ブログネタ
印象に残っている夢を教えてください に参加中!
binsen2


夢の中で、あたしは文机に向かい、手紙を書いているのだった。
「ベランダに棲む蟹のことで、ご相談申し上げます。」
そんな一文ではじまる手紙だった。

 

 ベランダに棲む蟹のことで、ご相談申し上げます。

 数年前より、私の家のベランダには蟹が棲みついております。
 五センチほどの、横長の甲羅をもった真っ赤な蟹。
 山蟹です。
 まいとし春になると、子を孕みます。
 泡立てたシャボンのような卵が、両の鋏をすっぽりと覆い、
 しばらくのあいだ蟹は万歳をしたままの恰好で、
 ベランダの角の日陰にひっそりと身を隠します。

 が、ある日とつぜんシャボンは消えて、
 小さな山椒の実のようなものが辺りにぱらぱらと散らばるのです。
 かすかに緑がかったその丸い粒は、
 二,三日もすると小指の爪ほどの大きさになり、
 はっきりと蟹と分かるような形になります。
 色は、熟れたさくらんぼにも似た、澄んだ赤。

 ゆっくりと横歩きする母蟹に必至に追いつこうと、
 こよりのような爪を細かくふるわせながら、
 忙しなく足を動かす小蟹達はとても愛らしく、
 その微笑ましい光景は、
 我が家にとって春到来のしるしとなっておりました。

 ところが今年の春は、少し様子が違ったのです。
 親蟹の鋏から卵が消えて、山椒の実が散らばったと思うと、
 その翌日には、小蟹はもう親指の爪ほどの大きさに。
 しかも、その甲羅は真四角で、黒い斑模様が入っています。
 どうしたのだろう。もしかしたら病気だろうか。

 心配になった主人と私はそっとベランダに降りてみました。
 と、どこかで、かさり、と音がしたのです。
 ベランダの端に置いた、空の植木鉢のあたり。
 目を懲らす間もなく、何か黒い影のようなものが走り出で、
 そのまま一直線に私達ふたりのあいだを駆け抜けると、
 隣家との境の壁の下へ吸いこまれるようにして消えてしまった。
 驚くべき素早さでした。

 沢蟹だな。
 主人が、ひと言、低い声で言いました。
 そういえば、少し前から聞こえていたのです。
 夜になると、どこからか水音が。

 その夜、時が日にちを越える頃、そっと窓をあけてみました。
 春には珍しく、冴えた満月の夜でした。
 青味がかった月明かりに照らされて、
 ベランダもほのかに青く輝いています。
 小蟹たちは、いつもの場所に集まって寝入っているようで、
 その辺りだけが赤と黒のまだら模様になっておりました。
 が、真っ赤な母蟹の姿はどこにもありません。

 息をつめるようにして耳を澄ましていると、やはり、聞こえます。
 淀みなく流れていく、水音が。
 さらさら、と。
 さらさら、と。

 どうやら、小川が流れているようなのです。
 ベランダの、青く光る床の下に。



と。手紙は、ここで終わっているのだった。なぜなら、夢から醒めてしまったから。夢の中に見えていたのは、便箋とペンを握る自分の手、そしてそこに綴られていく文字で、にもかかわらず、その手紙に書いた光景もちゃんと見えていた。その光景を見ながら、考え考え、ゆっくりと手紙をしたためていた。夢とは、いったいどういう仕組みになっているのだろう。

そんなふうにして目覚める直前までペンを走らせていたものだから、その内容は驚くほどにちゃんと覚えていたのだけれど、ここから先、何を書くつもりだったのかさっぱり分からない。そもそも、「ご相談申しあげます」と書いているけれど、いったい誰に宛てて書いたものなのか。ベランダに棲む蟹と、ベランダの下を流れる小川。そんなことを相談して、どうしようというのだろう。

できることならば、続きを見てみたいものだと思う。小川はどうなるのか。山蟹と沢蟹の行く末は。それが知りたい。そして書き終えた手紙をたたんで封筒に入れ、その宛名を書くところまで、もしも見届けることができたなら、その時にはまたお知らせいたします。

______________________

期せずして、ミメオが今日アップした「夢見食堂」の記事にも、あたしの寝起きのボケ具合のことが書いてありましたが。この夢を見て目覚めたときには、さほど寝ぼけていなくて、というか顔を洗ってリビングに行ったとたんに、この夢のことを話し出していて(いつもは喋り出すまでに、もっと時間がかかるのだけど)、なんだか不思議な感覚でした。綴った文章をあまりにはっきりと覚えていたので、今さっきまで寝ていたことが実感できなくて。いやもしかしたら、まだ夢の続きのような気がしていたのかも? 

夢の内容自体はさほど変ではない(あたしにとっては)けれど、それを手紙に書いていたというのが、なんとも変。でもやっぱり実際に(?)書いた手紙は、もう少し長かったような気が。もしかしたら何かだいじなことを書き忘れているのかも。ううむ。

でも、こんなふうに毎年毎年小蟹が生まれていたら、ベランダはもう蟹でいっぱいのはず。そう考えると、ちょっと怖い。