2011年05月11日

リコール選挙は一体だれのための選挙だったのだろう...

憲法や地方自治法に定められた「二元代表制」とは、市民から選ばれた代表である市長と議会が、互いに抑制と均衡によって緊張関係を保ちながら、それぞれ独立・対等の機関として、ともに責任を負いながら市政の運営にあたることだ。

その中でも、議会の役割は、地方自治体の運営の基本的な方針を決定し、その執行を監視し、また積極的な政策提案を通して政策形成を図るよう、最善の努力を払うことである。

また、時には首長による暴走を議会が抑止する役割を担うことも期待されている。

したがって、市長が「自分のしたいことをやらせろ。議会は黙っていろ!」と議会に求めること自体、憲法や地方自治法の予定するところではなく、また、議会が「市長に言われたら逆らえない。」という考え方も、二元代表制の精神に反するものだ。行き着くところ、議会無用論につながる恐れすらある。


昨日、議会運営委員会理事会が開催された。議題は「議会広報予算の要求」についてだ。

議会の情報発信が足りないという市民の声にこたえるべく、議会報告会始め市民の意見を市政に反映させるための「議会広報予算」を、昨年来、何度も市長に要求してきた。これに対し、河村市長は議会広報は必要がないと否定し続けてきた。

そのような中、6月補正予算に向け議会費の予算要求をするため、議会運営委員会理事会で議論が始まった。予算要求総額は以下の通り3,375万3千円。


■ 平成23年6月補正 議会費予算要求(案)

1. 議会報告会の開催 414万9千円 (6・9・11月の3定例会×5会場)
  
・ 備品購入費 60万円
   プロジェクター 11万円×2台
   パソコン 19万円×2台
・ 消耗品費 15万円
   会場設営養生品、文具等 1万円×15回
・ 印刷製本費 59万9千円
   資料作成費 133円×300組×15回
・ 委託料 100万円
   会場設営、運営委託
・ 超勤手当 180万円
   超勤手当 3,000円×4時間×15回

2. 市会だよりの月例化 2,739万9千円

・ 印刷製本費 1,238万4千円
   4回追加 2.94円×105万3千世帯×4回
・ 委託料 240万円
   版下作成(4回追加) 1回20万円×4回
   点字版(4回追加) 1回20万円×4回 
   音声版(4回追加) 1回20万円×4回 
・ 人件費/報酬 1,172万2千円
   通達員報酬(4回追加) 2.8円×104万7千世帯×4回
・ 超過勤務手当 88万8千円
   超勤手当 3,000円×74時間×15回

3. 区役所等における議会広報番組の放送 220万5千円

・ 委託料 議会ダイジェスト制作(15分番組) 73万5千円×3回


議論の中で、減税日本から驚きの発言がなされた。

何と、「議会報告会」と「市会だよりの月例化」は、代表(河村市長)の意向だから反対するという。減税所属の市会議長も同様の意向を表明した。

「二元代表制」による議会の役割を否定することは、もはや議会そのものが不要だということと同義だ。議会に求められているのは、市長に従って政治をするのではなく、市民と向き合い市民の声を真摯に受け止め市政に反映させること。

昨年来、私自身、議長として全力で議会改革に取り組み、全国有数の改革議会であると外部機関からありがたくも評価をいただいてきた。議会と市民との距離が少しずつだが縮まっていくことを実感してきた。

しかし、リコール選挙後、議会改革の流れを止めようとする動きが顕在化してきた。市民参加で議員報酬を決める条例の廃止提案、議会基本条例を否定する発言、本会議における議決時の退席(賛否を明らかにしない)、そして議会報告会予算への反対など、議会改革の流れを止めようとする動きが加速してきた。いったいこのリコール選挙は誰のための選挙だったのだろう...


■ 議会運営委員会とは...

