2017年02月22日

次期名古屋市長選への出馬を表明 河村市長

河村たかし名古屋市長(68)は、2月22日、名古屋市会本会議提案理由説明の中で、任期満了に伴う名古屋市長選挙(4月9日告示、4月23日投開票)に出馬することを正式に表明した。河村市長は「1円でも税金を安くして、日本一子どもを応援する街を提供するために粉骨砕身で、もう一度、市民の皆さんのためにご奉公させていただきたい。」と出馬に向けた決意を語った。予算定例会開会日ということもあり、名フィルを聴くために駆けつけた330人の市民の方々は、議場を借りた突然の出馬表明に驚きながらも、拍手を送る方もいた。

河村市長は4月23日執行の市長選挙で、4度目の市長選となる。なお、市長選には元名古屋市副市長の岩城正光氏も出馬表明しており、両者による選挙戦となることがほぼ固まった。

■ 2期8年を明言してきたのに
そもそも、多選批判を繰り返してきた河村市長自らが3期、4回目の市長選挙を目指すことに、抵抗を感じる市民は少なくないだろう。それを覆してまで4月の名古屋市長選に出馬する決意を示した以上、なぜ、従前の約束を反故にしてまで出馬する決意に至ったのか、有権者に対して説明する義務があるだろう。

■ 三大公約への評価
(1) 減税(すべて行財政改革により起債によらず減税)
(2) 地域委員会(選挙による地域委員会)
(3) 議会改革(議員報酬800万円)
そもそも、減税が目的ということ自体が公約として成り立つのかどうかという問題もあるが、私が以前から繰り返しているように、アベノミクスの影響により税収が年間400億円程度増収している背景があって減税が実現できていることを理解する必要がある。もし、税収がそのままだったりまたは、税収が減収していたら、市民税減税は実現できていなかったと私は確信している。

地域委員会についてはコメントする必要すらない。

議会改革(議員報酬800万円)で増えた減税日本所属議員による、お金にまつわる相次ぐ不祥事の問題への説明が必要だ。

■ 市民の中に対立だけを生んだ8年
対立による憎悪を背景に選挙に勝ち上がってきた河村市長の選挙手法は、市民の中に常に分断と憎しみを生んできた。その手法に対する評価も必要だ。

■ 腰が定まらない
小池都知事に必死にアプローチを続ける姿から、次期、衆議院選挙への出馬が取りざたされている河村市長の腰の定まらない姿勢に、不安を感じる市民は少なくない。

■ 8年の評価は?
確かにワンコインがん検診や子どもの悲鳴に耳を傾けようという姿勢は評価されるべきだろう。しかし、次の世代に向けた投資をことごとく見送ってきたことは、のちにこの地域の発展に大きな足かせとなる可能性が高い。また、市民の反発を恐れて、行財政改革はこの8年間、ほとんど進まなかったのも現実だ。いずれにしてもこの市長選では、河村市政8年間への評価が問われることになる。


minami758 at 15:29|PermalinkComments(3)18.河村市長 | 20.選挙

2017年02月21日

バスケットボールパーク(3)

道徳公園バスケットボールコートは、名古屋市による管理ではなく道徳学区連絡協議会が名古屋市と同学区の協定に基づき、公園経営の一環で学区が管理する。協定では、名古屋市は同学区に対して清掃や施設の点検、維持管理を求めているが、名古屋市は同学区に対し委託料は支払わない。

一方、名古屋市は、同学区が維持管理や清掃活動に必要な財源を一般からの寄付を募ることを認めていることから、同学区はバスケットボールコートの維持管理等に対して、民間企業による協賛手法等の検討を続けてきた。

そのような中、バスケットボールの世界的なメーカーからバスケットボールコートに対して協賛し、青少年の活動を後押しするとの回答をいただき、現在、市との協定に基づき、契約書等を含めた交渉を進めている。なお、道徳学区連絡協議会は、浮いた協賛金で10代の若者の活動を支援するため、清掃道具やバスケットボール大会開催に必要な備品を購入する。

