2016年05月26日

もうひとつのサミット

IMG_0003G7伊勢志摩サミットでは、「もうひとつのサミット」であるG7以外の国々の首脳及び国際機関の長を招待してアウトリーチ会合が開催される。アウトリーチは英語で「手を伸ばす」の意味。

同会合では、世界の成長センターとして経済成長を牽引するアジアが豊かな繁栄を続けるために何が必要かについて、掘り下げて議論する。また、グローバルな観点から、日本が議長国として重視をしている質の高いインフラ投資、保健及び女性等に関しても議論する予定。

IMG_00115月27日に開催される伊勢志摩サミットアウトリーチ会合に先立ち、5月26日、「アウトリーチ国首脳等愛知・名古屋歓迎レセプション」が、アウトリーチ国首脳、外務省、地元経済界、アウトリーチ国関係企業を招き開催された。主催は愛知県及び名古屋市。

このレセプションでは、サミット参加のため名古屋市を訪れた各国首脳に対し、愛知の魅力を発信するため、 MIRAIの展示、MRJの模型、トヨタのロボット(バイオリン演奏)、からくり人形(実演)、ミニ山車、名古屋城模型、有松鳴海絞・友禅染、金シャチのレプリカ、映像による愛知県の紹介とともに、アトラクションとして、徳川家康と服部半蔵忍者隊が行われた。

■ アウトリーチ国首脳
チャド共和国 ヌール計画未来大臣
インドネシア共和国 ジョコ・ウィドド大統領
ラオス人民民主共和国 トンルン・シースリット首相
パプアニューギニア独立国 ピーター・オニール首相
スリランカ民主社会主義共和国 マイトリーパーラ・シリセーナ大統領
ベトナム社会主義共和国 グエン・スアン・フック首相
※  バングラデシュ人民共和国 シェイク・ハシナ首相、チャド共和国 イドリス・デビー・イトゥノ大統領は、愛知・名古屋歓迎レセプションには参加せず。

■ 国際機関の代表者
国際連合 潘基文事務総長
国際通貨基金 クリスティーヌ・ラガルド専務理事
世界銀行 ジムヨン・キム総裁
経済協力開発機構 アンヘル・グリア事務総長
アジア開発銀行 中尾武彦総裁

■ アウトリーチ会合 今後の予定
5月27日(金)午前
アウトリーチ首脳、伊勢志摩へ
総理によるアウトリーチ首脳出迎え
アウトリーチ・セッション1
G7及びアウトリーチ首脳集合写真
アウトリーチ・セッション2:ワーキング・ランチ

5月28日(土)
アウトリーチ会合参加国との二国間会談


minami758 at 23:55|PermalinkComments(1)17.国際 

2016年05月25日

区別隠れ待機児童数

区別の隠れ待機児童数を調べてみると、保育園を利用できていない児童は、市域内にまんべんなく広がっているものの、東高西低の実態が浮かび上がる。

■ 保育園入園を希望しながら利用できない児童数【平成28年4月1日現在】
1. 緑区 68人(−1人)
2. 天白区 64人(+6人)
3. 千種区 59人(+10人)
4. 中川区 53人(−24人)
4. 名東区 53人(+18人)
6. 昭和区 48人(+22人)
7. 瑞穂区 47人(+44人)
8. 守山区 38人(−2人)
9. 北区 37人(−11人)
10. 港区 27人(+7人)
11. 南区 19人(+2人)
12. 東区 17人(−1人)
13. 熱田区 16人(+11人)
14. 中区 15人(−14人)
15. 西区 12人(−27人)
15. 中村区 12人(−1人)
合計 585人(+39人)

※ (  )内は対前年比

平成27年度は新たな保育所の新設は18か所、増改築は2か所、小規模保育事業所の新設は13か所で、1,900人分の保育利用枠が拡大している。一方、保育所の利用児童数は1,716人の増にとどまっており、利用枠拡大が利用児童数の増に伴っていない。この背景には、既設保育園における保育士不足の顕在化があると考えられる。

minami758 at 23:57|PermalinkComments(12)12.医療・福祉・子育て | 31.名古屋市政

2016年05月24日

待機児童はゼロだが...

