放射能なんて怖くない(原発事故、チェルノブイリ、デマ)

被曝は量の問題。現状のほとんどの地域では、悲観的になりすぎる事の悪影響が心配されています。チェルノブイリ事故でも、避難によるアル中などの精神疾患や自殺、不安からの妊娠中絶のほうが被曝(被ばく)の被害よりも大でした。

【記事保存】子どもの甲状腺「福島、他県と同様」 環境省が検査結果 朝日新聞デジタル


子どもの甲状腺「福島、他県と同様」 環境省が検査結果  朝日新聞デジタル2013年 3月8日(金)16時0分配信


 【大岩ゆり】環境省は8日、福島県外の子ども約4400人を対象にした甲状腺検査で、6割に嚢胞(のうほう)やしこりが見つかったと発表した。東京電力福島第一原発事故の被曝(ひばく)の影響をみるため、福島県が実施した検査では県内の4割の子どもに嚢胞やしこりが見つかっている。環境省は、福島も他県とほぼ同じ結果だったとしている。

 福島県は事故当時18歳以下の子ども約36万人を対象に、甲状腺の超音波検査をしている。1月までに約13万3千人が検査を受け、41・2%に2センチ以下の嚢胞や5ミリ以下のしこりが見つかった。

 子どもの甲状腺を高性能の超音波機器で網羅的に調べた例がなく、4割という割合が大きいのか、被曝の影響があるのかを判断するのが難しい。このため、環境省は長崎市と甲府市、青森県弘前市の3~18歳の子ども4365人に、同じ性能の超音波機器、同じ判定基準で検査をして比べた。

 この結果、2センチ以下の嚢胞や5ミリ以下のしこりのあった子どもが56・6%、それ以上の大きさの嚢胞などがあった子は1%(福島は0・6%)いた。環境省の桐生康生放射線健康管理担当参事官は「福島の結果は他県とほぼ同様だったと考えている」と話す。

 嚢胞などのある子が福島よりも県外で多い理由について、検査を受けた年齢構成などを詳細に分析して月内に公表するという。

 長瀧重信・長崎大名誉教授は「超音波検査の性能が上がり、嚢胞などが見つかりやすくなった。福島が異常な状態ではないとわかった。ただし今回の調査では、被曝の影響の有無は判断できない。福島で生涯、検査を続けることが必要だ。地域性もあるため、福島県で事故後に生まれた子への検査との比較も必要だ」と話す。

 福島県は事故の影響が出るか調べるため、約36万人の子どもを対象に生涯、検査を行う計画だ。

朝日新聞社


(ブログタイトルの説明・・・被曝は量の問題。現状のほとんどの地域では、悲観的になりすぎる事の悪影響が心配されています。チェルノブイリ事故でも、避難によるアル中などの精神疾患や自殺、不安からの妊娠中絶のほうが被曝(被ばく)の被害よりも大でした。)

↓ネットにはいまだデマ情報が溢れ、悩ましい限りです。ランキングに出ているブログもほとんど冷静な考察には見えません。1日1回のクリックがランキングの投票になります。応援お願いします。
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ

アフィリエイトでチャリティ リンクシェア
このブログではチャリティ・プラットフォームhttp://www.charity-platform.com/shien/ への募金を登録しています(記事下の大きな広告はライブドアによる広告です。)



放射能騒ぎは終わったか


このブログはそんなに訪問者が多くありません。

記事の更新が少ないこともあって、平均すると1日50人位。


ブログ更新お知らせのツイートやツイッターのプロフィール欄のURLから来てくれる方
ブログトーナメントのランキングから来てくれる方、
ネットで検索して来てくれる方がいます。


ネットで検索した方がどんな言葉で検索してこのブログを知ったのか
データを見ることができます。


昨夜、ふとそのデータを眺めていたら、
常に「奇形」「チェルノブイリ」という言葉が上位にあることに気付きました。


2月17日昨日までの訪問者は約800人。
そのうちの5分の1以上の人が、その2つの言葉または片方を検索して
ブログに来てくれた人でした。


ブログの記事の中でも、いつも一番読まれているのが
奇形について①・・・二つの顔を持つネコ(キメラ)です。


意外なのか、当然なのか・・・


YouTubeで拡散されている障害を持った子供たちの動画や、
映画「チェルノブイリ・ハート」の印象でしょうか、
放射能による奇形を恐れている方が結構いるんですね。


(実は私もちゃんと勉強する前はそうでした。)


最近は報道も煽るものは少なくなってきたし、ツイッター内でも
「もう、世間は冷静になった。今、放射能のことを騒いでいるのは特別な人だろう」
という意見をよく見かけます。


でも、実際は、胸の内で不安を感じている人がまだまだいるのかもしれません。


このブログに貼ってあった食品基準についてのアンケートを見ても
不安に感じている人が6割以上のようです。


それに加えて、今までは放射能に無頓着だった人が、
奥さんが妊娠して、またはご本人が妊娠して、
急に放射能が気になりだすということも、これからあるでしょう。


学校教育に放射線の勉強が取り入れられても、
もうすでにそういう場を出てしまった人には関係ありません。


そういう人達が子供を持つ年齢をすぎるまで、
正確な放射能情報を発信していくことが必要なのかもしれません。


下記のtogetterまとめで、ある程度は勉強して頂けます。


togetterまとめ 「minako_genkiのまとめのまとめ」(最初のほうはエネルギー関係のまとめが並んでいます。)


(ブログタイトルの説明・・・被曝は量の問題。現状のほとんどの地域では、悲観的になりすぎる事の悪影響が心配されています。チェルノブイリ事故でも、避難によるアル中などの精神疾患や自殺、不安からの妊娠中絶のほうが被曝(被ばく)の被害よりも大でした。)

↓ネットにはいまだデマ情報が溢れ、悩ましい限りです。ランキングに出ているブログもほとんど冷静な考察には見えません。1日1回のクリックがランキングの投票になります。応援お願いします。
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ

アフィリエイトでチャリティ リンクシェア
このブログではチャリティ・プラットフォームhttp://www.charity-platform.com/shien/ への募金を登録しています(記事下の大きな広告はライブドアによる広告です。)



うれしかったこと/若者達の成長②


前回紹介した@aqn_くん。
あの日最後のツイートを見かけたので、「おやすみ~♪」と声をかけたら、
「おやすみ」と返ってきました。


今までだったら、「おやすみなさい」という言い方だったと思うのですが、
私がブログに「もっと砕けてくれればいいのに」と書いたので、
そういう返しになったのでしょう。


でも、まだ、ぎこちないのがかわいらしいw

もう成人の男性に「かわいらしい」は失礼かもしれませんが、
(でも、この前も「かわいいよ♪」と言ったことに、
「ありがとうございます」と答えてくれました。)

そういう素直さって、いつまでもあったほうがいいと思うんです。




もう一人仲良しの若者は、やはり大学生のレンレン(@ren_renc)くん。


東北の復興を遅らせる瓦礫受入拒否に怒りを燃やす正義感の強い子ですが、
優しすぎてちょっと気弱。


一度はアカウントを削除してしまいましたが、帰ってきてくれました。


苦学生のようなので、以前、どんなバイトが時給が高いか話をしていました。

「頭いいんだから、塾の先生は?」と言うと、
「教えるのが苦手なんです。」と答えていました。


「社会に出ても、教えることは得意になっておくといいよ。」という
私のアドバイスを覚えていてくれて、その後、塾の講師を経験したそうです。


私もよく事情を解らずに無責任なアドバイスをしてしまいましたが、
塾の先生って大変なんですね。


授業が終わってもサービス残業が深夜にまで及び、
何より、モンスターペアレンツだけでなくモンスターチャイルドと言うんでしょうか、
手に負えないほど生意気で意地悪な子供にてこずったようで、
ツイッターに戻ってきた頃は、かなり精神的に参っていました。


KISSやDuranDuranなど元気が出る曲をやり取りしました。


その後、今はバイトを掛け持ちして元気にやっている様子。
ツイッターにはほとんどログインしません。


レンレンくんのような優しい子は、
ツイッターの中でも特にドロドロした原発カテゴリーには
余り来ないほうがいいんじゃないかしら。


私も苦労しているように、反原発派でもそうでなくても
癖のある人が多いように見えます。
ネットでは仕方ないのかもしれませんが・・・。


だけど、実社会も甘くはないので、精神的なタフさと上手な気分転換。
お互いに身に付けましょう。


細く、長く、やり取りしていけるといいね。


学生のためのキャリアデザイン入門

自信力が学生を変える―大学生意識調査からの提言 (平凡社新書)


(ブログタイトルの説明・・・被曝は量の問題。現状のほとんどの地域では、悲観的になりすぎる事の悪影響が心配されています。チェルノブイリ事故でも、避難によるアル中などの精神疾患や自殺、不安からの妊娠中絶のほうが被曝(被ばく)の被害よりも大でした。)

↓ネットにはいまだデマ情報が溢れ、悩ましい限りです。ランキングに出ているブログもほとんど冷静な考察には見えません。1日1回のクリックがランキングの投票になります。応援お願いします。
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ

アフィリエイトでチャリティ リンクシェア
このブログではチャリティ・プラットフォームhttp://www.charity-platform.com/shien/ への募金を登録しています(記事下の大きな広告はライブドアによる広告です。)



うれしかったこと/若者達の成長①

辛いことの多かった1年半でしたが、うれしいこともありました。

それは、リアルではなかなか無い、若者とのふれあい。
もしかしたら私も少しは影響を与えることができたのかなぁという若者達の成長。

一人は@aqn_くんという21歳の大学生。
(ブログに書くことは、彼に了承を得ています。)
出会った時は若干19歳でした。

きっかけは、彼がある女性に悪態をついていたので私が注意したこと。





ただ、この女性はもっぱらデマを一生懸命リツイート(拡散)し、
それを注意されると逆に相手に侮辱の限りを尽くす問題の女性で、
その為にいろいろな人から非難されていました。
彼もその前からイライラさせられていたようです。


私もこの時はすでに彼女から目の敵にされていましたが、
この日は彼女の具合が悪いように見えたので、
誰かが彼女を攻撃しないように見守っていました。


彼女を吊るしあげるまとめ(togetter)をよりによって弁護士さんがツイートし、
それをまた別の人がリツイートしているのを見つけたので、拡散しないように
元のツイート主の弁護士さんにツイート削除を頼んだりしていました。

元のツイートが取り消されれば、拡散したものも消えるのです。
(元ツイートは削除して頂けました。)


でも、この時私がaqn_くんに話しかけたことが、
私が裏からみんなを操って彼女を攻撃させているという、
彼女が作りあげたストーリーに
確信を与えるものとなりました。

そして更に私への敵意を増幅させ、
しまいには、「みなこに殺される」とまで言うようになっていきました。



ある日、また彼が彼女とやりあっているのを見かけた時、
彼が私をフォローしている事に気が付きました。














「知らんがな」などと悪ぶっているのが、今となっては微笑ましいw


私が苦言したので、彼は私からフォローを外すと思っていました。
でも、外しませんでした。


あんな答え方をしたけれど、もしかしたら少し反省してるのかもしれない。
いい子なのかもしれないと思いました。
気になって、時々つぶやきを覗きました。


その後、こんなことを呟いてくれていました。




彼のTLは、若い子らしくいろいろな分野のリツイートがあり、私にはとても新鮮。
それにとても賢く、だいぶ年上の私にも参考になるツイートもしていました。
悪ぶった発言も無くなっていました。


本当はとても礼儀正しく、私が時々話しかけても、
今はすっかり、「ですます調」になってしまい、
もっと砕けてくれればいいのにと思うくらいですw


最近はこんないいツイートをしていました。
(@murasaki0923は私の新しいアカウントです。)




そういえば、差別を引き起こすデマが許せなくて一生懸命デマを潰してた頃、
私も目くじらを立ててたなぁ・・・
aqn_くん、いいことを言うなぁ、と思いました。





(注:この@murasaki0923というのは、私が誹謗中傷されるのに疲れて隠れる為に作った鍵アカウントです。)


男性は内面に牙は持っていたほうがいいでしょう。

なにくそ、という牙。
ここぞという時は歯向かう牙。

でも、人間を尖がった眼で見るのとは別。


会ったことは無いけれど、彼がツイッターで1年半の間、私を見てきて、
世の中は損得だけで動く人間だけじゃないと、
人を信じられる気持を持ってくれてたらいいなぁ、と思います。


賢い子なので社会に出たら、
日本の将来の一端を引っ張る人になってくれるでしょう。

立派な大人になった時、
「ツイッターでこんなオバサンがいたなぁ・・・」と思い出してくれるかもしれません。


そんなことを、今から楽しみに思っています。



未来を変える80人 僕らが出会った社会起業家

若者のための社会学―希望の足場をかける


(ブログタイトルの説明・・・被曝は量の問題。現状のほとんどの地域では、悲観的になりすぎる事の悪影響が心配されています。チェルノブイリ事故でも、避難によるアル中などの精神疾患や自殺、不安からの妊娠中絶のほうが被曝(被ばく)の被害よりも大でした。)

↓ネットにはいまだデマ情報が溢れ、悩ましい限りです。ランキングに出ているブログもほとんど冷静な考察には見えません。1日1回のクリックがランキングの投票になります。応援お願いします。
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ

アフィリエイトでチャリティ リンクシェア
このブログではチャリティ・プラットフォームhttp://www.charity-platform.com/shien/ への募金を登録しています(記事下の大きな広告はライブドアによる広告です。)




@minako_genkibotのフォロワーさんが1万人になりました。



あっという間に今年も1か月が過ぎようとしています。
今年初めてのブログ更新。


本垢@minako_genkiは休止しましたが、
御蔭様で@minako_genkibotのフォロワーさんが1万人になりました。


風評被害や福島差別を防ぎたいという思いから、
botのフォロワー数にはこだわっていました。


相互フォローなので、全てがちゃんとしたフォロワーさんではありません。
アフィリエイトアカウント(多分、中に人がいないbot)も多いです。


でも、数が増えていれば、ちゃんと見てくれる方の実数も増えます。
だからこだわっていました。


反原発の方が皮肉や罵倒してくることもありましたが、
リツイートしてくれる方も多かったです。


私がbotを始めた直後の2011年末、
ある研究者?に私のまとめ『みんな被曝していた・・・核実験で死者は増えたか』を、
タイトルを見ただけで事故後の放射線値より核実験時代の放射線値のほうが高かったと主張しているのだと勘違いされ、「完全な間違い」と断定ツイートされました。