■ 協賛金で購入する備品
・清掃道具入れ
・清掃道具(ほうき、竹ぼうき、ちりとり、ごみばこ、ばけつ等)
・バスケットボールパークの看板
・利用の規則看板 
・バスケットボール等の遊具
・大会開催のための備品
・大会参加賞(特製クリアファイル)など。

なお、バスケットボールコートの名称については、「(民間企業名)バスケットボールパーク」とすることが若者によって提案され、すでに同学区は了承。3月19日には、パークの名称が除幕式とともに公表され、続いてリニューアルオープン記念式典が行われたのち、小学生、中学生、高校生等によるバスケットボール大会が開催される。

中学生や若者への地道な働きかけが、若者と地域住民をつなぎ、そしてバスケットボールパークへと発展し、さらに民間企業による若者の活動支援へとつながった今回の事例は、今後のまちづくりの一つの成功事例としてより多くの地域で参考にしてほしいと考えている。

あらためて、今回の取り組みの中心となった6つの小中学校PTAの方々、子どもたちへの声かけ活動を続けた地域の方々には心から感謝と敬意を申し上げるとともに、中学生を始めとする若者が、今まで以上に地域で活躍できる社会の実現を期待したい。

minami758 at 00:05|PermalinkComments(3)23.南区 | 14.教育

2017年02月20日

バスケットボールパーク(2)

私たちは公園の適正利用の判断の一つとして、公園周辺住民への聞き取りを定期的に行っている。「最近、公園が静かになった。」「昨年は警察の方が夜の公園には入らないように近隣の人に注意していたが、今年はそんなこともなくなった。」と概ね良好だ。

もちろん、深夜、バスケットをする子どもも全くいないわけではなく、そんな時は、パトロール中の学区の方々やPTAの方々で声掛けを続けている。

現在は土曜日、日曜日の日中などは、100人程度の子どもたちがバスケットを楽しんでおり、平日も午後10時までは多くの若者がバスケットを通して交流を続けている。そのような中、中学生、高校生などから、「コートが2面できたらここで大会をしたい。公園が変わったという象徴にしたい。」との声が出てきた。

もちろん、私たち地域住民、PTAもバスケットボールを詳しく知っているわけではなく、また、子どもたちの活動に口を挟む気もないが、彼らでは困難な関係当局との調整は私たちで行い、すべて子どもたち自身に大会の企画・運営を考えさせたいと考えた。

現在、3月19日(日)の大会に向け、中学生高校生を中心に14チームが参加申込みを行っており、締切の2月28日までにさらに多くの若者が大会に参加する予定。なお、現時点における参加者は10代から20代前半。カテゴリーは、小学生、中学生、一般(高校生)とする予定だ。

minami758 at 22:44|PermalinkComments(2)23.南区 | 14.教育

2017年02月19日

バスケットボールパーク(1)

平成27年の道徳公園は、毎晩のように中学生、高校生等が公園にあふれていた。彼らの「出勤時間」は午後10時〜11時ごろ。夜中を過ぎても公園内で大騒ぎ。自販機を破壊したり、公園の遊具を壊したり、木々に火を放ったり、公園内をバイクで走り回ったり...補導されたり逮捕されたりする子どもも少なくなかった。 

また、中学生が深夜、数十人で道路を封鎖することもしばしば。80人程度の中学生が道徳公園付近にある南区氷室の交差点を占領したときは、愛知県警の交通機動隊が出動し、中学生を排除したこともあった。

深夜、中学生等が公園内広場で大騒ぎをすることから、公園周辺住民の苦情も絶えず、毎晩のように赤色回転灯を付けたパトロールカーが公園の外周を巡回。地域では大きな問題となっていた。南警察署からは、中学生が公園に集まることができないよう、公園の全面閉鎖ができないか学区連絡協議会や南土木事務所に要請したこともあった。 もちろん適正に公園利用をしている子どもたち、高齢者が公園利用ができなくなること、地域住民と若者の対立を生むだけとの理由で、私たちは公園閉鎖に懸念を表明した。そのかわり、毎夜、公園のパトロールをすることを警察と約束した。