平成28年4月1日現在の待機児童数が公表された。

名古屋市の待機児童数は3年連続ゼロ。保育園の整備・拡充の効果が一定表れた結果だ。官民挙げたこの間の取り組みは率直に評価しなければならない。

一方で、名古屋市はもう一つの気になる数字を公表している。「585人」。保育園、認定子ども園への入園の希望をしながら入園できない児童数だ。対前年比39人増となった。

待機児童はゼロだが、保育園に入園できない児童数は585人。非常にわかりにくいこの数字について考えてみたい。

まず、全国の自治体が公表している待機児童数は、国基準に基づくもの。以前は各自治体がバラバラの基準で待機児童数を公表していたが、各自治体における待機の状況を統一のものさしで実態把握し対策を進める必要から、待機児童数をカウントする基準を厚生労働省が定めた。

では、入園を希望しながら保育園に入れないにもかかわらず、国の定義では、待機児童数にカウントされない場合の例を紹介したい。

■ 国基準では待機児童ではないものの現に保育園に入園できない場合【隠れ待機児童】
・上の子がA保育園に通っているので、下の子もA保育園に入園させたいと考え希望したが、入園できず、求職活動を断念した。
・希望する保育園に入れなかったため、自宅から車で6km以内の保育所を紹介されたものの、遠いとの理由で保護者が入園を断った場合
・自宅から自転車で2km以内の保育園を紹介されたが、遠いので断った場合
・保育園に入園できなかったため、子どもを日中、近くに住む祖母に預けることにした。
・職を探しているものの、仕事が見つからずやむを得ず自宅で保育している場合
・保育園に入園できずやむを得ず育休延長した場合
・入園できなかったため、仕方なく一時保育の非定形保育を週3回利用ししのいでいる場合
・幼稚園の預かり保育を利用した場合
・入所申請書に希望園を6か所記入せず、他に希望園はないのですかと聞かれ、「はい」と答えた場合
・紹介されたのが給食のない家庭保育室だったため、断った場合

保育園に入園できず、やむを得ず育休延長した場合などは明らかに待機児童にカウントしてもいいようなものだが、国基準では待機児童とはカウントされない。保護者の方々の中には、なぜ入園できないのに名古屋市は待機児童ゼロと発表するのかと不満な方がいるのはこのためだ。

政治家が数字にこだわって仕事を進めることは大事だ。しかし、見かけの数字「ゼロ」のみに過度にこだわるだけでは、実態が置いてきぼりになる懸念も。家庭の実態に心を寄せ、数字だけにとらわれることなく、きめ細やかな温かい対応をすることが求められる。


minami758 at 23:55|PermalinkComments(1)12.医療・福祉・子育て 

2016年05月23日

副市長1人に

名古屋市副市長3人のうち岩城正光副市長と田宮正道副市長の2人が5月23日で退任した。恒例による職員による見送りも行われたが、両副市長との別れを悲しみ、中には涙を流す職員も。きっと心中複雑なものがあったのだろう。

さて、河村市長は6月議会において、新たな副市長2人を選任する意向だ。もともと6月議会には、名古屋城天守閣木造復元関連予算を上程する予定だったが、一連の副市長人事の手法に対する議会の反発は強く、副市長同意案件が天守閣木造復元に影響することを恐れ、副市長同意案の議会提案そのものが見送られる可能性もある。

さて、平成22年、当時阿久根市長だった竹原信一は議会の同意を受けないまま、市長の専決処分によって仙波敏郎を副市長に任命している。その後、市議会は副市長の同意案を否決したが、結局、仙波敏郎は副市長職にとどまった。

その後、市長の暴走を議会がチェックできるよう国は地方自治法の一部を改正。

■ 地方自治法第179条
「議会において議決すべき事件を議決しないときは、当該普通地方公共団体の長は、その議決すべき事件を処分することができる。ただし、第百六十二条の規定による副知事又は副市町村長の選任の同意については、この限りでない。」

