山岳移動の香り

 奥多摩・奥武蔵の低山を中心にCB・特小の山岳移動を行っております。渓流釣りも沢登りも・・・山で遊ぶことが大好きです。時々ブログタイトルに関係ない話題も書いてます。

諸事情により近場低山杉山山行ナリ

 しょーもない天気が続いているが、どうにかアタリを引き当てたので何としても山へ参戦したいところです。そういえばFLRM参戦前からもう1ヶ月も山へ入ってないのか・・・こんなに空けたのはここ数年ではなかったんじゃないかな。
 ということで、どこか紅葉見物でも行くかと作戦立案も、CM関係で14時には携帯圏内にいることが定めとなり、あっさり残念賞になったのである。昼休み時間帯13時まで運用して14時までに下山し、携帯圏内を担保するのは結構厳しいチョイスとなり、結局去年の年の瀬隙あり山行として出かけたコースの一部に、別のルートからアクセスすることにした。

 CT:鎌北湖第1駐車場7:29→物見山8:16→越上山10:10→11:07スカリ山13:08
   →13:37鎌北湖第1駐車場
s-01 鎌北湖第1駐車場からs-02 登山口s-03 宿谷の滝
(駐車場から廃墟ホテル〜登山口〜宿谷の滝)
 4時半起床作戦行動開始。隣町の鎌北湖へやってきました。ここには子供の頃に家族で来たような気がする。湖面に張り出した配水場?は記憶のとおりだが、実際に来たのか後から何かで刷り込まれた記憶なのかは定かではない。もし来ていたとしても40年近くの前の話だが・・・。
 今日は早朝で誰もいないだろうと思っていたが、ヘラの釣り師が50人くらいはいたんじゃないかな。平均年齢は70歳くらいだろうか、圧巻の光景。
 有名な廃墟ホテルは窓ガラスが割れて外に飛び出したカーテンがゆらゆら揺れている。凄げー怖いんですけど。とても探検に行く勇気はないなあ^^。 
 駐車場の奥に取り付きがあり、宿谷の滝を見物してから参ります。トイ状で見栄えは悪くない滝だが渓魚がいるような場所ではありません。
s-04 伐採地s-05 物見山山頂部s-06 登頂記念
(伐採地〜物見山山頂部〜登頂記念)
 伐採地を這い上がると物見山標高375m山頂。プレートでさくら組とすみれ組の登頂成功を確認するに至る。
s-07 野菜即売所s-08 愛宕山s-09 読めない
(野菜即売所〜愛宕山〜読めない)
 反転し次はスカリ山を巻き道でスルーし越上山を目指します。登山道を車で乗りつけ野菜即売所があるのは、全国でもここだけかも知れないですが、すぐ下に家が見えたのでここは私有地なんでしょうね。
 しばらくすると、手書きで「↑奥多摩・大山・富士山好展望」とか書いてあるプレートがあったので、道を離れ這い上がってみると愛宕山とありました。ところで何も見えないんですけど↓。やれやれと車道に戻ると謎の発声プレートが・・・「あ」の濁音ってどういう音なんだろと試しに奇声を発します(やってません)。
s-10 鉄塔撤去跡s-11 越上山山頂手前s-12 越上山山頂部
(鉄塔跡地〜越上山)
 鉄塔跡地を抜けて本日の最高点、越上山標高566m山頂へ。山頂手前が東側好展望なので、できればここで運用したかったのですが、ここからだと1時間では下山できないので今日は無理ですね。いつかまた。
s-13 スカリ山山頂手前s-14 スカリ山山頂部s-15 スカリ山山頂標
(スカリ山山頂部)
 戻ってきてスカリ山へ這い上がってみると往年の山ガールがいらっしゃいました。しばしお話をさせて頂きましたが、今日は電車で来て鉄塔跡地で飯食って帰るそうで、今年の夏は天候不順でろくに山へ行けなかったと嘆いてました。激しく同感であります。
s-16 山頂眺望北側s-17 越上山を臨むs-18 奥多摩を臨む
(スカリ山山頂眺望)
 北側の眺望はよいが東〜南側は杉林で何も見えません。杉しか写らないので写真はお見せできません><。真ん中の写真の中央が先ほど行った越上山で、右の写真の右端の鋭利なピークが武甲山ですね。