当時6000人余りのフォロワーがいた人だったので、その影響は見過ごせません。
私は抗議し、元ツイートの削除を要求しましたが、
その瞬間から彼は1週間ほどだんまりを決めてしまったので、
彼のツイートは次々と拡散され続けました。


私は仕方なく、リツイートしている方に一人一人、
「まとめの内容を読んでから拡散して下さい。
ご納得いただいたら、リツイートを取り消して下さい」と頼みました。

一人だけ取り消してくれました。


私が彼に抗議したのも、リツイートを一人一人止めようとしたのも、
私のプライドの為でなく、
私の情報の信頼性が失われるとbotのツイートも見てもらえなくなるという危惧からでした。


botの情報は私のものでは無く、
菊池先生やナカタケ先生が貴重な時間をかけて教えて下さったもの。
信頼できる研究者や医師の方のツイート。
また、信頼できる機関のものです。

その貴重な情報が広まらなくなってしまうと思いました。



でも、私の行動を、私の見栄からそうしているのだと思ったフォロワーさんが
「みっともないことはやめな。」と言ってきて、説明をしても話が通じず、


その頃、私はTLに勉強以外のツイートを載せると、
勉強しようとフォローしてくれた方ががっかりすると思っていたので
DMで説明しようとしましたが、それも、私の見栄の為だと思ったようで、

わざとTLで「表でやり取りできないのか」などとメンションしてくるので、
仕方なくブロック。


ほとぼりが冷めたらブロックは解除しようと思っていました。


更に他の人が私を思ってくれるあまり、
「仲直りして下さい。仲裁させて下さい。私はお二人と絶縁する覚悟です。」とまで
何度もDMで言ってくるので仕方なく仲裁を任せましたが、結果は逆効果。


その人が何度もしてくる質問に対しての説明にも足掛け数日かかり、
私も疲弊しました。


今はすっかりその人もアンチミナコ。


そんなこんなで、この事に関連していろんなトラブルが生じ続け、今に至ります。
私の悪いイメージもすっかり定着しました。


いいなさんと菊池先生が殺人予告された時のまとめ(削除済み)を作ったのも、
たまたまリアルタイムで様子がおかしいのを見ていたので、
お二人を守るため、証拠保全のためにまとめました。


菊池先生はいろいろと親切に教えて下さった方ですし、
いいなさんは、私のまとめ『みんな被曝していた・・・核実験で死者は増えたか』
「完全な間違い」と決め付けられた時、
ただ一人、「間違ってないよ」と肩を持ってくれた先生でした。


殺人予告まとめのコメント欄は非難の嵐。
無理もありません。
公共の電波上の「殺人予告」です。


でも、反原発の人達は発言者を諌めるどころか、
慰めたり、快哉を叫んでいました。


そのような状態だと、誰かアブナイ人が本気になって
英雄気取りで実行に出るとも限りません。


私は本当に腹が立ちました。
「許せない」と発言したり、
同意するいろいろなコメントに「いいね!」をしました。


すると、今度は評論家気取りの、ある女社長に
「自分だって、日頃ワーワー相手を叩いているくせに」と寝耳に水のことで
「許せない」と発言した私のツイートのログを添えてツイートしました。


私は反デマでしたが、やり方は、デマを拡散している人に質問し資料も提示して
相手に気付いてもらう働きかけをしていました。


いつも態度は丁寧に、じっくりと対話するようにしていましたが、
最後は結局罵倒されたり、ブロックされて終わりでした。


それに対して正反対の中傷。
抗議するも女社長にはブロックされたまま、「牛みたい」と揶揄されたり、
そのまま中傷を続けられました。


デマを叩いたり嘲笑したりする人達とずっと仲が良かったので、
同類だと思ったのでしょう。
ところが、そのちょっと前、
「叩いたり放射脳とバカにすることは、相手を頑なにするので良くない。
ギャラリーにも悪印象を与え、逆に正しい情報から遠ざけてしまう」と意見した私は、
その人達から総攻撃に遭ったばかり。
踏んだり蹴ったりでした。


今もブロックは解除されていません。
私もその人の顔を見たくないので、
リツイートされてきたツイートが見えないように、最近彼女をブロックしました。


その後はひょんなことから、私が恩を感じて守ろうとしたいいなさんにまでも
私が笑っているツイートなどを寄せ集めて、
まるで、いいなさんの事を嘲笑しているかのようなまとめを作られ、
コメント欄はアンチミナコの祭り。

そのまとめにはブロックされていて、私は何も弁明できませんでした。


振り返ると、いいこともあったけれど、辛いことのほうが多かった
裏切られ続けた1年半でした。


親切顔で近付いてきた人が、私を意のままにできないとわかると豹変する。
そんな怖い経験を何度もしました。
反原発派に限った話ではありません。


私を嫌う人達のネガキャンと、私自身の人徳の無さもあってか、
このごろはbotのツイートをリツイートしてくれる人も少なくなりました。
世間が落ち着いてきたからならいいのですが。


本アカウントを休止し、今は鍵垢で気ままで平穏な毎日。
一日TLを見ず、ほとんどツイートやリツイートをしない日もあります。


鍵をかけたのは、私に悪意を持っている人達から一々揚げ足を取られたくないのと、
フォロワーさんも知ってる人ばかりの少人数にして、気軽にツイッターを楽しみたいから。


一般人なので、見られるということにあまり慣れていません。
目立つのも、人前に出るのも好きではありません。



昔、営業先の大きな会社で
「営業のコツをうちの社員に講演してあげて」と部長さんから頼まれましたが、
(本当は営業としてPRになるチャンスなのに)思わず断っちゃったり、

会長さんから「プレゼントのお礼に、何か保険に入りましょうか」と言われた時も、
辞退しちゃったり・・・


有名な方なのに、いつもにこやかで腰が低い、大好きな会長さんだったので、
小さい契約でも頂いて、その後のご縁を頂けば良かったなぁと今は後悔。


とにかく、恩を売って仕事を取るということが嫌い。というか、できない。


もちろん、お客さんになってくれた人には何かお役に立ちたいと、
常に関連分野にはアンテナを張り、
いい情報が見つかったらお届けするような事はしていましたが、
損得から始まる関係は、嫌いなんです。


と、話しは逸れましたが、1年半の疲れがたまっているのか、
今は堅苦しい情報を見たくありません。
「彼女が欲しい、欲しい」という研修医さんのエッチなツイートを見て笑ったり、
流れてくるツイートのうさぎや猫の写真に癒されたり。


私が情報を発信してきたのも、自己顕示欲の為と言う人がいますが、
判ってくれる人は判ってくれてるので、それでいいです。
他に誰もいなくなろうとも、
最悪、まるたまくん(@ikeikeeityan)だけは全てを判ってくれています。


「百万人の敵がいようとも、一人の真の理解者」
まるたまくんの言葉です。


@minako_genkiは実名でもないし、仕事の為でも無かったので、
あちこちでちゃんとした放射能の勉強会が開かれ、世間も落ち着いてきた今、
「老兵は消え去るのみ」という心境。


これでよかったなぁと思っています。



◆リチウムイオン電池特集
月刊 Business i ENECO (ビジネスアイエネコ) 2011年 05月号 [雑誌]

(ブログタイトルの説明・・・被曝は量の問題。現状のほとんどの地域では、悲観的になりすぎる事の悪影響が心配されています。チェルノブイリ事故でも、避難によるアル中などの精神疾患や自殺、不安からの妊娠中絶のほうが被曝(被ばく)の被害よりも大でした。)

↓ネットにはいまだデマ情報が溢れ、悩ましい限りです。ランキングに出ているブログもほとんど冷静な考察には見えません。1日1回のクリックがランキングの投票になります。応援お願いします。
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ

アフィリエイトでチャリティ リンクシェア
このブログではチャリティ・プラットフォームhttp://www.charity-platform.com/shien/ への募金を登録しています(記事下の大きな広告はライブドアによる広告です。)




来年はもっといい年になりますように


今年もいよいよ暮れようとしています。



今年も山あり谷ありで、何度かやめようと思った事がありましたが

何とか乗り切りました。



いろいろ教えて頂いた方々に先ほどご挨拶させて頂きましたが、

リストアップしてみると、実に多くの方にお世話になっていました。

全ての方にはご挨拶しきれていません。



ほとんど、お会いしたことの無い方ですが、各界の第一線の方々です。

twitterはすごいツールの一言。



そのほか直接ご挨拶しきれなかった、ご指導、応援して頂いた皆さま、ありがとうございました。



自民党政権になり、現実的な政策が見えてきたところで、来年は復興にもはずみをつけてもっともっといい年になって欲しいものです。



ただ、忘れていけないのは、この年末もご自宅で年を越せないでいる被災者の方々がいらっしゃる。

自宅とは名ばかりで、仮設住宅などで不便な暮らしをされている方がいらっしゃるということ。



聞くところによると、被災者の方々への賠償や待遇はとても十分とは言えません。

政府、東電には、もっと親身に対応してほしいものです。

反原発の方々も、原発反対よりも、そのあたりに声をあげていったらいかがでしょう。

私も考えます。



では、皆さま、良いお年を!


(ブログタイトルの説明・・・被曝は量の問題。現状のほとんどの地域では、悲観的になりすぎる事の悪影響が心配されています。チェルノブイリ事故でも、避難によるアル中などの精神疾患や自殺、不安からの妊娠中絶のほうが被曝(被ばく)の被害よりも大でした。)

↓ネットにはいまだデマ情報が溢れ、悩ましい限りです。ランキングに出ているブログもほとんど冷静な考察には見えません。1日1回のクリックがランキングの投票になります。応援お願いします。
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ


アフィリエイトでチャリティ リンクシェア
このブログではチャリティ・プラットフォームhttp://www.charity-platform.com/shien/ への募金を登録しています(記事下の大きな広告はライブドアによる広告です。)




「反原発」の方にお聞きしたいんです。


「反原発」の方にお聞きしたいんです。



あなたは「反原発」の為に生きているんですか?

「反原発」のためには、自分や家族が犠牲になってもいいと思うほど、
原発全廃が望みですか?





違いますよね。

自分や家族が健康で幸せに暮らしたい。

だから原発全廃を望んでいるんですよね?





でも、その出発点と最終目的を、最近忘れていませんか?



-----------------------------------------------------------------------


幸福論 (集英社文庫)



(ブログタイトルの説明・・・被曝は量の問題。現状のほとんどの地域では、悲観的になりすぎる事の悪影響が心配されています。チェルノブイリ事故でも、避難によるアル中などの精神疾患や自殺、不安からの妊娠中絶のほうが被曝(被ばく)の被害よりも大でした。)

↓ネットにはいまだデマ情報が溢れ、悩ましい限りです。ランキングに出ているブログもほとんど冷静な考察には見えません。1日1回のクリックがランキングの投票になります。応援お願いします。
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ

アフィリエイトでチャリティ リンクシェア
このブログではチャリティ・プラットフォームhttp://www.charity-platform.com/shien/ への募金を登録しています(記事下の大きな広告はライブドアによる広告です。)

Cialis


このブログを始めた理由

昨日の記事「原発に対しての私の考え http://blog.livedoor.jp/minako_genki/archives/20473346.html」に対して、励ましのコメントを頂きました。


1. 稜
2012年11月30日 01:56
マジで尊敬する内容です。(まだ、ちょろっとしか見てないけど)下手なジャーナリストや科学者よりちゃんと考察してる。がんばってください。

ちなみに、今日書いた記事です。

http://www47.atwiki.jp/info_fukushima/pages/205.html



それに対してお返事を書きました。


2. みなこ
2012年11月30日 02:37
稜さん

励ましのお言葉、ありがとうございます。

私がこのブログを始めたのも、ツイッターだけだと、一つのツイートだけで判断する人が多いことと、

まともなブログは難しいものが多いので、なかなか一般の人は見ない。

そのため、何か放射能のことをネットで検索しようものなら、調べもせずに怖い怖いとデマばかり綴っているブログがずらずらと出てくるので、もう少し読みやすいものがあればと思ったからです。

ライブドアとブログ村のランキングに参加したのも、そういう状況の中で、少しでもこういう情報を目に留めてくれる人が増えればと思ってのことでした。

お陰様でランキングはそれぞれ10位前後でまあまあですが、見渡すと、思い込みで「放射能は怖い!」「原発無くせ!」と騒いでいるブログばかり並んでいて、相変わらず嘆かわしい状況です。

ブログって、頻繁に更新しないと読者は増えないんですよね。

だけど、いい加減な内容でなく、正確を期すほど、簡単に記事は書けません。

私のブログより、しっかり考察しているサイトほど、難しくて読みづらいのは、やはり科学的に正しく書こうとするとそうなってしまうからでしょう。

それに比べてデマばかり綴っているブログは、無責任な思い込みを書き放題。楽なものです。

あの人達は、放射能で何事もなかった時は知らん顔でいられるけど、

私達のように正確を期す人達は、もしも放射能の影響が出てきた時は糾弾されるでしょう。

頻繁に記事を更新できるかどうかは、その辺の責任感の違いとも思います。

稜さんと目指すことは同じです。

頑張りましょう。

(稜さんのブログはツイートさせて頂きました。)



誹謗中傷のみの悪意のコメントは削除しますが、純粋な疑問からの質問や意見交換なら、反原発の立場の方のコメントでももちろん大歓迎です。

ツイッターでもそうですが、勝ち負けを意識した議論はしたくありません。
話すことによって、お互いに何かを得られる。そんな対話がしたいです。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