つまり、副市長の選任については、市長による「専決処分」で任命することは違法と改正された。

副市長の同意案件について、専決処分ができず、議会でも同意が困難な状況であることから、副市長の選任問題は長期化する可能性も出てきた。


minami758 at 23:55|PermalinkComments(9)31.名古屋市政 

2016年05月22日

市長特別秘書

市長特別秘書とは、地方公務員法第3条に基づき、自治体が条例で設置する特別職の地方公務員。一般職の公務員は政治的中立を求められるため、政治団体の結成に関与したり、特定の政党や議員の政治活動に関与することは同法で禁じられているが、特別職であるため、地方公務員法の制約を受けずに政治的な要素の含まれる職務を遂行することができる。

特別秘書の選任に当たっては、副市長とは異なり、議会の同意は不要。名古屋市長の特別秘書は条例で1名以内と決められている。業務について法令上の規定はない。

■ 特別秘書の業務(例)
・一般職の秘書にはできない市長の政務の補佐
・市長の政務に関する日程調整
・市長の随行
・各種団体等からの要望への対応
・市行政の直接関与しない分野の情報収集など

■ 市長特別秘書人件費
984万円(平成28年度予算額)

名古屋市長の特別秘書にかかる人件費は全額税金。一方、地方議員には、国会議員に認められているような公設秘書制度はなく、政務活動費充当分以外は議員報酬や政治資金の中から充当している。

さらに、名古屋市長には、一般職秘書(主幹1、主査2、主事1)が全額税金で設置されている。人件費は合計で3,826万円(平成26年度決算)。さらに、公用車の車体リース料、運行管理業務委託料(運転手の人件費、ガソリン代、高速道路代、駐車料金等)は971万円(平成28年度予算)。これらは全額税金から支払われる。ちなみに、地方議員の場合、公務であっても政務活動費充当分以外は議員報酬等で充当している。


minami758 at 23:37|PermalinkComments(13)31.名古屋市政 | 18.河村市長

2016年05月21日

自民・公明合同選対会議

愛知県第四選挙区支部自民党、公明党合同選挙対策会議が開催され、工藤彰三衆議院議員(自民)、伊藤渉衆議院議員(公明)、そして両党の地方議員が全員集結。7月10日投開票と目される参議院議員選挙に向けた話し合いがおこなわれた。

今回の参議院選挙は愛知選挙区においては、藤川政人愛知県連会長に対し、党本部より自民党公認が決定している。また、公明党公認の里見りゅうじさんには、党本部より自民党推薦が決まった。

ただ、自民党、公明党合同選挙対策会議は第四選挙区支部においては史上初となる取り組み。どこまで連携して選挙に取り組めばいいのか、どんな戦略が効果的かなど、全く手探り。今後、自民党愛知県連とも調整を図りながら、両候補の必勝を目指すことになる。

なお、愛知選挙区では、斎藤嘉隆氏(民進党52)、伊藤孝恵氏(民進党40)、須山初美氏(共産37)、平山良平氏(社民68)など10人程度が立候補を表明している。

minami758 at 23:14|PermalinkComments(7)20.選挙 | 19.国政・政党

2016年05月20日

MEGAドン・キホーテ名四丹後通り店 住民説明会

IMG_9953大規模小売店舗立地法に基づく「MEGAドン・キホーテ名四丹後通り店」住民説明会が、5月20日(金)夜、星崎コミュニティセンターで開催され、私も参加し意見を述べさせていただいた。

大規模小売店舗立地法は、小売業をめぐる経済的、社会的な環境変化を踏まえ、大規模小売店舗の立地に伴う「交通渋滞」「騒音」「廃棄物の生活環境への影響」を緩和し、大型小売店と地域社会との融和を図るための制度として、建物設置者が大規模小売店舗を設置する場合に配慮すべき事項を中心に定められた制度だ。この法律により、店舗面積が1,000平方メートルを超える大規模小売店舗の出店を規制している。

