山岳移動の香り

 奥多摩・奥武蔵の低山を中心にCB・特小の山岳移動を行っております。渓流釣りも沢登りも・・・山で遊ぶことが大好きです。時々ブログタイトルに関係ない話題も書いてます。

2018年冬季遠征スタートも激しく爆風を喰らう・・・

 明けましておめでとうございます。あっ今年もよろしくです(フランクに)。年末年始のブラック業務が一旦終了しようやく山への復帰ですが、何せ2ヶ月ぶりとあって季節は進んで冬山モードになってしまった。今回はまだ寒さに身体が慣れていなので冬山入門の無難なコースで様子見としましょう。
 2時45分起床、作戦行動開始。小淵沢ICから富士見高原スキー場の登山者用駐車場へきました。去年はここから西岳〜編笠山と迷宮の森を周回しようと思っていたが、雪が深くて敗退となってしまった。今年は最初から編笠山ピストンで十分です^^。

 CT:駐車場7:34→11:28編笠山13:03→14:38駐車場
s-01 駐車場s-02 途中道標s-03 雪道
(駐車場〜途中案内〜雪道)
 登山者用駐車場はそこそこ埋まっていました。気温-10℃とあり得ない寒さにたまげてますが、いそいそと出発します。ゲートから侵入しそこそこ歩きましたが、あと3時間50分という看板にがっかり↓しています。雪は出てきましたが傾斜は緩いのでアイゼンはもうしばらくはいいでしょう。
s-04 森林限界手前s-05 岩場s-06 山頂直下
(森林限界手前〜山頂直下)
 それにしても単調でまったく同じような道が続き我慢の限界です。いい加減飽きてきた頃、空が近くなってきて森林限界を抜け岩場へ出ました。アイゼンを付けての岩場歩きはガリガリして危なっかしいですが、岩場の間は雪が凍り付いているので外せません。ようやく山頂が見えましたがもの凄い強風を浴びてます。
s-07 編笠山山頂s-08 蓼科山方向s-09 北アルプス方向
(編笠山山頂部〜御嶽山・中央・北アルプス)
 あっ!山頂についた!ここは八ヶ岳連峰最南端で標高のわりに絶景です。登り詰めた先には南八ヶ岳の秀峰群がお出迎え。まだ雪は少ないですが写真では表せないド迫力に今さらの感激です。
s-10 南アルプス方向s-11 北岳方向s-12 富士山方向
(南アルプス〜富士山方向)
 ぐるっと360°の大展望ですが、御嶽山・仙丈ヶ岳・甲斐駒ヶ岳・北岳はやはり目を引きますね。甲府盆地の先の富士山はまだ雪が少ないですね。爆風にまともに立ってられないので、写真を撮ったらすぐに東斜面へ移動し風を凌ぎます。
 まずは見え飛びの甲府DRからKXさんにご挨拶します。今年もよろしくお願いします。正月の風邪がまだ治りきっていないご様子ですが、今冬もどこかご一緒しましょう。ではではとDCRを引っ張り出してみると、三重県青山高原移動・・・秘話あり・・・と聞こえてきた。oh〜!とチャンネルを回し何とかゲットしたかったが、秘話設定をしている間に見失ってしまった。使い方はわかっていたのだが、何せ冬用のグローブではボタン一つ押せないのでとにかく手間がかかります。
 ここは八ヶ岳最南端の地、ここからなら関東南部は余裕で届くかなと思ったが意外にもさっぱりでヨコハマFUR98局は5eleを向けて頂いたようです。0エリアからコール頂き山頂西側へ移動するとSは大幅アップ。山頂部で運用できればいいのですが、すっ転ばされそうな爆風で話になりませんでした。
s-13 編笠山山頂部s-14 見納めs-15 岩場下山
(山頂部〜権現岳・阿弥陀岳・赤岳)
 編笠山ピストンの方はとっくに下山してしまいましたが、まだ山頂には西岳から周回してきた方がいました。ほとんどの方の山頂滞在時間は10分未満だったと思う。長居したのでさすがに寒くなってきました。本日閉局撤収です。

