総裁選挙は誰に入れたらいいの?金メダル事件に対する本会議質疑にアクセスが集中 サーバーダウン

2021年09月14日

個人質問の質問内容が通告されました。

9月14日(火)午前11時に開会された議会運営委員会(小川としゆき委員長)において、各議員から提出されていた個人質問の質問内容がすべて了承された。これにより、各議員は本会議場において、通告の範囲内で思い思いの個人質問を展開する。なお、個人質問の時間はあらかじめ各会派所属議員数に応じて割り振られた持ち時間の中で行われる(会派持ち時間制)。なお、市長並びに各局長からの答弁時間も持ち時間に含まれる。

さて、9月定例議会では、市長の政治姿勢に関する質問が各会派から数多く通告されている。これは、市民の皆様から「金メダルかじり事件」や「市長のセクハラとされる行為」「気持ちが全く伝わらない謝罪」など、市民の怒りや不満が各議員や各会派に殺到したことから、市民の声を議会に反映させる必要があるため。

また「日本一のコロナ対策」と河村市長は自負するものの、医療現場から、また市民からも市長の姿が全く見えないという批判も少なくない。本市のコロナ対策にも質疑が集まる見込み。

【個人質問】
■ 9月15日(水)午前10時〜
〇 成田たかゆき(自民)[24分]
1. 金メダル事件について

〇 赤松てつじ(民主)[25分]
1. 河村市長の不適切な言動が与えた市職員への影響について
2.「NAMIMONOGATARI(波物語)2021」参加者に対するPCR検査について
(1) 検査費用
(2) 子どもたちに対するPCR検査との比較

〇 田山宏之(減税)[20分]
1. 金メダル問題への市長の認識及び対応について
2. 本市のハラスメント対策について

〇 さわだ晃一(公明)[26分]
1. 病気療養中の高校生のオンラインによる授業参加について
2. 市長の不適切かつ軽率な言動(金メダル事件)による市政への影響について

〇 江上博之(共産)[20分]
1. 金メダル事件について
(1) 市長の政治責任
(2) 市に寄せられた意見・抗議への対応

■ 9月15日(水)午後1時〜
〇 鈴木和夫(自民)[25分]
1. 新型コロナウイルス感染症に関する保健センターの積極的疫学調査のあり方について
2. 広報なごやに見る市長の行為について
3.「伊勢湾台風をめぐる不適切発言」に端を発する市長公務への影響について

〇 うえぞの晋介(民主)[25分]
1. コロナ禍で影響を受けた地域活動の今後の支援について
2. 名古屋市国際展示場ポートメッセなごやのさらなる発展に向けた記念イベントの開催について

〇 中川あつし(減税)[17分]
1. キャッシュレス決済による買物に対するポイント還元事業について

〇 近藤和博(公明)[26分]
1. 不登校児童生徒への支援について
(1) 校内の教室以外の居場所確保
(2) フリースクール等民間団体(施設)との連携
2. 学校における儀薪尿病の幼児児童生徒への対応について
3. 弱視の早期発見に向けた3歳児健康診査におけるフォトスクリーナーの導入について

■ 9月16日(木)午前10時〜
〇 さはしあこ(共産)[18分]
1. 子どもが主体的に関わる校則のあり方について

〇 服部しんのすけ(自民)[23分]
1. 消防団員の処遇改善について
2. 名古屋まつりへの金メダル事件の影響について

〇 塚本つよし(民主)[25分]
1. 次期総合計画策定における「若者会議」について
2. 栄・久屋大通の一体的なにぎわい創出について
(1) 久屋大通公園と沿道の一体化の推進
(2) 自転車共存タウンの推進
ア. 歩行者と自転車利用者がぶつからない空間整備
イ. 久屋大通地下駐車場の自転車等駐車場への活用
ウ. 若宮大通へ新たな自転車等駐車場の整備
(3) なごや観光ルートバス「メーグル」の大須ルート
(4) 名古屋城エリアと久屋エリアを結ぶ都市ロープウェイ

〇 余語さやか(減税)[18分]
1. コロナ禍における自宅療養者に対するオンライン診療の活用について
2. 区役所及び支所における無料公衆無線LANの整備について

〇 三輪芳裕(公明)[26分]
1. 災害から命を守る仕組みづくりについて
 ――熱海の土砂災害を教訓として――
(1) 地域の継続的な防災活動を支える「防災サポーター」の育成
(2) 土砂災害特別警戒区域への支援
2. 子育て応援施策について
(1) 保育施設とのマッチング
(2) 子育て支援情報へのアクセス機能の向上

■ 9月16日(木)午後1時〜
〇 さいとう愛子(共産)[18分]
1. 名古屋市図書館第1ブロックの施設整備方針(案)について

〇 岩本たかひろ(自民)[23分]
1. 金メダル事件について
(1) アジア競技大会はじめスポーツ行政に与える影響
2. 自動車図書館について

〇 山田昌弘(民主)[28分]
1. 新型コロナウイルス感染症に係る正確な情報提供について
(1) 病床使用の状況
(2) 宿泊療養施設入所の状況
(3) ブレークスルー感染者の状況
2. カーボンニュートラルに向けた電動車導入に対する支援について
3. エスカレーターの安全な利用の促進について

