メッセージ

2009年12月18日

日本の現状




今、民主党政権になり事業仕分けとか
いろいろ躍起になってやっている。

いままで自民党のやつら、
今は、おかげさまで地味ん党になった。

自民のやつらがしっかり官僚どもとこしらえた
国の借金が900兆円くらいに到達するっていうから。。。

ちょっと天文学的数字でピントこない。




この前、ラジオで
コンサルタントの人がわかりやすく言っていた。



つまりわかりやすくいうと

日本という家族の家計が

年収400万円のところを

いかに年間、900万円を使おうかという

計画をして500万円借金する。



トータルで9000万近い借金があるにもかかわらずだ。

だから、借金は500万円プラス、利息で支払うお金ということになる。




・・・・・・。

普通。。。自己破産でしょ。

どう見ても。。。





それにも関わらず、温暖化対策として1兆7000億の
資金を発展途上国に出すらしい。

開いた口がふさがらない。

バランス感覚、ゼロの馬鹿な政治家に出すお金は
びた一文もないな。

どういう脳みその構造をしているのだろう。








minaemon at 01:27|Permalink

2009年05月23日

ケイゾク


継続はチカラなりにけり



最近、自分の知り合いが20年近くやっていたカフェを
たたんだ。

すごく惜しいことだと思った。

今まで行っていたいきつけのお客さんは、
辞めないでほしいと
懇願したらしいが、彼の意志は堅かったようだ。

理由は儲からないかららしい。

はたして、その後何をするのかは
決まっていないらしかった。

継続はチカラなり。

たとえどんなに辛くても、
必ず答えはでるもの。

彼には、カフェを続けて欲しいと思った。

もうその願いはかなわないが。。。




minaemon at 00:11|Permalink

2009年04月09日

コンフォートゾーン5




時に自分のコンフォートゾーンを破ってみる



自分で自分の限界を決めていないだろうか。

幼少時に、親とか先生、友人によって、
植え付けられてしまった
自分はこれくらいという限界領域。

快適空間。

ある意味、ぬるま湯的な空間。

コンフォートゾーン。




時に破ってみるのもいい。




つまり、冒険するっていうこと。



初めは小さいことから始めて、
段々と広げていく。



ヨーロッパ見聞も自分にとっては、
コンフォートゾーンを広げるにはかなり
すばらしい経験だった。

カルチャーショックは、計り知れないものだった。



快適空間からの脱却。

大切です。




ロンドンで撮った写真。

無意識で撮ったのだけれど、かなりのお気に入り。

時空間が絶妙な感じだ。



london girl





minaemon at 00:36|Permalink

2009年03月25日

イチローのイカしたセリフ

足を引っ張りましたが、最後においしいところだけいただきました。本当にごちそうさまでした



WBCで、一夜あけたホテルでの共同インタビューでの
イチローの一言。

イチローらしい照れ隠しだと思った。


これは、なみなみ成らないプレッシャーをはねのけて
出した結果が有るからこそ、言える言葉だ。

もし、打てなければ、日本中から、バッシングの嵐が来るという
恐怖をはねのけて打ったあの一打。

そして、
おいしいところを持って行けるのもまた実力であり、
常人では計り知れない、日頃の努力の賜だと思う。



原監督じゃないが、
自分にとっても、一生忘れることのない一打だった。

何度も言おう、感動をありがとう。






minaemon at 13:40|Permalink

WBC・日本優勝!!