いくつか・・・
 久しぶりの山だったので無難なコース設定としたがこれで十分でした。冬山なので当たり前だがとにかく寒いに尽きる・・・。運用もここまでの強風下だとかなり難しく、今更ながらに冬季山岳移動の困難さを痛感した。

11/7(日)の移動運用結果
運用地:長野県諏訪郡富士見町 編笠山(2,524m)
 12:12 DCR18ch ナガノYS21/0 長野県茅野市 
                 北八ヶ岳ロープウェイ駐車場 M5/M5(59/59)
 12:14 DCR18ch ナガノAF45 長野県飯田市固定 M5/M5
 12:22 DCR18ch ヨコハマFUR98 神奈川県横浜市保土ヶ谷区固定 M5/M5
 12:28 DCR18ch アズミノTS813 長野県安曇野市固定 M5/M5
 12:32 DCR18ch マツモトHN50/0 長野県大町市 M5/M5
 12:36 DCR18ch オオマチOH194/0 長野県松本市 M5/M5

少し早めの〆です。

 年始までの半月連勤が始まりしばらく悶絶の日々へ突入するので、少し早めの恒例年末の総括です。今年は「復活のJD1」・「ハムフェア」・「秋津花見会」・・・と恒例のイベントに参戦しただけでなく、いつかは・・・と思っていたFLRMに参戦できたは嬉しかったしかった。かたやSV・秋オンは悪天候でどうにもならない状況で、私だけでなく多くの方が残念な思いだったと思う。
 山岳移動は通年で行動パターンが決まっているが、今年は栃木県・福島県へ少し新規開拓ができたかな。後半はあまり高い山へは行かずだったが、まあ高所至上主義でもないのでそれはそれでいいかなと。

<2017年山岳移動記録>
 1/3(火):埼玉県飯能市 関八州見晴台(771m)
 1/17(火):長野県諏訪郡富士見町 西岳(2,398m)
 1/26(木):長野県茅野市 八ヶ岳連峰 赤岳(2,899m)
 2/5(日):長野県茅野市 八ヶ岳連峰 硫黄岳(2,760m)
 2/15(水):長野県南佐久郡川上村 金峰山(2,599m)
 3/4(土):群馬県利根郡みなかみ町 谷川岳(1,977m)
 3/17(金):栃木県日光市 前白根山(2,346m)
 3/28(火):東京都西多摩郡奥多摩町 雲取山(2,017m)
 4/14(金):山梨県韮崎市 薬師岳敗退(2,780m)
 4/30(日):東京都西多摩郡奥多摩町 雲取山(2,017m)
 5/4(祝):埼玉県飯能市 有間峠(1,142m)
 5/19(金):茨城県日立市 助川山(328m)
 5/21(日):埼玉県飯能市 有間峠(1,142m)
 5/24(水):埼玉県入間郡越生町 黒山展望台(500m)
 6/4(日):埼玉県秩父郡横瀬町 武甲山(1,304m)
 6/9(金):埼玉県秩父市 三宝山(2,483m)
 6/23(金):群馬県利根郡みなかみ町 茂倉岳(1,978m)
 7/8(土):東京都西多摩郡奥多摩町 高丸山(1,733m)
 7/18(火)〜19(水):長野県北安曇郡白馬村 白馬岳(2,932m)
 8/5(土):山梨県甲州市 小金沢山(2,014m)
 8/23(水):山梨県北杜市 甲斐駒ヶ岳(2,967m)
 8/24(木):長野県伊那市 仙丈ヶ岳(3,033m)
 9/5(火):栃木県那須郡那須町 茶臼岳(1,915m)
 9/21(木):富士山山頂(3,776m)
 10/18(水):埼玉県入間郡毛呂山町 スカリ山(435m)
 10/26(木):福島県二本松市 安達太良山(1,700m)
 11/5(日):埼玉県秩父郡横瀬町 大持山(1,294m)
 11/10(金):東京都西多摩郡奥多摩町 雲取山(2,017m)

