2008年08月

2008年08月28日

永田町の昼行灯


慌ただしかった北京オリンピックが終わった。


国民の目はオリンピック一色、

それにそそがれていた。





一時的ではあるが、

ホッと胸をなで下ろしてしているのは、

・・・・・・・

自●党だろう。




●泉内閣からの負の遺産を受け継いだ阿●総理は

お坊ちゃんすぎたのか、途中でリタイヤ。

そして、

時限爆弾的に仕掛けられた後期高齢者の問題が

吹き出した福●内閣は

のらりくらりの体たらくで、何がしたいのか見えてこない。



そして、

年金問題も未解決のまま、うやむやにされようとしている。




●泉内閣時代に、米百俵という美談を用いて、

国民に痛みをわかちあってほしい、といいながら、

ずっと押しつけてそのまま今日に至っている。






ガソリンが高騰してもなんら対策をしない無能な

オリバー電球内閣。



運送業界及び、車を使う業種の方々は大変な

日々をおくっているだろう。



何故なにもしないのか。

やはり人ごとか。

それともホントに無能なのか。

無能ならしかたない。

・・・・

んなわけないよ。日本の舵取りを

まかせられるわけがない。






それにしても、

まんまと、北京オリンピックで

いろいろな案件を

忘れさせることに成功したと思っているのか。




内閣改造でいかにも新鮮にやりますよって

顔をしている。

が・・・・・

次の選挙対策のポーズにしか見えない。




いったい、いつまで国民はそういった

政治家のご都合主義にだまされ続けていくのだろうか。



国民の為の奉仕者であるはずなのに

内実は、事務所費を水増しして私利私服を肥やしていた

悪徳代官のようなツラがまえの大●大臣。



いくら呼びたくても、水戸黄門はでてこない。

後半の15分印籠を出して、やっつけてくれる

ヒーローはいない。




何も変わっていない現実。

何も反省していない奴ら。




国民をなめている。




そういった事実を

国民は決して忘れてはならないと思う。


鉄槌を下すのは・・・・




しかない。






minaemon at 15:57|Permalink 日本と政治 | メッセージ

2008年08月22日

バベルの塔をみた

MSNニュースでみた。




このほど、

ドバイにバベルの塔が完成する。

その名はブルジュ・ドバイ

まさに富の象徴だ。







日本一高いビルは横浜のランドマークタワーだ

その高さ、295.8メートル。

上からの眺めはすばらしい。

関東平野、

晴れていれば富士山や房総半島、

伊豆半島が見渡せる。







そして、東京に建設予定の

東京スカイツリー。

高さ610メートル

はっきり言って東京タワーの約2倍だ。

何て高いものを作るんだろう。









それさえもはるかに凌ぐ・・・・

ブルジュ・ドバイ。

高さは819メートル。

なんて高さなんだ。

(写真はクリックで拡大されます)

ブルジュ・ドバイ













まるでバベルの塔そのものだ。






そして、

それは人間の飽くなき野心であり野望そのもの。

人間のチカラを誇示する象徴にも見えた。




ある意味、神の領域。

神聖な領域。

それは・・・・

神をもしのぐという

人間のおごりのようなものかもしれない。








神話では

古代バビロニアの

バベルの塔は神によって破壊された。


バベルの塔







人間のちからは自然には勝てない

自然の前では無力そのものだのだ。



それは宇宙の本質。



自然の理にかなうものだけが残るような気がする。



はたしてこの塔はどうなのだろうか。










その富の象徴である

ブルジュ・ドバイ・・・



本物を

見てみたい気もする。








minaemon at 20:27|PermalinkComments(2)TrackBack(0) メッセージ | スピリチュアル

2008年08月18日

五輪野球/日韓戦に思う






五輪野球で日本が韓国に敗れた。

韓国とはライバル同士で負けたくはない相手である。

カナリくやしかったが、

勝負は時の運だから、仕方ない。

のめり込み過ぎるとつらいものがあるようだ。




それにしても・・・。

選手達にたいして酷評する

コメントをネットニュースでみた。

内容は以下の通りだ。


***************************************************

 快進撃を続ける韓国にとって、ハイライトは何といっても5−3で逆転勝ちを収めた16日の日本戦だ。韓国が調子を取り戻している中、日本のインターネットには代表選手を非難する書き込みが相次いでいる。特にヤフー・ジャパンなど各種ポータルサイトには、日本のファンが数千件に上る自滅さながらの非難を浴びせている。