■ 概要
・大規模小売店舗の名称 MEGA ドン・キホーテ名四丹後通り店
・所在地 名古屋市南区丹後通5-25-1
・店舗面積 3,183平方メートル
・駐車台数 151台
・開店時間 午前10時〜午前2時(届出は午前9時〜午前5時)
・駐車場利用時間 24時間
・開店予定日 6月17日(金)
・販売品 家電、生活雑貨、スポーツ用品、日用消耗品、ペット用品、食料品、酒類、ブランド品、時計、宝飾品、衣類、カー用品、玩具、自転車等
・テナント ベーカリーショップ、飲食店、ネットカフェ(1F、24h営業)等

■ 住民意見
・店舗や駐車場内の巡回の実施について
・付近の清掃について
・生活環境への影響を懸念
・青少年への影響(深夜徘徊の誘発等)
・防犯カメラの設置状況
・営業時間の見直し・住民への周知
・生鮮食料品の扱いについて
・フードコートの設置について
・放置自転車対策

住民から深夜、子どもたちが店内や付近で集まったりさわいだりするのではないかとの懸念が示された。店側からは、子どもが午後10時以降入店しようとする際には身分証明書の提示を求め、18歳未満の場合には入店を拒否する、身分証明書の提示を拒否した場合には入店を認めないなどの方針が示された。

また、生鮮食料品の扱いについては、今後、検討するにとどめた。さらに、防犯カメラの設置は店内に46〜47台、店外に3〜4台の計50台設置するとの回答があった。

また、店外の清掃は毎日、生活道路への車の抑制策、付近への騒音対策についても説明がなされた。

第2回住民説明会は、5月21日(土)午前11時から星崎コミュニティセンターで開催される。

minami758 at 23:55|PermalinkComments(1)23.南区 | 10.経済・産業

2016年05月19日

副市長同意案を撤回した議会運営委員会でのやりとりから

「名将のもとに名参謀あり」というように、過去の歴史を紐解くと、大きな功績を残した偉人には「右腕」と呼ばれる有能な人材がそばにいた。徳川家康に天海僧正あり、豊臣秀吉に竹中半兵衛ありといったところか。

「右腕」とよばれる人はリーダーの意思決定を的確に部下に伝え、リーダーである名将に適切な進言を与えるなど、名将のリーダーシップの発揮にいい影響を与えてきた。

私は「右腕」の条件として、以下の3点があるだろうと考えている。
1. リーダーの負担の軽減
2. リーダーの決断の補完
3. リーダーの非を諫めること

一方、成功体験を積み重ねる中で、誤った経営判断を下すリーダーも少なくない。その典型的な例が「独裁経営の弊害」だ。部下の進言に耳を傾けない。リーダーの非を諫めるような部下は即刻首を切る。そんな会社は、社員のモチベーションが上がるわけもなく、もちろん業績も上がるわけもない。ましてや社長自ら、社員の給料が高すぎるとか、社員の働きが悪いとか批判ばかりするような会社に明日はない。

河村市長が名参謀を期待して登用した「大西聡 副市長」「住田代一 副市長(2期目)」「入倉憲二副市長」「田宮正道 副市長」「岩城正光 副市長」はいずれも辞任に追い込まれるか解職された。中にはさじを投げてやめた方もみえる。

なにがそうさせたのか。

5月19日に開催された副市長同意案を撤回した議会運営委員会での河村市長と議会運営委員のやり取りを見ていて、その理由が浮き彫りになった。

岩城正光 副市長「子どもの貧困問題、第三児相の問題、障害者問題、最後の瞬間まで精いっぱい取り組みたい。」
田宮正道 副市長「第一のミッションであるリニアの調整は今年度いっぱいかかると考えていた。今後、国やJR、市民と協議が必要だった。しかし、市長から信頼がないのならと考え、辞表を出した。」

今回解任される2人の副市長は、極めて重要な今の局面を理解していた。2人の発言から、最後の最後まで精いっぱい河村市長を支え、市民のために働きたいという想いがひしひしと伝わってくる。