勝負は紙一重



ホントWBCはすごかった。
そして侍ジャパン
優勝おめでとう。

紙一重の勝負のあやのなかで勝ち抜いてきた
勇士の活躍に心からおめでとうといいたい。

そして、不況の気分を吹き飛ばして
明るいニュースをもたらしてくれて

ホントに感謝したい。

minaemon at 02:18|Permalink

2009年03月11日

小沢党首と情報操作







どうもきな臭い。

小沢民主党党首にかけられた疑惑のことだ。




総選挙が近いこともある。

彼を失脚させること。

これが目的のような気がしてならない。




こんなことを言うとクレームが来そうだが。

日本国民ほど欺きやすく、情報操作によって

見方を変える国民はそうはいないだろう。

東京地検と自民党の絡みがあるような気がしてならない。

あまりにも今のタイミングは、

何か、糸がある。





マスコミは連日その情報を流している。

無責任きわまりない垂れ流し。



そもそも情報っていうものを

自分で確かめないで、

マスコミの流す情報を鵜呑みにしてしまうのは
いかがなものか。



TBSラジオで宮代先生が言っていたが、

献金事態はざる法であって、

今回の件はなにも違法性はないと言っていた。






このことからもわかるように、

民主党に政権を取らせては不利になる奴らの

しくんだ罠とでもいうのだろう。




そこまで、よもうとする国民は

おそらく100人に一人くらいだろうか。



現在、小沢不支持が過半数を超えたようだ。


奴らの情報操作は成功したようだ。

ホント、
足の引っ張り合いで、

肝心の政治に対して熱意を持って行っている
人間はわずか。

・・・・
こんなことばかりしているから

政治家には期待できないし、

幻滅するよ。

















minaemon at 00:05|Permalink

2009年02月19日

迷走する麻生ジャパン


麻生さん。

さすがにそのKYぶりには

もうなにも言うことがありません。

やっぱり器じゃなかったってことだよな。


それにしても・・・・。

日本の政治家っていうものは

まぁ
随分と地に落ちたような気がする。




いったいいつまで

この内閣、及び自民党は

国民に背を向け迷走を続けるのだろうか。



自民党一党支配のなれの果てが

この国を失速させ

つまらなくしてしまったような気がする。



アメリカ追従、

必要以上に媚びを売るポチのような政治家たち。



指導力、求心力の無くなった政府与党。

もう、ジリ貧だな。



最後くらい潔くなってほしい。


たのむから、

総選挙やってくれ。

あんたたち政治家にとっては
終わりを告げることになるだろう。

でも
それが全てを打開することだろう。





minaemon at 01:01|Permalink

2009年02月03日

わらう阿呆にみる麻生

20代の若者の海外旅行離れが深刻らしい。

統計調査によると

現在、30代、40代、50代60代よりも下で、

かろうじて、70代以上の人と10代の人の
上ぐらいだそうだ。

なかでも、20代男性が顕著だという。




海外というのは危険がつきものだ。

自分も20代で行ったことがある。

3ヶ月間、ヨーロッパをひとり放浪した。

そのなかで、

かなり厳しい状況におかれたこともあった。。

まあ、まれな状況だったのも事実だけど。。

貴重な経験値は得た。








だからこそ、

もっと、20代って冒険をしてもいい時だと思う。

失敗したってやり直しがきく。

チャレンジだよ!!



とはいえ、

日本の今の現状がそういった冒険心に

水を差すらしい。




派遣切りの嵐。

若者の非正規雇用の増大、内定取り消し。

確かに企業も生き残らなければならないから必死だろう。


マスコミもやたら不安をあおるものだから、

冒険心に火が付かない。

負のスパイラルになっている。





日本をしょって立つべきこれからの若き人材が

今から守りに入ってしまうのは憂慮する。

チャレンジだよ。


今後、諸外国との視野を広げずして、

これからのグローバル化していく時代を

生き抜いていけるのだろうか。。

ちょっと心配になる。




やはり国のトップが

阿呆総理(まちがえた。でもかなり正しいかも・・)

麻生総理ではもうもたないし、だめだろう。

世間では不況とリストラの嵐が吹き荒れている。



最近、麻生総理は、何だかやる気が

トーンダウンしているようにも感じる。



国会の答弁に於いても、

下を向いて間違えないように棒読みしているのだが、

それでは、自分の情熱は伝わらないだろう。



あんた、何がしたいんだ。

聞きたくなる。



公園の近くに

総理のでっかいポスターがあった。



そこに書いてあるコピーが

『麻生がやる』


だった。。

いったい、なにをやるんだろう。

教えてくれ。

・・・・。。




今の日本は、

アメリカのごとく大きなチェンジ

舵取りが必要な時期にきていると思う。

無能な総理は自ら、去るべきだ。

福田ちゃんのように。。。



アメリカのケツなめ政治をやっていた

●泉純●郎の

ようなことをしていてはもうだめだ。


だから今回のアメリカの影響を
モロに受けてしまったのだ。



いまこそ、チェンジ。

日本独自のやり方があるはず。































minaemon at 10:44|Permalink

2009年01月14日

ガザにふる雨


人間の価値観が違うように

国民性とでもいうのか。

国民の価値観もそれぞれの国で違って当然だろう。


今、
イスラエルから、
隣国のガザにむけて、
容赦のない砲撃の雨が降っている。


聞くところによると、白燐弾という
人間にだけ、燃え移るといる焼夷弾を使っているとか。

はたして、
これが人間のやる行為だろうか?