 「なぜ韓国にいつも負けるのか、日本が勝てるのはオランダと台湾くらいのものだ。もう、日本野球は見たくない」「野球人口が100分の1にすぎない韓国に負けたのは恥」「歴史上、最悪の試合だった。日本野球は北京で最後を迎えた。もう帰ってくるな」


 日本のメディアは、「宿敵」韓国を迎え、かなりの重圧を感じていたはずで、出発からしてすでに負け腰だった、と分析した。また、抑えで登板した岩瀬仁紀投手は「韓国には気迫が感じられた。それに負けないように努めたが、抑え切れなかった」と話している。岩瀬は「9回2死を取ってからも勝負することができなかった」と、当時の心境に触れた。

***************************************************


この内容をみて、

五輪野球を楽しんでいないな。

と思った。

怒っても負けたものは仕方ない。

結果がすべてだ。




勝つことは大切だろう。

金メダルをとることは、日本野球の威信でもある。

だが、野球というスポーツは何がおこるかわからない。

強いチームであっても負けることがある。

勝ちにばかりこだわっても勝てるはずがない。




メダルを取ることは大切なことだろう。

だれもが頂点を目指している。



見ていて思うことがある。

結果を生むのは強さじゃない。

最後は、メダルを絶対つかむっていう

勝つ意志がまさった者が勝つっていうことだと思う。






それにしても、

負けて1番悔しいのは選手だと思う。

見ている我々傍観者ではない。






感情に流されて、「かえってくるな」

と言うコメントをするのはやめてもらいたい。





ワールドカップサッカーで

帰国した選手に空港で水をかけた人がいた。



多分、同レベルだろう。







気づいてほしい。




負けることにも

次につなげる意味があるということを・・・。

















minaemon at 21:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0) トピックス | スポーツ・格闘技

休日の軽井沢



軽井沢に行った。

あまりの暑さから逃避するためには自然の涼しさがいい。

ということで家族で出かけた。





軽井沢はプリンスホテルのアウトレット目当ての車が
カナリ渋滞していた。



とはいっても、ここの道はちょっと詳しい。

なんといっても、想い出の場所・・・。

この地で結婚式を挙げた。

訳あって、友人は呼ばずに家族だけで式を挙げた。

神父さんに、

いつでもこの場所に来てくださいね。

と言われ、自らの愛を誓った場所。

だからこそ、

いつか別荘を持ちたい!

と思うぐらいに好きな軽井沢・・・
なのです。





さて
久しぶりに来た軽井沢は多くの人でにぎやかだった。

外気温25℃

さすが、標高1000m以上の避暑地。

頭がヒートしそうな、
35℃の自宅周辺からみたら別世界だ。





あまりに道が混んでいるので、途中道をショートカットした。
地元の人しかしらない道も知っているっていうのは強みだった。



旧軽銀座の駐車場に車を止め、散策を開始。


ミカドコーヒーのモカソフトは常に行列だ。

やはり、並んで食べるにあたいするマイルドな味だ。
いつも食べてしまう。

癖になる味ってやつかな・・・。


モカソフト








旧軽銀座を歩きながら

小道をゆけば・・・。





万平ホテル。

ジョンレノンが泊まったかの有名なホテルだ。



そこでティタイム。

つかのまの休息・・・。

万平カフェ










ちょっと、我が子のドットもオモチャを買って
夢中になっているみたいで、今は静かだ。

木漏れ日を見ながら、うっとりする。



こんな、日もあってもいいよね。



がんばっている自分らに

ちょっとしたご褒美さ。




帰りに腸詰屋のハムとウインナーを買って帰った。

あそこのハムはうまい。



充実した時間がすぎたようだ。


万平全景







さて、灼熱の世界にもどるとしよう。

いよいよ仕事モードに移る準備だ。








minaemon at 16:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)  | 随想

2008年08月12日

お盆やすみ


オリンピックたけなわな昨今。

一喜一憂の毎日が続いている。

なんだか毎日あわただしい。




こころなしか、

国内のスポーツイベントが

少し寂しそうな感がある。






今日は

日航機の墜落事故が起きた日だ。

時がたつのはやい。

あれから

23年の歳月がながれた。

マスコミが取り上げることも少なくなった。



遺族は忘れないと思う。

そして、自分も・・・・

忘れられない。

・・・・。







お盆は

先祖を敬う日でもある。



お墓参りにいったり、

どこか静かな場所へ出かけてみたり
しようと思う。

そこでゆっくりと

過ごす時間もいいだろう。





この期間はパソコンはいじらないので

18日過ぎに、復活します。



暑さ厳しき織り柄、お体ご自愛ください。

かしこ。






minaemon at 12:34|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 随想 | メッセージ

2008年08月09日

それって、激励なの???