一方の河村市長は解職の理由として、「常に新しいチャレンジをする必要がある。ぜひ、後進に道をゆずっては。」を繰り返すばかり。まったく理由になっていない。「陽子線がん治療センター訴訟問題への副市長からの進言が理由では?」の問いには、河村市長は「人事は総合的なものであり言えない。」と否定せず、副市長が市長を諫めたことが原因であるということを否定しなかった。

つまり、時には市長に進言したり諫めたりしながらも最後の一瞬まで市民のために尽くしたい副市長と、余計な進言などせず市長の指示通りに動けばいい、周りにイエスマンを集めたい河村市長とのミスマッチが今回の一連の騒動の一因であることが浮かび上がった。

そして、市長の冷淡さを感じさせる一幕もあった。

斉藤たかお議員が両副市長に対し市長が辞任するよう伝えた場面を尋ねたところ、

田宮正道 副市長「4月11日、市長室に呼ばれ、女性登用をしたいのでやめてくれと。2分ぐらいだった。」
岩城正光 副市長「4月11日、正午20分によばれ、人事を刷新したい。あとは総務局長に聞いてくれ。1分ぐらいだった。」

市長室に呼び出した挙句、たった1〜2分だけで労をねぎらうことなく首をバッサリ切った場面が浮かび上がり、その冷淡さに聞いていた議員から「ひぇ〜」と悲鳴にも似た声がわきあがった。

西川ひさし議員の「次々とプロジェクトチームを立ち上げているが、ものになったものはあるか?」の問いに河村市長は「・・・」。

副市長同意案を撤回した今回の事案で浮き彫りになった名古屋市政の闇。人心が離れ、職員のモチベーションが崩壊し、プロジェクトが次々につぶれていく...名古屋市政、すでに崖っぷちをこえてしまった。


■ 地方自治法第163条
副知事及び副市町村長の任期は、四年とする。ただし、普通地方公共団体の長は、任期中においてもこれを解職することができる。


minami758 at 06:37|PermalinkComments(14)31.名古屋市政 | 18.河村市長

2016年05月18日

副市長同意案を撤回

任期途中にもかかわらず、岩城正光副市長を解任し、また田宮正道副市長を辞任に追い込んだ今回の副市長人事騒動。伊藤容子前天白区長と堀場和夫前市消防長を副市長に任命する副市長選任同意案を5月臨時議会に上程するとしてきた河村市長が、今日5月18日本会議開会直前になって、突然、同意案の撤回を議会に通告してきた。

「副市長の同意案は必ず上程する。」と、強気一辺倒だった河村市長。何があったのか。

もともと岩城副市長は弁護士。児童虐待防止に取り組むNPO法人「子どもの虐待防止ネットワーク・あいち(CAPNA)」の元理事長だった。河村市長の要請を受け、弁護士の職を休職。「子ども応援委員会」など児童福祉を中心に福祉行政全般を担当していた。しかし、「陽子線がん治療センターの損害賠償」や「子ども応援委員会」への対応をめぐり、河村市長と対立していたとされる。河村市長の辞職要請に岩城副市長は「途中で放り出す形で辞めるのは本意ではない」と応じなかったため、5月23日付けで解任されることになった。

田宮副市長は住宅都市局長をつとめていたが、2027年のリニア中央新幹線開通に向けたまちづくりを推進する体制を強化する必要から、国土交通省高速道路経営管理室長の黒田昌義氏を住宅都市局長として迎える人事に伴い、副市長に内部昇格していた。特に、河村市長との対立はなかったとされるが、田宮副市長の堅実な姿勢が河村市長とはシンクロしなかったものと推察される。

さて、一方の議会。仮に2人の副市長の選任同意案が上程されても、「副市長解任の理由が明らかでないまま、あらたに次の副市長の提案をされても、同意、不同意以前の問題」として、受け付けない方針だった。しかし、河村市長が副市長の同意案の上程を見送ったことで、副市長選任に関する議論は本会議場ではなされないことに。また、見送りにより、副市長3人体制が副市長1人体制という異常事態に陥ることになった。

