Long-Term_Credit_Bank_of_Japan_Logo.svg



新生銀行の口座を解約することにしました

職場の都合やら自己都合やらで銀行口座を6つ持っておりました。(口座数が多いだけで、金額は全部合算しても雀の涙ほどしかありません。)

さすがに口座持ちすぎやろと思いまして、色々考えた結果新生銀行を解約することにしました。

解約の理由

みなさまご存知かと思いますが、新生銀行のATM手数料の有料化が理由です。
スクリーンショット 2018-08-30 21.38.48
新生銀行HPより

ご覧の通りスタンダードでは1回あたり108円取られるようになってしまいます。ゴールドにするという選択肢も考えたのですがこれがなかなかにハードルが高い。そして、最近はメインバンクとして活用していなかったので、そこまでやる必要性も感じなかったので解約することにしました。

口座を開設した理由が解約理由になるとは皮肉な話

私が保有している6つの銀行口座のなかで、新生銀行は2番目に古い口座でした。学生時代から保有していました。口座を開設した理由はATM手数料が無料だったからです。

学生時代、実家からの仕送りがゆうちょ銀行に振り込まれていました。ドラ息子だった私はその仕送りを遊ぶ金にしていたわけですが、何も考えず毎回コンビニで引き出して手数料が取られていました。その度親から「手数料が勿体無い。手数料が取られないように出せ」と怒られておりました。(今思えばホントド正論。申し訳なさすぎます…)

あまりにも親がうるさかった(当時の感想です。)ので、「だったら手数料ただでおろせるようにすればいいんだろ?」と色々調べたら、新生銀行がコンビニで引き出しても24時間手数料無料だということがわかり、幸いに近くに店舗もあったので口座を開設しました。

口座を開設し、実家からの仕送りをゆうちょ銀行のATMから引き出して、新生銀行に入金して、必要なときに引き出して遊ぶということをしておりました。

ということで、ATM手数料が無料なのが理由で口座開設をしたのに、それが有料になってしまうとは残念な話です。古くから保有している口座だったので、思い入れもそれなりにあったのですが、泣く泣く解約することにしました。



楽天銀行(というか楽天証券)が最近気になるという方はポチッとクリックをお願いします。

インデックス投資 ブログランキングへ