MSNニュースでみた。
 
福田総理の五輪選手を前にしての

激励の言葉。

ちょっと・・・・???

内容は以下の通りだ。


***************************

 福田康夫首相は8日、北京五輪開会式を前に日本選手団を激励するため選手村を訪問、あいさつした。

 ただ、「まあ、頑張ってください。せいぜい頑張ってください」とか「私はね、日本国民のためにメダルをいくつ取ってくれなきゃ困るなんてこと言いません。余計なプレッシャーかけちゃいけないと思って自制しているんです」などと、しばらく鳴りを潜めていた軽口を連発させた。とどめは「今年は、みんな旅行にも行かないで、家でテレビの前で一生懸命見ようということのようだ。ガソリンが高いせいもちょっとあるんだけどね」。

***************************

どうしてこの人こういう言い方しかできないんだろう。

これからがんばろうとする選手に対して失礼だ。

まったく激励になっていないし、妙に力抜けする感じ・・・。



言葉を選べないんだな、この人は・・・・。
かなり、誤解を招くスピーチだと思う。


「せいぜいがんばってください」って。


せいぜいがんばってくれ、自分は期待してないから。
とか、
まぁどうでもいいよ。適当にやって・・・。

みたいな意味が含まれている感じがする。


すごく人を小馬鹿にした言い方だ。

自分のプライドが高い人なんだろうなこの人。

支持率は低いけど、プライドだけは人一倍高い。
付け加えると人間性は低そうだ。

言葉をみると、
その人のおおよその人となりを察することができる。

プライドだけが妙に高い、薄っぺらい総理って感じがした。


総理は品格・・・。

ものには言い方ってものがあることを知ってほしい。








minaemon at 15:32|PermalinkComments(4)TrackBack(0) 随想 | メッセージ

145894







はたしてこの数字はなにか?

