幼少期の宮永咲は髪を結んでいました。
「おさげ」「二つ結び」という髪型らしいです。

この設定…
私はけっこう忘れがちです。

現在より髪は長いとはいえ結ぶほどの差はありません。
結んだ箇所を指で隠せば現在とほぼ同一です。

薄墨初美と似ていますが、
宮永咲は結び目が下なので地味です。

髪型が年齢によって変化するキャラは何人かいますけど、
宮永咲はあまり劇的な変化とは言えません。


さて、
髪を結ぶヘアゴムに注目しましょう。

と言っても、
jpgminamoimg
(咲-Saki- 第1話)
ただの輪ゴムと変わりません。

アニメだと黄色だったり赤色だったりしますね。

ただし例外があります。
jpgminamoimg
(咲-Saki- 第104局)
球体の飾りが付いています。

jpgminamoimg
(咲-Saki-全国編 第13局)
後ろから見ても飾りは髪より手前…。

飾りが2個あるということ?
それとも球体には穴が空いていて、髪が通っている?


さて、
何故このシーンだけ例外なのでしょうか?

もしかしたら時系列になっているのかもしれません。
6歳時が最も髪が短いですし、
年齢を重ねるごとに段々とオシャレに気をつかうようになった…とか。
そうだとすると森林限界シーンの後に第104局の桟橋シーンがくることになりますね。
私の仮説は合っているのかどうか…


で、
そもそも何で今は髪を結ばず切っているの?って話。
私はヘアゴムが火災で焼失したと考えていますが、はてさて。




【髪をおろした宮永咲想像図】
jpgminamoimg
う~~~む、姉とモロ被り。
そりゃ結ぶか切るかしますわ。

もしかしたら、
靴下を脱ぎ昔を思い出す作戦の亜種として、
髪を結んで昔を思い出す作戦があるかもしれません。
雑なSSを書きました

~清澄準決勝突破~

久「それにしても呆れた勝ち方ね」

咲「……。前半戦で姫松の人…髪型を変えていましたよね」

和「???そうでしたか?」

久「和はもうちょっと対戦相手に注目しなさい」

咲「私も昔は髪を結んでいたんです」

まこ「ほほ~それは初耳じゃあ」

和「アリですね」

久「須賀君は知ってた?」

京太郎「俺は中学までの咲しか知らないんで」

咲「決勝では髪を結んで打とうかなって」

京太郎「よくわからないけど結べるのか?俺と髪の長さ大して変わらんだろ」

咲「頑張ればなんとか…」

まこ「そもそも縛るものは持ってきてるんか?」

咲「あ…、どうしよう」

和「!!それなら私のリボ

優希「話は聞かせてもらった!!いま私が付けているのを受け取るがいい!!」

咲「わっ、ありがとう!優希ちゃん!」

優希「5000年前から伝わる呪われたタコスアイテムだじょ…」

京太郎「そんなもの渡すな」

久「ただのヘアゴムでいいならたくさん持ってるわよ~」

咲「ありがとうございます!昔つけていたものとそっくりです!」

まこ「よかったのう」

和「そうですね」