2023年04月01日

よこいの約束 「子育て・教育」

よこい利明の市民の皆様とのお約束「子育て・教育」を説明させていただきます。

■ 子育て・教育
〇 「産前子育て支援教室」
現在の児童虐待対策は、虐待が起こってから保護者と子どもを切り離すといった対処療法にとどまっています。これを虐待が発生する前に、親の学びの機会を提供するというのが「産前子育て教室」です。つまり川下対策から川上対策へと制度を改善し、子育てにつまずく親を虐待へと向かわせないため、また子育てが「しんどい」「つらい」と感じる親を減らすためにも、産前に「親になるための学び」ができる「産前子育て教室」の実施を進めてまいります。

〇  小中学校の連携強化、小中一貫校の実現など、質の高い教育の提供。
小学校と中学校教育の連携を進め、小学校においても一部教科担任制を進めることにより、子どもたちの学びの質を高めます。また、小中連携で中学校給食も自校調理とすることが可能となります。

〇 学童保育の法人化で保護者の事務負担を軽減
平成27年度の子ども・子育て支援新制度の施行に伴い、学童保育の運営にあたっての設備及び運営に関する基準が明確になり、安定した運営能力、子どもの健全育成に関する専門性、指導員を確保・養成する能力など、事業者として果たすべき責任が大きくなっています。しかし、多くの学童保育において、保護者がボランティアで運営を支えているのが実態であり、会計業務や労務管理など、専門的な業務の増大により保護者の中には事務負担に苦しむ実態も出てきています。そこで、専門的な業務を保護者ではなく法人によって確実に進める選択肢を提供します。

〇 給食費の無償化
公立の小中学校に通う子どもを持つ保護者の負担を軽減するとともに、教職員の労務負担も軽減します。

〇 通知表を廃止。こどもの様子はお知らせアプリで。
「学習ができる子」は評価され、「学習の苦手な子」は報われない。そんな通知表のあり方に、よこい利明はずっと疑問を抱いてきました。本当に通知表は子どもたちの学びを後押しする役割を担っているのだろうかと考えた時、十分その役割をはたしていないのではないかという疑問があります。そこで、子どもたちの学習の到達度や課題をAIや教師のアドバイスを加えた「お知らせアプリ」で学習習熟度を説明させていただきます。

--------------------------------------------------------------
■ よこい構想
--------------------------------------------------------------

■ 麻生太郎元内閣総理大臣来たる
と き 令和5年4月3日(月)午後0時50分
ところ 横井利明事務所(南区観音町6-15-1)

--------------------------------------------------------------
■ よこいの活動を紹介します。


minami758 at 06:00|PermalinkComments(4) 1.名古屋市議会 | 20.選挙

2023年03月31日

よこいの約束◆ 嵬燭鮗蕕詼漂辧

IMG_5058名古屋市会議員選挙が告示された3月31日、午前10時から出発式(出陣式)を開催させていただきました。

ご多忙の中、大島慶久元参議院議員、工藤彰三衆議院議員、そして区内区政協力委員長の皆様、団体長の皆様、そして大切な後援会の皆様にも多数おこしいただきました。本当にありがとうございました。皆様のご声援を力に、9日間の選挙戦、精一杯戦い抜きたいと思います。引き続きご支援をいただきますようよろしくお願いいたします。

よこい利明の市民の皆様とのお約束◆◆嵬燭鮗蕕詼漂辧廚鮴睫世気擦討い燭世ます。

IMG_5059■ 命を守る「防災」
〇 南区河川堤防
東日本大震災の直後、南区内では南海トラフ地震により50mもの津波がやってくるとのうわさが流れ、数多くの方々が南区を後にしました。その後、愛知県、名古屋市からそれぞれ被害想定が出されましたが、地震発生後96分後に津波が名古屋港に到達し、津波水位は最高で3.6mになるとの想定でした。この数字は大潮満潮時の海面上昇1.2mを加えた数字です。

IMG_5057一方で、愛知県の被害想定では天白川、山崎川の堤防は、地震による液状化によって堤防高が75%沈降すると想定。天白川堤防は5m、山崎川堤防は4mであることから、堤防の液状化対策は急務でありました。