では、なぜ、副市長同意案を撤回したのか。もちろん市長の真意はわからないが、
・不同意が現実となり撤回の決断をした。
・ここで無理すると、6月議会も副市長同意案の上程が難しくなると判断した。
・本会議場で副市長同意案について質疑する中で、河村市長にとって不都合な答弁が関係者からなされる可能性が出てきた。 
など。

この後、議会運営委員会、本会議が開かれる予定だが、この騒動で本会議開会は大幅に遅れる見通しとなった。

新規ドキュメント 8_1それにしても河村市政は副市長に恵まれない。いや、副市長が市長に恵まれなかったといった方がいいかもしれない。

■ 河村市政における副市長の系譜

・H21.4.26 河村市長初当選。
・H23.2.7 大西聡 副市長辞任(河村市長任命)
・H23.3.31 山田雅雄 副市長任期満了(松原市長任命)
・H25.3.31 住田代一 副市長辞任(H24.5.24河村市長再任)
・H26.3.31 入倉憲二副市長辞任(河村市長任命)
・H28.5 田宮正道 副市長辞任?(河村市長任命)
・H28.5 岩城正光 副市長解任?(河村市長任命)

河村市長が任命した副市長(再任の住田氏含む)5人全員が任期を全うせず、退任していることがわかる。任期を全うできたのは、松原前市長が任命した山田雅雄 副市長と、同様に松原市長が任命した住田代一 副市長の1期目のみ。


minami758 at 13:15|PermalinkComments(7)31.名古屋市政 

2016年05月17日

常任・特別委員会

今日5月17日におこなわれた本会議で、平成28年度の常任委員会、特別委員会の所属が決まった。

■ 常任委員会
土木交通委員会
・緑政土木局、交通局に属する事項を所管

■ 特別委員会
産業・歴史文化・観光戦略特別委員会
・先端分野産業等の重点的に活性化を図る分野の産業の振興、歴史及び文化に根ざした都市の魅力の向上及び観光の推進を所管

市会で取り扱う問題は数が多く、内容も幅広い分野にわたっている。そこで、これらをいくつかの部門に分けて、専門的・能率的に調査・審査するために名古屋市会には6つの常任委員会が設置されている。常任委員会では、本会議からの付託により、市政に関する調査、議案及び請願・陳情等の審査が行われる。なお、議員は必ず1つの常任委員会に所属しなければならない。私が緑政土木局を所管する委員会に所属するのは実に18年ぶり。 

また、特別委員会は、臨時的な案件、特に重要な案件などについて必要がある場合に設置され、調査または審査をすることができ、その目的が達成されれば廃止される。


minami758 at 23:55|PermalinkComments(5)1.名古屋市議会 

2016年05月16日

名古屋市議会の議員の議員報酬に関する住民投票条例は否決

「名古屋市議会の議員の議員報酬に関する住民投票条例案」が臨時議会に上程されたが、反対多数により否決された。私は同条例案に反対した。

さて、現在の議員報酬額は、市長の諮問機関である名古屋市特別職報酬等審議会(以下、審議会)の答申に基づいて定められた条例の制度値である議員1人あたり1630万円余の報酬を、月額15%削減して1450万円余に減額したもの。あくまでも報酬審議会答申を尊重し、制度値はそのままに、特例条例により議会自らが減額。制度値からの減額率は政令市最大。

一方、現在の議員報酬額の制度値である1,630万円は、答申をいただいてからすでに10年が経過している。この間の経済情勢や地方自治・議会のあり方も大きく変わったことから、公平中立な第三者機関である審議会においてあるべき額について議論をいただいたうえで、市長より議会に提案をいただくべきものと考えており、市長に対して、全会派一致で審議会に諮っていただくよう要望している。なお、審議会の中で、公聴会を開いて住民意見を聴いたり、参考人を招致したりする中で、民意を反映させるべきものと考えているが、市長は審議会への諮問を7年間にわたり見送ったまま。

■ 特別職報酬等審議会に関する国の通知
・自治事務次官通知 抜粋(昭和39年)
特別報酬審議会を設置するものとすること。議員の額に関する条例を議会に提出しようとするときは、あらかじめ当該報酬の額について、審議会の意見を聞かなければならないものとすること。

