沖縄の空からゴーヤーの独り言

地方だとインデックス投資のお話ができる人が少ないのでブログを始めました。2007年からコツコツ始めておりますが、投資に関する知識はありません。ですので有益な話はできません。後、投資家以前に浪費家ですので大して積みあがってもいません。観光の役に全く立たない沖縄の情報と、日々の雑感、等を書いております。

初めてお越しの方へ、まずは『自己紹介』をご一読頂けたら有難いです。(2016/12/6更新)
リンクについては『リンクについて』をご一読下さい。(2015/4/25更新)

yubin_jitensya_bin

自転車通勤に必要な道具をふるさと納税で手に入れました

この前の記事の続き。ググってみると、クロスバイクを購入するときは、付属品の購入などで自転車本体の値段プラス2〜3万円程度の予算を持っていた方がいいとのことです。(買ってから分かったので時すでにお寿司)

で、流石に全部揃えるお金はないので、優先順位をつけました。以下の4つです。

  1. 空気入れ(仏式対応、空気圧チェック機能付き)
  2. ヘルメット
  3. グローブ
  4. サイクルバンド
1.ですが、クロスバイクは空気が抜けやすいそうです。購入したお店では1ヶ月に1回入れたほうがいいと言われました。ネットでは1週間に1回と書かれていました。で、ママチャリ用の空気入れでは空気入れの口の規格が異なるとのことで、残念ながら買い替えました。(ママチャリは英式、クロスバイク・ロードバイクは仏式、マウンテンバイクは米式だそうです。規格統一してくれよ…)

2.3.は安全のためです。クロスバイクはママチャリとは比べ物にならないスピードで走れます(乗って初めて分かりました。)転倒した時の怪我予防のためには必需品です。(そもそも自転車は車道を走る乗り物だしね)

4.ですが、長ズボンをはいていますので、裾がチェーンに巻き込まれないために買いました。(巻き込まれたら事故が起きる可能性大)

モンベルのポイントバウチャーを活用しました

ピヨママさんのブログにふるさと納税でキャンプ・登山用品をという記事がありました。もしかして自転車グッズとかもあるんじゃね?と思ってモンベルのHPを見てみたらありました!ということでさっそくふるさと納税をして、ヘルメット、グローブ、サイクルバンドをゲットしました。ピヨママさんありがと~。

※ちなみにピヨママさんのブログ記事にありますとおり、総務省からのお達しで還元率引き下げ、廃止の自治体が出ております。私は長野県大町市にふるさと納税をしたのですが、同市は2018年からはモンベルポイントバウチャーを廃止しております。

空気入れはAmazonで購入しました。



ママチャリと違い、クロスバイクやロードバイクは適切な空気圧で入れる必要があるそうなので、空気圧計がついているものがいいそうです。(空気を入れるのに結構力いります)

さてさて、先行投資をしてしまいましたが果たして回収できるのでしょうか…

お手間でなければポチっとクリックお願い致します。

インデックス投資 ブログランキングへ




先に書いておきます。今回は配偶者の同意の下購入しておりますので、以前のような展開にはなっておりませんので悪しからず。

自転車を購入しました

最近運動不足を痛感する機会がありまして、新年だし、一念発起し、自転車通勤をする決意をしました。

どんな自転車が良いのかすでに自転車通勤をしている先輩へ相談したり、ネットで調べてみたりすると、以下とおりでした。
  1. 自転車通勤はハードルが高く挫折したら駄目なので最初は電動自転車がいい
  2. ホームセンターで売っているクロスバイクもどきの自転車はあかん。買うなら5万円以上のものがい
1.は先輩のアドバイスでした。沖縄は平坦な道が少なく、アップダウンが多いです。(島だしね)加えて夏が長く体力的にもしんどいとのことで、電動自転車を勧められました。
2.ですが、通勤路が坂道のため、ママチャリは論外。クロスバイクを買うという前提で考えていたのですが、ネットの口コミでは最低でも5万円以上のものが良いということでした。

購入した自転車

00000042_l
(写真はGIANT社のHPより)

GIANTのESCAPE R3を購入しました。お値段は定価で税抜き50,000円。クロスバイクのベストセラーだそうです。(自転車に関する知識はゼロだったので、今回色々調べて初めて知りました。)

先に書いた5万円以上の自転車がいいっていうネットの口コミのはどうもこのESCAPE R3が基準になっているようです。購入に際しお店の店員さんに聞いても「GIANT社ならハズレはない。ESCAPE R3なら入門用としてもいいのではないか」とのことでした。

ちなみに電動自転車も検討しました。候補に挙がったのがYAMAHAのYPJ-Cでしたが、お値段は定価で税抜き185,000円。配偶者の「人力のくせに原付より高いとは何事か」との一言でもれなく却下となりました。目的が運動不足解消だし、頑張るかと自分に言い聞かせることにしました。

自転車本体以外にも支出がいっぱい

自転車を購入してから気づいたのですが、本体以外にも色々出費がかさみます。

防犯登録(500円) ⇛ これは分かる
鍵 ⇛ え?ついていないんすか?
ライト ⇛ え?ついていないんすか?
スタンド ⇛ え?ついていないんすか?