イスラエルの人たちは
かつてナチスドイツに迫害を受けた。

その時の声にもならない悲痛な叫びは
アンネの日記を読めばわかる。

普通ならば、痛みを知っているからこそ
他人にやさしくなれるはずである。

やさしさは、つよさのあらわれだから。



だが、彼らは、疑心暗鬼なのだろう。

人を信用することができず、絶えず、
攻撃の対象をもっていないと
気持ちが保たれないらしい。




ガザで犠牲になった4割は女性と子どもだそうだ。

もし、自分の子どもや、身内がそうなったら、
自分だって身を犠牲にしてでも
奴らをたたくだろう。

当たり前のことだが、

憎しみは憎しみしか生まない。



わかっているのだろうか。
その罪深さを。。。。



そして、
イスラエルを擁護する
アメリカ政府。

おまえら狂ってる。






本当の正義というものがないのか。

この地球には。

















minaemon at 16:32|Permalink

2009年01月13日

抜け落ちた記憶




アフリカ、エチオピアで人質になっていた赤羽さんが
無事解放された。

本当に大事に至らなくて良かったと思う。

それにしても、海外という場所は
ある意味危険を常に感じていなくてはならない場所かもしれない。



以前、自分も海外旅行をしたときに、かなり危ない目にあってきた。

自分の人生の中で、唯一、空白の日が二日だけある。

それが海外で経験した空白の二日だった。

どうしても、その日の記憶だけが取り戻せない。



それはスペインで起きた事件だった。

公園でアラビア人に薬を盛られたのだ。

一瞬にして意識がなくなった。



いったいどうやって、意識がもうろうとしているなかで、

まったく知らない場所から

ホテルに帰れたのか。

今だにそのことは、自分の中の不可思議の一つとなっている。



とにかく、海外は楽しいこともたくさんあるが、

常に危険と隣り合わせだということだけは

肝に銘じておかなくてはならないと思う。






minaemon at 23:13|Permalink

2008年12月15日

派遣切りに思う

ジャパン アズ ナンバー1と言われて
いた頃がなつかしい。

はたして、
いまある現状を誰が予期しただろうか。


サブプライムローン以後の金融不安から来る
アメリカ経済の崩壊により、
主に(自動車産業)日本がこれほどまでに激震
するとは思いも寄らなかった。

サブプライムは、一部の投資家だけが勝ち逃げし、
多くの株主や銀行が思いっきりそのあおりを食らった。

リスキーな投資の結果が
このような不況を招いたのは言うまでもないだろう。

日本もアメリカにばかり目をむけすぎた為に、
そのあおりは計り知れないものがあった。


派遣社員の方々を
まだ契約期間があるにもかかわらず、
辞めさせてしまうことは、
はたして長い目で見て正しいのか疑問だ。


そういった人たちを、
会社の駒というかモノでしか
みていないということだろう。

そんなことをして、
忠誠心などが芽生えるはずもなく
おそらく会社とは、裏切るモノとして
ドライな考えになっていくであろう。

温情の一つくらいあってもいいのではないか。

せめて次の住む場所が見つかるまで社宅にいていいとか。
退去期限を2ヶ月先にするとか、

そういった情けってもんがないのだろうか。


自分らがもしそうなったらという気持ちがなく、
ただ、現状に対してあわてて反応する。

そういった事をしている限り人は育たないし、
日本という社会が根底から揺らいでしまう気がする。

経営者として、会社の運営も大切だとは思う。

されど、支える社員、派遣も含むそういった方々の
力があって今までやってこれたという感謝の思いを
もたない限り、

その会社の行く末は見えているような気がしてならない。

経営者ならば、
こういう時こそ、
もう少し冷静な判断を求めたい。






minaemon at 22:53|Permalink

2008年12月10日

マイナスシャワー