・自治省行政局長通知 抜粋(昭和43年)
審議会は必要に応じ、公聴会の開催、参考人の意見の聴取等の方法をとることにより、その審議に当該公共団体の多くの住民の意思が反映するよう努めるとともに、答申にあたっては審議経過、答申の理由等を明確にし、住民の理解が得られるよう特に留意すること。


minami758 at 19:05|PermalinkComments(42)1.名古屋市議会 | 4.議員報酬

2016年05月15日

運動会の春開催率は87.3%へ上昇

俳句には季語を必ず一つ詠み込むのが作法となっている。俳句は季節感の文学ともいわれ、俳句を味わうには何よりも季節をとらえることが大事。春、夏、秋、冬の季節を表す言葉が季語(季題)で、それぞれの季語がどの季節に属するかは約束によって定められている。

現代俳句協会(東京都千代田区)が作成した現代俳句データベースによると、「運動会」は秋の季語となっている。しかし、名古屋市内の小学校では、必ずしも運動会は「秋」とは言えないようだ。

■ 運動会開催日(小学校261校の内訳)
4月26日(火) 桃山小学校
5月14日(土) 常安小学校
5月20日(金)  稲葉地小学校
5月21日(土) 高見小学校はじめ46校
5月28日(土) 内山小学校はじめ160校
6月4日(土) 楠小学校はじめ19校
9月24日(土) 旭丘小学校はじめ6校
10月1日(土) 大和小学校はじめ21校
10月2日(日) 東桜小学校はじめ2校
10月8日(土) 栄生小学校はじめ3校
10月12日(水) 大須小学校

以上の結果から名古屋市における運動会の春開催率は87.3%(運動会春開催校数 228校)となり、すでに、運動会を秋の季語とするにはやや違和感がある。

さて、春開催の理由はさまざま。9〜10月頃の残暑は厳しく秋開催は児童の熱中症が懸念されること、授業時間の確保が難しく練習時間を縮減できる春開催を選択、秋は行事が多いため行事の少ない春に実施するなどの理由が多いようだ。

また、土地柄が開催に影響する地区もある。例えば、水田が広がる西福田小学校では、田植えの繁忙期を避けるため、本年度から春開催を秋開催に移行した。一方、開催曜日に影響している例として、大須商店街をかかえる大須小学校では、土・日に忙しい商店主に配慮し運動会を水曜日開催としている。

運動会の開催日、分析してみるとなかなか奥が深い。


minami758 at 23:55|PermalinkComments(2)14.教育 

2016年05月14日

熊本地震から1か月...

熊本県を襲った震度7の「前震」から今日で1か月を迎えた。今なお、強い余震が続いており、終息は見通せない状況だ。被災された方々に心からお見舞いを申し上げたい。

「想定外」。

東日本大震災の折り、たびたび使われたこの言葉をもう使うまいと誓っていたにもかかわらず、再び「想定外」の事態が発生した。私たちの目の前に広がる光景は、従来の想定とは全く違った現実だ。九州は地震が少ないという漠然とした認識は吹き飛び、日本のどの地方にも大地震の危険があるという現実をたたきつけた。この地方にも幾多の活断層の存在が指摘されており、けっして予断を許さない。

過去、この地方も直下型地震の被害にたびたびあっている。

■ 濃尾地震(1891年)濃尾地方で発生したマグニチュード8.0の直下型地震
■ 三河地震(1945年)愛知県内三河湾で発生したマグニチュード6.8の直下型地震

東日本大震災以来、私たちは地震と言えば「津波」と考え、対策の多くも津波に偏重してきたきらいがある。しかし、名古屋市における予想される津波の高さは「過去の地震を考慮した最大クラス」では2.1m、「あらゆる可能性を考慮した最大クラス」では2.4m、高潮分を加えた津波水位はそれぞれ、3.3mと3.6mとされている。