本会議で山崎川堤防の液状化対策を質問し、その後、堤防を液状化に強い「鋼矢板二重締切工」で築造することが決定。河川堤防では全国では初の導入となりました。同時に天白川を管理する愛知県にも天白川で「鋼矢板二重締切工」を採用し堤防の液状化対策を進めることを要請。山崎川から1年遅れで天白川においても「鋼矢板二重締切工」による堤防築造工事が始まりました。山崎川においては河口付近から新瑞橋までほぼ工事は終息しましたが、天白川においては引き続き工事が進捗するよう努めてまいります。

IMG_5056また、大江川においても令和6年度からよこいの提案によりリニア掘削残土を利用した大江川の埋め立て工事が始まり、抜本的な河床の重金属対策、そして津波高潮対策が進むことになります。

堀川における津波対策については、堀川口における津波水門の設置など、引き続き注力するとともに、堀川の親水空間づくりなど、新たなにぎわい空間づくりも検討してまいります。

〇 豪雨対策
南区では氷室の交差点など、まだまだ浸水被害を受けている地域が少なくありません。地下の大放水路をさらに増強し、引き続き浸水対策に注力します。

〇 狭あい道路対策
呼続、桜、笠寺、星崎をはじめ南区には狭あい道路が数多く残っています。地震等の広域災害時、万が一出火すると瞬く間に火が燃え広がり甚大な被害となる可能性が指摘されています。

そこで、(仮称)狭あい道路対策条例を新たに設け4mに満たない道路を所有権を残したまま道路幅員を拡幅し、震災で家屋が倒壊して道路をふさいでしまったり、火災による延焼が拡大してしまったりすることを未然に防止する震災に強いまちづくりを進めてまいります。

〇 避難所における環境対策
小学校等避難所体育館における空調工事を進めすとともに、体育館が2階にあるなど避難ができない方々を解消するため、エレベーターの設置を検討します。

--------------------------------------------------------------
■ よこい構想
--------------------------------------------------------------
■ 横井利明出発式
と き 令和5年3月31日(金)午前10時
ところ 横井利明事務所(南区観音町6-15-1)

■ 大村知事来たる!!
と き 令和5年3月31日(金)午後4時
ところ 横井利明事務所(南区観音町6-15-1)

■ 麻生太郎元内閣総理大臣来たる
と き 令和5年4月3日(月)午後0時50分
ところ 横井利明事務所(南区観音町6-15-1)

--------------------------------------------------------------
■ よこいの活動を紹介します。


minami758 at 10:42|PermalinkComments(2) 1.名古屋市議会 | 20.選挙

2023年03月30日

よこいの約束 嵜邑減少社会への抵抗」

よこい利明いよいよ明日3月31日(金)、名古屋市会議員選挙が告示されます。

横井利明がどんな名古屋市の絵姿を目指していくのか、そのための具体的なアプローチはどうするのか、そしてその財源はどこに求めるのかなど、告示を控えた今こそ、明らかにしなければならないと考えています。

よこい利明の市民の皆様とのお約束の中から、まずは「人口減少社会への抵抗」を説明させていただきます。

■ 人口減少社会への抵抗
人口減少と高齢化が急速に進むことにより、経済規模が縮小し、地域社会におけるさまざまなひずみが生じることが懸念されています。経済の縮小によるひとり当たりの所得の低下は、若者の子育て環境にも大きな影を落とす可能性があり、さらなる人口減少を招くことになりかねません。さらに、子育てに対する社会全体の支援が必要であること、若者が夢を持って、生きがいを持って生きることができる社会の構築の必要もあります。「経済・所得」「社会的支援(子育て支援)」「若者の生きがいづくり(若者活躍)」を横井利明は推進します。

■ 「人口減少社会への抵抗」具体的な政策目標
〇 経済・所得
・労働生産性の向上、賃金アップを進める企業への支援。
 - 今日よりも明日、明日よりも明後日、給料が増える社会を構築し、若者・労働者を支援 -
・障がい者、高齢者の皆様の雇用機会の拡大。
・規制の緩和で都市に活力

〇 子育て支援
・子育ての仕方について学ぶ「産前子育て支援教室」の実現で虐待ゼロへ。
・小中学校の連携強化、小中一貫校の実現など、質の高い教育の提供。
・学童保育の法人化で保護者の事務負担を軽減。
・給食費の無料化。
・通知表を廃止。こどもの様子はお知らせアプリで。