昨今のニュースでは

100年に一度の不況とか、

とにかく、不況の文字、言葉が

ニュースから消えない日はない。

聞いているだけでうんざりしてくる。




どうして、そこまでマイナスの
ネガティブシャワーを
国民に浴びせかけるのだろうか。


テレビラジオのニュースでは、
不況、不況のオンパレード。

やめてほしい。



これだけマスコミにすり込まれたら

それは財布のひももかたくなるで〜。

ますます物が売れなくなったり
代え控えに拍車がかかって

不況に歯止めがかからなくなってしまうっていう
ことを少しは考えたらどうなんだろう。




ところで、
自●党の能なしの政治屋は

自分の保身のことしか考えていないようだ。

なんて情けない連中だろう。

負ける戦いはしない。(総選挙)



国民の声をこれほど聞かない党っていうのもめずらしい。

日本を愛していない。

国民を愛していない。

自分しか見ていない。



麻●総理を批判するのもいいだろうが。

ちょっとまて!

だけど、

お前ら自●党が選んだっていうことを考えろよ。

選んだ責任ってものが一人一人の議員にあるはず。



それでいて、支持率が落ちたらバッシングの嵐。

おまえらホント汚い連中だ。

自分らが選んだんだから、そいつと心中するくらいの

気概がないのかよ。



初めから負けせんなんだよ。

二人の総理が投げ出した時点でな。

小●純●郎の能なしが残した改革の歪みが

どうやら重かったようだな。



ちんたら考えている時間はもうない。

待ったなしだ。

バトンを民主党にわたすことだ。



はやく気づいたほうがいい。

無能な集団だったということを。。。

そして、散り際ぐらい潔く散ることだ、自●党よ。
































minaemon at 00:43|Permalink

2008年11月21日

フォローしてみる



確かに、麻●総理は漢字が読めない。

中学レベル、かもしれない。

・・・・・。



でも

ちょっと見直したところもあった。

っていうか、あんまり非難ばかりされていると

逆に擁護(フォロー)してやりたくなる時もある。





それは2つある。

まず

郵政の株の売却を凍結した方が良いと言ったこと。

これは正しいと思う。

こんな、株が低迷している時期にあえて

安く売る必要はないんじゃないかなと思う。

それに、あまり株価が安すぎると

外国の資本にやられて、外資の郵便局

つまり今はなくなってしまった、リーマンのようなハゲタカファンドに

乗っ取られる可能性があるということだ。

M&Aの対象にされかねないってこと。






あと、

医者は世間知らすが多いと言ったこと。

ある意味正論かもしれない。

もちろん、全て当てはまるわけではなく、

立派な方もおられることは存じている。



ただ、

自分もそういったKYな医師に接して

やな気持ちを味わったこともある。



知り合いでもすごくいやな思いをした人がいる。

話しを聞いて、殴ってやろうかって実行にはうつさないまでも、

カナリ横柄な態度に腹がたった。



まぁ、どの業界に於いてもピンキリって事だと思う。



ただ、

これからも、麻●総理は漢字を読み間違えたり、

暴言、失言をはくのだろうな。


ホント

危なっかしくてみてられない。



一つ言えることは

首相としては、

ふさわしくないってことだけは言える気がする。



自●党がいかに見る目がなくて、

その場凌ぎで総理を無責任に選んでいるかっていうことが

証明されたのは明らかだ。


都合がわるくなると

批判して足を引っ張ろうとする。

そもそも、

おまえら能なしが選んだってことをよく考えろよ。

間抜けな自●党の議員ども!!




















































minaemon at 23:36|Permalink

2008年11月14日

まずは景気だ!