 印象深い山行は「1/26 赤岳」「3/4 谷川岳」「3/28 雲取山」「6/23 茂倉岳」だろうか。夏場は北アルプス白馬岳や南アルプス甲斐駒ヶ岳・仙丈ヶ岳と参戦したが、天気がイマイチ以下だったのは残念でした。また去年は無雪期山行の印象が強かったが、今年は積雪期にアタリ日を引いたこともあって印象深い山行が多かった。

<1/26 赤岳>
 3年ぶりに出た「全天に一片の雲なし超ド級快晴!」。高気圧接近中で寒気が抜けてゆく絶好のタイミングに気温−20℃超えの極寒もなんのその。2,899mの山頂で87Rのアンテナを伸ばして運用できた。この時季としては最高の条件でシーズンベストだったのかも。もうこんなことはそうそうないだろうな・・・。
s-40 山頂にてs-08 気温計s-12 中岳・阿弥陀岳
s-20 赤岳山頂s-30 稜線縦走路s-32 振り返り赤岳
<3/4 谷川岳>
 これまで冬山用に残しておいたロープウェイ利用の天神尾根へKXさんと参戦した。合流出発後5分で事故渋滞に捕まり出発が遅れ、最初から無風+日差し強烈で暑くて腕まくり。雪も多く好天に恵まれこれ以上なく楽しめた一日だった。
s-P3041105s-14 オキの耳s-15 オキの耳山頂標s-17 トマの耳s-18 トマの耳山頂部s-19 谷川連峰主脈縦走路
<3/28 雲取山>
 毎年恒例の「雪が降ったら雲取山へ」企画。火曜日ということもあり、momocaさんにお声がけし合同山行となった。2日続けての降雪後に突入したので石尾根にはトレースがなく、スノーシューの若者とラッセル戦線に参戦
 我が方の改造ワカンには全体に雪がつき、凍って重くなり脚が上がらなくなるいわゆる常時悶絶状態。若者のMSRライトニングアッセント25インチ+オプションテイルの最高浮力性能をもってしても結構潜り込む深雪に、もし登山口からずっと一人だったらまず行けなかった。
 見ず知らずの若者とチームワークで登り詰めたのはホント楽しかった。
s-06 分岐先 木橋s-09 ブナ坂s-11 ワカンs-12 ダンシングツリーs-17 小雲取山へs-20 野陣尾根合流s-21 雲取山へs-24 山頂へs-25 山頂標s-27 定点観測点s-P1040196s-P1040197
<6/23 茂倉岳>
 今年も悶絶拷問登山の極み谷川連峰馬蹄形周回へ参戦した。例年より雪が多く参戦時季が遅くなってしまい晴天無風灼熱地獄のバテバテ・ヘロヘロで、後半はスタミナ切れで激しく失速した。気象条件によりこれほどダメージが違うのかを痛感するとともに、来年は行けるのだろうか・・・と恐怖に苛まれてしまった。
 ここは身体能力よりメンタルが問われる悶絶拷問系・人体実験コースであり、人さまにはあまりお勧めできない。
s-02 馬蹄形概念図s-09 笠ヶ岳山頂部s-11 最初のピークへs-19 清水峠s-21 東電施設s-23 七ッ小屋山山頂部s-31 茂倉岳へ下降s-36 茂倉岳山頂直下s-41 谷川岳へ
 さて来年はどんな年になるのだろうか・・・。
 来年はSV・秋オンで爆発したい感はあるものの、こればかりは天候しだいですからどうにもなりませんね。また身体経年劣化現象はあるものの、メンタル面だけは衰えてはいけないと思っています。日々是精進也
 CMはどうにもならないので今は我慢・忍耐モード。正月明けからはオラオラ行くぜ〜!と冬山モードへ突入したいところです。

 各局様、一年間お世話になりました。来年もよろしくお願いします。


I'm still alive!

