沖縄の空からゴーヤーの独り言

地方だとインデックス投資のお話ができる人が少ないのでブログを始めました。2007年からコツコツ始めておりますが、投資に関する知識はありません。ですので有益な話はできません。後、投資家以前に浪費家ですので大して積みあがってもいません。観光の役に全く立たない沖縄の情報と、日々の雑感、等を書いております。

カテゴリ: 観光の役に立たない沖縄情報

色々バタバタしていて更新が遅れてしまい、もう冬ですよ?今さら台風の話?なのですが、作りかけていた記事をお蔵入りするのもな~と思ったのでせっかくなので公表しておきます。

台風の被害に遭われたみなさまに謹んでお見舞い申し上げます

今年は台風の当たり年(嬉しくないけど)でしたね。全国的に大きな被害が出ました。


さて、私ごと、他人様のお役に立てるようなツイートなんぞしていない(そもそもそんな目的でTwitter何ぞしていない)という自負がありましたが、このように役に立ったという有難いお言葉を頂きました。ということで、台風のメッカである弊県在住の台風対策(なるべく防災関係の本に書かれていないようなやつ)をご紹介しようかと思います。と、言っても殆どが停電対策なのですが…

なお、防災関係の本についてはこれが(電子版なら)無料で読めますしお手軽です。是非ご一読の上ここに書かれている対策を行って下さい。この本に記載されている通り準備を行っておけば基本的には台風の時でも大丈夫です。

東京防災
東京都
2016-03-30


それと、以前にもツイートしましたが、台風は地震と違って事前に想定ができる(=対策ができる)ものです。ある程度の備えはやっておくべきだと思います。

最低限やるべきこと:固定されていないものは飛ばされる。固定されているものも飛ばされる

台風21号の映像は多くの方がご覧になったかと思います。錨を降ろして停泊していたタンカーが流されるんです。トラックが横転するんです。外に置いていて固定されていないもの(物干しざお、ゴミ箱、自転車、植木鉢etc…)は家の中に入れるもしくは飛ばされないように固定するようにしましょう。重くて動かせない植木鉢などは事前に倒しておくのも手です。

そして、家(固定されているもの)すらも飛ばされる可能性があります。沖縄が台風の規模の割に被害が少ないのは多くの家が鉄筋コンクリートで作られているからです。お住まいが木造でそこそこ築年数が経過していて不安がある方や、お住まいの周辺が河川の氾濫や土砂災害の可能性がある方は自宅での避難は諦めて、自治体が用意する避難所に避難しましょう。どんなに遅くとも台風が強風域の間までに避難しましょう。暴風域に入ってからでは遅いです。

ガソリンを満タンにする

理由は二つです。1つ目は、既述の通り、固定されていないものは飛ばされるので、ガソリンを満タンにすることで、少しでも車重を重くし飛ばされないようにするためです。

2つ目は停電対策です。車が無事であればラジオやテレビで情報収集、携帯の充電、エアコンで暑さ対策などができます。もちろん車中泊にも使えます。

冷蔵庫で氷を大量に作っておきましょう

最近の冷蔵庫の保冷性能は高いようでして、北海道胆振東部地震の時のTLを見ていると、アイスが融けていなかったというツイートを散見しました。私の経験でも、丸一日ぐらいの停電では冷凍室の食べ物が完全に解凍していたということはなかったので特に問題はありませんでした。

一方冷蔵室ですが、万全を期すために、大量に作った氷を一部冷蔵室に移しておけば少しでもマシになります。
とは言え、牛乳、生肉、生魚などの腐りやすいものは不安なので、これは前もって処理しておきましょう。(肉や魚は火を通しておく、牛乳は飲んじゃうetc…)

それと、冷蔵庫をむやみに開けないこと。これら対策を行っておけば一日~二日は大丈夫です。(あくまでも経験談なので、腹壊しても責任は取れないので悪しからず。)


