2017年10月15日

リバティで行く南会津の紅葉 日帰りの旅

湯野上温泉大川渓谷土日しか休みが取れない方向けの南会津 秋の日帰り列車旅の紹介です。
前回まで紹介した「のってたのしい列車で秋を行く」シリーズでは、宿泊を前提とした日程で紹介しましたが、南会津の紅葉🍁を見るなら、会津下郷観光循環バスを利用した日帰りの旅も十分可能です。(注意  会津下郷観光循環バスは毎週土・日・祝日のみ運行) 
観音沼9ちょっと朝早いが、浅草駅6時30分発の東武特急リバティ会津101号に乗れば、会津田島駅には9時45分着。
すぐさま9時52分発のリレー101号に乗り換えれば会津下郷駅には10時11分に着くので、会津下郷大内宿観光循環バスの10時15分発南循環に乗れば、前回(のってたのしい列車で秋を行く 東武鬼怒川・会津ラインその3)で紹介したのと同じ行程で、会津下郷駅→観音沼森林公園 →会津下郷駅(北循環に乗り換え)→大内宿→塔のへつり→塔のへ塔のへつりつり駅(帰路)のコースを巡り、浅草駅には21時15分までに帰ることができます。

〈風覧坊〉
続きを読む

2017年10月12日

のってたのしい列車で秋を行く( 東武鬼怒川・会津ライン その3)

のってたのしい列車で秋を行く、第3弾です。

その1、その2と記事に手間取っていたら、もう南会津の紅葉もだいぶ進んできた。

やべぇ、記事が追いつかない(^^;;

リレー号 今日の最初の目的地は会津下郷駅です。

会津若松9時19分発のリレー128号に乗ります。 

(ちなみにリレー号とは、会津田島駅でリバティ会津に接続する列車を言います)
芦ノ牧温泉に宿泊した人は芦ノ牧温泉駅9時43分発になります。
ねこ駅長らぶ ちょっとゆっくり目なので、芦ノ牧温泉駅ではねこ駅長の「らぶ」を表敬訪問しましょう。

いつもなら会津下郷駅を目指さずに湯野上温泉駅に下車して、先ずはレトロバス「猿游号(さるゆうごう) 猿游号 1日フリー乗車券1000円」で大内宿を観光し、その後に塔のへつり駅まで移動して塔のへつりを観光と案内するところ。

だが今回は、福島県きっての紅葉の名所「観音沼森林公園」を観てもらいたので、敢えて会津下郷駅まで行って会津下郷観光循環バスで廻る旅を紹介します。
〈風覧坊〉

続きを読む

2017年10月10日

のってたのしい列車で秋を行く(東武鬼怒川・会津ライン その2)

「のってたのしい列車で秋を行く」2日目の始まりです。

リバティ 会津田島駅 鬼怒川温泉のホテルでゆっくりと朝食をとったら、出発は鬼怒川温泉駅発8時35分のリバティ会津101号に乗り、龍王峡駅に向かいます。

龍王峡駅には8時47分に着きます。

龍王峡龍王峡は鬼怒川の流れによって約3劼墨砲辰匿食されてできた景勝地で、険しい岩盤が露出し、さながら龍が暴れ回ったような形跡を残すことから龍王峡と名付けられたそうです。
至る所に奇岩や滝が連続して、特にこれからの紅葉シーズンはハイキングに最適です。

特急リバティは下今市駅から会津田島駅間なら特急料金は不要なので乗車券だけで乗れます。

龍王峡駅 リバティ会津車内








ただし、全車指定席なので、座席指定が満席の場合は座ることができません。

鬼怒川温泉駅から龍王峡駅までの所要時間は12分なので立っていても平気ですが、どうしても座りたい場合は特急料金の大人880円が必要になります。

(車掌さんに聞いてみて、空いていれば特急券なしでも座らせてくれるかも?
〈風覧坊〉

続きを読む

2017年10月08日

のってたのしい列車で秋を行く(東武鬼怒川・会津ライン その1)

JR東日本の新幹線用旅行冊子「トランヴェール」9月号の特集は「のってたのしい列車で秋を行く」。
ならば今回はJRではなく、東武鉄道・野岩鉄道・会津鉄道版「のってたのしい列車で秋の行く」を紹介します。(もう10月なのですが‥^_^;)

先日、福島民報新聞で、県は浅草や日光を訪れる外国人向けに会津地方の歴史、名所を紹介する英語版ガイドブックを作製・配布し、誘客につなげると発表がありました。







ようやく外国人観光客にも力を入れるようですが、今回はこの外国人観光ルート「ダイヤモンドルート(浅草〜日光〜会津)」に沿って、東武鉄道・野岩鉄道・会津鉄道経由の「のってたのしい列車で行く秋の旅」を紹介したいと思います。(英語がダメなので日本人向けに‥^_^;)
〈風覧坊〉
続きを読む