議会運営委員会は、17名のメンバーで構成されています。会派の所属議員数で、議会運営委員会におくる議員数は配分されます。

現在、
減税日本6人
自民4人
公明3人
民主3人
共産1人

議会運営委員会は、本会議など円滑に進めることができるように話し合う委員会です。委員長は議長会派の幹事長が、副委員長は副議長会派の幹事長がつとめることになっています。議会運営委員会室で公開で開催されます。

また、議会運営委員会理事会(通常理事会と称する)は、5人以上の議員が所属する会派の幹事長で構成され、議会運営委員会の原案を話し合う場です。ここでは、各会派の様々な懸案事項についても話し合いがおこなわれ、会派間の調整をおこなう大切な会議です。市会応接室で開催され非公開です。


minami758 at 00:08│Comments(29)2.議会改革 

この記事へのコメント

1. Posted by コアラ   2011年05月11日 00:45
5 せっかくここまできた議会改革だけに、逆行する動きがあるのは、報道を見ていても残念だ。議員になった以上、自覚をもって市民のための活動をしてほしいのに。
でも彼らは、河村市長が衆議院選挙出馬のため辞めた後、一体どうなるのだろう?
2. Posted by 今井省吾   2011年05月11日 02:04
5 1. 2. 3.は言うまでも無く、議会基本条例に則った議会改革の様子を市民に伝えて行く意味合いで、絶対不可欠だと思います。
2.の市会便りですが、一般市民に於いては例えば第125号を拝見すると。3ページ目の右上に「以下の議案については、いずれも全会一致で可決しました。( )書は議案番号です。との記載がなされ*市長提出議案が(43)から(94)まで記載されていますが、これを我々市民が観てもさっぱり分かりません。
ここから、重要と思われる議案だけ抜粋し、市民にも分かる平易な表現で解説頂きたい。さもなくばこのスペースは、無駄だと考えますがご検討の余地は有るでしょうか。

河村市長が議会広報費用を拒否するのは、全くもって二元代表制の意味合いを無視するものでも有り、この点については我々市民の知る権利さえ剥奪する行為でもあります。
もし今後も市長が、かたくなにその姿勢を崩さない様であれば、我々市民も河村市長に知る権利を主張して行かなければなりません。

最後に河村市長が提案している、「10%減税恒久化&地域委員会の全学区での実施化&議員報酬800万円の恒久化」
の三つに関しては、河村市長が党首である「減税日本ナゴヤ」の議員に討議拘束が掛かっております。
つまりこの3点の条例案に限って言えば「二元代表制」が河村市長と「減税日本ナゴヤの議員」との間では、成り立って居りません。

このような事態が、市民を代表する議会のなかで堂々と行われている事に憤りを隠せません。二元代表制を位置付けている、地方自治法に抵触してはいませんか。
3. Posted by 市民北   2011年05月11日 05:21
横井市議、もちろん市長の為の選挙。しかも残念ですが市長選、市議選で勝負はついています。県議選も市内では減税の完勝です。私の周りでは相変わらず河村ファンばかりです。減税の議員達はこれからは市長の兵隊としての教育がなされ3月議会のような意見の不一致はなくなるでしょう。まったく情けないがこれが現実。
4. Posted by モグラ−   2011年05月11日 05:35
5 先のリコール選挙は、誰のためのものかと言えば、もちろん河村市長のためのものだったのでしょう。私は、そう理解しています。自分の思い通りにさせてくれない「分からず屋」の議会を攻撃するためであり、「物わかりのいい」減税日本による議会支配を行うことが目的だったと考えると筋が通ります。

それにしても、個々人の減税日本の議員の考え方を聞いていないのに勝手に判断するのは申し訳ないのですが、減税日本の議員は情けないと思います。
選挙の時は、「河村市長のあやつり人形」と揶揄されるのに対して、「3つの公約以外の党議拘束は無いので、河村市長と自分たちは必ずしも一緒ではない」と言っていたはずです。なのに、「河村市長の意向だから反対する」というのでは、「私たちは、河村市長のあやつり人形です。」と言っているようなものです。

議会改革の流れにを止めるような決断を下すのであれば、一人一人の議員が、自分なりの理由の表明をすべきなのではないでしょうか。

先の市会で、減税日本の議員があまりにも稚拙な議論しかできなかったのは、経験が不足していただけでなく、「本当に市民のためになることはどういうことか」という最も基本的な考えが欠落していたからではないかと思ってしまいます。

