山崎川耐震補強工事(令和3年度分)保育園・認定こども園は限界に

2021年09月11日

9.11から20年

旅客機4機がハイジャックされ、ニューヨークの世界貿易センタービルなどに突入し、世界に衝撃を与えた同時多発テロから20年が経過。当時私はテレビの映像を見ても一体何が起こっているのか全く理解できず、ただただ崩落する世界貿易センタービルを食い入るように見つめるだけだった。

テロから10年が経過した2011年には崩落した世界貿易センター跡地「グランド・ゼロ」を訪れ、犠牲となられた日本人24人を含む約3,000人の犠牲者を追悼する巨大プール前で目を閉じて手を合わせた。

さて、この20年間で明らかになったのは、軍事力のみでは世界に平和は訪れないということだろう。9.11のような大規模なテロは減少したものの、過激派組織は世界各地に分散し悲惨な事件や事故を繰り返している。まさに根底にあるのは、過激思想を生む教育。この是正が行われない限り、テロが起こる素地は残り続ける。

日本政府はアフガンで農業、教育、保健・医療、女性の地位向上といった幅広い分野での人道復興支援を進めきた。また、日本の大学院へ留学するための奨学金制度も実施してきた。今回の米軍の撤退によって国内が混乱し、日本による民生支援は停止せざるを得ないものの、日本に対する評価は決して低くはないと信じたい。

その中で、私たち市民レベルでできることには限界はあるものの、過激思想の土壌にある貧困や格差をうめるための「教育分野」で何ができるのかが課題になるのかもしれない。


minami758 at 23:55│Comments(4) 17.国際 

この記事へのコメント

1. Posted by ひとこと   2021年09月13日 04:24
アメリカの中東政策の大失敗。敵対するイランを挟み撃ちしようと、イランの東にあるアフガンと、イランの西にあるイラクに戦争を仕掛けたが、アフガンはタリバンに奪回され、大量破壊兵器などないのにあるときめつけて攻撃したイラクは大混乱でイラン寄りのシーア派がかえって勢力を伸ばし、住民からは「サダムフセイン政権のほうがよほどマシだった」と言われる始末。
アメリカにとってはベトナム戦争以上の大失敗。ベトナムはアメリカ撤退後、侵略してきた中国と中越戦争を闘い勝利。軍事面ではいまや親米国です。アメリカはアフガンにベトナム戦争以上に長期間駐留したのに何一つ得られなかった。
2. Posted by 一市民   2021年09月13日 09:16
米国は対アフガニスタン戦争に総額2兆2600億ドル(250兆円)を投入し、2500名の米軍兵士と4000名の民間米国人が死亡した挙句、一度は壊滅状態に追い込んだタリバンに政権を奪回された。米国が建国以来重ねてきたありとあらゆる対外戦争のなかでも、最も無残な敗北です。
これだけの犠牲を払いながら、何一つ得るものがなかったどころか、タリバンの事実上の後ろ盾だった親中国家パキスタンとアフガニスタン・イランに対する中国の影響力が今後、格段に増すのは確実。バイデン大統領は対中国に専念するためにアフガンから撤退したといっていますが、アフガンから撤退したこと自体が中国を大きく利するものです。でも、もう米軍が今後、途上国に大規模戦争を仕掛けることはないでしょう、米国民が認めませんから。第二次世界大戦で日本に勝ったのを最後に、米軍は朝鮮戦争、ベトナム戦争、対アフガン・イラク戦争と発展途上国を相手にした大規模戦争すべてに敗北していますから。
9.11直後、当時のブッシュ(息子)大統領は「かつての敵国(日本)が今は最良の友人となったように、イラクもアフガンも民主主義国家に生まれ変わる」と演説しましたが、日本がむしろ例外であったことを今では多くの米国民が認識しているでしょう。
3. Posted by こんな人たち   2021年09月13日 10:25
>今回の米軍の撤退によって国内が混乱し、日本による民生支援は停止せざるを得ないものの、日本に対する評価は決して低くはないと信じたい。

横井さん、それは残念ながらひと昔前の話ですよ。日本は欧米諸国と違って中東を侵略したり植民地支配した過去がないので、中東では親日感情が強いというのは昔話。今では、日本は米国の中東戦略に盲従しているだけの国だということは庶民にも広く浸透しています。昔は日本人が武装勢力の人質になっても欧米人よりも手荒な扱いはされないなんてまことしやかに言われた時期もあったが、今や逆に、私は日本人だと名乗ればむしろ真っ先に標的になるというのが現実。
ただし、数少ない昔の遺産はあります。それは日本がG7で唯一、イランの友好国だということ。米国がホメイニ師のイラン革命以来イランと敵対しているのに、日本はイランと良好な関係を今日まで維持してきた。これを生かさない手はないのに、今の自民党政権にその見識が充分にあるのか甚だ疑問ですが。
4. Posted by とある南区民   2021年09月14日 11:20
アフガニスタンといえば、中村哲医師の件がありましたが、一体何をすればくだらぬ争いを止めて平和が訪れるのだろうか?と、常々思います。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
山崎川耐震補強工事(令和3年度分)保育園・認定こども園は限界に