思ったより長いことブログを続けてしまったので後腐れのないように過去記事の整理をしています。
そんな頃、ブロガー内で著作権についての記事が話題になっていました。
マンガのコマやセリフの引用ってどこまで大丈夫なの?著作権の勉強会で弁護士の見解を聞いてきたよ。―Someya Masatoshi.jp
気になったので自分でも少し調べてみました、咲-Saki-関係ない記事ですみません。








他人の創作物を利用すると著作権法に違反します。

ただし著作権は制限されているので、決められた条件内で自由に利用することができます。
著作物が自由に使える場合は? | 著作権って何? | 著作権Q&A | 公益社団法人著作権情報センター CRIC

ブログに関係ある条件は主に「引用」でしょうね。
以下の要項を全て守れば著作物を自由に利用することができます。

1、公表された著作物
2、必然性
3、主従関係
4、明瞭区分性
5、出所の明示
6、同一性保持
7、名誉声望保持

順に解説していきます。

1、公表された著作物
著作権法第三十二条に「公表された著作物は、引用して利用することができる。」って書いてあります。
逆に言えば公表されてない著作物は引用できません。
まあ咲-Saki-に関するなら気にしなくていいでしょ。

2、必然性
同じく著作権法第三十二条に「目的上正当な範囲内」って書いてあります。
つまり「それ貼る意味あるか?????」を常に考えなければいけません。
木吉紗作の咲日和には新道寺の巻だけでも「楽しいよ!おいで!!」「死にました おしまい」など汎用性の高いコマがありますが、ネタや賑やかしのためだけに使うのはよろしくありません。

3、主従関係
同じく著作権法第三十二条に「公正な慣行に合致」って書いてあります。
あくまで主軸は自分の文章で、引用部分はそれに従属するものでなければいけません。
コマを貼って「咲さんかわいい」と一言添えるだけではダメでしょう。
「なぜ咲さんはかわいいのでしょうか?このコマをご覧ください(引用)この咲さんの表情ガー台詞ガー」のように自説を補強する形にするべきですね。


ここまでが著作権法第三十二条(引用)です。
第三十二条によって著作権が制限されているわけですが、著作人格権は制限されていません。
著作者が著作物によって得られる利益は金銭の他に名誉もあり、これらは分けて考えられています。


4、明瞭区分性
引用はここからここまでですよーと改行や括弧で示すことです。

5、出所の明示
引用するなら著作者名や著作物名を明記してね!と著作権法第48条で決められています。
いわゆる出典ってやつですね。

6、同一性保持
著作者の意に反する著作物の改変は禁止されています。
いくら引用は必要最低限にするべきとはいえ、過度なトリミングやコラージュをすると誤解を与えることになってしまいますからね。

7、名誉声望保持
著作者の名誉を害するような引用の仕方はダメです。
「つまらなかった」程度なら批評の範囲ですけどね



以上の7点を守れば引用として認められるわけです。
なんと引用はたとえ著作者でも拒否することはできません。こわっ。









引用の他にも作品を利用することができる例は幾つかあります。

・通販サイトの画像を埋め込む
著作権法第47条2にて作品を販売する際の商品紹介が目的とした著作物の利用が許可されています。
景品掲示法との兼ね合いでしょうか?ヤフオクとかで画像がなかったら困りますからね。

「キャラの画像を貼りたいけど引用は面倒だな~」って時にはこのようにアフィを貼ればいいわけです。ていうか例のインタビューがあるアニメ一期ファンブックってこれなのか。






・その他APIの埋め込み
APIはアプリケーション・プログラム・インターフェース(境界)の略です。だいたいはブログパーツのこと。例えばTwitterの場合
ツイートを二次使用する権利(複製権・公衆送信権等)はTwitter社も一部有すると利用規約に書いてあります。
ブログ上にツイートが表示されていますが実際にツイートを複製して送信しているのはブログのサーバーではなくTwitter社のサーバーです。証拠にソース(HTML)内にツイートの文章はどこにも書かれていません。

