あけましておめでとうございます

新年明けましておめでとうございます。
依頼者様のお役に立てるよう、専門性と地域性をさらに高めていこうと考えております。
本年も当事務所をよろしくお願いします。

新年は1月7日からの業務になります。

ミモザ法律事務所
弁護士 北嶋太郎

 

本年の営業は終了しました

本年も多くの方にお世話になり、ありがとうございました。
年末営業は28日までとさせていただき、新年は7日からとなります。
よろしくお願いします。

ミモザ法律事務所
弁護士 北嶋太郎 

ゴーン氏再逮捕

一連の容疑なのに期間で分割して再逮捕するのはいかがなものか?
という指摘に対して検察のえらいOBの人が、いや、検察的には再逮捕しないで追起訴してもいいんだというコメントを出していたのを読んでそうだよなあと思ってしまいました。

一般の人には再逮捕された方が被告人の不利益と感じられると思います。
しかし、否認していれば基本公判まで保釈されないので、その間に余罪を追及して追起訴するというケースはよく見られます。
起訴後勾留における余罪取り調べは任意捜査ということになっていますが、実態は大差なく、逮捕されていないと期間制限もないため弁護人的にはむしろ再逮捕してくれた方が23日間以内に起訴されることが決まっていていいんじゃないかと思ってしまいます。 

これはまさに人質司法の最たるものですが、検察のえらいOBの人はそんな組織の本音をしゃべってしまっていいのかなあと思ってしまいました。 
楽天市場
記事検索
Amazonライブリンク
プロフィール

mimozalaw

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