選挙で市民から選ばれたからには、市民の負託を受けていることの自覚を持ってもらいたいと思います。

横井さん、なんとしてでも、「議会報告会」と「市会だよりの月例化」を実現していただきますよう、お願いします。
5. Posted by Bass   2011年05月11日 06:11
減税の議員は、まったく論理的でない河村市長に従う限り、論理的な説明や行動をとれないという矛盾を抱えることになるでしょう。しかし、愛知県議選をはじめ、名古屋以外では、減税の候補者は完敗(さすが河村党、いや河村教)。大村知事率いる日本一愛知の会は惨敗!私は市議会とともに県議会もどうなるか興味があります。市会議員選挙で落選した議員が何人かいる減税の県会議員は、市会議員以上にどうしようもないのではないでしょうか?彼等の統一会派である減税日本一アイチの会の略称は「日本」とか…すでに13人の減税の県会議員は置き去りになっている気すらします。自民、民主、公明の議員さんたちには、大村知事が暴走しないようしっかり議論を深めていただきたいものです。
6. Posted by 出来町   2011年05月11日 08:38
横井さん お疲れ様です。

議会運営委員会理事会とはどういうものなのかということとメンバーを、補足として本文に追記していただけませんか?
7. Posted by 通行者   2011年05月11日 09:38
うーん、減税の議員の経歴や活動、連絡先を知りたくて、ネットで検索したが、ほとんど何も出てきません。「議会報告会」や「市会だよりの月例化」も反対ですか・・・。
まさに、河村党首所有の『スレテス議員』ですね。
8. Posted by 通行者   2011年05月11日 09:39
7.『ステレス議員』に訂正します。
9. Posted by 縄文人   2011年05月11日 11:00
 「議員が何をしているか分からない」というのも、リコールの一因だったはず。「何をしているか分からせよう」という行動を妨害することは、市民の知る権利をないがしろにしていることになる。
 「市民の声を聞いて」とよく口にする市長。実際は「自分の意見に賛同する庶民だけの声を聞いて」が正しいのではないか。
 (定義:市民=減税の恩恵を受けられない人、庶民=受けられる人)
 
 広報を解りやすくは、「読もう」と思っている人全体の思いだと思う。枚数が増えれば、費用もかかるということもあろうが。

 市議会は見られるようになった。発言の記録などは、市(議会)のHPから見られるようにならないかとも思う。
10. Posted by エディー   2011年05月11日 11:50
4  今回のリコール選挙では、この記事に書かれているような二元代表制の意義が踏まえられた上で、「リーダーにより強い力を与えるべきか」「辛抱強い合議でやるのか」が多数の有権者により吟味されるべきでした。しかしながら、このような政治学の基本のこともイギリスやアメリカでは小学生でも常識ですが、日本では多くの有権者は理解できません(悲しいことですが)。
 これに加えて、今回の選挙では大衆メディア対策という意味で、議会の方が後手に回っていました。大衆メディアは、解りにくいことを詳細に伝える場合には大した力を持ちませんが、これを簡潔に伝える場合には巨大な力を持っていると思います。
 例えば、「市民税10%恒久減税」というマニフェストですが、年収500万円、家族4人の家庭なら年間の市民税減税額は1万5千円程度にしかならない。これに対して、例えば消費税というのはあらゆる出費にかかってきますから、手取り給与400万円だとしてそのほとんどを日々の出費で使っている場合、消費税が5%上がると、年間で20万円出費が増えます(目減りする。
 このように、消費税を上げなくてはいけないのかという議論と、逆に地方税を減税できるのかという議論はそもそも天秤にかけられないほど金額的に次元が違う話です。ところが、ここが減税日本のメディア戦略の巧いところで、このそもそも天秤にかけられない話を、「減税」か「増税」かという構図にすり替え全国ネットで流させてしまった。本来なら、「国税増税」か「国税増税+地方税はちょっとだけ減税」かという構図であるはずでした。
 議会報も結構ですが、減税日本はメディア党であり、自己に有利なように議論の構図をすり替えますますから、監視する側の議会もメディアをもっと巧く使うことです。そして、どんな言葉が短くてもインパクトがあって、相手の姿を浮き彫りにするのによいかを考えて使うことだと思います。
11. Posted by アンキロ(瑞穂区民男(31))   2011年05月11日 12:34
★リコール成立=前議会NO!でした。成立した一原因に「議員は何をしているのかわからない」はあったと思います。
だから市民は、選挙で選ばれた新議会に「わかりやすい議会」を注文しているはずです。
★議題「議会広報予算の要求」に反対することは・・・
 ◆リコールを成立させた市民を裏切った事になる。
 ◆『市民にわかりやすい』は、民主主義・市長・議会・各市議・市民…誰にとってもプラス(+)が大きい。というかマイナス(-)点が思いつかない。