水の確保

停電すると水が出ませんが、意外と気づかない人が多いようです。さて、具体的にどう対策するかというと

生活用水はお風呂の浴槽に溜めておく。

お風呂の残り湯を次にお風呂に入る時まで残しておくようにしておくと日頃からの防災対策にもなりますね。飲料水以外の用途に使います。(お風呂は諦めて下さい)

飲料水は空のペットボトルに溜めておく。

市販のミネラルウォーターを備蓄するという提案をしている本などをよく見かけますが、そんなことをせずとも、空のペットボトルに溢れるくらい水道水を入れてしっかりと蓋を閉じて(要するに空気に触れさせない)保管すれば3日は持つと某自治体の水道局のチラシに書かれていました。

我が家ではキッチンにこうして保管した水道水を常備しており、料理をする時にこれから使うようにしています。こうすれば常に新しい水がある状態が保てます。

…と、ここまで長々と書いてしまいまして、1回で終わらなさそうなので、後編に続きます。(今更なネタなのに)後編はあると便利なグッズを書こうかと思います。

今年停電したよという方はポチっとクリックお願い致します。

インデックス投資 ブログランキングへ


IMG_4070

2年5ヶ月ぶりの更新

アサヒビール社製のスーパードライと、オリオンビール社製のスーパードライの飲み比べです。今回得3回目の飲み比べです。過去の記事は以下の通り

アサヒビールとオリオンビール
アサヒビールとオリオンビール(1年7ヶ月ぶりの更新)

さて、この2年5ヶ月の間の変化というと、キリンビールが47都道府県の一番搾りなんて企画をやっておりました。本来どこで買っても同じ味であるはず(べき)のものを地域ごとに違う味を提供すると。

当然ですが、同じ銘柄のビールで原料となるホップや麦が同一産地だとしても決定的に違うのが「水」です。キリンビールはその「水」が違うことで味が微妙に異なることを逆手にとって47都道府県の企画を思いついたんだろうな〜と思った次第であります。(なんか日経新聞にも同じようなことを書いていた気がします。)

ということで、このアサヒビールとオリオンビールの飲み比べ企画。味の違いは実は製造会社の違いは大した問題じゃなく水の問題”だけ”だったりするのかな?と思い始めてきたのですが、ま、とりあえず今回も飲み比べてみました。

飲んだ感想は前回と同じ

IMG_4071

飲み比べたあと、前回のブログ記事を読んでびっくりしました。全く同じ感想です。

「飲んだ時の喉にガツン!と来る炭酸感(いわゆる喉越し)がアサヒビール製のアサヒビールは強く、オリオンビール製のアサヒビールは弱めな感じがしましたが、味はほぼ同じ!」(前回のブログより)

前回と同じ感想ということは、オリオンビール社製造のアサヒビールの味が安定してきたということなのかもしれません。

私の周りの人で「アサヒビールの味が違うんだよな〜」と言っている人が多数いますが、それは思い込み(もしくは製造開始当初の味のイメージ)かもしれません。

オリオンビール社製造のアサヒビールはほぼアサヒビールです!飲まず嫌い勿体無い!

オリオンビール美味しいよねという方はポチっとクリックお願い致します。(私は一番搾り派です)

インデックス投資 ブログランキングへ

3
平成29年度税制改正の大綱が閣議決定されました

今更なのですが、平成29年度税制改正の大綱が12月22日に閣議決定されたそうです。

平成29年度税制改正の大綱(財務省HPより(PDF))

積立NISAの話はすでに多くの方がブログにしているので、その辺の話は置いといて(え?)、私が記事にしたネタがどうなったか確認。

退職年金等積立金に対する特別法人税の課税の停止措置

【今更】確定拠出年金の特別法人税の話 で書いた内容についてです。

3年延長だそうです。(P.72)

まぁ、これまで何度か延長されておりますので、そうですかという感じです。(廃止の道は遠いのでしょうか…)

で、書いてて気づいたのですが、個人型確定拠出年金の場合、自分の財布からお金を出しているのにも関わらず、なぜ課せられる税金が「法人税」なのでしょうか?信託報酬や口座管理手数料を通して信託銀行や証券会社には利益が得られているはずです。そして法人の利益には当然に法人税が課せられております。加えて、保有資産に対して法人税を課すというのは二重課税ではないのでしょうか?