 CMがあり得ないほどブラック化してきていまい山はおあずけ状態。21連勤(パチの21連チャンとは違います)とかよくわからない状態だし、寝ていても夢で結線図とシーケンスが追いかけてくるので、山へ行ったところで落ち着いて楽しめる状況ではない。まあこういう悶絶業務を経験できるのは、ある意味恵まれていると思うことにしている。
 ということで、しばらくブログ更新もしていなかったので「あいつ遭難したのか・・・いい奴だったな」と思われた方もいらしゃるかと思いますが、まだ何とか生きています。

 今回はいわゆる秋津花見会できる男が集うコアな集会ネタです。秋津花見会というと超党派武闘派フリーライセンス無線家集団という立ち位置が相応しいのかも知れませんが、実態は単なる無線オヤジの集まりです。
 今回は29名の大所帯、同好の士の飲み会は桁が違う楽しさでした。いわゆる特小にアマ機が出てきた位の衝撃といえば伝わるでしょうか・・・。

 二次会途中から参戦となった某サイタマHN209局が「私・・・まだ来たばっかりですから・・・」と気後れ気味だったことに、いかに我々がレッドゾーン巡航中であったかを悟ってしまうのであった。

 それにしても同じ価値観を持つ仲間とのつながりは楽しいですよね。ホント。次の秋津花見会はいつだろうか・・・参戦各局大変お疲れ様でした。幹事局様ありがとうございました。

 あっ!料理はびっくりするほど美味かったです。もうお腹いっぱいでしたが、食べ物を残すことは罪と思っている私は最後にカレーとナンを食べまくったのでした。価格も手頃なので今度家族で行ってみたいと思います。
01 aaa02img_103img_4
04img_2img_5
(会場となったインドカレー「ダルバール」と二次会)

平日のお稼ぎを狙うなら、ド定番のココ!

 CMが慌ただしくなってきてしまい休みがよくわからない。天気予報もコロコロ変わりこれもよくわからない。こうなったらとにかく行ける時には山へ突入するしかない!前回に続き今日も好天予報に、今は権利物確変中を確信しつつ出動するのである。
 先日の運用はスゲー楽しく未だフラグ継続中ということで、今回も運用重視ド定番の移動地雲取山へバリエーションルートのヨモギ尾根から行ってみることにします。このコースは1年半前の新緑萌え山行以来だと思う。

CT:片倉谷出合い7:21→奥多摩小屋10:34→11:17雲取山13:07
  →奥多摩小屋13:28→15:11片倉谷出合い
s-01 後山林道ゲートs-02 林道紅葉s-03 塩沢林道
(片倉谷ゲート〜後山林道〜塩沢林道)
 3時半起床作戦行動開始。雲取山へ定番登山口の鴨沢を抜け、後山林道片倉谷出合いの駐車場所まで来ました。誰もいないだろうと思っていたが車が3台・・・落ち葉が被っていたので昨日からの泊り組でしょう。林道の紅葉はいい感じですね。途中で分岐の塩沢林道へ侵入します。
s-04 ヨモギ尾根へs-05 ヨモギ尾根へs-06 ヨモギ尾根
(ヨモギ尾根手前〜尾根上)
 杉の植林帯を抜けて尾根に乗りました。この時季も悪くないが新緑の頃の方が好きですね。定点観測なので新緑萌え山行と比べるとイメージが全く違いますね。
s-07 ヨモギ尾根紅葉s-08 奥後山s-09 石尾根
(紅葉残り〜奥後山〜石尾根)
 まだ紅葉は残ってましたが、見栄えがするのはこれくらいでしょうか。4年前に紅葉見物に来た時はびっくりするほど綺麗だったのですが、タイミングがちょっとでもずれるとダメですね。奥後山の山頂標は落ちて久しく、いずれ朽ちてしまいそうです。
 奥多摩小屋でようやく石尾根の鴨沢ルートに合流、こちらは誰もいないヨモギ尾根と違って登山者が多いですね。
s-10 小雲取山直下s-11 雲取山へs-12 雲取山直下
(小雲取山下部〜雲取山へ)
 雲取山手前の小雲取山は定点観測地点、ここを上がれば雲取山へのビクトリーロードが待っています。
s-13 雲取山山頂部s-14 雲取山山頂部s-15 山頂定点観測地
(雲取山山頂部〜定点観測)
 あっ山頂に着いた!気温は7℃と低くはないですが、強風下誰もいないです。晴れてはいますが、奥秩父〜八ヶ岳は雲がかかっていてよく見えません。いつも運用する定点観測だけ撮ったら、一旦避難小屋へ撤収し昼飯にしましょう。
s-16 東京方向s-17 展望盤運用s-18 避難小屋から
(運用〜石尾根眺望)
 飯食って山頂へ戻ってきました^^。何人かいた登山者も12時を前に撤収しまた貸切になりました。KXさんにご挨拶すると、平地は穏やかな好天のようです。こちらもこの時季にしては気温は低くもないのですが、いかんせん風が強くて体感温度は低く、もし日差しがなかったら氷点下級ですね。
 ではフリラ開局運用開始です。誰もいないので運用一等地の展望盤をお借りします。この時季にしてはノイズレベルが低く運用しやすいのはよくわかります。ここはケータイが使えないが、板にアップ頂いたようで「掲示板見ましたよ〜」と出てきて頂いた局も多く嬉しい限りです。こんな時季の平日昼休み運用でも途切れることなくQSOでき、寒さも気にならなくなるほど楽しい運用となりました。
 時間も押してきたので、今日のところはDCRはいいでしょう。本日閉局帰るとします。