 反対される市議さんは、今一度、市民を見て自身で考えてほしいです。また、費用や方法について賛否や議論をしてほしい。
 横井市議さんには議会改革にがんばってください。
12. Posted by haripo   2011年05月11日 12:57
議会報告会、市会だより、番組制作と、議会の活動を市民に伝えるために拡充すべきだと思い、賛成します。

しかしここに書かれている予算要求を見ると、「議会報告会のためにパソコンを新しく買う必要はあるのか?」など、必要経費であるかどうか不可解な点も見受けられます。

今後しっかりと議論され、必要を抑えつつ改革を進めていっていただきたいと思います。
13. Posted by 江口晃司   2011年05月11日 16:23
『「議会報告会」と「市会だよりの月例化」は、代表(河村市長)の意向だから反対』とのことですが、河村さんの意向とは、「議会報告会を開くな」ということですか?それとも、「議会報告会は議員が報酬の中から自腹でやれ」ということですか?

私は前者と受け取りましたが、どうなのでしょう。
14. Posted by shiro-to   2011年05月11日 20:00
お久しぶりです。
大変残念な結果と現実ですね。
最近は腹が立つので名古屋市のニュースは見なくなってしまいました。市長が変わればもう少し穏やかでいられそうです。
さて,地域のメディアを押さえるのが最善の策だと私も考えます。
残念ながら私の周りでも河村市長万歳の人が大半を占めています。その時だけいいという人が多いのが伺えます。
二元代表制。名古屋市は崩れていると感じています。
15. Posted by shiro-to   2011年05月11日 20:23
気になる記事があったので横井さんなら詳細をご存じかと。

名古屋市:教員免許のない社会人を教壇に 非常勤16人公募

うーん。私はこの16人×16万円の費用が捻出できるなら,即戦力になる免許を持ったこれから教員になろうとしている,社会人をお願いしたいです。
しかも週3日ほどでこの値段。高すぎませんか?生活にまで口を出せるとか?そんな簡単なものではないでしょう?しかも免許を持っていて,授業をして成績まで出している非常勤講師よりも格段に高い。
現場の人員不足とパンク寸前の超過労働を考えると,正規の職員の負担を増やすだけのような気がします。
これだけ捻出できるなら,もっと確保すべき人材があるようにも感じました。
教育委員会の人事にも都合のいいようにしている節がありましたので,これもパフォーマンスの一種?と勘ぐってしまいました。
16. Posted by ファンです   2011年05月11日 21:30
嘆かわしい減税日本の議員。

名古屋市議会選挙で、減税日本が過半数取らなくて本当良かったです。

河村市長の考えは

‘下手な鉄砲数打ちゃ当たる’

の論理だったんでしょうね。


素人議員でも過半数取れば、河村市長の思う通りに議会を動かせたのですから。

ところが、予想に反して少なかった。

今ごろ、河村市長はさぞ悔しがってるんでしょうね。

リコールの目的

河村市長の
河村市長による
河村市長の為の

議会を作ることだったんだと思います。

所詮、河村市長の操り人形でしかない。
減税日本の議員なんか散々に論破してください。

名古屋の民主主義を守ってください。

真の庶民参加の政治を実現してください
強者が弱者を虐げない社会を実現してください!
17. Posted by hiroshi_takagi   2011年05月11日 21:51
横井さんが「開かれた市会」に努力している様子はこの頃判って来ました。
ただ「何故前期の議員たちを教育出来なかったのか」が不思議です。
河村さんの横紙破りのようなやり方でなければ「市民の市政不信」に火を点けられなかった、のを「だから俺が言ってたじゃーないか」みたいな後出しじゃんけんか熟柿の落ちるのを待って居たみたいなのは、どうも僕はすっきりしません。
しかも減税日本の素人集団の未熟を噛み付き餌に仕立てながら一人悦に入っている、みたいに見えるのは僕の僻みでしょうか。
どうか自党派(会派)の方々にも厳しく対して頂きたいと思います。
18. Posted by JRC   2011年05月11日 23:50
現役市議のみなさん、将来立候補のみなさんが誰でも政策の議論を戦わすことのできるネットでのアピールをどんどんしていってほしいですね。自民でも減税日本でも情報発信の努力をしている方、そうでない方いるようです。時代とともにメディアがの政治の情勢を支配する力は薄れていくでしょう。
それとともに有権者は個々の市議の素質をより注視することになると思います。党派よりも個人の資質を。
19. Posted by とおりすがり   2011年05月12日 05:48
河村市長の思いつきによるデメリット・・・岩手県への職員派遣も岩手県内では迷惑がられていますよ

