2018年08月19日

3歩進んで2歩下がる

以前に作りかけて、そのままになっていたマクラメ編み。
IMGP1796
濃い色のものと対になるような白っぽい色のものを作ろうとして、そのままになっていたもの。
夏休み中に仕上げてしまおうと思っていましたが、できなさそう・・・。

掃除や片付けをしていたりというのもありますが、とにかく、編み直しが多い。
3歩進んで2歩下がるは、当たり前で、3歩進んで4歩下がるなんてことも多々ありました。
ほどくのも、毛糸の編み物のように、ピーっと引っ張ってほどけるわけではないので、やたらと時間がかかります。
それでも、この作品を作っている間に、マクラメ編みに対する意識の変化もありまして、ほどいて編み直すのも、以前のように苦に感じなくなりました。
自分でも驚くくらいです。
それが、すごくいい感じで、嬉しいです☆

編んでいると、レオンくんがやってきます。
後ろ脚で立ち上がって飛び掛かってきたり、
IMGP1797
(ツメを出してくるので、結構痛いし、服に穴も開く。)

机の上に乗ってきたりします・・・。
IMGP1873
まさしく‘猫あるある‘で、困るけれど、かわいい~
幸い、マクラメ編みには、糸がわしゃわしゃしている割に興味がないようで、さわったりすることはありません。
(素材によるのでしょうか???麻糸を使っている時は、執拗に狙っていました。)

ふと外を見たら、「5」の形の雲が浮かんでいました!
IMGP1869

「5」は、変化。
より良い方向へ行くための重大な変化が起こっている、または、起ころうとしている、などの意味。
IMGP1868
そういえば、今日見た夢も、同様の意味がある夢だったな。
マクラメ編みの意識に対する変化もあったし、より良い方向への変化、
よしよしです。

ホーリーバジルで、ガパオライス作ってみました。
IMGP1860
美味しくできました。
ホーリーバジル大好き。

今日の夕空。
IMGP1877
立秋も過ぎ、暑さのピークは越えたのか、朝夕、急に涼しくなってきました。




mimiririplus at 02:49|PermalinkComments(0)レオン | 

2018年08月16日

汚部屋の片付け&大掃除

珍しく、早朝に目が覚めました。
IMGP1819
美しい空を見てから、二度寝。
しあわせ~☆

さて、まるまる二日かけて、長男の部屋の片付け&大掃除を、長男としておりました。
あまりのおぞましさに、ビフォーの写真は撮りませんでしたが、「大掃除しよう!」と決意したキッカケは、脂っぽいような悪臭でした・・・。
換気扇掃除ではないですが、暑さで、しみこんでいた脂汚れが浮き上がってきたのかも!?
掃除機はかけていましたが、床にモノが散乱していましたため、キチンとはかけず・・・。
何と言うか、いろいろと‘あきらめてしまっていた‘‘というような状況だったのだと思います。
長男は、眠る時以外にも、ベッドに乗って過ごしていることが多く、ずっと注意はしていましたが、やめずにおりました。
なので、寝具やベッド周りの壁に、汗とか脂などの汚れが染みついていたのでした。

今回、洗えるモノは、寝具に限らず、カゴや衣装ケースなども洗い、壁や床も洗剤で洗うように拭き掃除しました。
暑さが幸いして、どれもすぐに乾きました。
ベッド周りは、特に汚れがひどく、長男も、さすがにゾッとした様子。
考えてみたら、部屋が狭い上に、床も散らかっていることもあり、ベッドに乗っていたのかな?と思えたので、思い切って、ベッドをやめてみないか提案してみました。
寝る時に布団を敷くというようにすれば、生活にメリハリもつくかも?と。
長男も、アッサリ承諾したので、すべての家具も移動させ、家具の裏や、後ろ側のホコリも掃除できました。

元々、持ち物はすごく少ないので、かなりスッキリ片付きました。
IMGP1821
壁側にあったベッドは、部屋の仕切り部分に移動。
(L字形の部屋を、わたしと共有しているのです。
本当は、次男と共有するはずだったのですが、あまりにも仲が良くないので。)
押し入れもクローゼットもない部屋なので、上げた布団を置く場所として使うことにしてみました。
使い勝手が悪かったら、また変えますが、とりあえず~