〇 豊田薫(減税)[17分]
1. 名古屋市におけるいじめ対策と、子どもたちが主体性をもってお互いを尊重する心の育成について
(1) 名古屋市いじめ防止基本方針の見直し
(2) なごや子ども応援委員会の対応
(3) 学校における子どもの主体性を育む活動の促進

■ 9月17日(金)午前10時〜
〇 小林祥子(公明)[26分]
1. がん対策について
(1) 乳がん・子宮がんの医療技術の進化に合わせた新たな検診方法
(2) がん教育の外部講師の活用
2. 生活保護業務の体制強化について

〇 斉藤たかお(自民)[23分]
1. 脱炭素社会の実現に向けた本市の取組について
2. SDGs達成のための新たな方策について
 ―ESG投資の活用―
3. 中村区役所旧庁舎の空きスペースの有効活用について

〇 おくむら文悟(民主)[25分]
1. 感染症患者の治療等可能な臨時医療施設の整備について
(1) 新型コロナウイルス感染症への対応
(2) 新たな感染症発生時への備え
2. クラブハウス設置など機能性向上に向けた名城庭球場の整備について
3. 障害児施設等を利用する3歳未満児の利用者負担の無償化について

〇 大村光子(減税)[21分]
1. 名古屋市職員採用試験への適性検査の導入について
2. コロナ禍における観光推進施策について
(1) コロナ禍における観光推進の基本的な考え方
(2) マイクロツーリズムの推進

〇 中田ちづこ(自民)[15分]
1. 駅ピアノ・街角ピアノの取り組みについて

■ 9月17日(金)午後1時〜
〇 久野美穂(民主)[25分]
1. 名古屋市役所職員における男女共同参画のあり方について

〇 鹿島としあき(減税)[20分]
1.「行くのが楽しい」と言える学校づくりについて
(1) ランドセル通学 
(2) タブレット活用による子どもたちの学びの変化
(3) これからの小中一貫校

〇 伊神邦彦(自民)[24分]
1. 学校給食の問題について
2. 市長公約の買物還元総額200億円のキャッシュバック事業に係る財源について
3.「河村市長 金メダルかじる」事件に係る市長の政治責任について

〇 浅井正仁(自民)[28分]
1. 障害者自立支援施設の整備について
2. 名古屋城天守閣木造復元について
3. 市長の政治姿勢について
(1) 金メダル事件


minami758 at 11:10│Comments(4) 1.名古屋市議会 | 31.名古屋市政

この記事へのコメント

1. Posted by 緑のおじさん   2021年09月14日 18:58
なっさけな〜!
情けないぞ!
もっと、
あのパフォーマンス市長のやった事!
全国レベルで笑われてる事!

名古屋市民の為の政治家なら、
名古屋市民の税金を報酬としてるなら、

名古屋市民が笑い者になってる汚名を、

なんとかしてくれませんか?


2. Posted by とある南区民   2021年09月15日 09:19
市民の声を議会に反映するために金メダル嚙み事件の質問が多いとのことですが、市民の声を議会に反映するのであれば、自粛要請を受けて経済的な被害等に遭っている方も多数みえるはずですが、そういった事に関しての質問があまりみられないのが大変残念に感じます。本当に市民の声が議会に届いているのでしょうか?

さて、リコール不正署名の件はどうなったのでしょうか?市議会も言いっぱなしで終わってはいませんか?
金メダル事件の件も全く同じ質問が続くだけであるならば、時間が無駄に過ぎて終わります。
例えばリコールの時も「不正署名の件」などと絞って質問すればいいのに、「リコール」という言葉をいちいち使うから市長が「リコールは認められた権利だ」などと的外れで結局はグダグダの答弁で終わってしまっています。

この問題を「給与を3か月分返上して終わり」でいいのでしょうか?
質問の言葉を間違えると「ケジメをつけているのに何がいけないんだ?」と下手に切り返され、弱い者イジメのように発信されかねませんからお気を付けください。
市会議員の質問力が問われると思います。
3. Posted by アンキロ   2021年09月15日 20:08
★金メダル事件、多すぎ
◆さすがに金メダルを噛んだに、時間さきすぎです。
 こんなの15分で終わらせて、とっととコロナ対策の質疑したほうがましです
4. Posted by 市長を追いつめろ   2021年09月18日 23:33
市長の答弁の際、よく、「まあ、アレですけど…。」というのは、問題を曖昧にして、明言せず、責任逃れをしようとする作戦。また、「『猛省しとる』ということですわ。」などの表現を使って他人事のように表現するのは、皆さんが指摘されている通り、心から反省しているという気持ちが伝わりません。他人事のようにして、自己保身を図るための話し方作戦の一つだと感じます。
議会は、こういう時こそ、立ち止まって、「アレとは、なんですか?」「ということですわ」じゃないでしょ、どういうこと? 市長として真摯に自分の言葉で謝罪しなさいよ!と食いつくべき。そうすることで、謝りたくないこともしっかり謝らせるだけでなく、自己責任の大きさを思い知らせる、また、一般市民に対しても、ずいぶんたくさんの大きな失敗をしている人なんだなという印象を持たせる意味でも有効だと思います。
どなたかも指摘されましたが、プライベートはともかく、市会など公式の場では、すべての人に伝わりやすいように標準語を心がけるべきだと思います。私など、よく分からないことがたびたびあります!

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
総裁選挙は誰に入れたらいいの?金メダル事件に対する本会議質疑にアクセスが集中 サーバーダウン