【岩手日報web siteより抜粋 http://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20110511_4】

盛岡1人、名古屋32人なぜ… 被災地への職員派遣

 
 もっと職員を派遣する体制は整えていたのに−。県が窓口となっている被災地への自治体職員長期派遣で、わずか1人の派遣にとどまっている盛岡市の谷藤裕明市長は、10日の定例会見でこうぼやいた。約2400人の職員を擁する県都は、十数人を派遣する方向で調整していたが、「他県からの申し出が優先されたのでは」と県の調整に疑問を抱く。

 県が実施した第1弾の職員派遣は陸前高田市に51人、大槌町に18人。派遣自治体は名古屋市の32人が最多で、県が9人。盛岡市は陸前高田市への土木系技術職1人の派遣にとどまっている。

 県は被災市町村の要請に基づき、全国市長会や町村会などを通じて被災地の行政機能回復を担う自治体職員を派遣。同市の菊地昭夫総務部長は「どの市町村も応援したいのに全く派遣できない市もあったと聞く。どうしてかと思った」と市長の思いを代弁する。

 達増知事が民主党籍を持つだけに、庁内には「県は民主党元衆院議員の河村たかし名古屋市長の申し出を優先したのでは」との見方も。

 県市町村課の堀江淳総括課長は「要請があった専門職種などの兼ね合いで第1弾の派遣を決めた。近く第2弾を予定しており、盛岡など県内市町村に引き続き協力していただきたい」と次は県内のマンパワーに期待する。

(2011/05/11)
20. Posted by 中区民   2011年05月12日 11:13
減税議員のお粗末ぶりはよく分かりましたし、横井議員の活動自体は評価しております。

しかし、名古屋市民がお粗末な議員を送り出さずにはいられなかったことは、従来の議員にも大きな責任があると思います。

過去の費用弁償や政務調査費の領収書公開の問題を見ただけでも従来議員の行動は市民感覚とはかけ離れていることは明らかで、あまり焦点は当たりませんが個人的には海外視察や委員会視察は問題が多いものと思っています。

政治活動をするのにお金が何にどれだけかかるのか、そしてその活動によって何を得て、市政にどのように活かされてきたかを今までしっかりと示してこなかったことも市民の不信を増幅させ、減税議員の躍進に繋がったものと思います。

今後、議員報酬についての議論がなされてくと思いますが、政治活動費と選挙活動費は明確に分けて考えていただきたいと思います。

また、減税議員の教育は名古屋市の利益につながりますので、横井議員としても是非力を注いでいただきたいと思います。
21. Posted by なみへい   2011年05月12日 21:24
横井さんに押し付けなくとも、私達市民(庶民ではないですw)が、市政を他人事と思わずに自分事として関心を絶やさず、好き勝手放題に野放しにしなければ、事足りると思います。

注目する、注目される、というのは、市民のために頑張っている議員さんには、声援となり活力となり追い風になりますが、良からぬことを考えている議員、何かを疎かにしている議員、何か疚しいことがある議員には、物凄い重圧になりますから。

22. Posted by hiroshi_takagi   2011年05月12日 22:05
中区民様。僕もそう思います。
横井さんだけが持て囃されているみたいです。横井さんの党の方々は横井さんの背中に隠れて尻馬に乗ろうとしているみたいです。
優等生を級長にして責任をおっ付ける悪ガキ共の構図が見えます。
良いのと悪いのと両方睨まないと「悪い奴ほど良く眠る」になって次選挙で生き残ります。
横井さんは優等生ですから悪い奴が分っていてもそれをあげつらう事は君子としてのプライドが許さない方なのだと思います。
また自派閥を守る気持ちも捨て切れません。
今減税日本は皆のサンドバッグになっていて叩くことが多数決なので優等生も悪がきも存分に叩いているのです。
ほんとのワルを見付けて次に落選させましょう。
息の長い、執念深い目で自分の投票者を監視しましよう。
23. Posted by ボブ   2011年05月12日 22:49
・・・今どき、言うほど悪い奴なんていないって。