いくつか・・・
 2017年2017mの雲取山には3回目、冬・春・秋といつ来てもホントいい山だと思う。今年はもう来ることはないだろうが、雪が降ったらまた来ますね。
 ここは東京都最高峰ということもあって、運用局が多い関東平野向けよく飛びます。ログを見ても関東一円にまんべんなく飛んでいるのがよくわかります。昔は北関東にCBerが少なかったと思うが、今はアクティブな局が多くて嬉しいです。

11/10(金)の移動運用結果
運用地:東京都西多摩郡奥多摩町 雲取山(2,017m)
 12:00 CB6ch サイタマHK118/1 埼玉県春日部市 55/55
 12:02 CB6ch トチギSA41/1 栃木県鹿沼市 51/52
 12:04 CB6ch サイタマFL20/1 埼玉県比企郡小川町 52/53
 12:06 CB6ch グンマAD17/1 埼玉県加須市 利根川河川敷 53/M5
 12:08 CB6ch チバKS4126/1 千葉県南房総市 富山 53/55
 12:12 CB6ch トチギR50/1 栃木県足利市 大坊山 52/52
 12:18 CB6ch トチギCD125/1 群馬県太田市 金山 56/57
 12:24 CB5ch イナシキJO1/1 茨城県笠間市 51/51
 12:28 CB5ch グンマYB20/1 群馬県館林市 52/53
 12:30 CB5ch トチギ4862/1 栃木県足利市 渡良瀬川河川敷 53/53
 12:33 CB5ch ネヤガワCZ18/1 東京都墨田区 51/52
 12:36 CB5ch トウキョウMS25/1 東京都立川市 53/53
 12:41 CB5ch チハYN515/1 千葉県成田市 53/54
 12:42 CB5ch サイタマYB101/1 埼玉県比企郡吉見町 53/54

メンタルヘルス系逃走フラグ発令山岳移動

 3日の各地一斉オンエアディに参戦できないどころか、頭上を飛んでるブルーインパルスを見上げることすらできなかった↓。4日もCMでせっかくの好天三連休なのにメンタル崩壊しそうだ・・・。こうなったら5日は逃げるしかない!ということで、逃走本能フラグが立ち急きょの作戦行動立案となった。
 お疲れモードのため、遠くの高い山はいいや・・・ドナルド来日もあってどこで渋滞になるかもわからんし、近場・低予算・短距離・軽負荷・紅葉見物運用重視で飛ぶ山にしましょう。ということで、ここ2年ほど11月下旬に行っている大持山をショートカットで周回することにします。とりあえず大急ぎで荷物をザックに突っ込んで寝ます。
 CT:駐車場7:55→ウノタワ9:03→大持山9:38→9:43運用地13:58→14:37駐車場
s-01 分岐s-02 コース図s-03 取り付き
(分岐〜案内図〜取り付き)
 5時起床で有間ダムを抜け、妻坂峠下の横倉林道分岐まで来ました。分岐の先の駐車場所から少し戻り、まずは林道終点までダラダラ歩きです。林道最奥にも駐車できるので、ピストンであればここに停める方が手っ取り早いです。
s-04 可哀想なリスs-05 渡渉s-06 解説
(山火事防止看板〜渡渉〜ハシリドコロ解説)
 林道終点からの取り付きの先に、山火事防止の看板がありました。うわっ怖ぇー看板!リスさんが可哀想すぎる!絶対山火事はいかん!と心に誓うのであった。何箇所か渡渉箇所はありますが、落ちるヤツはいないですね。おっ!ハシリドコロの解説がありました。これ雲取山荘にもありますね。食べると錯乱して走り回るとあるので、山中で食ったら命はない。
s-07 ウノタワへs-08 ウノタワへs-09 ウノタワ伝説
(ウノタワへ〜ウノタワ伝説)
 そこそこの急登をこなすと、世紀末救世主伝説ウノタワ伝説の解説がありました。ここら辺は自然林豊かで春先の新緑萌え山行にも良さそうです。

