さっき、日付詐称で夏虹#4話のアレコレUP。

夏虹#5
やっとドラマにもいちゃもんつけられるようにまでなってきた、なんて。
大森さんとPの最初のタイトル案が『楠大雅の恋』ってのは納得(爆)
昔のスポコンアニメ並みの亀な歩みの恋の進展度。
初っ端から生活臭丸出しのカットインでイラッと。

慶太にまたもや世の松潤ファンの代弁させてるし(笑 結子ファンだって不満だろうに)、
またもやオーデションに落っこちる大雅がちびっと可哀相に思い、
真知子ちゃんのシャベリに若干の苛立ちを覚え(でも”親の贔屓目"には大爆笑 アレも真知子のキャラ勝ちだしなー)、
きっちり計量する大雅にニンマリする。
大雅の腰に黒エプロン♪ ピッタリシャツ♪
(どうせ、大森さんにしてやったりの感情の動き)
(でもスーパーの底値を調べるおのこを嫌だ!)

人生ゲームと大貴の泣きの件は必要かーー?
TELの会話は、二人の親密度を増すアイテムとはわかってるけど、
甘えちゃいけないとしながらTELする詩織の言動にイライラと(遠い目)。


しかしながら、海ちゃんは可愛いのぉぉぉーーー。
桜と早くくっついてくれ!!(ちゃうのよねーー、詩織が邪魔だぁー)


詩織のアパート見詰めるシーンは、『あ、沢田慎がいる(はあと)!』と思ったり。
品川バスターミナルまで走るより電車で行ったほうが良くない?と思ったりするのは、MJふぁんじゃないのか?
あ〜あ、大雅はぴゅあ過ぎるのぉーーー(ニタニタ)。




予告ネ、予告!
あの左手がまだ遠慮がちなのが気になる(笑)。やっぱり大雅だ。