◆ブログトーナメントに参加しています。応援お願いします。
MORAL HAZARD JAPAN 29 ブログトーナメント


(ブログタイトルの説明・・・被曝は量の問題。現状のほとんどの地域では、悲観的になりすぎる事の悪影響が心配されています。チェルノブイリ事故でも、避難によるアル中などの精神疾患や自殺、不安からの妊娠中絶のほうが被曝(被ばく)の被害よりも大でした。)

↓ネットにはいまだデマ情報が溢れ、悩ましい限りです。ランキングに出ているブログもほとんど冷静な考察には見えません。1日1回のクリックがランキングの投票になります。応援お願いします。
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ


アフィリエイトでチャリティ リンクシェア
このブログではチャリティ・プラットフォームhttp://www.charity-platform.com/shien/ への募金を登録しています。(記事下の大きな広告はライブドアによる広告です。)

原発に対しての私の考え

私は、反原発派や放射能怖い人達からは

『原発推進派』「工作員」

と言われます。


本当に何か国からお金をもらっていると思い込んでいる人が結構いるようで、
微笑ましいです。


また、昨年夏までは何もわからずにバリバリの反原発だったので、
今の私を見て

『極端から極端に行っただけだ』

と批判する人がいます。

でもそれは、その間にどういうことを学び、経験し、悩んだかを見ていません。



原発に対する私の考えは時々ツイートしていますが、

それはすぐに見えなくなってしまうので、

ブログで明確にしておきたいと思います。


今回の事故で明らかになった
原発の構造的な欠陥や
情報コントロールの失敗は、
将来に活かすことができる。
(活かさなければならない)

原発作業員でもない、
警戒区域内にいるのでもない、
そういう人なら
被曝はコントロールできる。

健康や幸福を考える上で
経済はもっとも大事。

そして経済に打撃のない
脱原発を目指すには、
一時的な推進
(もっと安全な新しい原発の建設)
もありうる。

その間に他のエネルギーや
蓄電池の開発を続ける。

(今のままではいつか化石燃料が無くなるので、
子孫のことを考えれば
核燃料サイクルは成功してほしい。)


火力に頼りすぎる事は、

国富流出、
外交力の弱体化⇒戦争勃発、
地球の資源枯渇、
温室効果(温暖化の原因ではなく)、
食糧危機を招く酸性雨の問題、

これらを招く恐れがあるから頼りすぎてはいけない。


これが今の私の考えです。
但し、勉強と共に、変化するかもしれません。




なぜ、このような考えに至ったかは、

データ集 @minako_genkibot
まとめ http://togetter.com/li/288336
ツイログ http://twilog.org/minako_genki
そしてこのブログをお読み下さい。



陸軍燃料廠―太平洋戦争を支えた石油技術者たちの戦い (光人社NF文庫)


(ブログタイトルの説明・・・被曝は量の問題。現状のほとんどの地域では、悲観的になりすぎる事の悪影響が心配されています。チェルノブイリ事故でも、避難によるアル中などの精神疾患や自殺、不安からの妊娠中絶のほうが被曝(被ばく)の被害よりも大でした。)

↓ネットにはいまだデマ情報が溢れ、悩ましい限りです。ランキングに出ているブログもほとんど冷静な考察には見えません。1日1回のクリックがランキングの投票になります。応援お願いします。
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ

アフィリエイトでチャリティ リンクシェア
このブログではチャリティ・プラットフォームhttp://www.charity-platform.com/shien/ への募金を登録しています。

【記事保存】柏崎刈羽原発で「やっぱり発電がしたいんです」 徒労感…肩落とす幹部ら(産経新聞11月16日金曜日)

◆「平成25年度も全基停止が続けば、東電の赤字幅は計画より約3千億円も拡大するとみられ、資金が底をつきかねない。」 


東電には今年7月に国から1兆円が資本注入されたそうですが、国民負担はどこまで膨らむのでしょうか・・・。


以下、記事保存のため、全文引用します。


東京電力の柏崎刈羽原発(新潟県)を訪れた。東電は柏崎刈羽原発の再稼働を経営再建の柱に位置づけており、防潮堤などの安全対策は着々と進んでいる。だが、原子力規制委員会が来夏にもまとめる新しい安全基準次第では追加の対策を迫られ、再稼働はまったく見通せていない。現場では、いつ動かせるかも分からない原発の安全対策を進める作業員が徒労感に包まれていた。

 この日はあいにくの雨模様。日本海から吹き付ける風も強く、作業員は晩秋の冷たい風雨に震えながら黙々と鉄筋コンクリートの防潮堤を造っていた。既に5~7号機がある北側の全長1千メートルはほぼ完成し、1~4号機がある南側の1500メートルも6割まで工事が進んでいる。

 新潟県が震災後に作り直した被害想定では、柏崎刈羽原発を襲う津波は最大でも5メートル程度。だが、防潮堤の高さは福島第1原発を襲った津波と同じ海抜15メートルにした。横村忠幸所長は「発電所は逃げられない。『これでもか』という高さにした方がいい」と理由を説明してくれた。

 ほかにも原子炉建屋を守る防潮壁や、高台に設置した約2万トンの淡水をためられる貯水池など、計画している安全対策は来年度上期までで総額700億円に上る。

 福島第1原発事故の賠償などで資金難にあえぐなか、東電が多額の費用をかけ安全対策を急ぐのは、柏崎刈羽の再稼働が経営再建を左右するからだ。

 東電は再建計画で、来年4月以降、1号機を皮切りに順次再稼働する方針を掲げた。しかし、政府の「原発ゼロ」政策や規制委発足の遅れなどの誤算が続いたうえ、政局の混乱でエネルギー政策はさらに不透明感を増している。再稼働に向けたスケジュールは誰も描けない状況だ。

 柏崎刈羽原発では東電社員以外にも地元を中心に協力企業の社員約3500人が働いており、東電は「安全確保と地元雇用の両立」(横村所長)を掲げて工事を続けている。ただ、平成25年度も全基停止が続けば、東電の赤字幅は計画より約3千億円も拡大するとみられ、資金が底をつきかねない。

 「発電所は電気をつくってなんぼ。やっぱり発電がしたいんです」。再稼働のあてもないまま、安全対策だけが進行する現状に、柏崎刈羽原発の幹部はこう言って肩を落とした。(田辺裕晶)



月刊 Business i ENECO (ビジネスアイエネコ) 2012年 11月号 [雑誌]
月刊 Business i ENECO (ビジネスアイエネコ) 2012年 11月号 [雑誌]



(ブログタイトルの説明・・・被曝は量の問題。現状のほとんどの地域では、悲観的になりすぎる事の悪影響が心配されています。チェルノブイリ事故でも、避難によるアル中などの精神疾患や自殺、不安からの妊娠中絶のほうが被曝(被ばく)の被害よりも大でした。)

↓1日1回のクリックがランキングの投票になります。デマに惑わされる人が一人でも減るように、応援お願いします。
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ

アフィリエイトでチャリティ リンクシェア
このブログではチャリティ・プラットフォームhttp://www.charity-platform.com/shien/ への募金を登録しています。

奇形について①・・・二つの顔を持つネコ(キメラ)

1つで2つの容貌を持つみかんや菊の花が、ある先生の講演会で紹介されていました。(32:10頃)http://www.youtube.com/watch?v=-E9fTmaoGME&feature=youtu.be

キメラ


この講演会の動画を見たのは2カ月前。情報の見分け方がわからなかった昨年秋までの私なら、この映像を見ただけで、「政府ガー、東電ガー」と、また怒りを新たにしたでしょう。



でも、今回はちゃんと調べてみました。

すると、ありました。

キメラ猫



外国の猫ちゃんです。しかも3歳。


記事保存のため、全文引用します。

 
“2つの顔”のネコ、「ビーナス」の謎 (ナショナルジオグラフィック 公式日本語サイト 9月3日(月)13時1分配信)


“2つの顔”を持つ「ビーナス」は現在、世界で最も有名なネコだ。この3歳になるトータシェル(オレンジと黒などのまだら模様。白が加わると三毛ネコと呼ばれる)のメスは、フェイスブックに自分のページを持っていて、ユーチューブに投稿された動画は100万回再生され、先週はテレビ番組「トゥデイ」にも出演した。

 理由は一目見ればわかる。ビーナスは、顔の半分が黒一色で目が緑、もう半分は典型的なオレンジの縞模様で青い目をしている。

 どうしてこのような顔を持つのか。カリフォルニア大学デービス校の教授で、イエネコの遺伝について研究しているレスリー・ライオンズ(Leslie Lyons)氏は、ビーナスのようなネコは見たことがないと話す。「ビーナスはきわめて、きわめて珍しい存在だ。しかし、これを説明し、理解することは不可能ではない」。

◆ビーナスはキメラ?

 多くの報道はビーナスのことを「キメラ」と紹介している。神話に登場する怪物のキメラ(キマイラ)は、さまざまな動物の部位を寄せ集めた身体を持つ。ネコのキメラとは、2つの受精卵が融合した結果、2種類の異なる遺伝子の細胞を併せ持つ個体をいう。

 ネコの間では「キメラはそれほど珍しくない」とライオンズ氏は言う。実際、オスのトータシェルのほとんどはキメラを含む染色体異常だ。特徴的なオレンジと黒のまだらの毛色は、そのオスがX染色体を1つ余分に持つことを示している。

 しかし、メスネコの場合、すでにX染色体を2つ持っているので、もう1つ余分に持たなくともトータシェルになりうるとライオンズ氏は言う。つまり、ビーナスは必ずしもキメラとは限らないということだ。

 はっきりさせるには、遺伝子検査が必要だとライオンズ氏は言う。身体の左右それぞれの側から採取した皮膚を調べれば「ドラマの『CSI:科学捜査班』のように、遺伝子の“指紋”をとることができる。キメラの場合、左右で遺伝子が異なっているはずだ」。

◆もう1つの謎は青い目

 ビーナスがキメラでないとしたら、顔が半分ずつ異なる理由として、ほかに何が考えられるだろうか。

「単なる偶然もありうる」とライオンズ氏は言う。1つの説として、顔の半分全体の細胞で黒い毛色の遺伝子がランダムに活性化し、もう半分ではオレンジの毛色の遺伝子が活性化し、発達の過程で2つの毛色が身体のちょうど中心線のところでぶつかった可能性が考えられる。

 ビーナスの2色に分かれた顔に驚いたネコ愛好家たちは、本当に驚くべき点を見落としているかもしれない。それは、ビーナスの青い目だ。ネコの目は緑か黄色が多く、青は少ない。

 青い目のネコは、シャムネコなど「身体に白い部分の多い」ネコであるのが一般的だとライオンズ氏は言う。ビーナスは胸のところに白いぶちがあるだけで、これは青い目を説明する理由として不十分だとライオンズ氏は述べている。「ビーナスの存在はちょっとした謎だ」。

Katia Andreassi for National Geographic News
 



『キメラ』というのは「同一個体のなかに遺伝子型の異なる組織が互いに接触して存在する現象」を指す生物学の用語で(http://100.yahoo.co.jp/detail/%E3%82%AD%E3%83%A1%E3%83%A9/)、外見からわからないケースもあるようです。


要するに、従来からある現象。


仲間とちょっと形が違うことは、生物の形が作られていく過程で、どうしてもある割合で起こります。


放射能で奇形がまったく生じないとは言いませんが、
広島長崎で被曝された方の調査でも、その他の調査でも、放射能で奇形が起きるとしたら、妊娠初期の妊婦さんが100mSvなど高い線量を一度に受けた時だけだと判明しています。


また、このお医者さんの講演会のビデオに写っている植物の奇形が放射能由来かどうかは、
その道の専門家が慎重に研究して、多くの専門家同士で議論しないとわかりません。


だけど、このお医者さんは、精力的な講演活動の中で。ご自分の判断でこれらのキメラが放射能のせいだと触れまわっているようです。


(追記:なお、分子生物学の研究者@Yuhki_Nakatake氏によれば、上記の写真はどれも「突然変異」ではないかということでした。「キメラ」は一般に人工的に作られるものを指すそうです。これについては引き続き『奇形について②』で書くことにします。)


(ブログタイトルの説明・・・被曝は量の問題。現状のほとんどの地域では、悲観的になりすぎる事の悪影響が心配されています。チェルノブイリ事故でも、避難によるアル中などの精神疾患や自殺、不安からの妊娠中絶のほうが被曝(被ばく)の被害よりも大でした。)

ふしぎの博物誌―動物・植物・地学の32話 (中公新書)
ふしぎの博物誌―動物・植物・地学の32話 (中公新書)
クチコミを見る


↓1日1回のクリックがランキングの投票になります。デマに惑わされる人が一人でも減るように、応援お願いします。

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ

アフィリエイトでチャリティ リンクシェア
このブログではチャリティ・プラットフォームhttp://www.charity-platform.com/shien/ への募金を登録しています。

コメントを頂きました

最近サボっててすみません。モモさんという方からコメントを頂きました。参考になりますのでご覧下さい。 ◆見えないオバケを怖がる人達へ (放射能、被ばく、甲状腺、検査) http://blog.livedoor.jp/minako_genki/archives/14845427.html#comments


(ブログタイトルの説明・・・被曝は量の問題。現状のほとんどの地域では、悲観的になりすぎる事の悪影響が心配されています。チェルノブイリ事故でも、避難によるアル中などの精神疾患や自殺、不安からの妊娠中絶のほうが被曝(被ばく)の被害よりも大でした。)


放射能汚染 ほんとうの影響を考える:フクシマとチェルノブイリから何を学ぶか (DOJIN選書)
放射能汚染 ほんとうの影響を考える:フクシマとチェルノブイリから何を学ぶか (DOJIN選書)
クチコミを見る


↓1日1回のクリックがランキングの投票になります。できましたら、応援お願いします。
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ

アフィリエイトでチャリティ リンクシェア
このブログではチャリティ・プラットフォームhttp://www.charity-platform.com/shien/ への募金を登録しています。

コメントにお返事しました。

内なる敵(放射能が怖い人達とデマを叩く人達の闘い) - 放射能なんて怖くない(福島第一原発事故、チェルノブイリ、デマ) http://blog.livedoor.jp/minako_genki/archives/17841476.html をご覧ください。