s-10 ウノタワ

s-10 ウノタワs-11 ウノタワs-12 ウノタワ
(ウノタワ)
 何年か前に、楓だったか紅葉の赤系の木が折れてしまったはずだがどこだったかな?紅葉というより黄葉の木々ですね。こんな尾根筋のこれだけ広大な空間には、ちょっとパワスポ感・スピリチュアル感がありますね。
s-13 黄葉 s-14 黄葉s-15 横倉山山頂標
(横倉山へ)
 次の横倉山までは最初に急登が待ち構えていますが、あとは穏やかで快適な尾根道で心地よいですね。
s-16 大持山s-17 大持山山頂s-18 長沢背稜
(大持山山頂部〜長沢背稜)
 本日の運用地としたい大持山の肩をスルーし、大持山山頂までは行っておきます。東京都の秘境とも言われる長沢背稜は、北側からアクセスルートは少なく行けてもバリエーションルート。いつか行くかも入れないので、尾根筋をよく見ておきます。
s-19 東側眺望s-20 下山前s-21 妻坂峠へ
(運用地〜下山路)
 本日の運用地、大持山の肩へ戻ってきました。丸太ベンチは遠慮して陣取って座ったら、4時間動かず最後は根っこが生えましたよ^^。
 一斉オンエアディより運用局は全然少なかったようですが、終始途切れることなく存分に楽しませて頂きました。DCRも持って行ったのですがCBだけでお腹いっぱい。15chかけっぱなしにしておいたのですが、耳は2つでも口は一つで手が回りませんでした。
 久しぶりにご挨拶できた局も多く、いやはや楽しい時間でした。予定時間も大幅に過ぎそろそろ帰らないと。途切れたところで本日閉局撤収です。

いくつか・・・
 一昨年からの名郷BS〜蕨山〜有間山〜大持山〜武川岳時計・反時計周回の超ショートカットで山歩き的にはどうかなというのはあるが、やはり無線家としては日曜日に山へ行くなら無線目的ですね。楽しいだけでした。
 今年の紅葉は例年よりちょっと早いのかな。諦めが悪いので、まだどこか見物に行きたいです。
 運用場所の大持山の肩は、西側に山頂を背負った東側斜面で北東〜南東の眺望全開の地。北西の風は完全に遮られるので、秋口〜冬場は風が当たらないのでポカポカで素晴らしいです。

