御寺泉涌寺 別院雲龍院  時折の事/華と写真 清水南文 

華は楽しいものだ。
自然との触れあいを愉しむ雲龍院に。
そんな想いで客殿を中心に「飾り花」しております。
是非雲龍院をお楽しみ下さい。
 

2017-07-09-09-18-35
2017-07-09-09-18-38
2017-07-09-09-18-40
2017-07-09-09-18-43
2017-07-09-09-18-45
2017-07-09-09-18-48
2017-07-09-09-19-09
2017-07-09-09-19-14
2017-07-09-09-19-18


ほんの少し、時間をおいてブログに載せる写真を選んで見ました。
2017-07-09-09-18-50
2017-07-09-09-18-52
2017-07-09-09-18-54
2017-07-09-09-18-57
2017-07-09-09-18-59
2017-07-09-09-19-02
2017-07-09-09-19-06
2017-07-09-09-19-21

特にはその「間」つまり、一呼吸をと考えた訳ではないのですが、

その瞬間の荘厳さと感動を!ではない永劫の想いをと、、、

何事も聞こえない声や音が創り出す。永劫。



2017-07-09-09-19-11
2017-07-09-09-19-23
2017-07-09-09-19-25
2017-07-09-09-19-32
2017-07-09-09-19-35
2017-07-09-09-19-39
2017-07-09-09-19-42

織部流扶桑派。武家手前、、、雲龍院の悟りの間ではの美がある。
そして京都ならではのリズムがある。

そういえば、開山忌には長年紫陽花を飾り、その毎年の気候の変化が、活けていて楽しい。
2017-07-09-09-19-55
2017-07-09-09-19-57
2017-07-09-09-20-00


自然と暮らす。
この雲龍院には市中の山居の趣がある素晴らしい無為自然がある。

2017-07-09-09-20-10
2017-07-09-09-20-07
2017-07-09-09-20-05
2017-07-09-09-20-02
2017-07-09-09-19-52
2017-07-09-09-19-46
2017-07-09-09-19-37

このページのトップヘ