予算審議にあたり 河村市長の側近は意外と冷静特別養護老人ホームはるかぜ 「生きるということ、死ぬということ」

2010年02月09日

平成22年度名古屋市予算から 【名鉄名古屋本線連続立体交差事業 山崎川−天白川間4.3km】

Sakura03南区にお住まいの方々にとって関心の高い事業の一つに「名鉄名古屋本線 山崎川−天白川間連続立体交差事業」がある。鉄道を高架にして、踏切を除却するというものだが、この事業の目的・事業の内容、流れや考察は以下のとおりだ。

<連続立体交差事業の目的>
・鉄道を連続的に高架化、複数の踏切を一気に除却
・踏切での自動車による交通渋滞の解消
・踏切事故の解消
・鉄道の高速運転
・鉄道により分断された市街地の一体化
・鉄道による騒音や振動の抑制など。

<名鉄名古屋本線 山崎川−天白川間連続立体交差事業について>
・延長 4.3km
・除却踏切数 14か所(うちボトルネック踏切4か所)
・総事業費 600億円(うちわけ:名鉄10%、名古屋市45%、国45%)

<今日までの流れ>
平成16年12月 名古屋市は該当区間を連続立体交差事業次期整備路線に決定
平成18年3月31日 新規着工準備採択が閣議決定
平成18年〜20年 地質調査(ボーリング調査)12か所
平成21年度 鉄道事業者との線形や工法等の協議など

<平成22年度関係予算の内容>
・追加ボーリング調査4か所(800万円)
 呼続駅付近、桜駅付近、桜神明社付近、笠寺町付近
・環境影響評価準備書等の作成(1,000万円)
・鉄道事業者との協議(鉄道高架の線形や工法等の協議)

<今後の予定>
平成23年度 都市計画手続き、環境影響評価手続き
平成24年度 環境影響評価書、着工採択要望、都市計画決定
平成25年度 着工採択、用地買収

<完成時期>
名鉄名古屋本線・山崎川〜天白川間の全4.3kmを3工区に分けて工事を行なう。3工区すべての完成には、平成25年度の着工から、おそらく15年くらいかかると考えられる。したがって、完成年度は、乱暴に予想すると平成40年度ごろと見込まれる。

<考察>
現在、名古屋市と鉄道事業者である名鉄と協議が行われている。名古屋市は用地買収費を含めた移転補償費が少なくなるような事業計画を考える一方、名鉄は鉄道のスムーズな運行ができるような線形や維持管理費がかからない構造などをめざす。平成21年度中にはまとまるはずだった高架の線形や構造が合意にいたらず、平成22年度にずれ込んでしまったのは、双方の立場の違いによる。

事業にあたっては、山崎川−天白川間4.3kmを3工区に分け工事を行なうが、渋滞がひどい星崎踏切付近から事業を行なうのか、山崎川にかかる名鉄陸橋が堤防より低く、大雨のたびに名鉄が通行止めとなることから、山崎川付近から事業を行なうのかに区民の関心が集まる。

また、本当に総事業費600億円もの予算が名古屋市や国が組めるのかどうかについても不安が残る。「コンクリートから人へ」を標榜する政権であること、また、民主的な手続きもなく突発的に事業中止を決める現在の名古屋市政であるだけに、「本当に事業はできるのか。」という不安がつきまとう。

以前は、毎年のように、国土交通省に陳情に出かけていたが、政権交代もありなかなか困難になっているのも事実だ。先日も目の不自由な老夫婦の踏切事故が呼続元町であったばかり。政権を奪還し、一刻も早く区民の負託にこたえることができるよう努力したい。


minami758 at 22:47│Comments(9)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 南区民   2010年02月10日 07:35
桜踏切はいつも渋滞しています。時間やエネルギーのロスだし、環境にも悪いと思います。もっと早く工事できないんですかねえ。
2. Posted by 平成40年?   2010年02月10日 09:37
連立事業3工区全体の完成が平成40年とは!もう生きとらん。もう少し工期を短縮できないのでしょうか?工期がいたずらに長くなればコストもかかると思いますが。
3. Posted by 前から不思議   2010年02月10日 12:09
これを機会に名鉄桜駅の設置場所を少しズラして、地下鉄桜通線の桜本町駅と100m程度の距離まで近づけることはできないでしょうか?人通りが増えて地元の活性化にもなると思うのですが。
4. Posted by JRC   2010年02月10日 13:11
たしかに現在の名鉄桜駅の位置は中途半端ですね。北に少し駅をずらして桜通線と徒歩乗り継ぎが容易に可能な距離になれば利便性の向上と、地域の活性化は間違いなさそうですよね。
5. Posted by 今井   2010年02月10日 15:19
5 つい、この前も老夫婦の方たちの悲惨な事故が、南区内で有りました。この踏み切りでは、過去にも同様の事故があったと聞いています。高架完了まで二度とこんな事故が起こらない事を祈るばかりです。
6. Posted by NK   2010年02月10日 21:24
名鉄名古屋本線 山崎川−天白川間連続立体交差事業の工事がなかなか進展しない理由の一つに、名古屋本線の当該区間の一部に線路の両脇まで住宅が迫っているところがあるからと聞いております。こういう区間を工事する場合、工事期間中の仮線を設置する場所がないため、用地買収にかなり手間取ることとなり どうしても完成年度がずれこむことになります。仮線を設置せず、現行線路の直上で列車を運行しながら工事を行う方法もありますが、工事期間中の落下物等の危険もありあまり行われていません。(東京の京浜急行がこの方式で高架工事をしたことがある) いずれにせよ桜踏切・星崎踏切の渋滞解消のためにも早期の高架完了がのぞまれます。
7. Posted by 横井利明   2010年02月10日 22:37
5 今日、呼続学区学区連絡協議会の方々との懇談を行いました。「完成見込みは平成40年」とお伝えしたら、一様に、「へえ〜」とややあきれたリアクションでした。ただ、ご意見の中に、先般も老夫婦が踏み切り事故で亡くなられた反省から、まず、安全対策を進めてほしいとのご意見があり、早速、名鉄、名古屋市、地元の懇談の場の設置の検討をお約束したところです。
さて、名鉄と地下鉄の連絡の必要性はご指摘のとおりだと思います。桜駅を東海通まで出せるといいと思います。
また、事業を早くしてほしいとのご意見については、予算の制約があるものの、南北同時着工が事業進捗を早めるためには必要だと思います。星崎、呼続の両方から事業を開始するものです。
地元の方々の関心が高い事業であり、住民を巻き込んで、大きな運動にする必要があると思います。
8. Posted by 通りすがり   2010年08月20日 01:59
>4 桜駅の位置も中途半端ではあるが、それよりも呼続と妙音通が連絡していないのはもっと問題だと思う。もっとも山崎川以北の問題で範囲外か。
9. Posted by babydaemons   2010年11月02日 00:10
NKさん:
> (東京の京浜急行がこの方式で高架工事をしたことがある)

既存の側道から高架柱を建てて、
線路の両側の側道と線路跡の敷地を含めて
一本の生活道路にするのはどうでしょう?
都市高速の施工イメージです。

道路も広く、線路の線形も若干改善されると思います。
若干、道路が暗くなっちゃうのが難点ですが。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
予算審議にあたり 河村市長の側近は意外と冷静特別養護老人ホームはるかぜ 「生きるということ、死ぬということ」