警察ばかりに任せるのではなく、地域の方々、小学校PTAや中学校PTAなど、「当事者自身」も子どもたちの問題行動に向き合おうと、平成27年9月から週末、深夜のパトロールを開始。多い日には100人以上でパトロールしたこともある。私も毎晩深夜10時から午前2時の間に1回は、愛犬ももとまろんを連れて公園の巡回をおこない、子どもたちへの声掛けを続けた。

幸い深夜公園に集まる中学生は地域住民を敵視することは少なく、私たちに怒鳴ったりすることはあっても暴力をふるうことはなかった。むしろ、地域住民や近隣小中学校のPTAの方々は、公園に集まる若者たちと学校の話や友達の話、遊びの話などを続けつつ、人間関係の構築に努めた。午前1時過ぎに公園内をPTAの方々と回った時には、頭から油やマヨネーズ、しょうゆをかけられた中学生の体を一緒になって洗ったりすることも...

その中で、私たちは彼らに「居場所」がないことを感じていた。家の中に帰る場所がない、学校にも居場所がない、だから夜な夜な公園に集まり、仲間を求めていることを。でも、私たちには彼らに居場所を提供する力はなかった。

そんなとき彼らから出てきた要望が、「バスケットボールコートをつくってほしい。友達とゲームをしたい。」だった。今、子どもたちの中で最も人気のあるスポーツのひとつがバスケットボールであり、バスケットボールは彼らにとって「かっこよさの象徴」であるとともに「仲間と触れ合える居場所」でもあった。

地域住民からは、バスケットボールコートなど作ったら、深夜までバスケットの音がうるさいのではないか、今以上に深夜の公園に人が集まるのではないかと不安の意見も聞かれた。まさに、名古屋市内の公園に全くバスケットボールコートがないのも深夜の騒音への懸念から。

私たちは、若者たちに「バスケットボールコートができるよう名古屋市や地域には働きかける。しかし、今までのように深夜に公園に集まるようでは住民に説明ができない。また従来のように公園にごみを散乱するような状況では、地域住民の誰も理解しない。公園の適正利用に協力してほしい。」と伝えた。

彼らは徐々に午後10時以降、公園内に集まることがほとんどなくなっただけではなく、公園内の広場の清掃活動にも取り組むようになった。私たちもPTAの方々と協力し、彼らと一緒になって公園内広場の清掃をすることもたびたび。公園は以前とは見違えるようにきれいになった。

私たち地域住民は、道徳公園の適正利用が一定程度進んだと判断。昨年8月末、市のご理解をいただき、市内ではレアな公園内バスケットボールコートの開場にこぎつけた。その後も、適正利用が定着したため、本年3月19日には第2面目となるバスケットボールコートが同公園内に完成する運びだ。

minami758 at 23:55|PermalinkComments(1)23.南区 | 14.教育

2017年02月18日

道徳保育園創立70周年

2月18日(土)、道徳保育園創立70周年記念式典並びに祝賀会を開催させていただいた。

戦後の混乱期の中、昭和22年2月1日に創始者横井喜太郎により「道徳幼児園」として創立され、本年2月1日に70周年を迎えた「道徳保育園」。当時の園舎は料亭「静月園」を改修した園舎で子どもたちの養護に当たっていた。

さて、この70年間の資料は膨大なもの。しかし、これら先人の汗や労力、時には涙にまみれた写真や保育記録などの貴重な資料は、年々職員の記憶から薄れ、また資料も散逸する危機にあった。そこで、70年間のあゆみを「道徳保育園70周年記念誌」としてまとめ、大切な歴史や伝統を記録として後世に伝えるため、70周年を実行したいと考えた。

今日の70周年には、法人理事並びに評議員、行政関係者、民間保育園連盟関係者、歴代保護者会、歴代職員、現職員、地域の皆様方など約200人とともに祝賀会を開催。イリュージョニストDAIKIさん、手袋劇「トイズダンシングチャチャチャ」、道徳保育園職員による「恋ダンス」ビデオ、保育園のあゆみ「アニバーサリー70th道徳保育園」、職員全員による「園歌」合唱などをおこなった。

園長謝辞では、前園長横井淳夫妻への感謝の気持ちを率直に伝えるなど、最後は涙にあふれる場面も。70周年を機に地域とともに歩む保育園であることを再確認し、これからも地域の子育て支援の中核施設として職員一同努力することを固く誓った。

70年間、ありがとうございました。そして次の10年へ...