 今日はKXさんにも久しぶりのご挨拶となりました。どこか一緒に行きたいところですが、ちょっとCM関係が慌ただしくなってきたので冬季遠征ですかね。昼食としたらフリラ運用参戦です。
 標高も低く東京方面の東側を杉で覆われており厳しいかと思われましたが、流石の都市近郊DCR運用でお稼ぎでき、山梨県の除く1エリア都県局とQSOできました。ただ業務局も断続的に入感してしまうので無音状態となり、取りきれなかった局もいらっしゃたのではないかと思います。

 13時をまわり応答局もいなくなったようなので、本日閉局引き上げとします。

いくつか・・・
 去年の年の瀬山行で越上山とスカリ山は気になっていたが、わざわざ来ることもないかなと思っていたが、今回のように時間制限付山行にはいいかも知れない。
 富士山運用の次の運用は、どこへ行っても全然飛ばねーな感があるが、今回は時間いっぱいまでお声がけ頂いたので存分に楽しめました。各局様ありがとうございました。

 ということで、冒頭のCMの話。速攻下山してきて携帯圏内からテストを行ってみると「サーバータイムアウト」。やり直しても同じ・・・。真っ青になって担当部署に電話すると「今日のテストは中止になったよ^^」の報。ありがちですが、なんてこった。せっかくの紅葉シーズン山行が低山杉山徘徊になってしまった><。

10/18(水)の移動運用結果
運用地:埼玉県入間郡毛呂山町 スカリ山(435m)
 ※運用時は飯能市との境だと思っていましたが、山頂は毛呂山町でした。
 11:47 DCR18ch キヨセ71 埼玉県入間市固定 M5/M5
 12:05 DCR20ch ヨコハマYH175/1 横浜市鶴見区 M5/M5
 12:09 DCR20ch チバ601 千葉県松戸市固定 M5/M5
 12:12 DCR20ch チバKS4126/1 千葉県南房総市 伊予ヶ岳 M5/M5
 12:17 DCR20ch トウキョウHN203/1 栃木県みどり市 M5/M5
 12:20 DCR20ch カナガワTS207/1 神奈川県相模原市中央区 M5/M5
 12:27 DCR20ch イバラギOH501/1 茨城県牛久市 M5/M5
 12:30 DCR20ch トウキョウKO73/1 東京都小平市 M5/M5
 12:33 DCR20ch カナガワAS208/1 神奈川県相模原市中央区 M5/M5
 12:37 DCR20ch サイタマEP227/1 東京都北区 M5/M5
 12:39 DCR20ch サイタマAK120/1 埼玉県入間市 M5/M5
 12:43 DCR20ch サイタマSB205/1 埼玉県深谷市 M5/M5
 12:47 DCR20ch トウキョウYU815/1 神奈川県川崎市高津区 M5/M5
 12:50 DCR20ch グンマ1328 群馬県前橋市固定 M5/M5
 ※CBL TNX!
 ニシトウキョウYM207/1東京都東大和市
 ツクバKB927局/1東京都港区

これが全国区超党派国内最大級フリーライセンス無線集会!

