本漱石DSC_6614ー777


始めました。
といっても、noteに登録したのはもう3,4年前のこと。アカウントだけ作って、そのまま放置していたのでした。

いや、まずその前に。
noteとはなんぞや、というと。
noteはクリエイターが文章や画像、音声、動画を投稿して、ユーザーがそのコンテンツを楽しんで応援できるメディアプラットフォームです。



つまりは、テキスト型SNSというような。ツイッターの規模が大きくなったみたいな。って説明すればするほどよく分からなくなるような。

まあとにかく、その放置していたnoteを久々に覗いたら、ツイッターでも回っているタグ「#名刺代わりの小説10選」を載せている人がけっこういて。ちょっと面白そうだから参加してみよう、と、初めて投稿してみたのが、ひと月ほど前のこと。


と、これがなんと、すこぶる使いやすい。とにかくシンプル。画像のアップも、テキスト投稿も最低限の機能しかないのに、しかないからこそ、お手軽、お気軽(な気がする)。

ここ数年、読めない書けない症候群(?)である私は、このトルタリを「写真とヒトコトだけのシンプルなブログ」にしたいな、とずっと思っていた。が、なぜかアップしようと考えるだけで、心に小石が溜まってしまう。心もからだもずしりと重くなり、なんでこんな簡単なことができないんだろう、以前は365日毎日書いていて、書くことの疲れを書くことで癒やすほどだったのに。なんてことを思えば思うほどずぶずぶ沈んでしまうので、もうそんなことは考えないようにしていた。書けなきゃ書かないでいいわい、と。

それが、なぜか。試しに使ってみたnoteでは、ああだこうだ考えるより先にアップできてしまう。今までの「蔵出し」のようなものではあるけれど、でも、楽しい。ほんの短時間で、気楽に気軽に投稿できてしまうのだ。でも、いったいこのブログとnoteと何が違うのか、自分でもよく分からないのだけど。

たぶんnoteはツイッターに似ている。もちろん使い手によって、発信の場だったり作品発表の場だったりする(有料配信も出来るので著名人も多い)のだけど、今のところ私はツイッターのテキスト版みたいな気持ちで使っている。自由気ままな、ひとりごと。

というわけで。よろしければ、時々覗いてみてくださいな。