この数字から語りかけてくるものがある。




今日は、8月9日

長崎に原爆が落とされた日。




この数字は

今日までに原爆で亡くなられた方の総数。

原爆による犠牲者の合計数だ。



今、現在も後遺症で苦しんでいるかたがいるという事実。

日本人として、怒りで振るえてくる。








今・・・、

ドクター苫米地の本を読んでいる。

オーム真理教の信者の脱洗脳を手がけた、

洗脳に関するエキスパートだ。




彼曰く、

原爆は、
本当は海岸の呉あたりに落とすはずだったのだが、

それでは、正確なデータがとれない。

正しい実験にならないということで、

都市部に変更され、

人体実験がおこなわれたとのこと。



あろうことか・・・・

2回も・・・・。





終戦後、GHQによって、

原爆投下は、日本人には、
戦争を早く終わらせる為には仕方なかったと
戦後の教育による洗脳で、そうすり込んだらしい。

洗脳に関しては、
アメリカのかなりプロフェッショナルの権威に依頼して
そういったプログラムを作成して・・・・
おこなわれた。

そして
戦争を起こした罪人としても、日本人を洗脳したのだ。



今ある、
アメリカに頭が上がらないのは
そう言った洗脳の呪縛が何十年も続いているらしい。




その事実を知り。

本当に許せないのは一部のそう言った
行為をやらせた・・・
人を人と思わないウジ虫以下の人間のなのだと思った。


戦争をするために民衆を洗脳した軍部も悪い。
天皇という象徴の為、
お国の為といって、
愛する家族と別れ、
この世を去らなければならなかった無念。

洗脳されている人達はある意味被害者なのだと思う。





そして

原爆によって
突如として、すべてを失った人たち。





嘘によって、ねじ曲げられ、正当化された事実・・・。





今後もアメリカによる洗脳支配が続くのだろうか。

属国と化した日本は

早く、
アメリカからの洗脳支配から脱却しなくてはならないと思う。

世界最大の赤字国アメリカに
いつまでお金を貢ぐつもりなのだろうか。


思いやり予算とかで
何百億と国民の血税を垂れ流しにする腰抜けども。



やることが違うだろ。



国の為にがんばってきた人達に

後期高齢者という制度を押しつけた時の内閣、

○泉純○郎。

アメリカに貢ぐ前に、その人たちに還元してやれよ。





強く思う。







そして、

145894人の

尊い犠牲者の為にも



この洗脳支配から

脱却しなくてはならないと思う

今日この頃であった。











PS.
郵貯銀行のマネーも為替、債権等へ変化し、
外国へ流れているようだ。

これもアメリカの言われるままにやった結果だろう。

民営化することによる、利点だけをあげつらい・・・。
民営化することによる、大きなリスクを完全に遮断した。

これも一つの洗脳の手段らしい。


外資に郵貯が乗っ取られるというリスクがあることも述べずに、

民意を洗脳し、操った時の総理、
○泉純○郎はたいしたタヌキだな。


このことに気づいている人はわずかだろう。








minaemon at 14:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 戦争と平和 | メッセージ

2008年08月05日

8月6日に思う

このブログを始めておよそ一年が経過した。
子どもの誕生日前に始めたブログだ。

明日は子ども(以後ドットと表記)
の記念すべき5才の誕生日だ。



まだまだ、楽しい盛りであって、
ホントに世界が自分の為にあるような
日々だろうと思う。


そういった楽しい感覚を、
摩耗させずに育って欲しいと思う。

大人になるということは、
世の中の限りない矛盾を受け入れることであり
同時に感覚を麻痺させてしまうという危険をはらんでいる。

多感な時期は特に注意が必要になるだろう。

いつまでも子どものような
純真な気持ちというものを持っていてほしいと思った。





5年前、
生まれたばかりの、ほんのちいさな赤ちゃんだったドット。

両手の平に抱えた感覚を何となくだが覚えている。
今にも壊れてしまいそうな命。

そして、自分が父親という自覚も薄かった日々・・・。
毎日、夜泣きで深夜に起こされて、
寝不足だった日々を思い出す。



自分が最初にあげたプレゼントは、名前だろう。

姓名判断の本を5冊買ってきた。
将来苦労しないベストな総画数を選んで、
外画、地画、総画全てを旧字、新字から
とらえても、危なげない良画にした。


友だちにニックネームでよばれる場合とかも考えて、
○○ちゃん。
って呼ばれることを想定してつけた名前。


自分としても、ベストな名前をあげられた気がする。

すごく今、気に入ってくれていると思う。








そして、8月6日は、

何度も書くが、日本人にとっては特別な日。


「広島に原爆が投下された日」。



アメリカの許せない行為。


多分、原爆投下による敗戦。

無条件降伏。

そういったことが、
アメリカに対するコンプレックスになっているのかもしれない。



戦争は絶対してはいけない。



勝った国は、
原爆という凶器を使った国は
もっと猛省をしなくてはならないと思う。


だが残念ながら、現実はちがう。

アメリカは投下してよかったと思っているだろう。


考え方の違いだろうか。


そして、
10年に一度くらいに、武器の在庫一層セールするみたいに
戦争を巻き起こすアメリカの狂った凶器が理解できない。

絶対にウラ取引があるはずだ。



そして、
戦争の悲惨さをこれでもか、
というくらいに味わっている国である
我が国の首相ともあろう人間が・・・・。

こともあろうに、
イラクに大量破壊兵器があるといって(核兵器などなかった)

国民を欺き、

アメリカに追従して一つの国を滅茶苦茶にした。

議員による数の横暴で、
人様の国に軍隊を送るとはどういうことなのか。

3年以上立ってもイラクは混乱したままだ。
そしてこの責任を、誰がとるのだろうか。

誰もとろうとはしない。


本当に頭の悪い首相だった。
○泉純○郎って人間は。

二度とやらせるべきではない。
あんないい加減な奴には。




日本は平和の象徴でなくてはならない。

それが戦争で亡くなられた方々へのせめてもの弔いだ。


二度と、
そういった武器を使わせない、戦争を起こさせないが為に、
命をかけて尽力するのが・・・・

日本国民の奉仕者及び代表たる首相の
すべきことではないだろうか。


原爆の日に広島に訪れ、
形式的に行事に参加することではなく、
真摯に平和の意味を考えてほしい。



毎年、この時期が来るたびに思う。






将来

ドットも

そういった矛盾を知る日がくることだろう。

その時

この8月6日の意味を

平和の意味を考えてほしいと思った。










minaemon at 21:01|PermalinkComments(4)TrackBack(0) 随想 | メッセージ