 今年はこれまで何年も見送りとなっており、いつかは・・・と思っていたいわゆるFLRMにようやく参戦(いや、それどころか発表も・・・)する機会が得られ、ローカルのサイタマUJ120局とともにサイタマAD966局のマシンに同乗させて頂き、途中サイタマHN209局・ネリマTN39局車両と合流し、アウェーの地・名古屋港へ戦々恐々と乗り込んだのであった。
 FLRM参加者は年々増加し今年は100名近くの参加があったようで、広い会場も各局の熱気で暑く熱くなっておりました。

<FLRM2017発表>
 ・SV2017 in 屋久島(サイタマHN209)
 ・9エリアのライセンスフリー無線(いしかわAS36/きょうとKP127)
 ・ニューカマー(きょうとLQ502)
 ・山岳移動の香り−リアル版− 超高所運用への誘い(サイタマKM117)
 ・災害に備えたデジタル簡易無線活用(ギフAB176)
 ・CB-ONE Jr. MK2と設置環境による送受信の違い(フクオカAB182)

 発表はご一緒したお仲間サイタマHN209局からスタート・・・当局はガチ発表系で面白いことは言えないので、同局にはくれぐれも笑いをとりにいくような言動は慎むように!ふざけないように!と事前注意^^しておいたにもかかわらず、HN209局は最初のひと言目からウケを狙った発言を繰り出しているのあった^^。発表ネタの屋久島運用については、私もQSOさせて頂いていたが、好天下の爆発的なコンディションアップ+同局のFBオペレートと相まって2017年フリラ業界的大成功となったのだが、今回の発表は屋久島ペディション前から決まっていたそうである。もしあのコンディションアップがなかったら、どういう内容になったのだろうかと気になるところである^^。
 我が方も発表がありそれまでとくに緊張することもなかったのだが、直前に同局から「言いたかったことが、全然言えなかったぁ〜」と身内から全力でプレッシャーをかけられているのであった^^。

 各局の発表内容は興味深い点が多く、その後の混信会で情報交換や知識をご教授頂いたのは、楽しいだけでなく大変有意義であった。またフクオカAB182局とは同じような設置環境で運用しているにも関わらず、これまで細かいセッティングの話はしていなかったのだが、同じようなことを気にしていたのは嬉しく思った。

 翌日はEsの聖地四日市港へ乗り込み常連各局の歓迎を受け、この時季ですからオープンはなかったものの、低ノイズ下標高0mからのGW-DXでその実力の片鱗を見せて頂きました。
 ホント楽しいだけの2日間でした。楽しいことはすぐに終わってしまいますね。

 それにしてもこれだけのイベントですから、事前準備・各種手配・予約・当日運営等々並々ならぬご苦労があったことと思います。FLRMスタッフの方々へは感謝に堪えません。大変お疲れ様でした。心より御礼申し上げます。
s-DSC_0011s-DSC_0021s-DSC_0022
s-DSC_0027s-DSC_0032s-eeaDSC_0009
(道中にて)
 わずかな隙があれば常に運用するサイタマAD966局
 リグとともに入水直前のネリマTN39局
 四日市名物トンテキ、本店に乗り込みご満悦のサイタマHN209局
 いたる所で買い物をするサイタマUJ120局の写真は撮り忘れました。
 ビンゴ大会で真っ先にビンゴしゲットしたアタックチャンネル?

ここが飛ばなきゃ、どこが飛ぶ!?って話です・・・

 今年はSVの天候不順に続き、秋オンにあっては台風直撃で運用はおろか避難レベルの事態となってしまった。事ここに至り、高所山岳移動隊はなす術なくの撃沈で、去年の秋オンから三連荘不参戦となっている。
 ということで、今回は先般のSV&秋オンで運用予定だったMt.FUJIへ行ってみることにしましょう。去年は7月のSVにここから参戦だったが、例年静かになったこの時季に行っているド定番です。いわゆる山ヤさんで毎年富士山へ行く人は聞かないが、私は無線家なのでやっぱりココ好きですね。