(ブログタイトルの説明・・・被曝は量の問題。現状のほとんどの地域では、悲観的になりすぎる事の悪影響が心配されています。チェルノブイリ事故でも、避難によるアル中などの精神疾患や自殺、不安からの妊娠中絶のほうが被曝(被ばく)の被害よりも大でした。)


JUSTICE 6  ブログトーナメント - 政治ブログ村
JUSTICE 6 ブログトーナメント(投票お願いします)

↓1日1回のクリックがランキングの投票になります。できましたら、応援お願いします。
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ

アフィリエイトでチャリティ リンクシェア
このブログではチャリティ・プラットフォームhttp://www.charity-platform.com/shien/ への募金を登録しています。

内なる敵(放射能が怖い人達とデマを叩く人達の闘い)

ツイッターでは今までやり取りしていた人に意外な部分を見せられてショックを受けることがありますが、いいこともあります。

以前はいろいろな場面で私を「原発推進派」と攻撃していた@sudenitokiさんが、先日私のまとめをお気に入りにしてくれました。



私は原発事故が起きる前までは放射能など意識したことも勉強したことも無かったので、事故が起きるとすっかりうろたえて、放射能恐怖症になりました。

その後あることがきっかけで、先入観を取り払って基本から勉強しようと思い立ち、勉強するうちに、放射能が怖いかどうかは量の問題で、怖いことは他にもあるようだと気付きました。

その勉強の一環で昨年末に作ったまとめが ◆みんな被曝していた・・・核実験で死者は増えたか◆


このまとめは、今回の原発事故の影響を軽微なものとミスリードしようとする意図があるとタイトルだけで、ある科学者?にダメ出しされたり、ダメ出ししたそのツイートが拡散しないように削除してくれるように抗議する私を、事情を把握しない人が止めに入ったりして大きな騒ぎになり、今でも尾を引いているいわく付きのまとめです。


このまとめの後半に出てくるのが@sudenitokiさん。
ずっと私を原発推進派だと批判していました。

私のほうでは彼のブロックを解除してあったので、私のまとめを彼がお気に入りにしてくれた通知がタイムリーに届いたのです。

以前は頭から「原発は危険、原発反対」を叫んでいた方ですが、いろいろな情報も吟味してみようという考えになってくれたようです。

タイムラインを見るとこんなツイートもされていました。



これも私がずっと発信していたこと。

『事故原因を追及して裁くのと、東電役員や社員・関係者を敵視するのは別。
東電は、電気事業法で電力の安定供給を義務づけられているのだし、原発は国策だったのだから、自らの営利を追求していた民間会社と同じようには非難できないし、東電の役員・社員まで憎むのはおかしい。』


彼もそれを考え始めてくれたんでしょうか。

このツイートをリツイートしたので、今頃あちこちで「反原発のスデニトキのツイートをRTするなんて、やっぱりミナコは放射脳だ」とやり取りしている、アンチミナコ派がいることでしょう。

過剰に放射能を怖がる人が冷静にいろいろ検証しようとする私を工作員だと言ったり、

毎日デマ叩きにいそしんでいる人達が、最初から相手を馬鹿にする態度はやめようという私の陰口で盛り上がるのは、
要するに、

自分と考えが違う人を敵認定するからなんだと思います。

自分の信条と違う人は、人格まで悪辣なものに見え、それで相手側の人達を虫けら同然に思い、虫けら同然に扱う。

でも、本当は大部分の人が、それぞれの良心に従って考えたり悩んだり行き先を模索している人達。


そのことに気付かないと、日本は原発に対する考え方が違うだけで憎み合う悲しい国になります。

みんな同じ人間だし、本当の意味で憎むべき悪人は、そんなにいないでしょうから。



「僕のお父さんは東電の社員です」
クチコミを見る

呪いの時代
クチコミを見る

検証 福島原発事故・記者会見――東電・政府は何を隠したのか
クチコミを見る


(ブログタイトルの説明・・・被曝は量の問題。現状のほとんどの地域では、悲観的になりすぎる事の悪影響が心配されています。チェルノブイリ事故でも、避難によるアル中などの精神疾患や自殺、不安からの妊娠中絶のほうが被曝(被ばく)の被害よりも大でした。)
↓1日1回のクリックがランキングの投票になります。できましたら、応援お願いします。
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ

アフィリエイトでチャリティ リンクシェア
このブログではチャリティ・プラットフォームhttp://www.charity-platform.com/shien/ への募金を登録しています。

「自然エネルギーに不可欠なNAS電池について(利点と課題)」をトゥギャりました。







図解 新エネルギー早わかり (1時間でわかる図解シリーズ)
クチコミを見る

図解入門よくわかる最新発電・送電の基本と仕組み (How‐nual Visual Guide Book)
クチコミを見る

知っておきたいエネルギーの基礎知識 光・電気・火力・水力から原子力まで各種エネルギーを徹底解説! (サイエンス・アイ新書)
クチコミを見る

図解ビジネス情報源 業界動向と主要企業がひと目でわかる 新エネルギー

クチコミを見る


日本の原子力施設全デー...

日本の原子力施設全デー...
著者:北村行孝
価格:1,113円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る




(ブログタイトルの説明・・・被曝は量の問題。現状のほとんどの地域では、悲観的になりすぎる事の悪影響が心配されています。チェルノブイリ事故でも、避難によるアル中などの精神疾患や自殺、不安からの妊娠中絶のほうが被曝(被ばく)の被害よりも大でした。)

↓1日1回のクリックがランキングの投票になります。できましたら、応援お願いします。
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ


アフィリエイトでチャリティ リンクシェア
このブログではチャリティ・プラットフォームhttp://www.charity-platform.com/shien/ への募金を登録しています。


「発電方法について勉強中」をトゥギャりました。(原発、エネルギー、電力)








海南発電所第3号機事故調査報告書 (1973年)
クチコミを見る


(ブログタイトルの説明・・・被曝は量の問題。現状のほとんどの地域では、悲観的になりすぎる事の悪影響が心配されています。チェルノブイリ事故でも、避難によるアル中などの精神疾患や自殺、不安からの妊娠中絶のほうが被曝(被ばく)の被害よりも大でした。)

↓1日1回のクリックがランキングの投票になります。できましたら、応援お願いします。
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ


アフィリエイトでチャリティ リンクシェア
このブログではチャリティ・プラットフォームhttp://www.charity-platform.com/shien/ への募金を登録しています。

「たね蒔きジャーナル」が打ち切りになりそうなのは圧力?(原発、情報リテラシー)

私も放射能恐怖症だった頃、YouTubeでよく聴いていたラジオ番組「たね蒔きジャーナル」が打ち切りになりそうなのだそうです。


放送局前に反対する視聴者が集まったり、ブログや各ニュースでも取り上げられGoogleで「たね蒔きジャーナル 打ち切り」を検索すると、つぎのような画面が出てきます。


たねまきジャーナル



もう少しアップすると、こんな感じ。

たねまきジャーナル拡大




この検索で上位に出てくる記事をひとつひとつチェックすると、

1番上・・・niftyニュースですが、雑誌週刊SPA!の引用記事

2番目・・・雑誌週刊SPA!のweb版、日刊SPA!

3番目・・・Yahooニュースがweb版週刊金曜日ニュースを引用した記事

4番目・・・個人ブログ「ざまあみやがれい!」の記事

5番目・・・ネットで噂になっている「ぽぽんぷぐにゃんラジオ」の投稿。これはぽぽんぷぐにゃんという匿名の個人が、あたかもラジオで放送されたようなふりで自分で録音したものをYouTubeに投稿したもののようです。(この方はいつもこういうスタイルでいろんな話題を斬るらしい)



(クリックされたものほど上位に行くので、順番はその時によって入れ替わりますが、)

要するに、検索で出てきた結果は、

内容の真偽よりも売り上げを優先する雑誌の記事、

反原発系の雑誌記事、

反原発系の個人ブログ記事、

匿名個人のラジオ番組に見せかけた一人語りでした。



「たね蒔きジャーナル 打ち切り NHK」「たね蒔きジャーナル 打ち切り 新聞」で検索しても同じような結果でした。


たね蒔きジャーナルの打ち切り問題は一般の報道ではスルーされているということですね。

そしてネットで検索すると、延々と何ページも反原発団体や個人などが発信した情報が出てくる。


「真実は報道されない。ネットには真実があふれている!」と、
情報リテラシーの無かった以前の私は思ったことでしょう。



反原発の情報を見るのが悪いということではありませんが、同じ主張をする人達からの情報ばかり集めていては、自分で正しい判断はできません。


それから、ネットで検索した情報をどのくらい信頼していいかどうか判断する自信の無い方は、必ずニュースソース(情報源)を確認することをお勧めします。(情報リテラシーがあれば、当然やっていることです。)


打ち切り問題がスルーされているのは、もしかしたら「何らかの圧力」はあるのかもしれません。

でも、報道されないことは毎日ほかにも山のようにあります。
日本中、世界中の出来事を報道すること自体が不可能です。



ダメ情報の見分けかた―メディアと幸福につきあうために (生活人新書 334)
クチコミを見る


(ブログタイトルの説明・・・被曝は量の問題。現状のほとんどの地域では、悲観的になりすぎる事の悪影響が心配されています。チェルノブイリ事故でも、避難によるアル中などの精神疾患や自殺、不安からの妊娠中絶のほうが被曝(被ばく)の被害よりも大でした。)

↓1日1回のクリックがランキングの投票になります。できましたら、応援お願いします。
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ

アフィリエイトでチャリティ リンクシェア
このブログではチャリティ・プラットフォームhttp://www.charity-platform.com/shien/ への募金を登録しています。

【記事保存】処分場 自治体拒否で建設難航か(NHKニュース 2012年9月3日18時18分)

記事保存のため、以下引用。


◆処分場 自治体拒否で建設難航か
(NHKニュース 2012年9月3日18時18分 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120903/k10014744371000.html


9月3日 18時18分原発事故で広がった放射性物質を含む汚泥や焼却灰などを巡って、環境省は3日、栃木県内の汚泥などを運び込む最終処分場の候補地として、矢板市にある国有林を初めて提示しました。
しかし、候補地となった自治体からは受け入れを拒否する声が出ていて、建設までには難航が予想されます。

原発事故の影響で広がった放射性物質に汚染されたごみの焼却灰や汚泥のうち、放射性セシウムの濃度が1キロ当たり8000ベクレルを超えるものについては「指定廃棄物」として国が直接、処理することになっています。
このうち栃木県では、今後、指定廃棄物に認められるものも含めておよそ9000トンの汚泥などが下水処理場などに保管されたままになっていて、環境省は、ことし4月、県内の国有地に、埋め立て用の雨水などを遮蔽する構造の最終処分場を新たに建設する方針を示し、県や自治体との調整を進めていました。
これを受けて、環境省の横光副大臣は3日午前、栃木県庁を訪れ福田知事と会談し、矢板市塩田大石久保にある国有林およそ4ヘクタールを、県内の汚泥などを運び込む最終処分場の候補地として初めて提示しました。
理由について、環境省は、十分な広さを確保できることや、住宅や水源から離れていて周辺への影響が少ないことなどの条件を満たしているためだとしています。
このあと、横光副大臣は、矢板市の遠藤市長とも会談し、最終処分場の候補地について説明しましたが、遠藤市長は、事前に相談がなかったと明らかにしたうえで「突然の話で到底受け入れられない」と述べ、受け入れを拒否する考えを示しました。
候補地は国有地のため、建設について法律的な手続きは必要ないということですが、環境省は、住民説明会などを開いて地元の理解を得たうえで、平成25年の夏ころから工事を始め、翌年には指定廃棄物を搬入する計画ですが、今後、建設に向けては難航が予想されます。
福島県以外の指定廃棄物の処理を巡って、環境省は、栃木県のほかにも宮城、茨城、群馬、千葉の4つの県に対して最終処分場の建設について協力を要請していて、現地の調査が進んでいる宮城、茨城、千葉については今月中に候補地を選び、地元に提示したいとしています。


【指定廃棄物の現状】

環境省によりますと、「指定廃棄物」の量は、岩手、宮城、福島、新潟、群馬、栃木、茨城、千葉、東京の9つの都と県で、合わせて4万2575トンに上っています。
今後は、処理が求められる稲わらや堆肥などが加わる見込みで、「5万トン」という国の当初の想定を大きく上回る見通しとなっています。
すでに指定されている各都県の指定廃棄物の量は、8月時点で、▽福島が3万1993トンと全体の75%を占めて最も多く、続いて▽栃木が4445トン、▽茨城が1709トン、▽千葉が1018トン、▽東京が982トン、▽新潟が798トン、▽群馬が724トン、▽宮城が591トン、▽岩手が315トンとなっています。
環境省は、今回の栃木のほかに、宮城、茨城、群馬、千葉については、すでに最終処分場の建設について協力を要請していて、群馬を除く3県については今月中に候補地を選び、地元に提示する方針です。
また、群馬については大澤知事が廃棄物を抱える自治体ごとに最終処分場を設ける考えを示し調整が続けられているほか、岩手、新潟、東京については最終処分場を新たに建設するか既存の施設に持ち込むのかどうかも含めて地元の意見を踏まえて処理方法の検討が進められています。
一方、福島では放射性セシウムの濃度が1キログラムあたり8000ベクレルを超えて10万ベクレル以下の指定廃棄物については、富岡町にある既存の最終処分場で処理するよう地元に要請していて、1キログラムあたり10万ベクレルを超えるものについては中間貯蔵施設で保管し30年以内に県外の最終処分場で最終的に処理する方針を示しています。
環境省は、指定廃棄物の最終処分場は、国有地に新たに建設する計画で、国有地のため法律に基づいた住民の同意や環境影響調査などは必要ないということですが、徹底した調査と住民の同意を得たうえで建設を進めたいとしています。