※ 写真は笠寺幼児園近藤敏矢園長先生からいただきました。


minami758 at 21:02|PermalinkComments(0)28.Private | 12.医療・福祉・子育て

2017年02月17日

結石

七転八倒。

昨日未明から、右腎臓部において、経験したことのないような激痛が走った。生まれて初めて救急センターへ。CTによる診断をしていただいた結果、「尿管結石」であることがわかった。腎盂・腎杯で形成された結石が尿管に下降し、尿の通過障害をおこして、 疝痛せんつう発作といわれるほどの激しい痛みや血尿が起こっていること、また、激しい腰背部痛・側腹部痛・下腹部痛のほか、吐き気や嘔吐といった症状を引き起こしているとのことだった。結石の位置は腎臓から尿管に出た場所とのことであり、しばらく痛みは続くとのことだった。

点滴で鎮静剤をうっていただき、やや楽になったものの、「たぶん自然排出すると思うが、結石が排出しない場合には最悪手術する場合もある」と最悪のシナリオも...

医師からは「水を1日2リットル」「脂っこい食べ物を減らすこと」と、食事指導もいただいた。

まる1日たった今、かなり楽になったので、結石は自然排出したのではと期待するが、医師からは、「再発率は50%。食事等生活習慣を変えること。」と指導をいただいており、今後、気をつけなきゃ。


minami758 at 23:55|PermalinkComments(4)28.Private 

2017年02月16日

平成29年度予算から(1) 市税収入は46億円増

2月22日より開会予定の2月定例会を前に、平成29年度名古屋市予算の概要をまとめてみる。
 
名古屋市の歳入の根幹である市税収入は、平成28年度当初予算に比べ、46億円の増収の5,111億円となる見込みだ。仮に、市民税5%減税による減収117億円がなければ、平成29年度市税収入は5,228億円にのぼり、平成9年度の市税収入5,218億円をこえ、過去最高となっていた。

■ 市税収入推移
平成24年度 4,718億円
平成25年度 4,876億円(+158億円)
平成26年度 5,000億円(+124億円)
平成27年度 5,001億円(+1億円)
平成28年度 5,065億円(+64億円)
平成29年度 5,111億円(+46億円)

平成29年度の本市の財政状況を見通すと、歳入の根幹である市税収入は、法人市民税が円高の影響による企業収益の減少などにより38億円の減収となる611億円となるものの、個人所得の増加により個人市民税が41億円の増収となる1,626億円、また、家屋の新増築などにより固定資産税は38億円の増収となる2,067億円を見込み、全体では平成28年度当初予算を46億円上回った。

一方、アベノミクスによる効果は円高の影響で相殺され、法人業績は息切れ状態となっているものの、人手不足による個人所得の増加は堅調であり、本市財政状況は個人市民税の増に支えられた形だ。

一方、米トランプ政権によって世界経済は全く見通しが立たない。現在の円高株安の流れが続けば、法人業績の伸びが期待できるものの、一方で米国第一主義が行き過ぎるようなことがあれば、この地方の経済に与える影響は決して小さくはない。また、中国や韓国などアジアの国々の政治・経済の動向が不透明なことも引き続き不安要因ではある。

税収の増加に支えられた今だからこそ、次の時代に向け、強固な経済基盤を構築することが求められているが、次世代に必要な投資が市民税減税で消えてしまっており、産業や雇用、子どもたちの教育やまちづくりへの投資が引き続き見送られてしまっているのがやや気がかり。これらの問題点は予算審査の中で明らかにしてまいりたい。


minami758 at 23:55|PermalinkComments(7)31.名古屋市政 | 7.財政

2017年02月15日

保育懇話会

子育て支援に関する意見交換を目的に保育園経営者によって構成された「保育懇話会」総会が開催され、私も会員として参加した。

■ いただいたご意見
・待機児童がいない地域であるにもかかわらず保育園を増やし続けることは、近い将来、経営に大きな支障をきたす可能性がある。
・子どもを預かるだけの定員があるにもかかわらず、保育士が不足しているため受け入れができない。
・早朝や夜間の保育にあたる職員として、研修を行ったうえで無資格保育士を認めるべき。
・入所予約事業はすぐ定員がいっぱいになってしまう。運用の弾力化を認めるなど、保護者のニーズに合った対応を進めるべき。
・行政側の規制が厳しく、民間保育園のよさを発揮することができない。
・行政からの書類の要求が多く、毎晩のように深夜まで事務に追われているのが実態。経営者を取り巻く労働環境は、電通の過労死問題をはるかにこえた実態がある。