ちなみに、わたしの部屋側から見ると、こんな感じ。
IMGP1825
これまでは、この位置に、すのこを置いて、そこに畳んだ布団を置いていたのですが、押し入れ代わりのベッドを使うことで、ベッドの下にもモノが収まり、半畳ほどのスペースが浮きました。

長男の本棚と、小物を置いていたカラーボックスを並べて、カラーボックスのほうにも増えてきたマンガを入れました。
あちこちに散乱していた小物も、種類別に分けてから、それぞれの仲間同士で収納。
IMGP1823
マンガは、まだ雑誌連載が続いているものは、これから発売される分のスペースも作って、今後も片付けやすいようにしてみました。

ベッドに置いてあったクマさんは、すごく汚れていたのですが、長男が洗いました。
IMGP1839
サッパリして、嬉しそうです。

先日の換気扇掃除の時も思ったのですが、長男の部屋も、見て見ぬふりしていたような部分なので、ここの片付け&大掃除をしたことは、わたしの中で、無意識にフタをして封じ込めていた何か、過去の感情や、潜在意識に溜まった、見ようとしたくなかったことなどのクリーニングにも繋がると思いました。

片付けていた時に出てきた長男の書いた落書き。
IMGP1836
3頭の竜。
「いらない」と言うので、もらいました。
うろこのビッシリ感がすごい。

今日は、太陽のまわりに、うっすらと日暈が出ていました。
IMGP1835
日暈は、変化の兆しや、幸運の前ぶれ。
見て見ぬふりをしていたような汚部屋を片付けたのだから、きっと、変化も幸運もやってくると思う。
ありがたくて、嬉しい日暈でありました☆

夕空は、幻想的。
IMGP1841
そういえば、先日、流れ星も見ましたよ!!
ペルセウス座流星群の極大の日は、曇っていたので見なかったのですが、次の日に見てみたら、3つも見えたのでした☆
ツツツーという感じに流れていって、とても素敵でした!
感謝です。



mimiririplus at 02:14|PermalinkComments(0)片づけ | 

2018年08月12日

夏の「換気扇掃除」祭りと、変えたもの2つ。

先日、「すいか」のDVDを観ていたら、楽し気に換気扇の掃除をしている場面がありました。
そういえば、夏は気温が高いので、油汚れが落ちやすいと耳にしたことがあったような~
うちの換気扇も、ずいぶん掃除していない・・・
フィルター部分や外側は、たまにしていましたが、内部は、この家に住んでから1度もやっていない!?
ということは、10年ちょっと掃除していないということに・・・

夏休み初日、換気扇掃除をしてみることにしました。
まずは、フィルター部分を外し、重曹とクエン酸水をかけて流しに放置。
それから、ファンを外してみました。
ギャー!
IMGP1811
10年以上の油汚れ!
こちらは、水と重曹ひとつかみ、油大さじ1ほどを入れた大鍋に入れ、沸騰するまで煮込みます。
沸騰したら、火を消して放置。

その間に、外側と、ファンカバー(?)内部の掃除。
ファンカバー内部は、油汚れが層状になっておりましたので、掃除用のヘラでこそげ落としました。
たぶん、冬場でしたら固まってしまっていると思うのですが、この暑さなので、面白いくらい簡単に取ることができました。
外側の油汚れには、以前にいただいたままで使いこなしていなかった、こちらの洗剤を使ってみました。
IMGP1813
天然由来の粘土にレモンオイルが配合されている、人にも環境にも安心な洗剤とのこと。
水に濡らしたスポンジに取り、泡立ててから使うとのこと。
使い心地の良い洗剤で気に入りました☆
どうもありがとうございました!