 CT:富士宮口五合目6:43→9:48富士宮口山頂→お鉢巡り・運用
    御殿場口山頂13:32→14:46富士宮口五合目

s-01 富士宮口五合目s-02 山頂s-03 通行止め
(五合目からの山頂〜六合目)
 2時起床作戦行動開始。今年も最短ルートの富士宮口五合目から参戦です。駐車場は結構混んでいましたが、まだ最上段に停められました。
 取り付きから山頂が見えるのはどうも嫌ね。六合目に着くと「あっ!」ってわざとらしいですね。
s-04 営業終了s-05 つららs-06 営業終了
s-07 山頂手前s-08 富士宮口山頂部s-09 剣ヶ峰方向
(山小屋から山頂〜剣ヶ峰側)
 いくつかある山小屋はとっくに営業終了、ちょうど寒気がきていて冷え込んで、あちこちつららってます。あっ山頂に着いた!山頂の水たまりも凍ってます。
s-10 三島岳から剣ヶ峰s-11 三島岳眺望s-12 三島岳直下大岩
(三島岳〜大岩)
 まずは三島岳へ這い上がります。毎度のことだが、ここから眺望は信じられんくらい凄いな。アンビリですよ。海岸線が地図どおりに見えます^^。去年運用した大岩も健在(そりゃそうか)でした。あそこまで下りるのが結構大変なんです。
s-13 剣ヶ峰山頂標s-14 火口s-15 お鉢巡り
(剣ヶ峰〜お鉢巡り)
 アリ地獄化した噴火口を見ながらお鉢巡り、剣ヶ峰へ来ました。日本最高点はここから数m北側で、記念に一応タッチしておきましょう。風が強くて吹っ飛ばされそうですが、一昨年よりはマシかなぁ。ちなみに去年のSVは快晴+無風であり得ないくらいの好条件でしたが、そういうことはあまりないですね。大概はすっ転ばされるちょっと手前の強風ですね。
s-16 白山岳山頂部s-17 白山岳眺望s-18 白山岳眺望
(白山岳〜眺望)
 白山岳へ這い上がってきました。北側は雲がないので遠望が利き、南アルプスの山々がかなり低く見えます。ここは0・1・7・9エリア眺望全開で運用するのが怖いくらいです。もっとも今日は強風で長居できず、早々にお鉢へ戻ります。
s-19 吉田口山頂部s-20 運用スタイルs-21 振り返り
(吉田ルート山頂部)
 途中いくつも峰はあるのだが、風を遮るものは全くないので無線運用とかそういうレベルではありません。結局吉田ルートのいわゆる富士山山頂村まで来ました。
 近くの朝日岳(大日岳)へ行ってみようと思いましたが、石垣を抜けるとすっ転ばされる強風なので諦め、強風時はここで運用するしかないですね。結局到着から下山まで2時間ここにいました。

 まずはD-STARでKXさんにご挨拶しておきます。以前富士山に登った時はあまりの強風でお鉢巡りはできず、ここで運用されたそうです。お鉢はほかではなかなかないので、一度回ってみるのはお勧めです。歩くだけなら1時間で一周できますし眺望箇所も多くあるので飽きませんね。

 ではではフリラ運用参戦します。今日はPTT付き楽な運用と思ってICB-707を持ってきて、アルミ溶着レンジシートの上に置いてみますがダメですねこれ・・・。そもそも強風で707がひっくり返されちゃうし、シートが捲れ上がって丸ごと一式崖下に飛ばされそう↓です。やはり気象条件が厳しいほど87Rの出番ですね。
 運用は「さすがの富士山」といったところで、関東一円強くよく飛びますね。板にUPして頂いたこともあり、いわゆる置き無線機でCM先から出てこられた方も多かったと思います。ラストの武闘派無線家集団「荒幡山岳会」会長のサイタマQBM254局にあっては、固定室内^^;からのQSOとなりました。100km近く先を室内から狙わないで下さい^^って話ですが、この圧倒的なパフォーマンスはここならではですね。そういえば以前、ローカルの某サイタマAD966局へ富士山からCBやるよとと言っておいたところ、荒幡富士へ追撃に出て頂いたのだが、後から自宅でも普通に聞こえていたと言っていたのを思い出した。やはりここは化け物運用地です。
 運用を堪能でき満足度120%。本日閉局テキトーなところで引き上げます。