などの意見をうかがった。

保育現場は日々の保護者への対応や事務作業に対応に追われ、かなり深刻な労働環境におかれている実態が浮かぶ。一つ一つ解決しながら、事務作業の軽減をはかるとともに、規制で身動きが取れない保育を取り巻く環境を民間の知恵と工夫が生きるような仕組みに切り替える必要を感じた。

minami758 at 23:55|PermalinkComments(3)12.医療・福祉・子育て 

2017年02月14日

予算レク

平成29年度名古屋市一般会計、特別会計、公営企業会計予算案の議員に対する予算レクが連日行われている。予算の事前レクチャー、いわゆる予算レクとは、予算案や条例案など議会に付議される議案、あるいは事件など共有すべき事項、その他行政に関することについて、担当職員から説明を受けること。

議員はレクを受ける中で、疑問点や問題点を浮き彫りにし、本会議や常任委員会における質問につなげていく。場合によっては疑問点をもとに自ら調査を行ったり、国に問い合わせをしたり、市民アンケートをとったりしながら、さらに深堀することもしばしば。一方、担当職員は議員の疑問や指摘から事前に問題点を洗い出し、本会議や常任委員会における質疑に備える。

なお、市民向けの予算説明は明日以降、名古屋市ホームページでおこなわれる。

minami758 at 23:55|PermalinkComments(5)31.名古屋市政 | 1.名古屋市議会

2017年02月13日

台湾ランタンフェスティバル2017 (3)

IMG_4529台湾ランタンフェスティバル開会式のクライマックスは、台湾女性初の総統、蔡英文氏によるメインランタン点灯式。私は蔡総統から3mほど離れた壇上で、蔡総統とともに点灯式に参加させていただいた。

2月11日は日本同様、雲林県もかなり冷え込み、予想気温は8℃。「点灯式ではコートは脱いでください。」との要請に、一瞬たじろいだが、コートを脱ぎ所定の位置へ移動。しばらくすると、会場から割れんばかりの拍手とともに、蔡総統の登壇。笑顔で国民に手を振る様子から、国民的な支持の高さがうかがえる。

DSC00577蔡総統による点灯の合図でメインランタンをはじめ会場内にあるすべてのランタンが点灯すると、その圧倒的な景観に会場に集まった75万人の市民から大きな歓声が。その後、メインランタンはレーザーや花火の演出でさらに会場は華やいだ。


■ メインランタン点灯式の様子(You Tube)

IMG_4558さて、毎年、ランタンフェスティバルのメインランタンはその年の干支をテーマにしている。今年は酉年であることから、メインランタンは鳳凰が首を上げて高く飛翔する姿をモチーフにし、鳳凰来義(鳳凰が吉祥の予兆をもたらす)」と命名された。

DSC00575メインランタンは19,000組以上のライトによる回路システムにより、メインランタン内部に設置されたフルカラーLEDライトが1,200百万画素の色彩を生み出す。これによりメインランタンは光り輝きながら様々な色に変化していく。なお、メインランタンの高さは23メートルだが、台座を含めるとゆうに30メートルを超す巨大な構造物となっている。

DSC00540なお、メインランタン点灯式に先立ち、周台湾政府観光局長を表敬。中部国際空港への台湾からの航空機の増発をしていただいたことに対する感謝の意を伝えた。


minami758 at 08:52|PermalinkComments(0)17.国際 

2017年02月12日

台湾ランタンフェスティバル2017 (2)