2017年10月02日

新そばまつりの季節が到来

猿楽台 9月3日の記事で南会津のそば畑の花が満開だよと紹介したばかりなのに、もう収穫を迎えて、お待ちかねの新そばの季節になりました。 
10月、南会津では各地で新そばまつりが開催されます。 

毎週、南会津のどこかでそばまつりが開催されるので、お蕎麦が好きな人は毎週ように南会津を訪れてそば三昧とか?
南会津は朝晩の寒暖の差が大きいことから、そばの栽培に適した土地と言われ、
南会津のそばの味はレベルが高いです。是非、南会津の蕎麦の味をご堪能下さい。
〈風覧坊〉
続きを読む
fuuranbow at 12:32|この記事のURLComments(0)

2017年09月28日

天空の古道 会津中街道 山歩き旅

天空の古道 会津中街道を辿るイベント「会津中街道  山歩き旅」が、10月15日()〜16日(月)1泊2日の日程で開催されます。
主催は会津中街道交流実行委員会。
会津中街道は松川街道とも呼ばれる江戸時代の旧街道で、会津若松から奥州街道の氏家(栃木県)までを結ぶ約125劼粒稿察
天和3年(1683年)の日光大地震により、それまでの下野街道(会津西街道)が通行不能となり、会津藩三代藩主 松平正容によって元禄8年(1695年)に整備されたもので、下郷町の松川宿から観音沼の脇を通り、標高1468mの大峠を越えるルートになります。
大峠付近からの那須山中は、茶臼岳を臨みながら、空から見下ろすような景色の中を歩くので、天空の古道とも呼ばれるようになりました。







〈風覧坊〉
続きを読む

2017年09月21日

南会津の星空を眺めるイベント

工場もないし車も少ないから空気がきれい。

夜にはビルもネオンもないので真っ暗闇。

そんな南会津だから、都会にないものを提供できるのは、綺麗な星空です。

今回は、そんな南会津の満天の星空を見上げるイベントを紹介します。 
〈風覧坊〉
続きを読む

会津まつりで会おう!

会津まつり1 9月23日()の会津まつりに、南会津が誇る3団体が揃って出場します。
よさこいの郷人(下郷町)、「南山義民喜四郎伝」を演じるチーム息吹(南会津町)、そして田島太鼓龍巳会(南会津町)です。

郷人パレード 郷人は地方車を先導に踊りながら進むパレード演舞を
10:36 神明通りリオンドール前
13:00 中央通りカワチ薬局前
で披露します。


そして鶴ヶ城本丸ステージでは、11時15分から14時45分までステージイベントが開催されていて7団体が出演します。
チーム息吹による組踊りは6番目に登場、田島太鼓龍巳会の太鼓演奏が7番目に登場です。
ぜひ、ご覧下さい。 
チーム息吹が13時35分頃の予定とのことなので、少し早めにお出かけを‥。
チーム息吹 田島太鼓龍巳会




<風覧坊>  
続きを読む

2017年09月20日

田島太鼓龍巳会 ダブル優勝!

第5回北日本大会 和太鼓演奏の技を競う「太鼓祭inなとり第5回北日本大会」が9月17日()、宮城県名取市で開催されました。
組太鼓一般部門に5団体(全て福島県勢)、組太鼓ジュニア部門に3団体、大太鼓部門には5人が出場しています。

南会津からは昨年の組太鼓一般部門の覇者「田島太鼓龍巳会  白鼓」とジュニア部門の覇者「田島太鼓龍巳会  鼓狐」が出場しました。
田島太鼓龍巳会 白鼓 田島太鼓龍巳会 鼓狐




(写真は昨年の南会津町商工産業まつりでの様子

審査の結果、今年もなんと、北日本大会ダブル優勝、しかも二連覇です。 

(審査結果の詳しく、大会の様子の動画は、こちらからどうぞ)
有効投票数1386票のうち、一般の部673票、ジュニアの部642票と双方とも圧倒的な強さだったよう。
すごいぞ龍巳会!
おめでとうございます。
優勝者した「白鼓」と「鼓狐」は揃って12月10日にさいたま市大宮ソニックシティで開かれる「日本一決定戦」に出場です。
今年はハワイや台湾と海外進出も果たし、大活躍の龍巳会ですが、日本一決定戦でもぜひ優勝してもらいたいです。
皆さんで応援しましょう!
<風覧坊>


郷人 うつくしまyosakoiまつり2017

9月17日()、18日(月)に郡山市の磐梯熱海温泉にあるユラックス熱海を会場に「第17回うつくしまyosakoiまつり」が開催されました。

うつよさ5













県内外から約120団体、約3千人が参加する中、南会津からはもちろん郷人が出場です

台風18号の影響で、17日は生憎の雨模様となってしまいましたが、そこは雨に強い(慣れた?)郷人!