11/5(日)の移動運用結果
運用地:埼玉県秩父郡横瀬町 大持山(1,294m)
 10:09 CB6ch ツクバKB927/1 茨城県つくば市 筑波山子授け地蔵 59+/59
 10:20 CB5ch カワサキCH101/1 神奈川県横浜市青葉区 52/52
 10:23 CB3ch カガH24 神奈川県三浦郡葉山町固定 56/57
 10:29 CB1ch トウキョウAB625 東京都立川市固定 52/M5
 10:31 CB3ch サイタマAD421/1 埼玉県秩父郡東秩父村 皇鈴山 59+/59+
 10:36 CB3ch チュウオウM88/1 東京都中央区 55/55
 10:39 CB3ch サイタマAB960/1 埼玉県比企郡吉見町 59/57
 10:43 CB3ch サイタマFT727/1 埼玉県志木市 57/55
 10:46 CB3ch チバMR21/1 埼玉県袖ヶ浦市 58/58
 10:48 CB3ch トチギTK325/1 栃木県大田原市 御亭山 53/53
 10:51 CB3ch イバラギSO47/1 茨城県つくば市 筑波山子授け地蔵 59+/58
 10:53 CB3ch サイタマAK120/1 埼玉県入間市 桜山展望台 59+/59+
 10:58 CB3ch カナガワCE47/1 神奈川県相模原市 城山湖 57/56
 11:02 CB3ch トウキョウHL120/1 東京都江東区 53/52
 11:04 CB3ch サイタマTS105/1 埼玉県越谷市 55/58
 11:06 CB3ch セタガヤAY240/1 東京都世田谷区 二子玉川公園 55/56
 11:08 CB3ch サイタマKS73/1 埼玉県羽生市 53/52
 11:12 CB3ch サイタマOM321/1 埼玉県行田市 55/56
 11:13 CB3ch トウキョウAR705/1 東京都八王子市 長沼公園 59/59
 11:14 CB3ch トウキョウAB505/1 埼玉県秩父郡東秩父村 皇鈴山 59+/58
 11:16 CB3ch カナガワHL320/1 神奈川県川崎市多摩区 54/54
 11:26 CB4ch サイタマBY36/1 埼玉県秩父郡横瀬町 丸山 59+/59+
 11:31 CB3ch グンマYP125/1 群馬県北群馬郡榛東村 富士見峠 53/52
 11:34 DCR16ch カゴシマGL90/1 埼玉県羽生市 東北自動車道 M5/M5
 11:41 DCR16ch ヨコハマYH175/1 神奈川県横浜市鶴見区 M5/M5
 11:47 CB8ch サイタマBB85/1 埼玉県秩父郡長瀞町 宝登山 56/59+
 11:54 CB5ch サイタマAD966/1 東京都西多摩郡瑞穂町 六道山 59+/59+
 12:03 CB5ch サイタマQBM254/1 埼玉県志木市 57/57
 12:06 CB5ch ウラワRD38/1 埼玉県さいたま市桜区 57/57
 12:07 CB5ch サイタマSB205/1 埼玉県深谷市 58/59+
 12:10 CB5ch サイタマHK118/1 埼玉県春日部市 57/57
 12:14 CB5ch カマクラYH69/1 神奈川県鎌倉市 源氏山 55/53
 12:22 CB5ch サガミFJ1300/1 神奈川県相模原市 城山湖 54/55
 12:26 CB5ch グンマAA420/1 群馬県北群馬郡榛東村 富士見峠 58/58
 12:29 CB5ch サイタマTA390/1 埼玉県狭山市 56/58
 12:31 CB5ch スギナミMH1212 東京都杉並区固定 56/M5
 12:41 CB5ch グンマBB54/1 群馬県北群馬郡榛東村 富士見峠 58/59
 12:50 CB5ch ミヤギKI529/1 栃木県宇都宮市 御嶽山 55/56
 12:54 CB5ch トチギ4862/1 栃木県足利市 大岩山 58/57
 12:56 CB5ch エドガワAA393/1 千葉県浦安市 52/55
 12:59 CB5ch サイタマAD504/1 埼玉県所沢市 54/54
 13:03 CB5ch ヒョウゴAB337/1 栃木県宇都宮市 羽黒山 52/53
 13:04 CB5ch サイタマFL20/1 埼玉県秩父郡横瀬町 59+/59+
 13:06 CB5ch グンマXT59/1 栃木県栃木市 太平山 59/55
 13:11 CB5ch トチギCD125/1 栃木県足利市 大坊山 57/57
 13:16 CB5ch チバBG92/1 千葉県鴨川市 二ツ山 59/59
 13:19 CB5ch トチギCB11/1 埼玉県戸田市 55/54
 13:20 CB5ch カナガワHK25/1 神奈川県平塚市 湘南平 55/55
 13:25 CB5ch イバラギOH501 茨城県牛久市固定 52/53
 13:26 CB5ch サイタマUR2/1 東京都西多摩郡瑞穂町 59+/59+

このページのトップヘ