2020年04月09日 08:00

ジュリアナ物語 4

バブル時代に 銀座でホステスをしていたという「スナック じゅりあな」のママさん・・・

「札束を見せられて 口説かれたことある??」と聞いた俺・・・

暫くの沈黙の後、ポツリポツリと話し始めたのであった。


ママ 「そりゃ 何度か有ったわよ!! たぶん あの頃 銀座で働いていた子は みんな経験あるんじゃないかな!? 私の場合は 最初の時は 同伴出勤の途中 喫茶店でセカンドバックの中の札束を見せられて口説かれたわ!!」

1







俺 「ふ〜〜ん で どうしたの???」

ママ 「どうしたって?? そのお金を受け取ったかどうかってこと???」

俺 「ええ・・・  まあ・・・  」

ママ 「もちろん 断ったわよ!! いくら田舎出の小娘だって100万円ぽっちで抱けると思われちゃ困るから・・・

俺 「えっ!? 100万円は『ぽっち』なんだ!??

ママ 「そうね あの頃は『ぽっち』だったわね!! 今は違うけど・・・ テヘヘヘヘ・・・

俺 「凄いな!! さすがバブル時代・・・


ママ 「でも 実はね!! 100万円は大金だけど その客・・・ 他の女の子も口説いてたのよ!! ホステス同士では 誰が誰を口説いたかなんてことは  み〜〜んな知ってるの!! 知らないのは客の方だけ・・・」

俺 「じゃ もしかして・・・ 口説いた金額なんかも知ってるの??」

ママ 「もちろんよ! 私が『100万円ぽっち』と言ったのは 友達が200万円で口説かれて断ったのを知ってたからなの!! その友達が200万円で 私が100万円よ! そんな安い女だって見られたのが癪だった訳・・・」

俺 「その友達の200万円っていうのも 本当かどうかは分からないんじゃないの!?」

ママ 「そうかもね! でもその頃の私は 20歳前の小娘よ! この世界のことなんて 何も分かっちゃいなかったわ!! 100万円を断れば すぐに次は200万円の誘いが来るって思ってたぐらいで・・・」

(恐るべしバブル時代・・・ ホステスを口説くのに100万単位の札束が動いていたんだ・・・


俺 「じゃ 一度も誘いに乗ったことは無かったの???」

ママ 「それは・・・ え〜〜と・・・

突然 言葉を濁した彼女・・・


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

バブル アゲイン!!
  ↓
2




にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村



コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ブログランキングに参加しています。
宜しければクリックをお願いします。
  ↓
にほんブログ村 マリンスポーツブログ サーフィンへ
にほんブログ村

人気blogランキングへの投票

バナー1(大)


ケン



人気ブログランキング
  
「モトザレ投書箱」
すぐに答えられるかどうかはわかりませんが、気長に待っていてください。
(投書は非公開です)
俺への非公開の連絡などにも使えます。
記事検索
天気予報
月別アーカイブ
コメント
RSS
livedoor プロフィール

ケンちゃん

  • ライブドアブログ