Twitterの他にpixivやニコニコ動画なども同様です。






・公式が配布している画像
バナーはリンク画像としてなら貼り付けていい…よね?
バナーリスト:「咲-Saki-」アニメスペシャルサイト(清澄バナー)
ダウンロード | TVアニメ「咲-Saki-」シリーズ スペシャルサイト(阿知賀Twitterアイコン)
全国編にはこういうのないんでしょうか






・ライブドアブログで歌詞を書く
なんとライブドアブログはJASRACと契約しています
JASRAC管理楽曲の歌詞掲載が可能になりました―livedoor Blog 開発日誌

「Glossy:MMM」「熱烈歓迎わんだーらんど」「ステルス・モ・モ・モード」など、JASRACに加入している楽曲の歌詞は書いてOKです。
作品データベース検索サービス―JASRAC
ただし大量掲載は契約外ですし、替え歌は著作人格権の同一性保持権を侵害しているのでNGです。

JASRACと契約している会社は意外と多いので調べてみるといいかも




・ネタバレ
「表現」に著作権は認められていますが、「アイディア」にはありません。
清澄と姫松が勝ち抜け!と書きこんでも著作権法上は問題ありません。

とはいえ原作を読まずとも内容が全て把握できるレベルのネタバレは「漫画を小説化したもの」とみなされ翻案権(本質的な特徴を維持しつつ表現形式を変更して新たな著作物を創作する権利)の侵害となるので、やはりネタバレは必要最少限にするべきですね。

ネタバレ注意と警告しないネタバレは楽しむ権利を侵害したとして民法709条の不法行為に抵触すると言えなくもない、サブタイトルが〔決着〕とかだったらそれだけでも少々のネタバレになるし難しいところだけど。





・同人
キャラの模写を公開すれば複製権、SSなどの二次創作は翻案権をそれぞれ侵害していますが…
小林立先生はdreamescape内でこのように発言しています。

同人誌とか痛車は個人的には全然OKですというかありがとうございます。
でもスクエニさん的にどうかは知りません。

これだけで全ての二次使用は許可されたと解釈するのは疑問ですけど、節度さえ守れば咲-Saki-の同人活動に後ろめたさを感じなくていいとは思います。ていうかみなもちゃん書いて。
ただし咲-Saki-の制作には複数の人間が関わっていることに注意するべきですね。例えば木吉紗先生デザインの水着は小林立先生であっても使用が制限されます。咲-Saki-13巻の最後には「swimwear design 木吉紗」と明記されているわけです。
スクエニに著作隣接権あったっけ???あったとしてもパッケージ関係だけだから同人には問題ないような。












以上のように著作権は制限されています。

なぜ制限されているのかというと他の権利を守るためです。
そもそも著作物は目に見えない財産として扱われるわけですが、憲法第29条2では
「財産権の内容は、公共の福祉に適合するように、法律でこれを定める。」
とあります。
著作権を守ろうとするあまり他の権利が侵害されるのもまた問題です。

TPP加入で著作権法が非親告罪(被害者の告訴がなくとも起訴できる)になるかもって時に議論になったんですよね。
著作権を守る機運が高まってきたのは喜ばしいことですが、気に入らないものを蹴落とすために著作権を濫用するケースも増えてきています。
★ホントは怖いTPP ・・・「非・親告罪化」で日本の漫画界はどうなる?―赤松健の連絡帳

日本では幸せなことに憲法第21条にて表現の自由が保障されているので、積極的に自らの感情や意見を他人の著作物に頼らず発信するべきですし、著作権違反の忠告も…表現や人格まで攻撃しないように…。

ぶっちゃけ普通にブログやってて訴えられることはないとは思う。
起訴だってコストがかかるわけですし、リターンも少ない。許可も面倒だし訴訟も面倒なのでよほどの損害を被らない限り黙認している会社がほとんどです。
だからこそマナ~が大切ですね。咲ブログ界隈がもっと盛り上がるよう各々が配慮してくれれば嬉しいです。

ていうかハイスコアガールがアウトならアニメ咲-Saki-一期の沢村智紀の自宅のポスターもアウトじゃねw



これ調べてて気づいたけど、ブログのコメントも立派な著作物じゃん…
コメント返信記事等で転載してもいいよっていう人だけコメントしてね☆(今更)