【指定廃棄物の最終処分場とは】

今回、国が新たな設置を目指している指定廃棄物の最終処分場は「遮断型」と呼ばれるもので、構造は、雨水によって放射性物質の流出を防ぐために通常の処分場と違い屋根を設置します。
そしておよそ10メートルほど地面を掘り、すべてコンクリートで設計された壁や床には腐食されにくい加工が施され、埋め立てるスペースの周りには壁などから放射性物質が漏れ出していないか安全管理を定期的に行う部屋も設置されます。
さらに、地下水に放射性物質が漏れ出していないかモニタリングのために、施設の周囲に観測用の井戸も設置します。
埋め立て方法は、ドラム缶などに入れられた指定廃棄物を、埋め立てスペースにクレーンを使って並べます。
指定廃棄物の搬入が終わりスペースが満杯になると、スペース全体に粘土質の土をかぶせ、さらにコンクリートで覆います。
その上にも2つの層の土を覆い、最終的には埋め立てスペースを点検する部屋にも土を入れて、放射性物質の流出を防ぐ対策を徹底するとしています。
環境省は、こうした対策をとることで、最終処分場の周辺の放射線量については、国が一般の人が浴びても差し支えないとしている年間1ミリシーベルトの100分の1にあたる年間10マイクロシーベルト以下にするとしています。



(ブログタイトルの説明・・・被曝は量の問題。現状のほとんどの地域では、悲観的になりすぎる事の悪影響が心配されています。チェルノブイリ事故でも、避難によるアル中などの精神疾患や自殺、不安からの妊娠中絶のほうが被曝(被ばく)の被害よりも大でした。)

↓1日1回のクリックがランキングの投票になります。できましたら、応援お願いします。
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ

【記事保存】福島・子供の甲状腺検査 説明不足、不安招く(毎日新聞 2012年08月26日 東京朝刊)

記事を保存しておきたいので全文掲載します。
甲状腺の異常は調べれば結構多いということに関しては、「見えないオバケを怖がる人達へ」 (http://blog.livedoor.jp/minako_genki/archives/14845427.html)をご覧ください。




◆クローズアップ2012:福島・子供の甲状腺検査 説明不足、不安招く

毎日新聞 2012年08月26日 東京朝刊

 「子供の健康を見守り、安心してもらうため」として福島県が無料で実施している18歳以下の甲状腺検査に、保護者の不安が募っている。セカンドオピニオンを求めて県外の病院を受診する人も続出。背景には結果に関する県の説明不足がある。【須田桃子、鈴木泰広、坂井友子】

福島の子供の甲状腺検査結果


 ◇独自受診、県内病院が拒否も

 福島県川俣町に住む60歳の女性は6月、4歳の孫を秋田市の中通(なかどおり)総合病院に連れて行った。車と新幹線で片道3時間、前日から宿泊し、甲状腺の触診と超音波、血液の検査を受けさせた。健康診断のため保険は適用されず、費用は約1万4000円。交通費なども約4万円かかった。

 福島県立医大から検査結果の通知が来たのは2月。「小さな結節(しこり)やのう胞(液体がたまった袋のようなもの)がありますが、2次検査の必要はありません」とあるだけで、約2年後の次回検査まで放置して大丈夫か不安が募った。秋田の病院で複数ののう胞を確認、気が動転した。医師は半年後の再受診を勧め「今度は病名がつき保険も使える」と言ったという。

 この病院には今年3月14日から約5カ月間で福島県の子供ら65人が訪れた。新潟や北海道、首都圏でも同様の受診が相次ぐ。福島医大が実施する県の検査は担当医を日本甲状腺学会など7学会に所属する専門医に限っているものの、検査は設備と経験のある医療機関ならどこでも可能だ。

だが、遠くまで足を運ぶ人の中には、福島県内で検査を拒否された例が少なくない。会津若松市に避難する2児の母親(38)は市内の5病院に電話をかけ、断られた。「診てもらいたい時に診てもらえないなんておかしい」と憤る。

 医師らに理由を聞くと、「福島医大と異なる判断が出たら混乱を招く」(福島市の小児科医)▽「保護者の不安を解消するのは民間病院の役目ではない」(会津地方の病院)。県の検査に携わる医師の一人は「今回の福島医大の検査は放射線の健康影響を追跡する世界でも例のない疫学調査。他の病院で受けて県の検査を受けない人が出ると、邪魔することになる」と話した。

 福島医大の山下俊一副学長らが1月に日本甲状腺学会など7学会に出した文書の影響を指摘する声もある。県の検査結果に関する相談があった際、「次回の検査までに自覚症状等が出ない限り追加検査は必要ないことを、十分にご説明いただきたい」との内容だ。同学会に所属する医師の一人は「この文書に従うと、医師は診療を拒否してはいけないという医師法に反してしまう」という。

 この文書について山下氏は「県は精度の高い検査を行っているので保護者が混乱しないようにきちんと説明してほしいという意味で、セカンドオピニオンを与えることを否定するものではない」と説明する。

保護者の不安が広がる中、浪江町は7月、県の検査がない年は町の診療所で検査する事業を独自に始めた。紺野則夫健康保険課長は「県は保護者や子供の気持ちが分かっていない。もっときめ細かく対応しデータを提供すべきだ」と話す。

 ◇詳細結果、開示請求が必要

 福島県の甲状腺検査は、しこりやのう胞の有無、大きさを基に「A1」「A2」「B」「C」の4段階で判定している。BとCは2次検査を受ける。

 保護者の不安が最も大きいのは「A2」だ。しこりなどが見つかったが基準より小さいため2次検査の対象外のうえ、通知にはしこりの数や部位、大きさが具体的に記されていないからだ。福島医大には電話の問い合わせが250件を超え、同大は改善を始めた。今後は結果に関する住民説明会も開くという。

 だが、他にも課題はある。検査前に保護者が署名する同意書には、結果について「(保護者や本人の)希望により、いつでも知ることができる」と明記されているが、医師の所見やエコー画像を見るには、県の条例に基づき情報公開請求しなければならない。

開示請求はこれまでに6件あった。うち3件が約3週間後に開示されたが、静止画像は通常のコピー用紙に印刷されたもので、より鮮明な画像のデジタルデータは「改ざんされる恐れがある」(福島医大)と提供されなかった。同大広報担当の松井史郎特命教授は「身体に関する情報の取り扱いは特に慎重を期さなければならない。本人と確認するには開示請求してもらうのが確実だ」と説明する。

 これに対し、日弁連情報問題対策委員会委員長の清水勉弁護士は「子供を守るための検査なのに本末転倒だ。検査結果のように本人や保護者にとって切実な情報は、本人と確認できれば速やかに希望する形で開示すべきだ」と指摘。仮に提供した画像が改ざんされても「元データを管理していればよい話で、非開示の理由にはならない」という。



(ブログタイトルの説明・・・被曝は量の問題。現状のほとんどの地域では、悲観的になりすぎる事の悪影響が心配されています。チェルノブイリ事故でも、避難によるアル中などの精神疾患や自殺、不安からの妊娠中絶のほうが被曝(被ばく)の被害よりも大でした。)

↓1日1回のクリックがランキングの投票になります。できましたら、応援お願いします。
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ

従軍慰安婦問題の真実(嘘が事実になる怖さ)

従軍慰安婦問題。

女性が強制的に慰安婦として戦場に動員され、特に韓国との間で問題になっているイメージ。
男性の生理的特性を考えれば、そういうこともあったんだろう、二度とあってはいけないことだ、くらいに思って、今まで関連ニュースは聞き流す程度でした。


ところが、ちょっと見かけたツイートから行き着いたアゴラに従軍慰安婦問題について(私にとっては)驚くべきことが書かれていました。


慰安婦問題の特異性は、日本人が創作した話だということだ。ふつう「私が犯罪者だ」と嘘をつく人はいないが、奇妙なことに戦争についてはそういう「詐話師」がいる。この問題の発端となった吉田清治がその最たるもので、彼の『私の戦争犯罪』には、済州島で「慰安婦狩り」をした様子が詳細に書かれているが、なんとすべて嘘なのだ。本人ものちに「フィクションだ」と認めた。

ところが吉田の話に目をつけて日本政府を相手に訴訟を起こそうとしたのが、福島瑞穂氏や高木健一氏などの弁護士で、彼らは韓国に渡って原告になる元慰安婦を募集した。そこで見つけたのが金学順で、彼女はNHKにも出演して「親に売られてキーセンになり、義父に連れられて日本軍の慰安所に行った」と証言した。この話をNHKに売り込んできたのが福島氏で、彼女はスタジオに立ち会って金にせりふを教えていた。目的は、軍票(敗戦で無効になった)で支払われた給与の賠償だった。

しかし朝日新聞の植村記者がこれを(吉田のストーリーにそって)「女子挺身隊として強制連行された」と誤って報じたため、福島氏らは訴状を「軍に連行された」と書き換えた(だから彼女は「強制連行」が嘘であることを知っているはずだ)。その原告団長は植村記者の義母だったが、のちに裁判費用を詐取したとして逮捕され、行方をくらました。

要するに戦争をネタにもうけようとたくらんだ旧軍人が「軍の性奴隷」という猟奇的な話をでっち上げ、それを政治的に利用しようとした日本の弁護士が韓国人をけしかけ、朝日新聞がそれに乗せられたという構図だ。したがって主犯は福島氏で、朝日は問題を拡大した共犯である。

この騒動で福島氏は「人権派弁護士」としてマスコミにデビューし、国会議員にもなったが、彼女のおかげで日韓関係はめちゃくちゃになった。今回の慰安婦騒動に彼女が沈黙を守っているのは、ここまで嘘がばれてしまうと取り繕いようがないからだろう。朝日新聞とともに彼女にも説明責任がある。国会で説明すべきだ。 (慰安婦問題の「主犯」は福島瑞穂弁護士 http://agora-web.jp/archives/1480504.html



福島瑞穂のことはとりあえず置いといて、韓国と問題になっている従軍慰安婦問題が架空話というのは本当なのだろうか。Wikipediaで調べてみた。(判りやすいように項目ごとに見出しを付けましたが、以下の枠内はすべてウィキからの引用です。 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%85%B0%E5%AE%89%E5%A9%A6


<1982年、元軍人の吉田清治氏が本を出版>

いわゆる慰安婦論争の契機となったのは、1982年に樺太裁判で吉田清治が済州島で朝鮮人奴隷狩りを行ったと証言し、1983年に吉田清治が済州島で自ら200人の女性を拉致し慰安婦にしたとする「私の戦争犯罪―朝鮮人強制連行」を出版したことに始まる[16][13]。



<挺身隊女性20万人のうち5万人から7万人が朝鮮人であったということを、20万人の朝鮮人女性のうち5万人から7万人が慰安婦とされたと置き換えられ報じられた>

韓国では1984年に宋建鎬(朝鮮語)が挺身隊として動員された女性は20万人でありそのうち5万人から7万人が朝鮮人であったとする1969年の韓国日刊紙の報道を日帝が挺身隊の名目で20万人の朝鮮女性を連行しそのうち5万から7万人を慰安婦としたと置き換えて報じた


<連行されたとされる人数の矛盾・・・当時の対象年齢の朝鮮女性より多い>

現在では、北朝鮮は朝鮮女性20万人が強制的に慰安婦にされ840万人が強制連行されたとし、大韓民国国定教科書はそれより多い数十万人の朝鮮女性が強制的に慰安婦にされ、650万人の朝鮮人が強制的に動員されたとしている[17][18]。

韓国・北朝鮮両政府の公式見解について、李栄薫ソウル大学教授は1940年当時の16歳から21歳の朝鮮女性は125万人であり、20歳から40歳の朝鮮人男性は321万人であるためこれらの数値は正しくないと指摘している[17][18]。



<1989年、吉田清治氏の本が韓国でも出版され、その後虚偽と判明。しかし、吉田清治は韓国に渡り謝罪活動を開始>

吉田の著書は1989年に韓国でも出版され、同年中に済州島新聞(1989年8月14日付[13])[19]や済州島郷土史家の金奉玉によって虚偽であることが判明し日本人の悪徳を表す軽薄な商魂の産物であるとされたが[16][9]、「朝鮮と朝鮮人に公式謝罪を・百人委員会」事務局長青柳敦子と在日朝鮮人宋斗会が韓国で謝罪と補償を求める訴訟の原告を募い[20][16]、吉田は韓国に渡り、謝罪碑建立と謝罪活動を始めた[16]。



<吉田証言が虚構と判明した後も、日韓問題に拡大>

吉田証言は検証を通じて事実ではないことが明らかになっており、吉田自身も虚構であることを認めていることから現在では信頼できる証言として採用されることはなくなった。この吉田証言は日本官憲が女性を徴発したとする今日の韓国人の集団的記憶形成に決定的に寄与したことが李栄薫ソウル大学教授によって明らかにされている[13]。
1992年、朝日新聞や韓国メディアは宮沢喜一首相の訪韓を前にして、吉田の証言や韓国謝罪行脚を連日掲載し、宮沢の訪韓はデモ隊が待ち受けるなかで行われた[16]。宮沢は事実関係の調査を経ることなく[20]何度も謝罪の発言を行った[20][16]。

同年、日本の歴史家秦郁彦による現地調査でも強制連行が虚偽であることが確認された[16]。
1993年、韓国政府は日本政府に日本の教科書に慰安婦について記述するよう要求し[16]、全ての高校教科書に従軍慰安婦として記載されることとなった[16]。

同年、日本政府は韓国政府に強制性を認めるよう要求され、関係資料を調査した結果、「強制連行を行ったという資料は発見されなかった」「日本政府が強制したということは認めたわけではない」が[21][22]、河野洋平内閣官房長官の政治決断によって、「日常生活に強制性が見られた」と解釈することで[21]、日本軍の要請を受けた業者によって女性が意志に反して集められ、官憲が直接加担したこともあったとする河野談話が発表され[23]、現在にいたるまで深刻な外交・教育問題となるようになった(河野談話が国内外から出される対日非難決議の根拠とされることとなる[24][25][22])[20]。