18日は台風一過の清々しい中での演舞になりましたが、その様子を紹介します。

〈風覧坊〉

続きを読む

2017年09月17日

日本遺産 永田西国三十三観音

南会津の日本遺産でも紹介しましたが、「会津の三十三観音めぐり」の一つとして日本遺産に認定された南会津町田島の「永田西国三十三観音」に行ってきました。

三十三観音巡りは観音経で観世音菩薩が衆世を救うとき33の姿に変化するという信仰に由来し、その功徳に与るために三十三の霊場を巡拝するもの。

現世で犯したあらゆる罪業が消滅し、極楽往生できるとされています。

坂東三十三観音など、全国各地に三十三観音巡りがありますが、中でも西国三十三観音巡りは、京都、大阪を始めとした近畿地方 に点在する33か所の観音信仰の霊場を参拝するもので、日本で最も歴史のある巡礼だそうです。

その西国三十三観音巡りを一般庶民も経費と時間を掛けずとも一箇所で巡礼できようにしたのが「永田西国三十三観音」。








鷲山の山腹には三十三体の観音様が、およそ1劼了各擦鳳茲辰栃造鵑任り、「御詠歌(ごえいか)」を唱えながら山道を一周すると西国三十三観音を巡礼した時と同じ功徳があると言われています。

〈風覧坊〉

続きを読む
fuuranbow at 22:00|この記事のURLComments(0)田島 | 伝統行事

2017年09月05日

もうすぐ大宴会!

もうすぐ待ちに待った大宴会。
南会津の野外音楽フェス「大宴会in南会津2017」は9/17()の開催です。
     日時/DATE
  2017/9/17() 開場10時 開演11時予定
 会場/PLACE
  福島県南会津町糸沢
 チケット  /  TICKETS
  前売り券 5,500円、当日券 6,500円
  高校生割 2,000円、中学生以下 入場無料

地元の若者たちと遠くから応援に駆けつけてくれるボランティアスタッフで運営する、手作り感たっぷりの野外音楽フェスティバルです。
だから文化祭的な要素もあちこちにあって、音楽以外にも楽しめるコンテンツがたくさん用意されています。







お金をかけてイベント屋さんに実施してもらうフェスとは違い、スタッフのお客様をお迎えするおもてなしの心と気配りが行き届いていて、それが大宴会の人気の秘密なのです。
〈風覧坊〉
続きを読む

2017年09月03日

前沢のそば畑NOW

9月3日(南会津町舘岩地区、重要伝統的建造物群保存地区  前沢曲家集落のそば畑です。
前沢曲集落には、北陸地方に多い寄棟造の主屋に切妻屋根の中門を接続した中門造りの曲屋が立ち並びます。
曲屋資料館 曲屋






集落に入る手前に左に入る道があり、前沢交流館前を過ぎるとそば畑があります。
(左下の展望台から見た写真の一番下に見える左側の道路。右下の写真に写っていますが、「←そば畑」の小さな看板が建っています。)
前沢曲屋集落 ここから左へ






前沢のそば畑1 そば畑も前沢曲家集落の魅力のひとつです。
ぜひお立ち寄りください。

<風覧坊>

高杖のそば畑NOW

9月3日(南会津町舘岩地区のたかつえスキー場下のそば畑です。
ちょうど見頃を迎えています。
蕎麦の花 久々の青空の下、秋風にそばの花が揺れてとても心地良かったです。
9月10日まではライトアップもされています。
ライトアップされた蕎麦畑ってどんなだろう?

高杖のそば畑2 高杖のそば畑3






〈風覧坊〉

2017年08月22日

南会津の日本遺産

日本遺産ロゴ日本遺産(Japan Heritage)とは、 文化庁によれば 域の歴史的魅力や特色を通じて我が国の文化・伝統を語るストーリーを日本遺産として 文化庁が認定するもの」で、ストーリーを語る上で欠かせない魅力溢れる有形や無形の様々な文化財群を、地域が主体となって総合的に整備・活用し、それを「面」として 国内だけでなく海外へも戦略的に発信していくことにより、地域の活性化を図ることを目的としている  文化財の価値付けや保全のための新たな規制を図るものではないのだそう。
なんだか良く分からないが、簡単に言えば「伝統行事や 化財など、歴史的な魅力の残る地域を日本遺産 として登録し、広く世界に知ってもらって観光で来てもらおう」ですね。      
会津の三十三観音めぐりパンフところで、福島県では平成28年4月25日に「未来を拓いた''一本の水路''」(猪苗代・郡山の安積疏水を中心とした開拓事業)と会津の三十三観音めぐり〜巡礼を通して観た往時の会津の文化〜」の2件が認定されました。
今回はこの内、南会津郡内の日本遺産にについて紹介します。
〈風覧坊〉
続きを読む
最新コメント
月別
バナー


バナーを作りました。
ご自由にお使いください。
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

都道府県別アクセス

ジオターゲティング