〇 若者活躍
・バスケットボールパーク、スケボーパーク、フットサルパークなどのスポーツ環境を官民連携で創出するとともに、まちなか野外・ライブ、街角アート、文化、芸術など、若者が活躍する社会を創造

--------------------------------------------------------------
■ よこい構想
--------------------------------------------------------------
■ 横井利明出発式
と き 令和5年3月31日(金)午前10時
ところ 横井利明事務所(南区観音町6-15-1)

■ 大村知事来たる!!
と き 令和5年3月31日(金)午後4時
ところ 横井利明事務所(南区観音町6-15-1)

■ 麻生太郎元内閣総理大臣来たる
※ 日程・場所等は決定いたしておりますが、要人警護の必要から県警と相談し後日公表します。
--------------------------------------------------------------
■ よこいの活動を紹介します。


minami758 at 08:28|PermalinkComments(12) 1.名古屋市議会 | 20.選挙

2023年03月29日

オーシャンアリーナ 名古屋市に寄贈

武田テバファーマ株式会社が所有する「武田テバオーシャンアリーナ」が令和5年4月1日に名古屋市に無償譲渡されるのに先立ち、3月28日、武田テバオーシャンアリーナ贈呈式がおこなわれた。

贈呈式2贈呈式には、武田テバファーマ株式会社 代表取締役社長兼CEO 松森浩士様、河村たかし名古屋市長、名古屋オーシャンズ代表取締役/GM櫻井嘉人様、そしてHC名古屋会長として横井利明、アジア議連の各議員の皆さんも出席した。

「武田テバオーシャンアリーナ」は、前身である大洋薬品工業が2008年に総工費40億円で金城ふ頭に建設。その後、武田テバファーマ株式会社が同施設を取得したのち、2018年には照明等設備の充実や、卓球やバレーボール、ボクシングといった競技を開催できる多目的スポーツ施設へと改修している。

贈呈式1「武田テバオーシャンアリーナ」は、これまでFリーグ名古屋オーシャンズがホームアリーナとして活用された実績があり、2,500席を超える観客席を有することから、トップスポーツの拠点として活用することで多くの集客が期待でき、地域の活性化につながること、子ども達がトップレベルのプレーを身近に感じられる施設であり、アスリート育成にもつなげることができることから、名古屋市のスポーツ振興・スポーツ戦略に資する施設として、譲渡を受けることになったもの。

今後、指定管理者の選定や設備等の改修を行った後、スポーツ観光の拠点として開放される予定。スポーツを通した社会貢献活動に長年にわたり寄与いただいた武田テバファーマ株式会社様に感謝するとともに、今後、同施設はアジア競技大会会場の一つとしても検討が進められることになる。


minami758 at 06:39|PermalinkComments(2) 25.スポーツ | 31.名古屋市政

2023年03月28日

よこい利明SNS webチラシ完成

よこい利明SNS「よこい利明SNSで情報発信中」webチラシが完成した。これは名古屋市議選に向けたよこい利明の若者への情報発信を後押しするため、選対本部「若者への情報発信部」の皆様がボランティアで作成してくれたもの。本当にありがとうございます。

■ 利用の仕方
よこい利明SNSで情報発信中webチラシを開いたのち、QRコード部分を直接タップ(またはクリック)すると、インスタグラムやフェイスブック、ユーチューブやホームページ、ブログなどのリンク先が表示されます。ぜひ、ご覧ください。

■ よこい利明SNSで情報発信中webチラシ (←click)


minami758 at 12:21|PermalinkComments(3) 20.選挙 

2023年03月27日

選手村取りやめは大英断

2026年に愛知県・名古屋市で開催されるアジア競技大会で、名古屋港区に建設予定の「選手村」の計画を断念すると大村知事が表明した。建築費やエネルギーコスト、人件費等大会開催経費が膨れ上がる中、身の丈に合った対応を選択した知事の決断は大英断といっていい。また、コロナ禍で苦しむホテル業界にとっても今回の決断は間違いなく追い風となるだろう。

もちろん東京オリンピックにおける日本人選手の活躍はすばらしかった。アスリートの活躍に一喜一憂し、そこにいたった個々の選手の汗を感じながら観戦するテレビ中継が、本当に楽しみだった。