いくつか・・・
 山頂は気温0℃+強風で寒くこの時季相応といったところか、天気がよかったので多くの登山者がいました。最後の写真にも写ってますが外国人も多くサンダル履きの方も・・・。ザックにスニーカーがぶら下がっていたので、足裏のバランス感覚トレーニングなのかも。凄いです。
 今夏も多くの方が富士山運用されていたと思うが、やはりここは他とは格が違いますね。登山的・山歩き的にはどうも・・・という方も多いですが、個人的には外せない恒例山行です。
 下山時も駐車場はいっぱいでした。多分皆さんもっと遅い時間にスタートするのかも。

9/21(木)の移動運用結果
運用地:富士山山頂 吉田ルート山頂
 12:07 CB6ch トチギSA41/1 栃木県鹿沼市 51/52
 12:10 CB6ch サイタマUJ120/1 東京都清瀬市 57/58
 12:10 CB6ch サイタマFL20/1 埼玉県比企郡小川町 53/54
 12:12 CB6ch スギナミMH1212/1 埼玉県飯能市 58/M5
 12:15 CB6ch トチギCD125/1 栃木県足利市 59/59
 12:17 CB6ch チバAC532/1 千葉県我孫子市 53/55
 12:18 CB6ch トウキョウMS25/1 東京都立川市 59/59
 12:20 CB6ch トウキョウDC65 東京都町田市固定 55/56
 12:25 CB6ch オオタY16/1 東京都足立区 舎人公園 54/54
 12:28 CB6ch トウキョウCT73/1 東京都狛江市 56/56
 12:30 CB6ch ネヤガワCZ18/1 東京都墨田区 55/54
 12:32 CB6ch グンマXT59/1 栃木県栃木市 53/52
 12:35 CB6ch トウキョウYU815/1 神奈川県川崎市高津区 56/M5
 12:37 CB6ch トウキョウAS63/1 東京都八王子市 52/55
 12:41 CB6ch シズオカBF109/1 静岡県富士市 51/51
 12:43 CB6ch トウキョウAB625 東京都立川市固定 54/M5
 12:47 CB6ch カマクラYH69/1 神奈川県厚木市 51/51
 12:51 CB6ch サイタマQBM254 埼玉県新座市固定(室内^^;) 51/51

噴気地獄見物の栃木遠征は驚きの結果が!

 しばらく前から某ブレンド局がご栄転で栃木県へ配置中、そういえば栃木県の山って男体山くらいしか行ったことないなぁ〜いい山ないかなぁ〜と考え出した。無線は基本高ければ飛ぶ。栃木県にあまり高い山はないようなイメージがあるが、高所至上主義でもないので今回は新規開拓も兼ねて無難な茶臼岳(那須岳)へ行ってみましょう。ホームからだとちょっと遠く、同じ距離で北アルプス表銀座まで手が届くので、これまでどうも足が向かなかった。
 前日遅くなり作戦行動を1時間繰り下げ3時起床、少し寝られただけでもよかった。東北道那須ICから登山口となる峠の茶屋駐車場まで来ましたよ。

 CT:駐車場7:14→避難小屋7:50→朝日岳8:22→9:21三本槍岳9:23→避難小屋10:33
    →牛ヶ首11:00→11:50茶臼岳13:32→避難小屋13:53→14:14駐車場
s-01 駐車場s-02 入口s-03 登山道
(駐車場〜登山口〜登山道)
 天気は素晴らしく風もなくひんやり心地よい。この勝負もらった!感はありますが静かに駐車場奥の階段から侵入します。道はよく整備され驚くほど穏やかで歩きやすい。
 茶臼岳にはロープウェイで9合目^^;まで行けますが、あまり標高差がない割に料金が高くてびっくりです。参考に知っているロープウェイ・ケーブルカーとの比較をしてみると、やはり割高感がありますね。厳冬期は営業していないので、仕方ないのかもしれません。