IMG_4469 台湾ランタンフェスティバル2017の会場を歩くと、「吉鳴雲揚」や「国泰民安」の文字が各所で見受けられる。「吉鳴雲揚」は今年度のランタンフェスティバルのスローガン。「吉鳴」とは雲林の人々が鶏の鳴き声で起き、朝から晩まで一生懸命働く勤勉な精神性を、「雲揚」とは雲林の人々が首を上げて志気高く飛翔することを願ったもの。「国泰民安」は国家が安泰で人民は平穏であるとの願いが込められているそうだ。

IMG_4499 台湾ランタンフェスティバルでは、開幕当日、国内外から著名なパフォーマンス団体を招き、公演を催している。日本からも台湾で人気の高いよさこいチーム「YOSAKOIソーラン(札幌市)」「にっぽんど真ん中祭り(名古屋市)」「安濃津よさこい(津市)」などから参加。名古屋はにっぽんど真ん中祭りで数多くの賞を受賞をしている「名古屋学生チーム鯱」のみなさんが沿道で、そして舞台でパフォーマンスを繰り広げた。

DSC00548 また、台湾ランタンフェスティバルには、台湾政府からの要請もあり、名古屋市も例年「なごランタン」を出品している。「なごランタン」とは、その名のとおり、名古屋市が出品した名古屋市への観光客の誘致を目的とした宣伝ランタンのこと。今年のなごランタンは、鯱がリニアと名古屋城を飲み込むというもので、東山動物園のコアラも飲み込まれまいと必死だ。物議をかもすデザインかもしれないが、デザイナーは台湾の劉さん。

DSC00558 劉さんによると、なごランタンの前で、観光客が鯱に吸い込まれるパフォーマンスをしながら、写真を撮ることを想定して制作したとのこと。私たちも「名古屋学生チーム鯱」のみなさんとともに、鯱に吸い込まれるパフォーマンスをしていたところ、なごランタンの周辺には、台湾の方々が大勢集まり、写真撮影をしたり、パフォーマンスをしたりしていた。

他にも台湾からの観光客を取り込もうと、北海道、三重県、香川県、岩手県からもランタンを出品。台湾の方々の日本への関心が高いこともあり、いずれのランタンも多くの観光客を集めていた。

■ ランタンフェスティバル2017会場
IMG_4586 IMG_4583 IMG_4599 IMG_4597 IMG_4590 IMG_4585 IMG_4579 DSC00552 DSC00563


minami758 at 17:55|PermalinkComments(1)17.国際 

2017年02月11日

台湾ランタンフェスティバル2017 (1)

台湾政府からお招きをいただき、台湾ランタンフェスティバル2017(台湾燈會)に参加した。

■ 台湾ランタンは2,000年前から
台湾ランタンフェスティバルの元となっているのは「元宵節(げんしょうせつ)」。旧暦の正月15日、春節から数えて15日目の最初の満月の日、灯籠を掲げて仏を祭る仏教上の習俗が混交したもので、多くの都市では伝統的な風習として色とりどりに美しく飾りつけたランタン(灯籠)を飾りつけたり、爆竹をならしたり、七色の花火を上げたりしていた。騒々しさの中にも「国家安泰」や「国民全員の幸せ」を願新しい一年を迎えた。

■ 世界的な観光資源としてランタンフェスティバルを計画
ランタンは約2,000年前から伝わるものだが、ランタンフェスティバル開催前までは、台湾には大規模な観光イベントがなかったため、ドイツのミュンヘンのビール祭りや北海道の雪祭り、ブラジルのリオのカーニバルなどのように特色あるイベントを催すことで知名度を上げ、国外からの観光客を呼び寄せようと台湾観光局が計画。1990年から台湾ランタンフェスティバルとして国を挙げてフェスティバルとして開催し、今では1,200万人をこえる観光客を集める台湾を代表するお祭りとなった。
 
■ ランタンフェスティバルは、毎年、開催地を変え、各地で開催される。2017年は台湾・中部の雲林県と嘉義市によって開催地が争われたが、台湾新幹線の新駅が2015年12月に開業し注目されている雲林県開催が決定。2月11日より2月19日までランタンフェスティバル2017として開催される。

