡単ゴハン
http://mimeo.blog.jp/
 

 

 



寝目物語


あたしが「カバー写真係」を担う、FACEBOOKの『全日本アスファルト暑いのではがしちゃいたい連盟』。その「アスはが」の総裁であるカナンちゃん(日本画家・瓜南直子)は、8月15日生まれ。そしてあたしは14日。誕生日が1日違いだと分かったときは、お互いほんとうに驚いた。

お盆の誕生日はつまらないよね。子どもの頃は特に寂しくて。誰も彼もが帰省や旅行でどこかに行ってしまって、みんなでわいわい祝ってもらうことなんて出来なくて。

そんな思いを分かち合える友だちに、おとなになってから初めて出会ったのだった。だから今も自分の誕生日にはカナンちゃんのことを思う。どうしたって考える。忘れようがない。

存命であれば、今年還暦であるカナンちゃんのことを思いながら、「アスはが」のカバー写真を更新しました。以下はその投稿から。

蓮


総裁は、蓮の花が大好きだと「花の呪文」( http://bit.ly/1PcuJBF )にも書かれていました。あたしが何よりも好きな総裁の絵は『寝目物語』第九夜 【夢のぞきの盥】。蓮の花の影から、甲羅の無い「亀」が「あんた、ちょっとだけって言うから貸したのに」と話しかけてくる場面。http://bit.ly/1PcuW7W

この写真は、鎌倉ではなく藤沢の「蓮池」で撮りました。数年前この池は、大繁殖したアゾラクリスタータという外来の植物に覆い尽くされてしまったそうです。藻のようなそれによって蓋をされ、蓮は花を咲かせることができなくなってしまった。そこで地元の有志が手作業でこつこつとアゾラ云々を駆除し、ようやく「蓮池」が復活。この夏も沢山の花が咲いています。 

ナニモノかに覆われれば息苦しい。これって「アスはが」と同じことだなぁと思ったのでした。でもその覆いを外されて、伸びやかに花を咲かせる蓮池の回りは、どんなに暑い日でも、ひんやり涼しい。水の匂い、土の匂い、植物の青い匂い。総裁も、きっとこの場所を気に入ってくれるはず。

ミーンミンミンと蝉の声を聴きながら、うつらうつらうたた寝する夏の午后。夢の中の盥に咲く蓮の花びらが、はらりとこぼれ、目覚めて寝返りを打つ傍らに、1枚、2枚。

8月15日。総裁にこの写真を贈ります。カナンちゃん。お誕生日、おめでとう。
(カバー写真係)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

ところで。昨年は、あまりに色々なことがありすぎて、今まで以上に書くことも読むことも出来なくなっていたから、ネットでもかなりの不義理をしてきた。今もマイペースで綴るばかりで、きちんとコミュニケーションをとっているとは言い難い。なのに、ああ、それなのに。

今年も誕生日にたくさんの(思っていたよりもずっとたくさんの)あたたかなコトバを頂いて。なんだかもう恐縮してしまったのでありました。いや、でも、嬉しかった。ほんとに、有り難かったです。こんなふうに今目の前のことを素直に喜んで楽しめばいいんだ、と思えたから。それ以外の今見えないこと、考えてもしかたがないことは、もういいや、まぁいいか、と。
って、誕生日に思う抱負にしては、ものすごく「てきとー」ですが。(まぁ、いいか)。
とにもかくにも。皆々様に、心より感謝を。






 

蓮



朝。ちょっと廻り道して、近所の蓮池へ。
どんなに暑い日でも、水辺は、涼しい。
水の力は、偉大。

植物の蒸れた青い匂いと、池の水の匂い。
花びらの船と、あめんぼと、蝉時雨。

これで虫取り網と虫かごを手にすれば、
たちまち戻れそうな気がする。
夏休みの子ども、に。
(キモチだけは)

 

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 
ところで。
上の写真は、スマホのアプリで「コラージュ」したものだけれど、
そのアプリには「コミック風」に加工できるエフェクトもあって。
試してみたのが、こちら。

蓮池(絵)


自分達が漫画の世界に入り込んでしまったようで、なんだかふしぎ。なんだか、うれしい。

更新シテマス
◆夢見食堂―夢見荘亭主の簡単ゴハン 
チキンソテー きゅうりとみょうがの甘酢のせ
『ウチでは「これ美味しそう」というのは「これを作って」と同義語だから』
はい、その通りでございます。むふふ。
予想通り、大変美味しゅうございました!

富士山


本日の富士山。
と、月。
ぼんやり、ほわほわ。


雲


こちらは、くっきり、白い雲。
学校のグラウンドのフェンスの向こう。
もくもく、ハート。
誰かの想いが、夏空に。


そういえばもうすぐ高校野球。
昔はどこの家も、夏は窓を開けっ放しにしていたから、
住宅街の路地を歩くと、テレビやラジオの音が聞こえていた。
夏休みの昼ひなか、聞こえてくるのは、高校野球の生中継。

ということを思い出すたびに、夏の日に歩いた本郷の路地が甦る。
そのことは、以前連載していたサイトでエッセイにも書いたのでした。
よろしければコチラから。
◆未明図書館 「窓の音


高校野球を観ながら、たらたらビール。
なんてのもいいなぁ。
やってみたい。