料金比較

s-04 茶臼岳s-05 朝日岳s-06 峰の茶屋跡
(茶臼岳〜朝日岳〜登山道)
 火山なので森林限界は低くすぐに今日の獲物茶臼岳が見え、反対側の朝日岳は迫力あります。まず峰の茶屋跡避難小屋を目指します。
s-07 峰の茶屋跡避難小屋s-08 ルートs-09 朝日岳へ
 (避難小屋〜案内板〜朝日岳へ)
 避難小屋で稜線に合流し左に茶臼岳、右は朝日岳・三本槍岳。三斗小屋温泉までの周回コースにしたかったが、今日は行動開始が遅くお昼の茶臼岳に間に合わないので三本槍岳まででいいや。この三斗小屋温泉はテントでも泊まれるそうだが、いくつも張れないのでテン場でも予約が必要だったはず。いつか行ってみたいところです。
s-10 朝日岳s-11 登山道s-12 朝日岳山頂部
(朝日岳へ)
 岩場歩きが続きトラバースもありますが、鎖もあちこちについており問題になる箇所はないですね。分岐したらすぐに朝日岳山頂。
s-13 駐車場s-14 茶臼岳振り返りs-15 三本槍岳へ
(朝日岳からの眺望)
 あっ!俺の車が見える!あんなに見えるなんていくらも標高上げてないんですね。前後に茶臼岳と三本槍岳もよく見え眺望は素晴らしいですが、広範囲に平地が見えるロケではないので無線運用的にはアレかもですね。
s-16 三本槍岳へs-17 三本槍岳へs-18 三本槍岳へ
(三本槍岳へ)
 ここから標高を下げ汚泥地帯を抜け這い上がれば三本槍岳。遠くに見える不思議な色の噴火口みたいなのは何でしょう?UFOの発着基地みたいです。探検に行きたい気もしますが登山道を外れてはいけません。
s-19 三本槍岳へs-20 三本槍岳山頂部s-21 展望盤
(三本槍岳へ〜山頂部)
  樹林帯を這い上がれば山頂で本日の最高点ですが、少しガスが上がってきて眺望はイマイチ。展望盤で周囲の山々を確認しますが、土地勘がなく知ってる山が少なくアウェー感に苛まれます。
 この時間ここから三斗小屋温泉周回だと、昼休み茶臼岳運用に間に合わないのでピストンで戻るとします。
s-22 朝日岳と茶臼岳s-23 茶臼岳s-24 おやつ
(朝日岳〜茶臼岳)
 朝日岳って北側からみると妙な格好してるんですね。帰りはスルーし茶臼岳へ向かいます。
s-25 振り返りs-26 噴気s-27 噴気
s-28 噴気s-29 噴気s-30 牛ヶ首
(噴気地獄見物)
 避難小屋からは直接登らず一旦トラバースで半周し、今日のハイライト噴気見物しロープウェイ山頂駅からの道で登りましょう。
 おおっ!これが噴気口かなるほど面白いですね。シューシュー唸っているし。山で見るのは初めてかも。温泉卵ってこういうところで作るのかな。色は#6DE051といったところでしょうか。この源泉かけ流し感(硫化水素臭)がたまらんが、以前山鬼さんの焼岳噴気口動画を見ていたので、もっと大規模で盛大にやっているものだと思っていました。まぁあまり激しいと立入禁止になっちゃうからこんなもんでしょうか。この辺りは無間地獄というらしいが親子連れ方も多かったです。子連れで地獄見というのもアレですが、完全な観光地ですからね。
s-31 ロープウェイ山頂駅へs-32 茶臼岳へs-33 山頂鳥居
(茶臼岳山頂へ)
 ロープウェイ山頂駅からの道と合流すれば山頂はもうちょっとです。あっ鳥居が見えた。微妙に形が気になりますが、まあいいことにします。
s-34 山頂鳥居s-35 茶臼岳山頂標s-36 平地側眺望
(茶臼岳山頂部〜平地側眺望)
 あっ山頂についた!周囲には十数名でしょうか、ロープウェイでお手軽なので結構人がいますね。隅っこをテキトーに陣取り、せっかくなので那須DRを叩いてKXさんにご挨拶します。ここ茶臼岳や三本槍岳はすでに登られており全体の位置関係はご存知で、冬はとにかく風が凄いらしいです。そういえば避難小屋にも強風注意の案内がありました。駐車場までの道中に日帰り温泉もあるので、仲間とのんびり遊びに来るのもよさそうです。

