大障子岩と前障子岩

念願だった、大障子岩、前障子岩にようやく登りに行くことができました。
ここ三年位前から、行きたい、行かないと行けなくなる、と思いつづけていた縦走ルートでした。

16年前、女だけの祖母・傾縦走をした時、
祖母小屋泊まりで翌日下山の私達に、小屋番さんが、
帰りに大障子・前障子を回って下ったらと勧めてくれた・・・・・
まだ余力はあったので大障子岩のほうを回りたかったけど、そのまま下山した。

チャンスだけでは、簡単に登りにいけない今のわたし。
目標の山に向けて、鍛錬したかいがあって無事に登ってくることが出来ました。
長年の胸のつかえが下りた感じです。

前日の大雨の影響は全くなくて、見事な五月晴れでした。
登りだしから、私的には急登がつづきます、思った通りの険しい道です。
前障子岩に近づくにつれ尾根に上がり進みます。
このあたりから、曙つつじ、石楠花、三つ葉つつじがでてきました。

こんなにも、沢山の曙つつじと石楠花が咲く登山道は初めてです。
大崩山も祖母山の縦走路もありましたが、この大障子のルートはそれに勝ると思います。
次々に花が迎えてくれる尾根道を、足元に注意しながら進みました。
ひと足滑れば、谷底まで落ちてしまいます。
道の両側は急傾斜で切れ落ちていますし、岩峰を巻いたり、登ったりして、気が抜けません。

前障子岩の頂上がある岩場は、雨でぬれたりしたらヤバイですよ。
今日の晴天に感謝!
やっと大障子岩につき、祖母山を背に記念写真を撮りました。最高のロケーションです。
ここからは、下山にかかるのですが、・・・・・八丁越からはエスケープルートでした。
急斜面の道を下り、道が切れたと思い谷を覗くと、こんな所にロープが。
本当にここを下るの?と思いました。
ガレ場を用心して下ります、途中で小滝のそばを下り、沢を渡り、少し登り返し、
また沢に沿ってぐんぐんくだり、ようやく林道に着きました。
道は荒れていても、安堵感でいっぱいです。ここだけはぶらぶら歩けますから。
車道に下り立ち、バスの便がないので上畑神社まで1時間半の歩きに耐え
ようやく、ようやく、下山終了!

久しぶりの本気登山で緊張が続き、下山したときはほっとしました。
二度と来ることはないと思いながら登りましたが、また行きたいルートになりました。

今年の沢開き

今年、沢開きを早々としました。
昨年、入渓したのがたったの、・・・・・・ひとつ。
寂しいかぎりでした。

とに角、今年は早く始めるぞ〜・・・と、思っていましたので
30日とはいえ4月に出来たことは幸せです。

例年ならば、どこかの山に連泊で出かけるのですが、今年は自治会の班長が回ってきたので
29日は総会でつぶれ、おかげで沢に入ることができました。

ちなみに、今回は班長の仕事はjimnyがやる。。。ねばならぬ。
15年に一度回ってくるのですが、私は2回やってますから。
と、ゆう訳です。ところが、地震が続いているので無理はできません。
長崎はさほど影響がなかったので、近場に。

やっぱり沢はいいな〜〜〜!
何年ぶりかの多良のしべ沢左俣、冬枯れのときに詰めたことがありますが、
この季節では、様相がすっかり変わっていました。
なんといっても風の心地よいこと、萌えいずる木々の若葉に照らされながらつめていく快感。

夏ならば、ジャブジャブ水の中を進むのですが、今日は高巻きします。
まだ水は冷たい。濡れたくないです。
ちょこっとですが、久々の空中懸垂でした。雨のあとは、水が多くて楽しめます。

途中で岩窟をみつけました、ぽたぽたと水の音がするので近づいたしだい。
後から着いた私も感激しました。
なんだか得した気分です、知る人ぞ知るとゆうところでしょう。
そこからは、こつこつと登りが続き堪えました。
金泉寺までぶらぶら進みます、群れて咲く白すみれや、紫すみれにヒメシャラの木。
一面、薄緑に染まった沢の詰め。
自然の素晴らしさに感謝の気持ちが湧いてきた一日でした。

