2009年10月28日

書かれていたのか

@++さんの10月27日のミニ情報で紹介されていた記事を見て、ちょっと驚いたので。

背後の一突き

私の手元にある、コミックマーケット77用の申込書セットを見たところ、間に綴じ込まれている「コミケット・マニュアル」の5頁目下部に見本誌についての記述がありますね。
その末尾に

「この見本誌は、将来、コミケットが自ら作る同人誌図書館、あるいは、米沢嘉博記念図書館のようなコミケットが協力する施設において、閲覧に供することになります」

と書いてあります。

もう一つ、コミックマーケット75の申込書も保管していたので、こちらも見てみましたが、
これに綴じ込まれているコミケットマニュアルの該当する記述(同じく5項目下部)は

「同人誌図書館、資料館の設立に向けて、
資料の保存に加えて整理を始めるべき時期に来ているのかもしれません」

と結ばれているに留まっているようです。
その他の部分では、記述に大幅な変更はない模様。

もう少し分かり易い場所に書いておいてくれれば、
と思ってしまうのは、良く読んでいない事への言い訳になるんでしょうね。
申込書セットの1頁目にも、コミケット・マニュアルを含んで、参加者全員が熟読して下さい、と書いてありますし……。

76のコミケットマニュアルや、それ以前はどう書いてあったのか、というのも、気になると言えば気になるところかも。



※コミケット・マニュアルに載っている、見本誌に関する記述について
実物を持っている方は問題無いと思いますが、一部抜粋のため、改めて、紹介した記述の全文を引用しておきます。
以下「コミックマーケット77 サークル参加申し込み書セット」綴じ込みの、「コミケット・マニュアル」5頁より

 コミケットでは第一回目より見本誌を集めています。個人の営為としての表現、文化としての同人誌を後の時代のために残すという目的のためです。現状では、回、ブロックのおおざっぱな整理しかされていませんが、全て保管されています。この見本誌は、将来、コミケットが自ら作る同人誌図書館、あるいは、米沢嘉博記念図書館のようなコミケットが協力する施設において、閲覧に供することになります。

引用終わり


minakami at 20:59コメント(0)トラックバック(0)同人  

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Profile

水上明

Recent Comments
  • ライブドアブログ