 さてフリラ開局参戦します。都心から離れておりどうかな〜?と思っておりましたが、いやはやびっくりしました。これまでそれなりに山岳移動はやっており距離感というか、相手局が平地であればどこから呼ばれるかは無意識のうちにイメージがあったが、新潟市・仙台市ってこれまでつながったことあったかな?しかもホームのローカル局まで、朝から延々運転して遠くまで来たのにあっさりホームエリアとつながるのは驚きですね。勿論、山岳間ではないので距離そのものはDXではないが、山岳−平地間で聞いたことのない地域とつながるのは嬉しいですね。
 おっ!キヨセ71局ともつながりました。同局とは冬の八ヶ岳のプチハプニングで偶然お会いして以来ですね。強力だったので今日は近くの山に来られているのかと思いましたが、なんとホームの隣町でした。ここ茶臼岳も去年のこの時季、三斗小屋温泉テント泊で来られていたそうです。山も精力的に毎週^^;続けておられるようで来週は北アルプスとのこと、CMは存じ上げないのですが八ヶ岳での風貌からもいわゆるプロな方なのかも知れません。またどこかの山からQSOしたいですね。
 今日は地元局とせいぜい茨城・埼玉北部くらいかなと思っていたので十分満足な釣果。嬉しいですね。帰りも長いのでそろそろ退散するとしましょう。
s-37 お鉢巡りs-38 峠の茶屋跡へs-39 下山
(火口周回〜下山)
 富士山みたいにお鉢巡りで周回し、本日三度目となる峰の茶屋跡避難小屋から朝日岳を見ながら下山。右の写真の右下に登山者が写っているので下山路のイメージがわかると思います。

いくつか・・・
 走行距離の割には標高が低いので足が向かなかった栃木県の山だったが、新規開拓と行ってみると普段つながらない局とQSOできるのは嬉しいですね。少し先には福島県、そちらにも面白そうな山もあるのでいずれ参戦してみたいです。
 茶臼岳周辺の今回のコースは皇太子が何度も来られていることもあって、よく整備され道標もあちこちにしっかりしている。山頂からの眺望もよくスペースも広く無線運用にも適しており、山岳移動としてもっと多くの局が運用してもいい山ですね。ただし紅葉の時季はあり得ないほどの激混みになると、途中ご一緒した地元のおじいさんが言ってました。

