6月のポートフォリオはこんな感じです。

保有している投資信託等は以下の通り

20170608

ひふみプラスの扱いについて悩み中

テレビ東京のカンブリア宮殿で取り上げられて以降ひふみ投信に資金が大量に流入しているようです。(ちなみに私は番組を見ていないです。テレ東が(ry)

そして、以前から話は出ていたのですが、ひふみ投信が外国株式にも投資を始めたようです。6月の運用レポート(PDF)を見るとマイクロソフトやアマゾンドットコムが組み入れ銘柄に名前を連ねております。

これらの事象をどう評価するかなのですが

前者については、私がかつて保有していたアクティブファンドが、リターンがいいということで評判になり、大量に資金が流入してうまく運用ができず、その後インデックスにも劣ったケースがありました。ひふみ投信のような中小型株に投資するファンドに大量に資金が流入すると、それ事態が株価の上昇要因になるってのはあるあるネタです。

後者についてですが、もともとひふみ投信は投資対象を国内株に限定していたわけではないので、それは別にいいのですが、外国株投資に挑んだことをどう評価するかです。

分かりやすい記事がありましたのでご紹介(18禁なので閲覧注意)

「ひふみ投信:今が峠と見て離脱するか、未知なる冒険に一蓮托生するか」資産形成は時の流れにまかせて。

誰かが言っておりました、アクティブファンドは宗教に似ていると。個人的には外国株への投資を始めたことはポジティブにとらえているのですが、一方でリンク先の記事にある通り、インデックスを上回るリターンを得ることができるかは未知数です。

私のひふみに対する信仰心は今のところ揺らいでおりませんが、やはり不安はあります。積立は継続しますが現在保有している分は一旦利確してもいいのかな〜なんて思ったりもしております。

【補足】
ひふみ投信は私が唯一積み立てているアクティブファンドです。私の総資産に占める割合は微々たるものです。メインはインデックスファンドです。繰り返しになりますが、アクティブファンドは宗教に似ていると思いますので信仰心は程々に。


お手間でなければポチっとクリックお願い致します。

インデックス投資 ブログランキングへ