しかし、その余韻も冷めやらぬ中、東京大会のスポンサー選定にからみ、大手広告代理店などの不祥事により、スポーツ大会に対する世論は非常に厳しいものとなっている。また、オリンピック貴族に流れている多額の開催経費についても多くの市民が知ることとなった今、オリパラやアジア競技大会に対する市民の視線は厳しいとみるべきだ。

オリパラやアジア競技大会に対するマイナスのイメージは、企業スポンサーにも大きな影を落としているのが現実。大会組織委員会や愛知県がアスリートファーストを貫き、そして徹底した無駄を省く姿勢を示さない限り、アジア競技大会の成功はない。「選手村」の断念のみならず、徹底した見直しを進め、未来型のオリパラ、アジア競技大会の姿を示したいもの。



minami758 at 23:55|PermalinkComments(42) 25.スポーツ 

2023年03月26日

HC名古屋ファン感謝祭

IMG_4906HC名古屋(日本ハンドボールリーグ所属チーム)ファン感謝祭が開催された3月26日(日)、会場となったブラザー体育館に大勢のファンやサポーターにおこしいただいた。

コロナ禍のためファン感謝祭は3年ぶり。従来のファン感謝祭はHC名古屋スクール生を対象に行っていたが、今回からファンやサポーターを中心に声がけをおこなった。来年はさらに拡大し、多くのファンに喜んでいただけるイベントの開催を検討する。

■ イベント内容
〇 ラジオ体操
〇 選手と玉入れ競争
〇 選手のマルバツクイズ
〇 選手 vs 選手の対決観戦
〇 新入団と引退選手のセレモニー
〇 選手への質問コーナー
〇 ビンゴ ・ 抽選会
〇 みんなで記念撮影 など

3月21日(火)のプレーオフをもって、「第47回日本リーグ」の全日程が終了した。長いようで短かった1年。さまざまなできごとがあったが、応援をいただいた皆様のおかげで、無事シーズンを終えることができた。ありがとうございました。

■ 第47回日本リーグ最終順位
第1位 北國銀行
第2位 ソニーSM
第3位 オムロン
第4位 プラステージA
第5位 イズミ
第6位 三重VI
第7位 HC名古屋
第8位 ザ・テラスホテルズ
第9位 香川銀行
第10位 飛騨高山BB岐阜
第11位 大阪ラビッツ


minami758 at 23:05|PermalinkComments(2) 25.スポーツ 

2023年03月25日

ホームページを更新しました

よこい利明オフィシャルページホームページを更新しました。ぜひご覧ください。

■ ホームぺージの構成
政策/よこい構想「おもしろすぎて、元気な名古屋に!」
よこいの活動実績
よこい利明のプロフィール
ブログ
ツイッター
YouTube
※ 今後、インスタページを追加する予定です。

■ よこい利明オフィシャルページ (←click)

minami758 at 16:41|PermalinkComments(17) 1.名古屋市議会 | 31.名古屋市政

2023年03月24日

笠寺ミツバチプロジェクト

IMG_4896観音ハチミツを喫茶ミハルの伊藤さんにいただいた。

このハチミツは笠寺のまちのビルの屋上でミツバチを飼育し、自然と共生することを目指したかんでらmonzen亭のまちづくり活動のひとつ。

ミツバチは巣から半径2〜3kmの地域を蜜や花粉を探して旅に出る。そこで、かんでらmonzen亭が中心となり、笠寺のまちにたくさんの花や緑を植えること、いわゆるbee spotを各地に設けることで、ミツバチもたくさんの蜜を集めることができると考えた。もちろん、bee spotは、笠寺のまちを訪れた方々にきれいな季節の花がお出迎えし喜んでいただけることも願った。

01なお、観音はちみつは笠寺ミツバチプロジェクトサポーター店で取り扱っている。詳しくはかんでらmonzen亭へ。

■ かんでらmonzen亭 (←click)




minami758 at 23:55|PermalinkComments(2) 23.南区 

2023年03月23日

小倉將信子ども担当大臣に署名を提出

336423939_237592601999792_4355966060256262884_n平成29年から約6年間、虐待してしまった親に「叩いたり怒鳴ったりする以外の子育ての仕方」を学んでもらう更生事業に取り組んできた青少年養育支援センター陽氣会代表の杉江健二さん(名古屋市昭和区)。

■ 子育て教室で学んだ虐待加害者の親の感想
・これを子育てする前に聞いておきたかった!
・もっと早く知っていたら、私だって子どもを虐待せずに済んだのに!