9/5(火)の移動運用結果
運用地:栃木県那須郡那須町 茶臼岳(1,915m)
 12:20 DCR17ch トチギMH44/1 栃木県宇都宮市モービル M5/M5
 12:23 DCR17ch サイタマHK118/1 埼玉県春日部市 M5/M5
 12:25 DCR17ch サイタマBX71 埼玉県鴻巣市固定 M5/M5
 12:29 DCR17ch サイタマTA35/1 M5/-- シリキレ
 12:32 DCR17ch カスミCO1091/1 茨城県稲敷郡 霞ヶ浦 M5/M5
 12:37 DCR17ch ニイガタHR731/1 埼玉県加須市モービル M5/M5
 12:44 DCR17ch ニイガタJN56 新潟県新潟市中央区固定 M5/M5
 12:49 DCR17ch フクシマFK349 福島県福島市固定 M5/M5
 12:52 DCR17ch フクシマAY01/7 福島県郡山市田村町モービル M5/M5
 12:55 DCR17ch キヨセ71/1 埼玉県入間市モービル半固定 M5/M5
 12:59 DCR17ch ミヤギNE410/7 宮城県仙台市宮城野区 M5/M5
 13:02 DCR17ch サイタマYB101/1 埼玉県比企郡吉見町 M5/M5
 13:06 DCR17ch ミエVB109/7 宮城県仙台市宮城野区 M5/M5
 13:09 DCR17ch ミエJN220/1 東京都清瀬市固定 M5/M5

恒例行事には何としても参戦

 毎年夏の高齢恒例行事となっているハムフェア。CBCNブース以外にはあまり用はないけど、いわゆる業界上納金みたいなものなので入場してきました。
 今年は前日に名刺を刷り刷りし、積極的な営業活動(名刺交換)にまわりました。コールは知っていても顔と名前は一致していないしすぐには覚えられないので、気を付けないとさっき名刺交換したばかりの人に、また挨拶して名刺を渡してしまいそうで、するどい観察力と注意力が求められます^^。
s-01s-02s-03
 あれこれ歩き疲れた頃に珍局山鬼さんから有線着弾。サンルート有明にいてアルコール類を調達していくのでいつものテラスに集合とのこと。グレゴリー35Lの山用ザックにAC満載で現れ、秋津会の面々は4時過ぎから出来上がってしまいました。

 しまいには集合写真を撮る場所がわからず、目の前の某局とL3chで自作自演で皆をここに呼び寄せよう!となりましたが、良心的な群馬局に怒られてしまいました。以下要旨。
 某117局 「集合写真の場所がわかる方いますか?どうぞ!」
 某966局 「毎年の一次会会場のテラスに集合です。どうぞ!」
 某117局 「ありがとうございます!すぐ行きます」
 某群馬局  「何言ってんだ!屋上でみんな待ってます!早く来てください!」
 某966局 「スイマセン。お店広げちゃったんで無理です。撮っちゃってください」
 某群馬局  「・・・」

 う〜ん、酒のうえのこととはいえかなり悪質でしたね。ごめんなさい。なおCBCNブースの方のコールをかたって皆を呼び寄せるという案もありましたが、さすがに来年から参加できなくなるので自重しました。
 ジャンケン大会では、山鬼さんがテーブルモニターで使っていた「DJ-R20D」をいきなり商品として提供するハプニングもあり皆目の色が変わりましたね。
s-04s-05s-06
 一次会の後はこれまた恒例の戦慄のチムニー会。人数を数えていたがわからなくなり、いきなり生20!でしたが、在庫在庫と言っているうちになくなってしまいました。いやはや飲みましたね。我が方も一次会のワインがまわってきて帰宅困難者になりつつありましたが、某966局と某120局という屈強なローカル局がいましたので、何とか帰れました。ありがとうございました。

 今朝見たらザックにDCR機が入っていて経緯を思い出した。某東名電子にて。
 「お兄さん、ハムフェアといえば東名電子でしょ!3台買うから勝負してよ!」
 「えっあっ、じゃあこれでどうですか・・・」
 「わかった!じゃその単価で2台もらいます・・・」
 「・・・」 
 東名さんありがとうございました。大切にします。

 毎年同じようなことを書くが、どんなにコミュニケーション手段・情報伝達技術が発達しても、あえてこの不便極まりない市民無線・・・同じ価値観を共有する仲間とのアイボールは、これ以上ないと思える楽しさですね。こういう楽しさを味わえるのは、やはりハムフェアでCBCNブースを開設していただいている有志各局の苦労があってこそですね。感謝にたえません。また来年お会いしましょう。

このページのトップヘ