というかそもそも自分の財布から出しているお金に法人税を課すってどゆこと?(所得税ならまだ分かるのですが…) ←大事な事なのでもいっかい書いときます

企業年金(確定給付・確定拠出)の場合で考えてみても、退職金・企業年金は給与の後払いの位置づけなはずです。「退職金・企業年金がある会社の社員」と、「退職金・企業年金がないからその代わりに給与を上乗せする会社の社員」とで、課せられる税が異なるのは税金の公平の原則に反すると思うのですが…

税金って良くわかんないっすね…

沖縄県産酒類に係る酒税の軽減措置

税の話はムズカシイ で書いた内容についてです。

2年延長だそうです。(P.94)

沖縄に観光に来られるビールクズの方は沖縄ではオリオンビールを飲んだ方がお得ですよ(税金的には)

その他沖縄関係の税制は基本的に現状維持ってことのようです。ただし、延長期限がこれまでの5年から2年(一部は3年)に短くなったようです。個人的見解を書くと長くなるで割愛しますが、沖縄に住んでいる方はどの様な税制優遇措置を受けているのか、その根拠は何なのか、知っておいた方がいいと思いますよ。(くどいようですが)

お手間でなければポチっとクリックお願い致します。

インデックス投資 ブログランキングへ

image

子どもの貧困に関する講演会を聞いてきました

3時間超という長丁場の講演を聞いてきました。(腰が痛かった)

以前もブログに書きましたが、沖縄は子どもの貧困が結構深刻な状態にあります。本講演会でも説明されてましたが、沖縄県の調査によると、子どもの相対的貧困率は29.9%(全国16.3%)だそうです。その現状と、今後の課題を色々聞くことができました。ざっくり内容はこんな感じでした。

現状について

私自身誤解していたことなどがあり、勉強になりました。

物価水準は全国25位、一方で1人あたり県民所得は47位(つまり相対的に貧しい)
待機児童全国2位
ワーキングプア率全国1位(20年連続) → バブル期ですら、沖縄の貧困率は高い
ジニ係数全国3位
学童クラブの民間依存度が高い
学童保育に対する自治体の補助金が低い → 学童保育の利用料が高い → 利用率が低い
1,000人あたり自殺率全国1位

などなど・・・要約すると、県民は貧しいのに自治体の援助は他県に劣るということです。

なぜ自治体の支援が少ないのか

たま~に報道されますが、沖縄は沖縄振興予算ということで、沖縄に多くの予算が配布されているような印象を受けます。(なぜ、こういう書き方をするかと言うと、沖縄県がそれは違う!と言っているからです)

沖縄県と他府県の財政移転の比較(沖縄県HPより)

これが正しいか否かの話はさて置いて、問題は他県に劣る自治体の支援についてです。なぜ、他県に比べて子どもの福祉に関する自治体の支援が劣るかというと

沖縄振興予算は国庫支出金 → 自由に使えない → ハコモノは9/10補助が付く → 自治体はハコモノを優先する → 自治体持ち出しの1/10についてもハコモノが優先される → 子どもの福祉に関する予算が削減される

という悪循環とのこと。人口3万人規模なのに公立図書館がない自治体が沖縄にはあるそうです。

沖縄振興予算の一つに一括交付金と呼ばれるものがあります。こちらは自治体が比較的自由に使えるそうです(仲井眞前知事が増額を勝ち取ったヤツ)が、条件として、使途が新規事業に限られるそうです。(たとえば生活保護にプラスアルファの予算を付けることはNGだそうです)