今日の一首  浅緑に染まりたる多良のしべ沢を入りゆく我らに水は冷たし

DSCN0076
DSCN0113
DSCN0102

ぶらぶら散歩のつもりでした・・・・・

昼から出かけて、十分に楽しめる山歩きができました。

一日がかりで登って下りてくるのとは違い、ちょっと気楽です。
もちろん、山登りの装備はちゃんとザックにつめて出かけました。

今日のコースは10年以上歩いてないので、すごく楽しみです。
まず、旧道から歩き出しました。

道端には、レンゲの花やオオイヌノフグリ、たんぽぽ、オキザリス、ホトケノザ、
けっこう普通に咲いていました、雑草の花ってところです。
山の中で見れば、希少な思いを持つて花を見ているところがあります。
ガンバって咲いてるね! って感じですかね・・・・・・

稗の岳にのぼりましたが、とりつきの土が落ちてしまい、ちょっと危なくなっていました。
ロープなど無かったころに、危ないなと思いながらでしたから、尚更です。
今は、補助ロープが3本もセットされています。
いろんな人が登って、木の根も削れたような折れそうなぐらいの状態でした。

次は、丸田岳に向かいます。
どっさり捨てられているミカン畑のところで、目白に出会いました。
人慣れしていて、近くを飛び回ってます。
里山の良いところで、久しぶりにのどかな気分。

丸田岳からタンタン岩に寄り、昼食。軽く登り返して行くと仙吾岳です。
アップダウンはさほど無いコースでしたが、山の奥に入るとイノシシの掘った跡がけっこうありました。
仙吾岳は私は初めて行きました。そこから少し下ると扇塚峠です。
ここからは、ぶらぶら景色を眺めながら長与の町に下りました。
思ったより歩いていたのには、びっくりでした。

      
「今日の一首」   空の青きゅっきゅと吸いしかオオイヌノフグリ咲き満つ天を仰ぎて    

登ってみないとわからない

2月21日、日曜日晴れ。
どこかの山に登ろうと、考えましたがいきたい山が浮かびません。
あれこれ、考えたあげくに、十坊山と浮嶽にいこう!とゆうことになりました。

テーマは、「山名は知ってるけど、なかなか行く機会がない山」に決定。
長崎からは糸島方面は思ったより遠く、時間がかかりました。

先に、十坊山に登りました。
乾いていたらルンルンの楽しい道でしょうが、あいにく今日はずるずるです。
山頂は明るく、開けて見晴らしがよく、玄界灘が見渡せます。
頂上に、まるまるとした石(ふたつに割れています)が座っていて、楽しい気分になりました。
以前は、石の上にあがれたようですが、鎖がきれたままで登れず残念でした。

十坊山を下山後、浮嶽に登る時間があったので、すぐに登りだしました。
取り付きは道沿いの、のり面に窪みをつけた道らしいところを、登っていきます。
ゴルフ場の側の木道の橋をわたり、進みます。
ここまでは、なんかわくわくした気分でした。
このあたりから、じわじわと登りになっていきます。
登る、登る、ひたすら登る。

変化のない登りに厭きてきました。
頂上には行かなくてもよいと、気持ちが傾きました。が、携帯のアンテナが立ってない!
先に行ってるjimnyに連絡できず、後10分程で着くと思い一歩一歩・・・・・
何のために登っているのだろう?・・・・・無・・・無・・・・スイッチON!
二度と登らんから、登る!

久しぶりに忍耐のいる山に登りました。
気が紛れるものが一切ない、樹林の中をこつこつと登るのみ。
修行にはもってこいの山でした。

『今日の一首』     美しき三角錐の山容に心引かれて登る浮嶽

久しぶりの多良権現様

経ヶ岳に、登るつもりが朝から雨。
金泉寺に水汲みにいくことが今日のメイン計画になりました。
さて、最短距離から登るのか、西の越しから登るのか迷いつつも、
とりあえず黒木登山口に到着。
カッパを着たものの、雨があまりにも激しくふりだして、結局めげてしまいました。

最短で金泉寺に行ける登山口に方向転換です。
途中、紅葉が始まり出した景色を見ながら、
林道沿いの紅葉について過去の話などして程なく到着です。
未来の話って、実現可能な%はどれ位かしら ・・・・・・ね。

たった20分で着くので、権現様まで行こうとゆうことになり、そのまま登りました。
進むうちにすっかり雨は止み、青空が出てきました。
ときおり吹いてくる風が気持ちよかったです。

久しぶりの権現様です、嬉しくなって御前で一枚撮ってもらいました。
やわらかい日差しのなか、ゆっくりと休み、金泉寺に向かいました。
足元に散った紅葉の葉が色取りよく
岩混じりの登山道に趣きをそえて素敵でした。

 

  今朝の雨残りたるしずくかもみじ葉の秋の日ざしにひときわひかる  
カテゴリ別アーカイブ
楽天市場
タグクラウド
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