1994年には永野茂門法務大臣が「慰安婦は公娼である」と述べたことで辞任に追い込まれた[16]。



<1995年、吉田氏自身が著書は創作であったことを認め、著書の流布に加担した朝日新聞も1997年に訂正記事を掲載>

吉田は自著の虚偽を指摘された後も韓国での謝罪行脚や朝日新聞での証言を続けていたが、1995年に「自分の役目は終わった」として著書が自身の創作であったことを認め[16]、朝日新聞は1997年に「吉田証言の真偽は確認できない」との記事を掲載した[16]。2007年に安倍晋三首相は「虚偽と判明した吉田証言以外に官憲の関与の証言はない」と答弁している[26]。



<それでも国連問題に発展>

国連人権委員会には日本カトリック教団が積極的なロビー活動を行い[27]、1996年にクマラスワミ報告書、1998年にマクドゥーガル報告書が提出されるに至り[22]、白柳誠一枢機卿は日本政府に謝罪と補償を求める論文をカトリック新聞で発表するとともに「応じよ!国連勧告」100万人署名運動を呼びかけた[27]。



<海外メディアでは、日本が悪者に>

2000年に朝日新聞元編集委員の松井やよりが主催する「戦争と女性への暴力」日本ネットワークや韓国挺身隊問題対策協議会などの団体によって「日本軍性奴隷制を裁く女性国際戦犯法廷」が開かれた。「法廷」では「昭和天皇および日本国は有罪」との「判決」が下され、取材をおこなった海外のメディアが「日本国が女性を強制連行して性奴隷にした」と報じたことで慰安婦問題は世界各国でも認識されるようになった。



<慰安所の実際・・・当時の経営者の半数は朝鮮人。日本軍は行き過ぎた行為を取り締まっていた>

慰安所営業者の半数は朝鮮人であり[28]、日本軍は誇大広告を禁止するとともに渡航する女性が本人自ら警察署で身分証明書の発給を受けて誘拐でないことを確認するよう通達を出し[29]、朝鮮では日本の官憲が日本人や朝鮮人の女性を誘拐して売買をおこなったものを取り締まっていたが[30]、河野談話以降は海外から「日本政府が数十万人の女性を強制連行して性奴隷にした」として非難され、日本国内では女性の人権などの観点をめぐって様々な議論となっている。



<元慰安婦の真偽>

一方で、元慰安婦を名乗る韓国人女性たちの証言については矛盾点が多々あるため、実際に慰安婦だったか疑わしいとの指摘もある。




<脚注>
13.^ a b c d e f 李榮薫 その日、私はなぜそのように言ったのか New Daily 2009年6月1日
16.^ a b c d e f g h i j k l m n o p “慰安婦にまるわる年表”. いわゆる従軍慰安婦について歴史の真実から再考するサイト. ワック・マガジンズ. 2010年3月8日閲覧。
17.^ a b c d “李栄薫、国史教科書、日帝被害誇張されている 慰安婦数十万 - 強制連行650万は虚構、国史学界論争予告("국사 교과서 일제피해 과장됐다""위안부 수십만-강제 연행 650만은 허구", 국사학계 논란 예고)”. PRESSIAN (2005年4月26日). 2012年7月23日閲覧。
18.^ a b c d “ハンコク招待席 ソウル大経済学部李栄薫教授 日帝清算、正確な事実に基づかなければ 社会的通念に挑戦して常識の壁を超えた勇気ある学者 日本軍慰安婦·徴用者は誇張 国民感情に反する主張で波紋(한국 초대석 서울대 경제학부 이영훈 교수"일제 청산, 정확한 사실에 기초해야"사회적 통념에 도전하고 상식의 벽을 넘어선 용기있는 학자"일본군 위안부·징용자 수 과장"국민정서에 反한 주장으로 파문("국사 교과서 일제피해 과장됐다""위안부 수십만-강제 연행 650만은 허구", 국사학계 논란 예고))”. ハンコクドットコム (2005年5月19日). 2012年7月23日閲覧。
19.^ 西岡力. “慰安婦Q&A、「韓国・北朝鮮の嘘を見破る」ISBN:4166605208 pp.124-132「「従軍慰安婦は日本軍に連行された」と言われたら」”. 鄭大均 古田博司 編集 文藝春秋. ワック・マガジンズ. 2010年3月12日閲覧。
20.^ a b c d 岡田邦宏 (2006年6月14日). “「河野談話」の背景と教訓 (『明日への選択』平成15年9月号)”. 日本政策研究センター. 2010年3月8日閲覧。
22.^ a b c 阿比留瑠比 (2008年9月18日). “さらば“河野談話” 引退前に非を認めてほしかった”. 産経新聞 2010年3月12日閲覧。
24.^ 櫻井よしこ (2007年3月17日). “妥協の積み重ねで『強制』の濡れ衣 慰安婦問題は根本から論じ直すべき”. 週刊ダイヤモンド. 櫻井よしこ. 2010年3月12日閲覧。
25.^ “「慰安婦」問題に関する意見書”. 生駒市議会. 生駒市 (2009年9月11日). 2010年3月12日閲覧。
27.^ a b 酒井信彦 (1996年8月15日). “日本カトリック教団の『戦争の反省』の欺瞞(2)”. 月曜評論. 酒井信彦の日本ナショナリズム. 2010年4月24日閲覧。
28.^ a b c (朝鮮語)“教科書フォーラムの安秉直、「慰安婦は自発的」妄言で波紋”. デイリー・サプライズ (2006年12月6日). 2008年12月9日閲覧。
29.^ “支那渡航婦女ノ取扱二関スル件”. 陸軍省. 国立アジア歴史資料センター (1938年2月18日). 2010年3月10日閲覧。
30.^ 東亜日報1936年4月4日東亜日報1933年6月30日、東亜日報1933年5月5日、東亜日報1938年12月4日


ウィキペディア「慰安婦」 より http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%85%B0%E5%AE%89%E5%A9%A6



う~ん・・・。知らなかった、見過ごしていたことばかり。
ウィキがすべて本当ではないかもしれないし、一人一人の女性にとってはいろんなドラマがあったでしょう。

だけど、吉田清治という人が架空話をでっちあげたというのは本当らしい。
それが、今の日韓関係を難しくしてしまっている。


嘘もマスコミ(この場合は朝日新聞やNHK)が絡むと恐ろしい。


しかし、福島瑞穂ってどういう人?(ツイッターでは相互フォローだけどw)

今回知ったことから見れば、日本の立場を悪く追い込み、売名に利用した売国奴に他ならない。


ちなみに彼女のご主人はグリーンピース元事務局長。

このグリーンピースというのも、環境問題を掲げながら、それで金儲けしているビジネス団体ではないかと言われている。(詳しくはウィキペディアを引いて下さい。)


彼女が筆頭になって行われている反原発運動。
これも私から見れば、一生懸命、国を傾かせようとしている運動に見える。

デモに参加している人達は、彼女に利用されているのかもしれませんね。


(なお、私は反韓ではありません。)


日韓「歴史問題」の真実 「朝鮮人強制連行」「慰安婦問題」を捏造したのは誰か日韓「歴史問題」の真実 「朝鮮人強制連行」「慰安婦問題」を捏造したのは誰か
著者:西岡 力
販売元:PHP研究所
(2005-05-21)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

よくわかる慰安婦問題よくわかる慰安婦問題
著者:西岡 力
販売元:草思社
(2007-06-22)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


↓1日1回のクリックがランキングの投票になります。できましたら、応援お願いします。
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ

アフィリエイトでチャリティ リンクシェア
このブログではチャリティ・プラットフォームhttp://www.charity-platform.com/shien/ への募金を登録しています。


見えないオバケを怖がる人達へ (放射能、被ばく、甲状腺、検査)

忙しくてブログも開いていませんでしたが、【肥田先生、今年の春も「病人続出」はありませんでした】にコメントを頂いていました。

以下全文


日本人Aさんより  2012年08月18日 16:03

残念ながら貴方の主張は誤りです
理系オンチとの事ですが、オンチ以前に私の中1時代にも劣ります。というか小学生の方でしょうか?
でなければ現実逃避か、利権か、そのいずれかです

・福島では3万人を調査して1万人に甲状腺異常
・福島では15歳未満の心疾患2倍
(ただし絶対数は少ないので統計上有意ではないかも)
・福島心疾患死亡47都道府県1位
(未確認情報)

Csがガン以前に心疾患を起こすのは常識です。

チェルノブイリ級に汚染されて、チェルノブイリと違い避難していない
この時点でバカでも結果がわかります。

「肥田氏が共産党で信用できない」と思うのであれば、汚染安全派の連中の経歴を見てください。
電力中央研究所とかIAEA絡みとか、利権のオンパレードです。
紹介している中川恵一の利権はわかりませんが、「Puは重いから飛ばないので安全です」などと言っているバカです。
「I131はK40に比べ少ないから安全」とも発言しています。
この2点でおかしいと思わないようであれば、科学オンチでなく、「科学を知らない」です

付け焼刃程度の知識ではなく、最低でも中学生程度の科学を勉強してからブログを書くべきでしょう。
貴方の現在している行為は、汚染拡大への加担です。
このブログを見て、更に科学知識のない人が、それを信用してしまって、放射能を回避せずに、結果死んだら、どうしますか?
「いいや、そんな事はない。自分は正しい」と言える、そこまでの自信がありますか?
なければ、すぐにブログを閉鎖してください!!



せっかくですので簡単にお答えします。(資料を提示しますのでご自分で勉強して下さい。)

まず最初に苦言。

何かを主張される時は根拠の提示をお願いします。

放射能恐怖症の方の多くは根拠を提示されません。
提示する方であっても、根拠とするURLを開いてみれば、大抵の場合個人ブログかバンダジェフスキー論文のように、データの扱いが不十分なもの。


見えないオバケを怖がる方々、「もっとちゃんと勉強して下さい。」

私は「透明な目」「常識を疑う」「データ主義」をモットーに1年間勉強してきました。
学者・研究者の方々の研究結果に対して、もっと謙虚になりましょう。


日本人Aさんのコメントの中の主張4点

・福島では3万人を調査して1万人に甲状腺異常
・福島では15歳未満の心疾患2倍
(ただし絶対数は少ないので統計上有意ではないかも)
・福島心疾患死亡47都道府県1位
(未確認情報)
・チェルノブイリ級に汚染されて、チェルノブイリと違い避難していない。この時点でバカでも結果がわかります。



この中から、最初の甲状腺異常について、今日は資料を提示します。


★甲状腺についてPKA先生のお話 http://togetter.com/li/298145

★子どもたちの甲状腺異常:福島と長崎の差が著しい!というデータの見方 http://togetter.com/li/296847

★「甲状腺癌は実はその気になって探せばすごく多い」って話。」 http://togetter.com/li/241058

★ #週刊文春 『衝撃スクープ!郡山4歳児と7歳児に「甲状腺がん」の疑い!』 さて、顛末は・・・PKA先生(PKAnzug )のお話」 http://t.co/jf2r3Nbu 

★「集団甲状腺検査結果の考察などなど」 http://togetter.com/li/293815



PKA先生によれば、従来の検査でも些細な異常が見つかるのはよくあったこと。
(PKA先生は日常的に放射線治療を行なっている、放射線の本当の専門家です。
他のお医者様との違いは、大学で言えば一般教養と専門課程の違いだと思います。)

今は心配する人が多くなって、検査の実数が増えたので見つかる異常も増えたんですね。


本当は核実験の残存放射性物質などで、以前から放射線は身近にあったんですが、
原発事故があってから急に放射線を意識して、ガイガーカウンターであちこち測って騒いでいる構図と同じです。
(昨年夏までの私と同じです。)


続きは次回。
(ああ・・・、世界の平均寿命など宿題があるんですよね・・・。
大体頭の中では固まっているんですが、こればかりやっていると生活が破綻しますので・・・。)



(ブログタイトルの説明・・・被曝は量の問題。現状のほとんどの地域では、悲観的になりすぎる事の悪影響が心配されています。チェルノブイリ事故でも、避難によるアル中などの精神疾患や自殺、不安からの妊娠中絶のほうが被曝(被ばく)の被害よりも大でした。)

↓1日1回のクリックがランキングの投票になります。できましたら、応援お願いします。
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ

マカフィー・ストア

アフィリエイトでチャリティ リンクシェア
このブログではチャリティ・プラットフォームhttp://www.charity-platform.com/shien/ への募金を登録しています。とは言っても、まだ1円の売上もありません。(こういう内容のブログでアフィリエイトは無理だろうと元々コーチに言われてました。)

【ブログトーナメントに参加しました】 政治 幸せ 景気 教育 倫理

(ブログタイトルの説明・・・被曝は量の問題。現状のほとんどの地域では、悲観的になりすぎる事の悪影響が心配されています。チェルノブイリ事故でも、避難によるアル中などの精神疾患や自殺、不安からの妊娠中絶のほうが被曝(被ばく)の被害よりも大でした。)


おかげさまでぶろぐ村の下記のトーナメントで優勝しました。(24ブログ中)
MORAL HAZARD JAPAN 15  ブログトーナメント - 政治ブログ村
MORAL HAZARD JAPAN 15 ブログトーナメント


こちらは78ブログ中、9位に入りました。
幸せブログトーナメント - アウトドアブログ村
幸せブログトーナメント


こちらは42ブログ中、9位でした。
政治とか景気とか教育とか倫理とか 5  ブログトーナメント - 政治ブログ村
政治とか景気とか教育とか倫理とか 5 ブログトーナメント


ツイッターをしていない方にも見てもらえるきっかけになるので、これからもちょこちょこ参加していきます。

投票して頂いた皆様、ありがとうございました。


にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ マカフィー・ストア

入場予約するとディズニーグッズがもらえます。 ディズニー展


アフィリエイトでチャリティ リンクシェア
このブログではチャリティ・プラットフォームhttp://www.charity-platform.com/shien/ への募金を登録しています。