自治体には福祉に関する新規の案件に知恵を出す(そもそもマンパワーを割く)余力がなく、ハコモノに予算が落ちていくという現状だそうです。

住民にも問題がある

沖縄は自治会の加入率が低いそうです。(特に中南部地域が)
自治会が閉鎖的で、移住者(県内他自治体からの引っ越し者を含む)を排除する自治会があるそうです。(自治会の加入率が全国に比べて劣るとのこと)
古くから住んでいる貧しい住人については、地域が支援する仕組み(所謂ゆいまーる精神)があるそうですが、移住者は排除するため、貧困層に対して社会が気づくことができないそうです。特に人口が増えている中南部が顕著だそうです。

言われてみれば、私も引っ越ししてから一度も自治会の勧誘の話を受けたことがありません。

住民が無意識のうちに貧困層を排除している可能性があるということです。

我々に何ができるのか
  • 差別意識があると貧困を救済することはできない
  • 社会から孤立すると貧困を救済することはできない
  • 子どもは地域社会で生活する権利がある。親の問題と子供の貧困の話を一緒にするべきではない
  • 自治体は単年度予算で子ども支援をするべきではない。予算がないから支援を打ち切るでは子供にとって最悪の結果を招くことになる。範囲を広げすぎず、できる範囲でいいから継続できる体制を作るのが大事
  • 自己責任論が蔓延するが、貧困が起こったことが問題であり、個人の問題ではない
  • 普通であることが大事(貧困世帯の家に突然家庭訪問するのは社会人としてあり得ない(”普通は”事前にアポをとる)。初対面の人に「何かあったら言ってね」とは”普通の人”に対しては言わない)
ちょっと多すぎて書ききれませんでした。(写真の資料も100頁を超過するボリュームのものです)なかなかお腹いっぱいのボリュームでしたが、勉強になりました。

若年者の支援に費用を割くべきだと思う人はポチっとクリックお願い致します。

インデックス投資 ブログランキングへ

537f844cd9ac5c3ea4c265264c026d6f_s

中学生にお金の話をしてきました

とあるNPO法人のお手伝いで、中学生にお金の話をしてきました。
話をした内容は

「お金の使い方」「お金の貯め方」「お金の稼ぎ方」

で、お金の使い方をもう一歩踏み込んで

「消費」「浪費」「投資」

この6つの話をしました。

子どもたちに伝えたかったこと
  • お金には限りがあるから欲しい物全部買うことはできない。だから、優先順位をつけた方がいいよ
  • 代わりが少ない人ほど稼げるから、差別化をしよう。ちなみに、一番簡単なのは勉強だよ
※上記2点、私自身実践できていないことを自覚しておりますので「お前が言うな!」というコメントはご容赦頂ければと思います。

分かりやすく話するってムズカシイ

普段人前でプレゼンする機会が少ないのでとても緊張しました。そして、子ども向けに資料を作るのは初めてだったので、平易な表現で資料を作ることに四苦八苦しました。オトナの固定観念に染まっていることを痛感させられた次第…(精神年齢20歳のはずが)

お金の話って大事だと思いますよ

以前沖縄の子どもの貧困の話について記事を書きましたが、貧困の連鎖を断ち切るためにもお金について学ぶべきだと考えます。

今回は中学生向けに話をしたのですが、スタッフの方から「次回は是非大人向けにも…」なんて言われました(リップサービスかもしれませんが)。褒められて伸びるタイプなので、調子に乗って大人向けにもやろうかな~なんて考え中です。

参考文献・URL等

今回プレゼンするにあたり、以下のサイトや本を参考にしました。





総務省統計局

オイコノミア-NHK

I-Oウェルス・アドバイザーズ

私の財産告白 (実業之日本社文庫)
本多 静六
実業之日本社
2013-05-15


知るぽると

厚生労働省賃金構造基本統計調査

馬鹿もおだてりゃ木に登る調子に乗る

インデックス投資 ブログランキングへ


↑このページのトップヘ