336590720_169728799258287_5171756694639816930_nそこで、「こども家庭庁」の発足(2023年4月)を機に、児童虐待を減らすため、出産までの間に子どもの適切な育て方を学ぶ「産前子育て教室」の制度化目指し、杉江さんが中心となって「産前子育て教室」制度化推進全国ネットワークを立ち上げた。

現在の児童虐待対策は、虐待が起こってから保護者と子どもを切り離すといった対処療法にとどまっている。これを虐待が発生する前に、親の学びの機会を提供するというのが「産前子育て教室」。つまり川下対策から川上対策へと制度を改善し、子育てにつまずく親を虐待へと向かわせないため、また子育てが「しんどい」「つらい」と感じる親を減らすためにも、産前に「親になるための学び」ができる「産前子育て教室」の制度作り(法改正)の必要性を同ネットワークは訴えている。

336521741_221680830409047_4221602593254678867_n「産前子育て教室」制度化を目指す推進全国ネットワークでは、国に法改正や予算化を求める署名を展開。当初、20,000筆の署名を目標としていたが、ふたを開けたら40,157筆もの署名が集まった。

ネットワークは工藤彰三衆議院議員を通して小倉將信(おぐらまさのぶ)こども政策担当大臣にアポイント。3月23日(木)午後5時50分には大臣室で直接署名を手渡し、「産前子育て教室」の制度化を訴えた。

小倉將信大臣は「名古屋市会では『産前子育て教室等の推進に関する意見書』を全会一致で可決している。名古屋市会の児童虐待に対する思いを感じた。ぜひ名古屋で「産前子育て教室モデル事業」を実施して、国にいい提案をあげてほしい。」また、工藤彰三衆議院議員からは「自民党『産前子育て教室PT』を作り制度化に向けて検討を始めたい。」と応じた。

小倉將信大臣に署名を直接提出した陽氣会代表の杉江健二さんは、「これが始まり。子どもの笑顔を守るため、まずは名古屋市に働き掛け、虐待のない日本の第一歩を名古屋から踏み出したい。」と決意を語った。今後、名古屋市において「産前子育て教室」の実現に向けた検討がなされるよう、同ネットワークは求めていく考えだ。


minami758 at 23:55|PermalinkComments(3) 12.医療・福祉・子育て 

2023年03月22日

栗山監督は大学時代も大スター

WBC侍ジャパンの監督をつとめる栗山英樹監督とは、横井利明は東京学芸大学教育学部で同級生。栗山さんは硬式野球部で投手、内野手として活躍。大学ではまさに「大スター」であり同級生からもあこがれの存在だった。もちろん、女子からもモテモテ。

一方で横井は東京学芸大学男子ソフトボール部に所属。栗山監督と向かい合わせのグランドで毎日、ピッチャーとして汗を流していたが、マスコミや女子から圧倒的な存在感の栗山さんの前に、横井利明の存在はマイナー。そんな栗山さんがヤクルトの選手として、また日本ハムファイターズの監督として大活躍するのを、大学時代の同級生ともども熱烈応援していたし神宮球場に応援に行ったことも。

さて、野球のWBC決勝で、日本はアメリカに3対2で勝ち3大会ぶり3回目の優勝を果たした。おめでとうございます。

日本代表を世界一に導いた栗山英樹監督は記者会見において、「選手たちが本当にうれしそうな顔をしていて、それがうれしかった」と感想を述べるとともに、今回のWBCまでの任期を最後に代表監督を退く考えを示した。

今大会で栗山監督は不振にあえぐ日本の主砲である村上選手を我慢して起用。ネット上では、「村上と心中する道を選んだか」「一旦下げた方がいい」などの監督の采配に対する批判に臆することなく起用し続けた。結果的には栗山監督の期待に応え、土壇場の準決勝、決勝で狢漆斥有瓩復活。日本の優勝につながった。