【その後の猫ちゃん】 もう他人じゃない

昨日の朝、家の外のダンボールを収集に出そうと外に出ると、この前の猫ちゃんがビックリして飛び出してきました。

この前のダンボールのおうちでまた寝ていたみたい。
あの後、物置代わりに使っている青いボックスの上で寝そべっていたので、私はそこばかり見ていたんです。

驚いて逃げて行く猫ちゃんに、「大丈夫よ、大丈夫よ。」と声をかけたら、振り返って私の顔を見て、安心したようにゆっくり目を瞬き。こういうのって、以前にも違う猫ちゃんで見たような気がするけど、猫語の「ありがとう」か何かなんでしょうか。

今度は青いボックスの上に飛び乗ってゆっくり。

猫 5


猫 4


しばらくたってまた外に出ると、今度は玄関前のタタキの上に寝そべってました。

おまかせ猫1


今度も少し警戒して起き上がったけど、また「大丈夫よ。」と声をかけると、こんな感じ。

お任せ猫2


日陰の外はかなり日差しがきつかったので、温度を下げるために前の敷地にペットボトルの水を撒いてあげたら、嬉しそうに見ていました。

飼われていない猫でも、言葉が通じるんですね。長い時間、一緒にいたわけでもないのに。
こうなると、他人とは思えません。

ウサ子がいるから飼ってあげられないので、無責任にエサもあげられないけど、無事に天寿を全うしてほしいな。


いぬのきもち ねこのきもち


◆ライブドアアンケート◆ 猫って言葉がわかると思いますか? 回答&結果⇒ http://blog.with2.net/vote/?m=v&id=30695

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ

アフィリエイトでチャリティ リンクシェア
このブログではチャリティ・プラットフォームhttp://www.charity-platform.com/shien/ への募金を登録しています。

【原爆を落とされた広島と長崎の平均寿命】 全国都道府県別 寿命ランキングと自殺率ランキング

(ブログタイトルについて・・・被曝は量の問題。現状のほとんどの地域では、悲観的になりすぎる事の悪影響が心配されています。)


前回、広島と長崎の平均寿命が日本全国に比べて遜色ないと書きました。

まず、平均寿命とは「0歳における平均余命」。(はてなキーワード http://d.hatena.ne.jp/keyword/%CA%BF%B6%D1%BC%F7%CC%BF) 

平均余命とは「ある年齢の人々が、その後何年生きられるかという期待値のこと」(ウィキペディア http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%B3%E5%9D%87%E4%BD%99%E5%91%BD


◆平成17年度の都道府県別平均寿命ランキング(厚生労働省発表)http://www.japan-now.com/article/187084210.html


ご覧のように、全国47都道府県のうち、広島は男性13位、女性10位、長崎は男性37位、女性22位。

私が見た限りでは、原爆のせいで特に寿命が短いとは感じられないのですが、いかがでしょうか。


ちなみに、東北のうち、青森・秋田・岩手の平均寿命が低いんです。これは自殺率の高さとも重なりますので、多少影響があるのかもしれません。

◆内閣府・平成21年地域における自殺の基礎資料 2-1-1 都道府県・政令指定都市別単純集計(住居地)
(自殺率、男女・年齢(10歳階級)・職業(8区分)・場所(6区分)・原因・動機別) (PDF形式:156KB) http://www8.cao.go.jp/jisatsutaisaku/kyouka_basic_data/h21/pdf/2-1-1.pdf

一般的に寒い地方では自殺率が高いとも言われるようですが、それなら、北海道・新潟・宮城などは自殺率は全国の中で中程度、平均寿命でも下位に来ないのに、なぜ青森・秋田・岩手の3県なのか・・・。気になるところです。


次回は世界の平均寿命と比較してみます。ちょっと面白い現象が見えています。


関連書籍:破壊者のトラウマ―原爆科学者とパイロットの数奇な運命
原爆開発に関わった科学者、ジョージ・プライスと元空軍パイロット、クロード・イーザリー。ふたりは深い罪悪感から平和運動に身を投じるが、最後は悲惨な運命に至る。加害者の苦悩の軌跡から大量虐殺時代を問う。

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ


アフィリエイトでチャリティ リンクシェア

このブログではチャリティ・プラットフォームhttp://www.charity-platform.com/shien/ への募金を登録しています。

【猫ちゃんのおうち】 息子の独立

しばらく疲れて寝たきり状態でした(汗)


仕事でもツイッターでもブログでもパソコンを使うので、目が酷く疲れてました。それに加えて、ここ一年間のツイッターやプライベートでの問題の心労が一度に出てきた感じ。

というわけで、数日間は目を開いているのもしんどくて、ほとんど寝てました。


でも、今日はスッキリ。


肥田先生の項に関連して、広島長崎の件などを書きかけてありますが、楽しいことがあったので、まずはこの件から。


朝、家の外にストックしてある水道水のボトルを取りに出たら、なにやら視線を感じ・・・気付いたら猫ちゃんでした。

眠いおぉ~


次の古紙回収まで日にちがあるからと、折りたたまないで置いてあった天然水の箱をおうちにしてるらしいw

しかられるかな、と、しばらくじーっと私の顔を見ていたけれど、私がニコニコしているので安心してこの通り。

ぐーすか猫ちゃん


この前、隣の空き部屋の前でノンビリしていた猫ちゃんかな?

誰もいなくてノンビリ


ウサ子を養うので手一杯なので(笑)、エサをあげたりはしないのだけれど、特に追い立てたりはしないから安心してます。


猫ちゃんのおうちと言えば、楽天にこんなのが・・・



これ、息子が小さい頃、大きなダンボール箱で作ってあげたおうちにそっくり(笑)。ひどく気に入って、ボロボロになるまで出たり入ったり。あの頃は可愛かったなぁ・・・。


明日、息子が独立するので、今の家はかなり広くなり、もっと便利なところへ引越しを考えているのだけれど、私が越したら、猫ちゃんのせっかくの新居が無くなってしまう・・・。

ちょっと決断が鈍りそう。



【ライブドアアンケート】あなたはペットを飼っていますか?
http://blog.with2.net/vote/?m=v&id=34004

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ


留守番しているペットをスマートフォンで見守る<スマートアイ>


ペット用品ならアイリスオーヤマ公式アイリスプラザ

【本間アニマルメディカルサプライ GOLD】
日本最大の動物病院サポート通販サイト!
動物病院だから同時に医療、処方に関して無料アドバイス!



アフィリエイトでチャリティ リンクシェア
このブログではチャリティ・プラットフォームhttp://www.charity-platform.com/shien/ への募金を登録しています。

【肥田先生、今年の春も「病人続出」はありませんでした】 放射能、被曝(被ばく)、デマ

(被曝は量の問題。現状のほとんどの地域では、悲観的になりすぎる事の悪影響が心配されています。チェルノブイリ事故でも、避難によるアル中などの精神疾患や自殺、不安からの妊娠中絶のほうが被曝(被ばく)の被害よりも大でした。)


ツイッターでフォローして頂いている方には退屈になるかもしれませんが、新しく覗いてくれている方も多いようなので、基本的な話題です。それぞれの根拠になる資料については別の回で一つ一つ取り上げていきたいと思います。


「大地を守る会が放射能講座を開催」というニュースを目にして、どんな講師を招くのかと、不安が頭をよぎりました。

原発事故後、食品の放射線測定に尽力されている東大の早野龍吾教授のお名前を発見して、ひと安心(第3回)。次に、肥田医師の名前を発見して落胆・・・(第5回)。(http://www.daichi.or.jp/cp/renzokukouza/

この方は今年95歳になられる方で「実際に被爆者を治療した生き証人」というのが売りの方です。ただし、バリバリの共産党員で元共産党市議という背景があります。(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%82%A5%E7%94%B0%E8%88%9C%E5%A4%AA%E9%83%8E

「さようなら原発1000万人アクション」の実行委員会のあるのが原水禁事務所(http://sayonara-nukes.org/ 画面の一番下)というのと似てますね。というか同じ構図なのでしょう。長崎広島の被爆者の方々や福島第一原発事故は政治的に利用されているようです。

肥田医師は、昨年春には「この秋(昨秋のこと)には放射線の影響で病人がたくさん出てくる」とおっしゃってました。で、そんなことは起きませんでした。(原発事故後4月の発言⇒ 肥田医師「福島で被ばく初期症状が始まっている。今年秋から来年たくさん出てくる ...   http://blog.livedoor.jp/amenohimoharenohimo/archives/65732741.html  http://www.youtube.com/watch?v=3p73GY19ZrY

秋になると「来年の春には」(今春のこと)とおっしゃいました。またもやそんなことは起きませんでした。(ログが拾えたのは2012年2月3日の発言でした⇒ 肥田医師「内部被曝の症状は3月にも出始める」  http://hibi-zakkan.sblo.jp/article/53425847.html

その後は確か「数年後」とおっしゃたと思うけど、先行きが怪しくなってきた今はなんとおっしゃっているのだろう。ご高齢だから責任を取るつもりはないのでしょう。

肥田医師が問題なのは、福島第一原発事故で放出された放射性物質のせいで、誰もが病気になって短命になるような発言をいつもしてらっしゃること。

この方、ご自身が広島の被爆者ですよ?(長崎と書きましたが訂正しました。)
そして今年誕生日を迎えれば95歳です。
(ちなみに、原爆を落とされた長崎も広島も、日本の他府県と比べて寿命が短いということはありません。)

次に問題なのは、チェルノブイリ事故と福島第一原発事故を同一視して語っていること。

チェルノブイリと福島では爆発した原子炉の種類が違う、爆発の規模も違う、放射性物質の放出量が違う、食品の管理など事故後の対応が違う、経済的な背景が違う。
チェルノブイリ事故を参考にはできても、同一視して心配しすぎるのはナンセンスです。

第三に、医師としての知識、特に放射線の知識については、かなりの方から疑問符が付いています。
例えば、生物学、放射線技術、除染技術専門の科学者いいな@iina_kobeさんのまとめがわかりやすいです。(関西のお笑い芸人のような学者さんなので、ちょっと口が悪いんですがw)
http://togetter.com/li/279843

一般の人が放射能に対して無知だからと言って、いたずらに被曝の恐怖を煽る人は肥田医師だけでなく、他にも大勢います。ネットで検索して上位に出てくるYouTubeの動画や個人ブログは大抵そうです。(私も騙されていました。)

風評被害による倒産や失業、ひいてはそれを原因とする自殺や心中・精神疾患、景気への悪影響、原発再稼動の遅れによる多額の燃料調達費が招いた31年ぶりの貿易赤字。

そういうことに、彼らの発言が影響していないということは言えないでしょう。

初めて私のような意見を目にした方はお気をつけ下さい。
よく目にする情報が正しいとは限りません。

放射能に関して正しいことを書いてある個人ブログや公的なホームページは、ネット検索で上位に出てくることはあまり無いですし、はっきり言って基礎知識のある理系の方向けで、私を含めて文系の人にはとっつきにくいです。

だから、今、初心者向けに放射能情報ブログを作成中です。(http://minako-genki.com/?page_id=20)ツイッターをしている方なら、とりあえず@minako_genkibotをフォローして頂ければ、今まで私が勉強してきたデータを15分おきに24時間、自動ツイートしています。ツイログ(http://twilog.org/minako_genkibot)を利用すれば、調べたい言葉でツイートを検索することもできます。

私がそうだったように、偏った情報にどっぷりはまってしまうと、なかなか中庸なスタンスに戻るのは難しいです。だから、@minako_genkibotやサブのアカウント@minako_ufufuを相互フォローにして、いろいろな方の目に止まるように情報発信したり、遊びツイートしてきました。

そして、ツイッターをしていない方もまだ多いので、ブログならそういう方の目に止まる可能性があるかもしれないと考えたことが、このブログを始めたきっかけの一つでもあります。

今日、『放射能なんて怖くない』という、ちょっと刺激的なタイトルに変更しました。人目につくにはインパクトが必要だからです。本当は、どんな場合でも安全とは思っていません。

ただ、福島の特定の地域以外では、放射能を過大に恐れて生活するほうが、健康に悪影響があると考えています。

【ライブドアアンケート】原爆の生き証人とされる肥田医師のおっしゃることを信じますか?
http://blog.with2.net/vote/?m=v&id=96061

関連書籍:放射線医が語る被ばくと発がんの真実 (ベスト新書)
福島第一原子力発電所の事故以降、10ヵ月以上が経つが、状況はいまだ予断を許さない。「内部被ばくは、外部被ばくの600倍危険だ」「福島の野菜は食べてはいけない」「西に逃げろ」…。様々な「専門家」たちの意見が飛び交い、私たちを不安に駆り立てる。本書の著者は、長年にわたり放射線医としてがん患者の治療に携わってきた。被ばくと発がんリスクの問題について語るに最も相応しい人物といえよう。さらに事故後、福島で行った調査や、広島・長崎、そしてチェルノブイリのデータ分析も踏まえて導いた結論は、大きな説得力をもつ。福島と日本の将来に希望が見いだせる一冊である。

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ

アフィリエイトでチャリティ リンクシェア
このブログではチャリティ・プラットフォームhttp://www.charity-platform.com/shien/ への募金を登録しています。

ひとやすみ。

このブログはまだ始めたばかりですが、最初から重い話や堅い話が続いてしまいましたね・・・。私も疲れました。

テレビは相変わらず大雨の被害といじめ自殺のことばかり。九州の方は今も大変だけど、手助けできる地域の私達は、疲れないようにして手助けできる力をとっておいたほうがいいと思うんです。

と、いうことで、今日はひとやすみ。

私のストレス解消というと、第一はウサ子とのふれあい。
でも、大事なウサ子の写真は絶対ネットに出さないのがわが家の協定です。ネットに出せば、誰にどうイタズラされるかわかりませんから。

ストレス解消の第2はネットや百円ショップでの気軽なショッピング。

ツイッターでは男まさりだから意外に思われると思いますが、実は可愛いもの、きれいなものが大好きです。

最近のお気に入りは、安物ですが楽天市場で購入したパワーストーン。
パワーストーン


パワーを信じてるわけじゃなくて、色とデザインが気に入りました。
でも、もしかしたら元気が出てるかも?w

ストレス解消の第3は爪やお肌のお手入れかな。昨年から今年にかけてはなかなか心の余裕が持てなかったけど、最近はマニキュアなども楽しんでます。(自分が楽しければ、いいですよね?笑)