今回当選した既成政党の議員は、皆さん頑張っていると思いますよ。私も、働いておりますので、全てを視聴したわけではないですが、委員会でもしっかり発言されています。
24. Posted by ジェニファー   2011年05月13日 01:02
あの程度で頑張っている、委員会でもしっかり発言していると評価されるならどうして2月にリコールされてしまったのでしょうか?
私には既成政党の議員さんたち(西区の方1名を除く)いったい何をしているのかさっぱりわかりませんが。
何をしているのかわからないこと自体が“悪い”ことではないですか?
すみません。ボブさんに喧嘩売ってるわけではないのです。
私の考え違いでしたら御免なさい。
25. Posted by ジェニファー   2011年05月13日 01:12
御免なさい。減税と間違えていました。

日本語は
よく読んでから発言します。反省
26. Posted by 横井利明   2011年05月14日 00:26
5 1.コアラさん、市民のために議員になった以上、市民を見て活動すべきと私も思います。
2.今井さん、市会だよりは改善すべき点はご指摘の通りだと思います。
3.市民北さん、私も周りは非常に冷静に市政を見ている人が多いようです。あらゆる機会を通して市民に話をしていきます。
4.モグラ−さん、議会基本条例の精神を必ず実現させていきます。
5.Bassさん、大村知事が暴走することはないと思いますが、一方で県議会も改革待ったなしでしょう。
6.出来町さん、ご要望にお応えしました。
7.8.通行者さん、経歴がなぜないのでしょうか。同様のご意見をよく市民の方々からうかがいます。
9.縄文人さん、発言はデータベースで公開されています。
10.エディーさん、ワンフレーズがメディア戦略では大切なことはよく理解します。でも、ワンフレーズ社会の怖さも一方であります。問題点を包み隠すための手法だからです。
11.アンキロさん、「議会報告会」などの議会改革に反対する市長や議員がもてはやされているのです。
12.haripoさん、パソコンを更新する予算がつかず、パワーポイントが十分使えないほど古いパソコンなのです。
13.江口晃司さん、河村市長は議会総体として「議会報告会」を開催することに反対しています。個々の議員だけでやるべきものと主張しています。
27. Posted by 横井利明   2011年05月14日 00:26
5 14.15.shiro-toさん、二元代表制を理解しない市長や議員がいるため二元代表制が崩壊しているように市民の目に映るのでしょう。
16.ファンですさん、市長が議会を占領することは憲法上もtり法自治法上もあってはならないことです。議員が市長を「代表」と呼ぶのはちょっと怖いものがあります。
17.hiroshi_takagiさん、もちろん減税の議員だけが問題があるわけでもなく、自民党も課題を抱えています。が、総合力としては信頼に足るものだと思います。若手団員の研修をしっかりやります。
18.JRCさん、地方政治は政党政治というより個人の議員の集合体だと私も思います。これからの地方議会はより議員に対し、シビアな評価を求められると思います。
19.とおりすがりさん、一度、私も現地に入り状況を確認します。
20.中区民さん、従来の議会に問題があると感じているからこそ、私達も議会改革をしてきたものです。
21.なみへいさん、その通りです。市民の無関心が議会を停滞させた面はあったと思います。
22.hiroshi_takagiさん、自民党の中にも志を持って頑張っている方もおり、また、他党の中にも尊敬する方がおみえです。一方、どうかと思う方もありますが。市民の監視ができるよう、私たち議会はより透明な市政を目指します。
23.ボブさん、何をもって悪いと評価するのかは難しいところですが、多くの問題を依然と抱えていることは事実です。悪いことをしてお金を稼いでいるという意味では、そんな人はいないだろうと思います。
24.25.ジェニファーさん、減税の方々の中にもこれから楽しみという方もいると思います。問題はあの党には教育係がいないのです。いい原石も磨かなければ光りません。この点が気の毒です。
28. Posted by 出来町   2011年05月14日 02:25
3 補足 ありがとうございました。
29. Posted by 横井利明   2011年05月16日 01:36
5 28.出来町さん、どういたしまして。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字