心花(こころばな)写真家☆清水南龍の美意識の窓

誰の心の中にも「花」がある。
華やかな花。清楚な花。凜とした花。可憐な花。
あなたはどんな「花」を持ちたいですか。
心花(こころばな)写真は枯れること無い心の花を写し出します。

華道家・写真家・書芸家として活動する傍ら、
ふと目が追いかけたシーンや心がときめいたシーンの映像を大切に撮っています。
毎日が愉しいのはこんな「感動」に会えるから。
美意識って毎日の中で素直になっている時に磨かれるものと思っています。
喜怒哀楽。天真爛漫な心には感性が宿り、人に感動を与えるものと思います。

↑このページのトップヘ