今、検討中なのは炭酸ジェルパック

気持ち良さそうですよね。

それと、金欠の私でも買える美顔器エステナードROSE

なんでこんなに安いのかというと、消耗品のジェルを毎月1本か2本、定期購入するというしくみのようです。

本当は、昔かなりのお金をはたいて購入した超音波美顔器があるけど、小さなカバンくらいの大きさがあって、出したりしまったりが面倒で使ってない。これなら気軽にできるし、ピンク色でかわいいな。もともとジェルは切らしてるし。

あれやこれやを考えるのも楽しいですね。
あなたのリフレッシュ法は何ですか?⇒ライブドアアンケート http://blog.with2.net/vote/?m=v&id=95996

_______________________

まだ、原発や放射能を正面から話題にしていませんが、登録しているのは原発カテゴリー。『ライブドアブログランキング・原発事故カテゴリー』は、ほとんど原発・放射能リスクを煽るブログ(嘘、真実、セシウム無添加、海外移住、放射能食品、地球を守って)。お陰様で6位まで上がりましたので、原発ブログを初めて探す人の目に留まると思います。ポイントの余力が出たら、東日本大震災カテゴリーにも登録したいと思いますので、応援して下さる方は、下の虹をクリックしていただけるとうれしいです。



アフィリエイトでチャリティ リンクシェア
このブログではチャリティ・プラットフォームhttp://www.charity-platform.com/shien/ への募金を登録しています。

【『国民の生活が第一』?】 小沢一郎、東日本大震災後の政治

昨年原発事故が起こったとき、枝野官房長官(当時)の記者会見を見ても、最初は「大したことはないんでしょ」と思った。

ところが、記者会見が何度も重ねられ、枝野さんの表情も硬い。只事ではないのが段々わかってきた。それでもあの恐ろしいチェルノブイリ事故が引き合いに出されるとは思っていなかった。

結局、チェルノブイリ事故と同じレベル7。レベル7までしかないから同じレベルになってしまうだけで、事故の深刻さはチェルノブイリのほうがずっと上なのだけど。

とにかく、原発事故なんてとんでもない。 私達が国土を捨てなければならないくらいのことじゃないの? そんな非常事態には、みんなが一致団結しなくては、というか、するはず、と思った。

でも、政治家はそうではなかったらしい。 内閣は、まぁ頼りないけど枝野さんなどは脂汗を流して必死に事にあたっていた。
だけど、周りは揚げ足取りばかり。

それにしても、地元の東北で大事故が起き、岩手の家畜用の藁からも放射性物質が検出されているというのに、小沢さんはいったいどうしたの?声明の一つも出さず、どこにいるの?と、この頃思っっていた。(これについては気になることがありますが、次回にします。)

国家の危機なのだから挙党一致内閣でも出来るのかと思ったのに、相変わらず自民党は自分らの返り咲きしか考えず、何かといえば「解散」という言葉が出てくる。

(「解散」て、政治に空白ができることだよね?こんな非常事態に?)

現場が必死で何とかしてくれて、原発も何とかおとなしく見えるようになってくると、国会では「復興」という言葉は存在感が薄くなり、「消費税」が主役に。

それからは民主党の中でてんやわんやの大騒ぎ。そのうち小沢さんが子分を連れて飛び出して、『国民の生活が第一』だって。

政治のことはよくわからない。国会中継も時々しか見ていないから、私が持つイメージは間違っているのかもしれないけど、国のために頑張っているのは細野大臣くらいにしか見えない。

今も避難所で不便な生活をする人、津波や風評被害の為に事業をたたまなければならなかった事業者、それで仕事を無くした人、売上が昨年の半分以下に落ち込んでいる農家さん、放射能の不安におののくお母さん。ふとした時に亡くなった家族を思い出して涙を流す人。

そういう被災者の人達のことはどこにいっちゃったの?忘れられているように感じるんだけど。

選挙ではどこに入れればいいの?


関連書籍:東日本大震災―地震・津波・原発被災の記録 特別報道写真集

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ

アフィリエイトでチャリティ リンクシェア このブログではチャリティ・プラットフォームhttp://www.charity-platform.com/shien/ への募金を登録しています。

【青木悠君のこと】 障害者リンチ殺人事件

申し訳ありませんが、辛い話が続きます。

でも、彼のことも知っていてほしい。
私も11年前のこの事件を、つい先日まで知りませんでした。
突然奪われた命に私達がしてあげられることは、その子が生きていたということを覚えていてあげることくらいです。

青木悠君は1999年8月交通事故に遭い、脳挫傷で脳死状態か植物人間とまで診断された大ケガにもかかわらず、持ち前のがんばりでリハビリを続け、足をひきずりながらもなんとか歩けるようになるまでに回復した16歳の少年でした。

中学を卒業した青木君は、昼間の時間をリハビリにあてるために定時制高校に入学。「どうしても全日制の高校へ行って、将来は大学に行く、親孝行をするんだ」と受験勉強を始め、全日制高校に見事合格。

2001年3月31日、「友達が携帯に電話してきたんだ。初めてのアルバイトの給料で、僕の合格祝いをしてくれるんだって」青木君は、喜びを母親に伝えて出かけて行きました。

青木君が待ち合わせの場所に行くと、待っていたのは17歳、15歳のAとB、そして彼らの取り巻きの3人の少年達。そして、AとBにより、身体が不自由で無抵抗の青木君に対し凄惨なリンチが1時間半のあいだ続いた・・・。

リンチの描写はあまりにも凄惨で書けません。(事件詳細参照)

4月6日、母親の必死な呼びかけが聞こえたのか、脳はめちゃくちゃと診断されていたにも関わらず、涙をひとすじ流して16歳の青木君は亡くなりました。産まれた所であり、交通事故で運び込まれ、障害を克服した病院でもある大津市民病院で。

その後、青木君に暴行を加えたうちの一人が鑑別所から友達に書いた手紙の一部。

『ヒマ、ヒマ、ヒマ、ヒマ、ヒマ、ヒマ・・・・青木なぐったん、広まってるか。ここ出たら遊ぼう』
『元気してる?どお、オレがいない1ヶ月間!さみしい?おもんない?オレも早く出て○○ちゃんと遊びたいわー!毎日、毎日、早く家に帰りたいなー!(中略)すげー家に帰りたいわ』

(事件詳細)http://yabusaka.moo.jp/outu01.htm
(お母さんの意見陳述)http://www.mercury.sannet.ne.jp/kazuyo_aoki/newpage15.htm
(『青木悠の命を大切に』)http://www.mercury.sannet.ne.jp/kazuyo_aoki/

交通事故から奇跡的に生還し、辛いリハビリを経て不自由でもやっと歩けるようになり、勉強の末に普通高校に合格。「これからお母さんを楽させてあげる」と言っていた母子家庭の優しい子が、鬼畜のような未成年2人から凄惨なリンチを受けて亡くなった事件です。

辛い内容ですが、いくつか気付きました。

1つは、加害者が暴行し始める際に「障害者のくせに生意気や」と言っていたこと。障害者は健常者より劣った学校に行く、劣った生活をするのが当たり前。そんな意識が私達の心のどこかにあるのかもしれません。

2つ目は、これだけの事件が、新聞では「喧嘩で頭を打った」とまるでどちらも悪いように報道されたということ。もしかしたら、新聞の片隅でしばしば見かける喧嘩の記事の中にも、実際はこのようなリンチ事件があるのかもしれません。

3つ目は、被害者が中学の頃、バドミントン部の顧問の先生にイジメに近いような仕打ちを受けていたこと。交通事故にあったのは、先生の拒絶で部活に参加できなくなった悠君が、時間を持て余して悪い友達と一緒にバイクに乗っていた時のことだったようです。(『青木悠の命を大切に』「生きた16年」より)

4つ目は、殺される前にも青木君は首謀者にいじめを受けていました。バイクを壊したと言いがかりで恐喝されたり、無理やりバイクに乗せられて夜中に遠くに放置され、お母さんと2時間がかりで歩いて帰ってきたりと、事件の前兆とも言える段階で何か対策が打てなかったのか、お母さんも悔やまれたでしょう。(お母さんの意見陳述より)

5つ目は、最近報道されている大津の男子中学生いじめ自殺事件と同じ中学で起きたのではないこと。ツイッターでは同じ中学の事件と拡散され、私もそれを信じてしまっていましたが、同じ中学なのは被害者で加害者は全て他の中学のようです。(お母さんの意見陳述より)

それでも地域的に近いという点は、注意すべきところかもしれません。ただ、それを単純に物騒な地域だと片付けてよいものではなさそうです。






ベソジャミンさんによると、阪神大震災後の復興の中で、教育や子育て関連がおざなりにされた結果、子供達の心と環境が荒れてしまったようです。このことは、今回の東北復興においても留意しなければいけないことではないでしょうか。

高台が少ない地域では、これから高台に人口が密集するはずです。そこで教育関連=人を育てる部分に力を注がないと、同じようなことになってしまいます。

いずれにしても、青木悠くんのこと、そして今、問題になっている男子中学生が生きていたことを覚えていてあげたい。
そして、彼らの死を少しでもこれからのいじめ対策に生かしていってほしいと思うのです。



関連書籍:殺された側の論理 -犯罪被害者遺族が望む「罰」と「権利」
「なぜ人を殺しても罪に問われないのか?」「なぜ被害者遺族は『知ること』が許されないのか?」「裁判はいったい誰のものなのか?」ある日突然、悲劇に襲われた人たちの心の叫び。

この記事が一位になりました。悠くんに届きますように。
MORAL HAZARD JAPAN 15  ブログトーナメント - 政治ブログ村
MORAL HAZARD JAPAN 15 ブログトーナメント



後遺障害の法律相談、示談交渉、賠償請求なら


リハビリ靴、介護靴、ケアシューズ「あゆみ」


アフィリエイトでチャリティ リンクシェア
このブログではチャリティ・プラットフォームhttp://www.charity-platform.com/shien/ への募金を登録しています。

【いじめのこと(2)】 大津、男子中学生自殺事件、相談相手


家族って、あまり悩みを話せる相手ではないと私は感じるんだけど、ほかの人はどうなのだろう。



例えば私は相手が母親だと何となく照れくさくて、そんなにたいそうな話をしない。

世代も違うし、知識や語彙も違うので、噛み合った話ができないということもある。



それより友達のほうが、本音で悩みを打ち明けられる。相談相手はツイッターの友達の場合もある。
それって、私だけだろうか。



亡くなった大津の男子中学生は、銀行からお金を引き出したり万引きもさせられていたというから、なおさら家族に話しづらかっただろう。



担任の先生には何度か電話で訴えたらしい。それも彼にとっては考えに考えた末のことだったろうに、先生は無視していた。それほど怖い相手だったのかな・・・。



殴られて顔にあざがあったりしたそうだから、ご両親も気付いて学校に相談したようだ。

それでも休まず登校させていたのは、厳しいご家庭だったんだろうか。



学校に行きたくなかっただろう。



もしも、男子中学生が相談に行けて、家族からも学校からもしばらく距離を置いて休めるところがあったら、彼が死ぬこともなかっただろう。
悩みやトラブルなんて、大抵の場合は時間をやり過ごせばなんとかなるものだ。



なのに、彼にはいじめを乗り越えるチャンスが無く、これから楽しい未来もあっただろう人生を絶ってしまった・・・。



科学的な考察でいつも参考にさせてもらっている@shanghai_iiさんが、この前こんな連投をしていた。








私もそう思う。


とりあえず電話で相談する場合、『いのちの電話』というのがあるけど、県によって電話番号がばらばらでわかりづらい。

相談したい子がお金もテレホンカードも持っていなければ、電話できない(毎月10日だけフリーダイヤル。)

メール相談の回答は一週間後では、とてもじゃないけど不十分。 http://www.find-j.jp/zenkoku.html 




警視庁にヤング・テレホン・コーナーというのがあるけれど、それもフリーダイヤルじゃない。

『ヤング・テレホン・コーナー~ひとりで悩まず、まず相談~』 TEL 03-3580-4970(直通) http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/soudan/young/young.htm 



全国の子供達からフリーダイヤルで電話を受け付けたって、今は通信費も安くなったんだから、子供達の命にくらべれば、国や県の予算ならなんでもないはずなのに。



NTTひかり電話にはフリーアクセスというのがあるはず。だけど、電話口に出るNTT担当者もほとんどの場合知らないので、とことん食いつかないと教えてもらえない。


その他自殺対策リンク集 http://www.find-j.jp/link.html 



今は小中学生でもツイッターをしている場合があるから、ある程度のことはツイッターでも可能かもしれない。

その場合は、相談相手になりすました個人情報や犯罪狙いのアカウントに騙されないように、厚労省などの公式アカウントがいいだろう。



きっと今でもいじめられている子は全国に大勢いる。

その子たちが間違った道を選ばないようにするには、早急に安心して身を寄せられる場所を作ることが必要なんじゃないだろうか。




【ライブドアアンケート】大津のいじめ自殺事件。防げたと思いますか? http://blog.with2.net/vote/?m=v&id=96080


★下の虹を一日一回クリックして応援して頂けるとうれしいです。



インターネット上の悪評被害対策


アフィリエイトでチャリティ リンクシェア
このブログではチャリティ・プラットフォームhttp://www.charity-platform.com/shien/ への募金を登録しています。
Twitter プロフィール
アラフィフの理系オンチ、元放射能恐怖症から一念発起、『透明な目で見る』『(自分の)常識を疑う』『データ主義』に徹してツイッターで1年間勉強してきました。今では科学的な考え方を楽しんでいます。デマ大嫌い。 好奇心旺盛。放射能・エネルギー・医療・動物・音楽・ギャグ◆データ集 @minako_genkibot◆まとめ http://togetter.com/li/288336 ◆福島応援@fukushima_7◆ツイログ http://twilog.org/minako_genki
「いのちのクリック」クリックからはじめる自殺予防支援
ブログのQRコード
QRコード
最新コメント
記事検索
最新記事
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