沖縄の空からゴーヤーの独り言

地方だとインデックス投資のお話ができる人が少ないのでブログを始めました。2007年からコツコツ始めておりますが、投資に関する知識はありません。ですので有益な話はできません。後、投資家以前に浪費家ですので大して積みあがってもいません。観光の役に全く立たない沖縄の情報と、日々の雑感、等を書いております。

初めてお越しの方へ、まずは『自己紹介』をご一読頂けたら有難いです。(2016/12/6更新)
リンクについては『リンクについて』をご一読下さい。(2015/4/25更新)

スクリーンショット 2018-10-07 22.39.27

野村證券の口座を解約することにしました

新生銀行の口座の解約に引き続き、野村證券の口座を解約しました。大した資産もないくせに無駄に証券口座を複数持っているので整理しました。

解約した理由…というか、そもそも開設した理由

4年ほど前に、親が勝手に加入していた養老保険を解約したという記事を書きました。その時の返戻金は個人向け国債変動10年に充てたのですが、この個人向け国債を購入するために野村證券の口座を開設しました。

なぜもともと保有している証券会社じゃなくて、野村證券をわざわざ開設したかというと、某テ○ーさんのマネージャーのブログで、野村證券が個人向け国債のキャンペーンをやっているというのを拝見したからです。

某○リーさんのマネージャーのブログです。

1億円を貯めてみよう!chapter2

その時のキャンペーンで現金キャッシュバックをもらえたのですが、あいにく薄給社畜なものでして、それ以降まとまったお金を個人向け国債に充てる機会もなく、ほったらかしのままでした。

そして、気づきました。あれ?だったら別に野村證券の口座を持ち続ける理由ないよね?と。(今更)

ということで、メインの証券口座であるSBI証券に個人向け国債を移管し、野村證券を解約することにしました。

大いなる前フリ

新生銀行の解約、野村證券の解約をし、銀行口座と証券口座の断捨離を行いました。これで少しはスッキリしたのですが、今回の断捨離にはまだ続きがありまして、それは追々…

お手間でなければポチっとクリックお願い致します。

インデックス投資 ブログランキングへ

IMG_4070

2年5ヶ月ぶりの更新

アサヒビール社製のスーパードライと、オリオンビール社製のスーパードライの飲み比べです。今回得3回目の飲み比べです。過去の記事は以下の通り

アサヒビールとオリオンビール
アサヒビールとオリオンビール(1年7ヶ月ぶりの更新)

さて、この2年5ヶ月の間の変化というと、キリンビールが47都道府県の一番搾りなんて企画をやっておりました。本来どこで買っても同じ味であるはず(べき)のものを地域ごとに違う味を提供すると。

当然ですが、同じ銘柄のビールで原料となるホップや麦が同一産地だとしても決定的に違うのが「水」です。キリンビールはその「水」が違うことで味が微妙に異なることを逆手にとって47都道府県の企画を思いついたんだろうな〜と思った次第であります。(なんか日経新聞にも同じようなことを書いていた気がします。)

ということで、このアサヒビールとオリオンビールの飲み比べ企画。味の違いは実は製造会社の違いは大した問題じゃなく水の問題”だけ”だったりするのかな?と思い始めてきたのですが、ま、とりあえず今回も飲み比べてみました。

飲んだ感想は前回と同じ

IMG_4071

飲み比べたあと、前回のブログ記事を読んでびっくりしました。全く同じ感想です。

「飲んだ時の喉にガツン!と来る炭酸感(いわゆる喉越し)がアサヒビール製のアサヒビールは強く、オリオンビール製のアサヒビールは弱めな感じがしましたが、味はほぼ同じ!」(前回のブログより)

前回と同じ感想ということは、オリオンビール社製造のアサヒビールの味が安定してきたということなのかもしれません。

私の周りの人で「アサヒビールの味が違うんだよな〜」と言っている人が多数いますが、それは思い込み(もしくは製造開始当初の味のイメージ)かもしれません。

オリオンビール社製造のアサヒビールはほぼアサヒビールです!飲まず嫌い勿体無い!

オリオンビール美味しいよねという方はポチっとクリックお願い致します。(私は一番搾り派です)

インデックス投資 ブログランキングへ

Long-Term_Credit_Bank_of_Japan_Logo.svg



新生銀行の口座を解約することにしました

職場の都合やら自己都合やらで銀行口座を6つ持っておりました。(口座数が多いだけで、金額は全部合算しても雀の涙ほどしかありません。)

さすがに口座持ちすぎやろと思いまして、色々考えた結果新生銀行を解約することにしました。

解約の理由

みなさまご存知かと思いますが、新生銀行のATM手数料の有料化が理由です。
スクリーンショット 2018-08-30 21.38.48
新生銀行HPより

ご覧の通りスタンダードでは1回あたり108円取られるようになってしまいます。ゴールドにするという選択肢も考えたのですがこれがなかなかにハードルが高い。そして、最近はメインバンクとして活用していなかったので、そこまでやる必要性も感じなかったので解約することにしました。

口座を開設した理由が解約理由になるとは皮肉な話

私が保有している6つの銀行口座のなかで、新生銀行は2番目に古い口座でした。学生時代から保有していました。口座を開設した理由はATM手数料が無料だったからです。

学生時代、実家からの仕送りがゆうちょ銀行に振り込まれていました。ドラ息子だった私はその仕送りを遊ぶ金にしていたわけですが、何も考えず毎回コンビニで引き出して手数料が取られていました。その度親から「手数料が勿体無い。手数料が取られないように出せ」と怒られておりました。(今思えばホントド正論。申し訳なさすぎます…)

あまりにも親がうるさかった(当時の感想です。)ので、「だったら手数料ただでおろせるようにすればいいんだろ?」と色々調べたら、新生銀行がコンビニで引き出しても24時間手数料無料だということがわかり、幸いに近くに店舗もあったので口座を開設しました。

口座を開設し、実家からの仕送りをゆうちょ銀行のATMから引き出して、新生銀行に入金して、必要なときに引き出して遊ぶということをしておりました。

ということで、ATM手数料が無料なのが理由で口座開設をしたのに、それが有料になってしまうとは残念な話です。古くから保有している口座だったので、思い入れもそれなりにあったのですが、泣く泣く解約することにしました。



楽天銀行(というか楽天証券)が最近気になるという方はポチッとクリックをお願いします。

インデックス投資 ブログランキングへ

↑このページのトップヘ