私たち政治家も信念は持っていても、社会から、またネット上で反対の声が多数上がるとやはりひるむもの。しかし、今回のWBCでの栗山監督は、最後まで選手を信じ切り、その思いに選手も呼応するかのように大活躍。リーダーの資質は何かを私たちに感じさせた。栗山英樹監督、本当にお疲れさまでした。

minami758 at 23:55|PermalinkComments(6) 25.スポーツ 

2023年03月21日

横井に聞く! 第11回「名古屋市が危ない!2年連続人口減少」

人口減少社会■ 横井に聞く!
第11回「名古屋市が危ない!2年連続人口減少」  (←click)

24年間増加し続けてきた名古屋市の人口が、2年連続して減少している。減少区は従来の港区、中川区、南区に加え、名東区、天白区、緑区など、こんにちまで市の人口増加を支えてきた東部丘陵地に広がっています。

所得が増える社会、子育て支援、子育てを支える仕組みづくりなどに取り組んでいかないと、名古屋市や日本は大変なことに。

〇 出演
・くじら先生(横井利明)
〇 撮影場所
・特別養護老人ホームはるかぜ理事長室(名古屋市南区)

■ 横井に聞く〜【全回分】 (←click)

minami758 at 18:00|PermalinkComments(29) 35.横井利明チャンネル「熱中放課後」 

2023年03月20日

名古屋市人とペットの共生推進プラン

名古屋市では、共生するまち・なごや」の実現を目指し、令和2年度から令和11年度の10年間において、本市の実施すべき取り組みを総合的かつ計画的に推進するため、「名古屋市人とペットの共生推進プラン」を策定している。

その推進の中核となる組織が、名古屋市から委託を受けて公益社団法人 名古屋市獣医師会が運営する「人とペットの共生サポートセンター」。

私の地元である南区柴田学区でも、センターの指導の下、地域にお住いの方が飼主のいない「のら猫」に避妊去勢手術を行い、周辺住民の理解の下に適切なエサやりや周辺の清掃などを行う「地域猫活動推進事業」に学区あげて取り組み、避妊去勢手術では100頭にのぼる実績を上げている。また、学校で教室を開いたり、ねこの譲渡会を獣医師会館で開催したりするなど、大きな成果を上げている。

共生推進推進プランではTNRなど4,000頭の避妊去勢手術を目標としていたが、令和3年度の実績は4,500頭と目標を大きくこえた。また、殺処分ゼロに対する市民の関心も高く「目指せ殺処分ゼロ!犬猫サポート寄附金」は令和3年度7,000万円をこえている。共生推進プランの実現に向けた名古屋市獣医師会の皆様の取り組みが「殺処分ゼロ」の実現に向け、大きな原動力になっている。


minami758 at 23:55|PermalinkComments(1) 26.その他 

2023年03月19日

おもしろすぎて、 元気な名古屋に !

法定ビラ2023横井利明市議選に向けた公約「よこい構想」ができあがった。

■ よこい構想「おもしろすぎて、元気な名古屋に!」 (←click)
〇 防災
〇 市民の利便性向上
〇 高齢者の安心社会
〇 子育て・教育
〇 経済成長
〇 環境・賑わい まちづくり
〇 行革
〇 若者活躍
〇 大都市構想

子育て支援、防災、若者活躍など、横井利明のさまざまなチャレンジがちりばめられている。なお、3月31日の市議選告示以降は法定ビラとして配布する予定です。


minami758 at 23:55|PermalinkComments(10) 20.選挙 

2023年03月18日

神スポアカデミー

神スポアカデミーチラシ中部大学の主催(企画・運営:神スポアカデミー事務局)で開催されるトップアスリートとキッズの体験交流会「神スポアカデミー」が、4月23日、パロマ瑞穂アリーナでおこなわれる。

バスケット元日本代表の馬瓜エブリン、ラグビー元日本代表の長江有祐、サッカー元日本代表のハーフナーマイクなど、そうそうたるアスリートが、子どもたちに直接、スポーツの醍醐味を伝える企画。私も馬瓜エブリンさんに声をかけるなど、事業協力している。

なお、お申し込みはFlippa(フリッパ)が提供する電子チケッティング受付サービスを利用する。

■ 神スポアカデミー
日にち 令和5年4月23日(日)午後0時30分〜午後5時
会 場 パロマ瑞穂アリーナ
対 象 小学校1年〜6年
参加料 1,000円(観覧のご家族無料)

■ 神スポアカデミーホームページ (←click)

■ 参加チケット購入 (←click)

minami758 at 23:55|PermalinkComments(0) 25.スポーツ