2014年11月03日

一般社団法人あがり症協会設立記念パーティー

11月3日(月)、「一般社団法人あがり症克服協会設立記念パーティー」が、トヨタ産業技術記念館「ブリックエイジ」 で開催され、私も参加させていただいた。

IMG_4866(社)あがり症克服協会理事長の鳥谷朝代さんは、私の家内と名古屋市役所の同期採用で親友。市長秘書、教育委員会主事、市議会事務局書記をつとめたのち、33歳で退職。自身のあがり症克服の経験をもとに、あがり症克服に特化した話し方教室「あがり症・話しベタさんのためのスピーチ塾」を開講した。誰でも楽にあがりを改善する方法を確立し、開校12年で克服へ導いた受講生は12,000人をこえる。

2014年7月には、全国初の元あがり症によるあがり症のための協会「一般社団法人あがり症克服協会」を発足、今日の設立パーティの開催にこぎつけた。

IMG_4869パーティでは、テーブルごとに塾生が「1分間スピーチ」に挑戦。以前、あがり症で全く人前で話ができなかったとは思えないぐらい堂々としたスピーチが続き、指導の確かさを実感した。ちなみに、私の家内や娘も同協会の会員。

日本人の8割以上があがり症だといわれる現在、ありのままの自分を表現できる「一般社団法人あがり症克服協会」が果たす役割は極めて大きい。鳥谷朝代さん始め、関係の方々の活躍に期待したい。

あがり症克服協会、設立おめでとうございま〜す*\(^o^)/*


minami758 at 22:16│Comments(7)26.その他 

この記事へのコメント

1. Posted by 通行者   2014年11月03日 23:38
ご本人の体験から設立されたのですね。(HPを見ました。)
2. Posted by 通行者   2014年11月03日 23:42
(HPも、見ました。)
3. Posted by とある南区民   2014年11月04日 00:58
あがりの症状は神経伝達物質によるものだと思っていましたので心療内科や精神科などに行くものだと思っておりました。
あがり症というのは治療するものではなく、克服するものだったのですね。勉強になります。

カリキュラムをゼロから作るのには大変な苦労が必要だったと思います。その努力はこれからもきっと多くの方の役に立つことでしょう。期待しています。
4. Posted by 大吾   2014年11月04日 05:36
ビビッドに生きている人は年齢を超えた美しさをお持ちですな。
5. Posted by アンキロ   2014年11月04日 07:55
★中学校で教えたら
◆私も>>3南区民さんと同様治療するものだと思っていました。
 人によっては薬治療でないと効果が出ないヒトもいるのでしょう。でもそれでは治療費も手間もかかる。
◆このあがり症対策の講座を、中学で行なってほしいですね。ちょうど受験があるので面接対策にもなります。
6. Posted by あがり症克服協会 鳥谷朝代   2014年11月04日 10:33
横井先生

昨日はお忙しい中お越しくださいまして、誠にありがとうございました。
至らぬ点も多々あったと思いますが、このようにご紹介くださり、大変励みになります。

「あがり症、話しベタはトレーニングで克服できる」…受講生の皆さんの上手なスピーチを聞いていて、やはり間違いではなかったと確信いたしました!

今後もひとりでも多くの方のお悩みを解消するために精進していきたいと思います。

(ひとつ心残りは…先生のスピーチを勉強させていただきたかったです!笑)

ありがとうございました。
7. Posted by 横井利明   2014年11月04日 18:58
5 1.2.通行者さん、鳥谷朝代さんのホームページを見ると、「あがり症克服協会」の活動が、大変たくさんの方々の心の支えになっているのがわかりますよね。
3.とある南区民さん、「場数を踏む」という言葉がある通り、訓練や経験で克服できる部分も多々あると思います。人前で話をするとき、誰しも最初はあがって、頭の中が真っ白になりますよね。
4.大吾さん、一生懸命がんばる人は男女問わず輝いて見えます。
5.アンキロさん、中学生かどうかは議論がありますが、子どものころから人前で話をする経験が増えればと私も思います。
6.鳥谷朝代さん、あがり症克服に向けた鳥谷先生の活動を熱烈に支持しています。あがり症のため人前に出ることができないという方は決して少なくありません。くれぐれもお体に気をつけられ、活躍を期待しています。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字