ママチャリしか乗ったことのない人間なので、これらの費用を考慮していませんでした。これらは自転車を購入したその日から必要なヤツなので、お店で追加購入しました。(プラス5,000円弱程度)

ちなみに、これら以外にも色々必要なものが出てきたのですが、それについては改めて記事にしようかと思います。

運動不足を感じるな〜という方はポチっとクリックお願い致します。

インデックス投資 ブログランキングへ



先日こんなTweetをしたのですが、アドバイス下さったみなさまありがとうございます。が、活用できず仕舞いでした。

銀行員のセールスに立ち会いました。

ご無沙汰の更新です。この間色々ありまして、義母が多額の一時金を手にしてしまいました。

一時金をどうするかということで家族会議を行った結果、義母が保有している金融機関の口座で1,000万円(預金保険機構で保護される金額ですね)までは預金に入れ、そこから溢れてしまった分を個人向け国債変動10年に充てるという話でまとまったそうです。(投資経験者の配偶者が家族会議を主導したとのこと)

ですが、色々あって銀行員が義母宅に訪問することになり、色々あって私もその場に同席することになりました。

色々あったんです…

8vs1の戦い

色々あって家族もろもろ同席し、銀行員1名に対し一家8名で応対しました。(行員さんご愁傷様です)
行員さんは恐らく私と歳がそう変わらない若い方(遠まわしに入行年を聞きました)でした。

行員さん「まとまったお金ですが、義母さんがお使いになりたいですか?それとも残したいですか?」

「(。´・ω・)ん?何言ってんだ?」と思ったのですが、要するにまとまったお金を運用するのか、相続目的で保険に入りたいか?という意図だったようです。(言い方回りくどくね?)

で、義母が「ん~全然決めていないですね~」ということで一通り行員さんが商品の説明をしました。投信信託を2つ(使いたい)、個人年金保険を2つ(残したい)紹介されました。

行員さんの説明

【投資信託について】
・低金利が続いている
・定期預金だけでは厳しい
・国債は魅力が薄い
・物価が上昇している
・インフレ対策が必要
・分散投資が必要
・リスクをとらないとリターンは得られない
・ある程度の損失は覚悟が必要

という趣旨の説明でした。私もいちおー投資家の端くれなので、行員さんの言いたいことの趣旨は理解しましたし、そんなに変なことは言っていませんでした…が、説明が舌足らずでした。あまりに舌足らずなのでイライラした配偶者がなぜか説明のフォローに入るという面白い状態でした(笑)

【個人年金保険について】
・まとまったお金の相続対策が必要
・死亡時の保険金は確保しつつ一定のリスクをとって運用する

という趣旨の説明でした。義母が多額の一時金を手にした直後だったので、さらにそこからの相続までは考えてもいなかったので、「言われてみれば確かに!」とは思いました。

残念なのは取り扱い商品

…とまぁ説明そのものは個人的には特に悪い印象はなかったのですが、勧められた商品が糞でした。

具体的な商品名を書いちゃうと金融機関がバレちゃうので割愛しますが

投資信託ですが、低リスクのバランスファンドでした。(ファンドマネージャーが景気動向を云々してリバランスをするだとか、外国債券は為替ヘッジをしますよとかいう類のヤツ)

とにかく購入手数料と信託報酬が高い。電卓をポチポチ叩いてみたのですが、1年でリターンが3%あったと仮定しても手数料分でプラマイゼロですやんという仕上がり。ん〜なんだかな〜

保険の方は円建ての変額年金個人年金保険と外貨建ての変額年金個人年金保険

流石にこれは保険に詳しくない私でも分かるぞ、間違いなく入ったらあかんやつや。

家族からの質問が的確すぎて感動した

(投資と無縁な)義母やきょうだいから行員さんへの質問に感動してしまいました。

「行員さんは今日紹介したこの商品を自分の両親にも勧めますか?」

「行員さんは投資やっているんですか?どんな商品を買っているんですか?」

「メリットばかり強調していますけど、当然デメリットもあるんですよね?」

「他にもいっぱい商品を取り扱っていると思いますが、なぜ今日はこの商品を紹介したのですか?」

など…ヤマゲンさんあたりが記事に書きそうな模範的な質問をしておりました。ちなみに、これら質問、私が事前に家族に吹き込んだとかではありません。

分からないものには手を出さない

最終的には義母の「よくわかないから結構です」の一言で、当初の予定通り個人向け国債10年を購入することになりました。ってかこっちは最初から結論が出ていたのですが…わからないものには近寄らないという感覚って大事だなと思った次第です。

おまけ:配偶者の感想

銀行員だからって知識があるわけじゃないというのが良くわかった
ってか説明が下手くそすぎる
肝心なところぼやかし過ぎ
私のほうがもっと上手く説明できる

などなど、かなりご立腹でした。結婚した時は「投資ってギャンブルでしょ」と言っていた配偶者がここまで成長するとは…

お手間でなければポチっとクリックお願い致します。

インデックス投資 ブログランキングへ



↑このページのトップヘ