■ ランタンフェスティバルの規模
ランタンフェスティバル2017初日の人出が政府観光局より発表された。

2月11日にランタンフェスティバル会場を訪れた観光客数 175万人
うちメインランタン点灯式に参加した観光客数 70万人

雲林県の新幹線新駅周辺は、コンビニひとつない場所。そんな場所にこれだけの観光客を生み出すランタンフェスティバルは、観光資源の少ないとされるナゴヤとしても「観光資源を生み出す」という台湾政府の姿勢は極めて参考となる。ナゴヤの伝統を生かしつつ新しい観光産業に変革する知恵と工夫が求められている。


minami758 at 23:55|PermalinkComments(0)17.国際 

2017年02月10日

市政記者クラブの「しばり」

2月9日、正副議長、各会派団幹、議会運営委員始め議会関係者、市政記者クラブ所属報道機関に対する予算草案の説明が財政当局より行われた。しかし、翌日である2月10日の朝刊や朝のテレビニュースでは予算草案に関する報道は一切行われない。

これは、分厚い予算書などは、精緻な読み込みや関連取材、執筆作業にある程度の時間が必要で、「解禁日時の設定」といったことが行われ、報道発表を決められた日まで見合わせるからだ。今回の予算草案に関する報道解禁日時は2月15日午前11時。報道日が拘束されることから、これを「しばりがかかる」と市政記者クラブではよんでいる。この「しばり」に対しては、市民の知る権利をうばうとの批判もある。

一方、「しばり」は、名古屋市の予算説明担当者にとってもメリットがある。各報道機関に対し説明のための十分な時間が生まれ、報道関係者への事前の根回しをはかることができるからだ。

なお、市民に対する予算説明並びに予算編成過程の公開等は2月15日、本市ホームページで行われる予定となっている。


minami758 at 00:49|PermalinkComments(3)31.名古屋市政 | 7.財政

2017年02月09日

総理になる夢は捨てておりません

「総理になる夢は捨てておりません。」と言ってはばからない河村市長。この言葉が彼の本心だとすると、68歳を迎える今、いつまでも名古屋市長の座に甘んじているわけにはいかない。

そんなおり、彼にとって千歳一隅のチャンスがやってきた。小池百合子東京都知事が立ち上げた地域政党「都民ファーストの会」が新党に発展する可能性が出てきたからだ。千代田区長選挙では小池都知事が支持した石川雅己氏の圧勝、その勢いをかって東京都議選、来る衆議院解散総選挙に小池百合子東京都知事を中心とした勢力が一定の影響力を与える可能性は否定できない。

「今、小池新党と手を組めば、一気に総理になるのも夢ではない。」河村市長がそう考えたとしても不自然ではない。

4月23日投開票を迎える名古屋市長選挙への出馬表明は、本会議冒頭である2月22日の見通し。市長選挙では、河村市長が再選される可能性は高い。しかし、衆議院解散総選挙に伴い、市長を辞し衆議院選挙に出馬すれば、一定の批判が出るのは避けられない。市長任期の途中で辞して衆議院に出ることに対する有権者の批判をどこまで抑え込むことができるのかが、彼の一番の悩みどころ。だからこそ、市長選挙出馬表明のタイミングを彼はひたすら探ってきた。

したがって、河村市長が仮に再選されたとしても市長職をつとめるのは、長くて1年半、短ければ半年と私たちは見ている。総理を目指す男、河村市長は、次期衆議院議員選挙において小池新党と連携し、夢の実現に向けて大きな一歩を踏み出す。

minami758 at 23:55|PermalinkComments(14)18.河村市長 

2017年02月08日

示達

2月8日、「予算示達(じたつ)」がおこなわれた。

名古屋市における「予算示達」とは、予算が係数的に確定し内部的に歳出歳入がそろったことを示すもの。したがって、今後、内部的に予算の項目や数字が動くことは一切ない。「予算示達」後、直ちに予算編成担当局である財政局から各担当局に対し予算草案が配布された。明日2月9日には、新年度予算案の記者レク並びに議会に対しても予算草案の説明が行われる予定だ。


minami758 at 23:19|PermalinkComments(0)31.名古屋市政