2009年03月28日

2009年03月28日

オアシス21でハンドボール大会??コアラカップ大会

P10001553月28日、オアシス21銀河の広場において、NPO法人名古屋スポーツクラブ主催によるコアラカップ大会(東海3県小中学生クラブチーム交流大会)をおこなった。(写真は表彰式で、同理事長横井利明が記念品を贈呈しているところ。)
アオシス21銀河の広場といえば、栄のど真ん中であり、普段は人がごった返しているところ。こんなところでハンドボールの大会をやっているのを見た人は、きっと驚いただろう。
どちらかといえば,ハンドボールはややマイナーなスポーツではあるが、実は全国でも愛知県が最も盛ん。ハンドボール王国愛知とも言われている。その基礎を築いたのは、名古屋市立桜台高校教諭の故稲石三二さん。全国大会優勝を数年連続勝ち取り、桜台高校の黄金時代を築いた。
その稲石先生と私の出会いは、31年前。私が桜台高校に入学した時はまだ先生は若かった。当時体育の教諭として赴任していたが、体育の授業は1年中すべてハンドボール。他の授業は全くやらない。そして、私が高校3年生になったときには、稲石先生が担任に。でも、あまり担任らしいことはせず、「適当にお前らでやっとけ!」が口癖だった。しかし、私にとっては、最も尊敬する先生だ。
私が29歳で市会議員に初当選したときの稲石先生の言葉は、「お前が市会議員になるなんて、この世の終わりだ!」先生らしい言葉で、力いっぱい励まされた。
しかし、ちょうど1年前に急逝。多くの人々に惜しまれたが、先生の遺志をみんなで継いでいかなければ。先生のご冥福を祈る。


minami758 at 23:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)