「まずは景気だ」

というキャッチコピーのポスターが貼ってあった。


今、国民から承認されていない自●党と公●党で選んだ

総理の麻●太郎のポスターが目に付いた。



ふう〜ん。

景気ねぇ。

どうも

「まずはバラマキだ」

って書き直したくなるようなセリフだな。



ごますりの見え見えのお金のバラマキ。

それも、国民の税金でだ。

ポケットマネーからだせよ、って感じだ。

人の金なんだから出しやすいわな。



それでいて、

2年後、好景気になったら消費税の増税をお願いしたい。

って、あとでたっぷり請求かよ。

一時的な給付金の後、消費税はその後ずっと続く。


せっかく好景気になってブレーキかけてどーすんのか。

加速しかないだろう。



そもそも、アホで能なしの自●党なんかに任せてきたから、
国民の借金も此処までになってしまったんじゃないかな。


バラマキするなら、

限定消費税カット3ヶ月とかすれば、

国民の代え控え需要も高まると思う。

ガソリン税も限定3ヶ月カットとか。

色々アイデアはあるはず。



バラマくだけの、脳タリンの総理じゃどうしょうもない。

さすがに国民に見透かされていることもしらない裸の王様って感じだ。

今問題になっている、地方の疲弊による。

医療のたらい回しもそう。

病院の閉鎖とか。

こういったところに重点的に使えよ、
アホ総理って言いたいよ。

安心して生める医療でなくてどうするのか。

少子化対策やってないぜ。



やることがちぐはぐで

地方に丸投げのそう言ったバラマキはやめるべきだろう。

こういう時だけ、地方分権と言ってご利用する。

自分勝手な奴らだ。



総選挙の時にたっぷりお灸を据えてやるぜ。

まっていやがれ!






















minaemon at 18:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年10月04日

マザーのおもい

自民党をぶっ壊すとか言っていた
アホな元総理の●泉純●郎が政界を引退した。

惜しむ声もあったらしいが、・・・・。
自分から言わせれば、
混乱する元凶を引き起した張本人が
逃げたようにしか見えない。

髪型が似ていることから、
ライオンキングと言われていたらしいが、
言わせてもらえば、
卑怯者のこざかしいドブネズミにしかみえないぜ。

まあ、そんな小物だから、
世襲という古い制度は生かして、
利権を全て子どもに譲るらしい。

そんな、人の痛みや苦労もしないで譲られたボンボンが
●泉も含む、国民の本当の痛みなど解るものかと思う今日この頃。

まあ、目障りな●泉がいなくなってせいせいしたが、
息子が選挙に出ると聞いて、
自分が出てやっつけてやりたい衝動にかられるが、
遠すぎて現実制がない。

だれか出て●泉の息子を破ってほしい。






さて、
この前マザーテレサの写真展を見てきた。

彼女は
自分の恵まれた境遇をすて、
持ち物は衣服のサリーと雑巾、バケツそれだけだ。

貧しい人の気持ちは自分が同じ境遇にならないと
解らないという観点からそうしたのだと思われるが、
彼女の生き方は言葉にならないくらい
胸に熱いものがこみあげてくる。

筋肉もなく骨と皮だけの人たちに
せめて人間らしい、最後を・・・
と立ち上げた看取る家。

マザーの全ての写真がおもいが心を打った。


その中に、路上に寝ている母と子の写真があった。

傍らに犬も寝ている。

インドではこういう光景は当たり前なのだろうか。

犬と人間が同等にみられるカースト制度という
忌まわしき制度のせいなのだろうか。




その時、ふと福岡で起きた
母親の子どもを殺めた事件を思い出した。

同情すべき点は多々ある。
子どもが病気を抱え、自らの体調も思わしくない。

いっそのこと・・・・
と思ってしまうこともあるだろう。

だが、思っても行動に移さないのが母親であり
子どもを愛する母なのだ。



事実であってほしくないのだが、、
事件後、母親が生命保険会社に即電話を
入れたらしいという情報があった。



事実なのか。

・・・・・。


信じたくない。




言葉に詰まる。




はたして、
追い詰められたときに、
人間の真価が問われるものなのだろう。


たとえ路上であっても
我が子と添い寝をしている
あの母親のやすらかな
寝顔が忘れられない。

この子といられるだけで幸せ
という顔をしていた。


我々が、日々の生活で
忘れかけているものなのかもしれない。

そして、
容疑者の母親にも写真展を見て欲しかった。

マザーテレサの写真を

母心を・・・・。








minaemon at 13:00|Permalink