さて、拭き掃除が終わってから、流しに放置しておいたフィルターを洗いました。
重曹とクエン酸のおかげで、油汚れがずいぶん浮き出ていましたので、あとは、洗剤を古歯ブラシにつけて洗い、終了。

大鍋のフィルターは、お湯の温度を確認して、まずは、お湯につけたまま、古歯ブラシでサッと洗い、すすいでから、仕上げに、もう1度洗剤をつけて洗って完了。
IMGP1814
すっきり~ピカピカです。
重曹で煮込むのは、ほんとうにオススメです。
五徳の焦げ付きなども、こそげ落とす労力もなく、サッと簡単に落ちます。

簡単だったとはいえ、外側の汚れも結構ひどかったので、午前中いっぱいかかってしまいました。
でも、汚れを落とすのは楽しかったです!
また明日もやるように言われたら、イヤですけれど。
たまに、‘祭り‘みたいにやるのが、楽しくて良いのだな~と思いました。
あと、長期休みの最初というのも良いですね。
換気扇の掃除で、お休みの1日が終わってしまった・・・って、なんか悲しいけれど、まだまだお休みがありますので~♪
それに、普段目に見えない内部の汚れを落とすということは、潜在意識のクリーニングにもつながっているな、と思えました。
換気扇も、たぶん潜在意識も、スッキリで気持ち良い~です。

暑い中、作業をしていたので、シャワーに入ってから、お昼にしました。
ここでお昼が出来ていれば、最高なのですが、、、自分で作ります。
まあ、自分が食べたいものを、好きな味付けで作れるのは良いところ。
たまごサンド。
IMGP1815
この頃、無性に食べたかったのです。
食パン2斤、卵は11個使って、ガッツリ作り、みんなでガッツリいただきました。

次の日は、パンの耳で、パンプティング。
IMGP1816
こちらも好きで、食べたかったおやつ。
嬉しいです。

さて、この頃変えたもの、2つ。
1つは、こちら。
IMGP1805
炊飯器の窯が剥げてきたのが気になりつつ、ずっと使っておりました。
先日、友人と話していた時、友人が「炊飯器と電子レンジを捨てた」と言っており、それもいいな~と。
電子レンジは、オーブン機能もあるものなので、オーブンは使いたいし、捨てるわけにはいかないのですが、電子レンジは、なるべく使わないように意識してみようかな?と。
そして、炊飯器は、やめて、ご飯窯を使うことにしました。
こちらのご飯窯、数年前に懸賞で当たったのですが、数回使ったままで、炊飯器に逆戻り・・・。
おひつは、独身時代から持っていたのですが、結婚してから炊飯器生活になり、ずっとしまい込んでおりました。
そういえば、独身の頃は、お鍋でご飯を炊いていたのでした。
炊飯器に慣れてしまって、そのまま使っていましたが、もう使い続ける理由なんて何もなかったのでした。
炊飯器は、母が、黒ニンニクというのを作るのに使うとのことでしたので(窯が剥げていても大丈夫とのこと)貰ってもらえました。
ご飯窯で炊くご飯は、とっても美味しくて、子どもにも好評です☆
IMGP1844
いつものおむすびも、それだけで十分喜ばれたりして。

もう1つの変えたものは、電気です。
東京電力をやめて、パルシステムでんきにしました。
東日本大震災以来、原発について考えることはありましたが、具体的な行動は何も起こせず・・・。
電力自由化になっても、即、変えることも出来ませんでした。
理由は、値段が高くなるのでは?と思っていたこと。
良いとはわかっていても、日々使うものが高額になるのは、ちょっと・・・とビビっていました。
それが、料金は大手電力会社と同じと知り、それならば!と。
手続きも、面倒なことはなく、簡単でした。
資料など読んでいて知ったのですが、
パルシステムでんきは、FIT電気率(再生可能エネルギー)85.0%(2018年度計画値)で高いのですが、「再エネ比率は高ければ良い」というわけでもないとのこと。
たとえば、「バイオマス発電」の場合、本来望ましいのは地産地消のですが、プランテーション開発を伴うパーム油、輸入木質ペレットなどによるものが多かったりするとのこと。
また、一部の大規模太陽光発電などで、山林の伐採、水源への影響などから地元の理解を得られていないケースもあるらしい。
どのような「再生可能エネルギー」なのかも知る必要があるのだな、と。

炊飯器も電気も、惰性でそのまま使い続けていましたが、ちょっと考えたことにより、より良い選択が出来たのではないかな?と思いました。
日常の、当たり前になっていることや、惰性でなんとなくしていることなど、ほかにもありそうです。
当たり前すぎて、なかなか気づきにくかったりもしますが、見直してみると良いかも!?と思えた出来事でした。




mimiririplus at 19:21|PermalinkComments(0)片づけ | 思うこと