つまり、東日本大震災の時のような津波はこの地方においてはあり得ないとされているにもかかわらず、地震対策イコール津波対策となっているのが現実だ。「津波の呪縛からのがれ、地震対策は次の段階に移行しなければならない。」と私が訴えてきた理由は「津波対策」だけでは市民の安全を守ることはできないと考えているから。

そして、まさに熊本でおこっている現実は、私たちが最悪のシナリオと想定していた直下型地震。仮に名古屋で発生すれば、住宅の密集による家屋の延焼の広がり、堆積平野による液状化などの懸念がぬぐえず、場合によっては熊本以上の被害となる可能性が否定できない。対策は急務だ。

■ 熊本地震を教訓に
・民間木造住宅の耐震診断を促進させる手法の確立とともに耐震化の加速
・木造住宅密集地域における燃え広がらないまちづくり対策
・沿岸部や河川付近の小中学校における地震・津波・液状化、そして高潮等の対策の見直し
・地震に強い避難所づくりにとどまらず、災害避難を想定した学校づくり


minami758 at 07:53|PermalinkComments(10)15.防災 

2016年05月13日

車椅子贈呈式

DSC02196星崎学区コミュニティセンターでふれあい給食会並びに車椅子贈呈式が行われ、私もお招きいただき参加した。

車椅子を贈呈したのは星崎学区。南区社会福祉協議会から3分の2の補助を受け、星崎学区が車椅子を2台購入。コミュニティセンターに集う高齢者や障害をお持ちの方々の利便に資するため寄付したもの。

DSC02190星崎学区では昨年10月、道路面からコミュニティセンターのすべての区画に段差が全くなく移動可能な完全バリアフリーコミュニティセンターが完成している。その特性を生かし、乳幼児から高齢者の方々まで活発な地域活動が展開されている。

この日は、民生児童委員連絡協議会の皆さんのボランティアにより、ふれあい給食会が開催されていたが、参加された高齢者の方々により車椅子を実際に活用し、バリアフリーコミュニティセンターの効果を実感していた。

DSC02198さて、今日のふれあい給食会の献立は、かつ丼、野菜、煮物、デザートなど。日頃、孤立しがちなひとり暮らし高齢者の方々は、豪華な昼ごはんに舌鼓を打ちつつ、ふれあいを楽しんだ。

この学区ではふれあい給食会を年に6回おこなっているが、毎回、心を込めておもてなしをされている民生児童委員の皆様に深く感謝を申し上げたい。


minami758 at 23:55|PermalinkComments(1)23.南区 

2016年05月12日

サッカー場の建設を

IMG_9812名古屋市サッカー協会の平田会長さん、市内で子どもたちのサッカー指導をボランティアでおこなっているクラブチームの責任者のみなさんとともに、サッカー場の建設を求め、緑政土木局三輪局長に要望活動をおこなった。

現在、名古屋市内でサッカーができるのは、瑞穂陸上競技場(瑞穂区山下通)と港サッカー場(港区稲永公園内)の2か所のみ。しかし、この2つのサッカー場は、いずれもプロ仕様。少年サッカーや一般クラブチームが使うことはほとんどない。また、少年サッカー大会を行うためには、サッカー場が6面程度必要であり、そういった場所も市内には整備されていない。そのため、少年大会などは毎週のように市外や県外に出かけているのが実情だ。

そこで、名古屋市サッカー協会や市内クラブチームは、子どもたちが普段練習したり、大会を行うことができるようなサッカー場の建設を求め、5月11日、名古屋市に対し要望活動をおこなったもの。

Jgreenさて、J-GREEN堺(写真左)は、日本最大級の施設規模を誇り、サッカーを中心にさまざまなスポーツ・レクリエーション活動に取り組むことができるスポーツ施設。天然芝5面、人工芝11面、計16面のサッカー場が整備されており、名古屋市サッカー協会も、J-GREEN堺のようなさまざまな大会を誘致することができるサッカー場の実現を目指している。

もちろん、候補地のターゲットはすでに定まっている。今後、様々な調査・研究を行いながら、サッカー協会やクラブチーム、行政が一体となってその実現を目指す。

minami758 at 23:55|PermalinkComments(5)25.スポーツ | 23.南区