もはや2か月も前の話になるが、
咲日和4巻を開いて早々に驚愕した。

宮永照が弁当を食べている!!!!???
しかも、
玉子焼きだ。
調理にそれなりの経験と技術を要する玉子焼きだ。

宮永照のお昼は弁当。それも毎日。
と見ていいだろう。

さらに、
この弁当は自分で作っているはず。
理由は全寮制だから、
他に誰が作るっていうんだ。


てっきり個人的なイメージでは、

一緒にいる母親が作ってくれるのかな~と思っていたし、
全寮制だと明かされてからは、
寮の施設側が何か作ってくれるのかな~と思っていた。

いつもお菓子を口に入れている印象が強いので、
普段の食事も既製品等で済ませているのかとばかり…。


そういえば、
宮永咲も弁当派だ。
1巻で「作るの忘れちゃって…」という発言から察するに、
毎朝、自分で弁当を作っているのだろう。

これはドラマCDの話だが、
肉じゃが等の基本的な料理は自信をもって作れるらしい。


で、
問題は、

この自炊生活をしている理由が、
やむを得ず、なのか?
好き好んで、なのか?

もちろん、
宮永家は両親が別居しているから、
やむを得ない面は確かにある。

しかし、
だからといって自炊をする必要はない。

そう思ったきっかけはシノハユだ。
白築慕は母親や叔父の分まで料理をしているのに対して、
石飛閑無はレトルト食品や冷凍食品で済ませている。

家庭の事情が異なるから一概には言えないが、
キャラの性格が表れていると思う。

要するに、
私は、
宮永姉妹の家庭的な一面
周知させていきたいわけだ!!!!!!!!!!!

ちなみに…
みなもちゃんが自身の夢を明かした際に宮永咲は「お寿司屋さんじゃないんだ…」と返している。
この辺からも家庭的な一面が見られるのではなかろうか。
みなもちゃんは寿司すら握れないほど病が進行しているんだナかわいそうに…