コミケ帰りにありがちな創作意欲が奇跡的に4か月間も維持できたので咲-Saki-の同人誌が完成しました。

jpgminamoimg

誌名:「宮永照は白糸台にあり」
委託先2日目(2015年12月30日水曜)西ら-15b「わんわんバス」様
頒布価格:200円
様式:28ページのB5コピー本
~本文紹介~
いろいろ詰めに詰めたやりたい放題な内容となっております。

28ページの内訳、

・2ページ分…目次とか奥付とかです。

・12ページ分…私が描いた漫画です。
jpgminamoimg






jpgminamoimg





jpgminamoimg






jpgminamoimg



こんな感じの宮永照過去捏造設定ほのぼの3ページ漫画を4編ほど描きました。
気付いたらみなもちゃんが全編オチ担当になっていました。



・2ページ分…白糸台舞台探訪入門

私が前にブログで書いた舞台探訪記事は「白糸台に行ったことがない、行けない人」に向けたものでしたが、
今回は「これから初めて白糸台に行く、行く機会がありそうな人」に向けた内容となっております。
コミケ会場から白糸台まで1時間ちょっとだからね…(安易な発言)

写真などは全くありません(ネットで検索すればカラーでいくらでも出てくるしいいでしょ)
その代わり、私の失敗談…「行く前にもっとコレを確認すればよかった…!」というのを書いています。
参考になれば幸いです。



・10ページ分…SS(テッルレ)

実は某あわあわブログ管理人ふじつぼっとさんとの合同誌だったりします。
テッルレというのはカッスレの宮永照バージョンです。(カッスレを知らない人は知らなくていい)(テッルレをSSと呼ぶ勇気)(人を選ぶ)

ふじつぼっとさんがブログ上で公開している79作品の中から、投票で選ばれた人気5作品を掲載します。
それだけではなく、投票者の評価コメント、作者の制作裏話、私が描いた挿絵もあるので、既に読んだことがある人も楽しめる形になっています。

さらに約1年ぶりとなる新作テッルレが3本も書き下ろしで入っています。
・白糸台宮永、病気の少女に役満を約束
・白糸台宮永、自爆テロ起こし逮捕
・白糸台宮永、麻雀の楽しさを思い出す

1本目はかなりの畜生度、2本目はかなりの不謹慎度、
3本目はネタ控え目のシリアスな完結編となっております。



・2ページ分…100人アンケート
先月ブログ上で100人の方々にご協力いただいたアンケートの結果を掲載します。
併せて私とふじつぼっとさんのぶっちゃけコメントも付いています。(実際はあまりにぶっちゃけ過ぎたのでかなり編集してマイルドな表現になっています)

ちなみに質問内容は
・咲-Saki-を初めて読んだ時期は?
・お気に入りの咲-Saki-シリーズは?
・宮永照をどの作品(咲-Saki-シリーズ)で知りましたか?
・最もお気に入りの宮永照(の一面)はなんですか?
・宮永照のおもちはほぼほぼない?そこそこある?
・宮永照のカップリング相手と言えば?
・宮永照は宮永咲に対して怒っていると思いますか?
・白糸台の舞台を探訪したことはありますか?
・木吉紗先生がデザインした中で最も宮永照に似合っている水着は?
・咲-Saki-関連の同人誌を買ったことはありますか?
となっております。



以上です。
もちろん可能な限り危ないネタはカットしましたが、かなり人を選ぶ内容かもしれません。
でも2日目なので「咲島を絨毯爆撃だぜ!」という人が間違えて買ってしまうことはないと思います。許して。

高校時代のクラスメイトが小田急バスの解説本でコミケ初サークル参加する聞いてなんかノリで置かせてもらいました。委託の許可もらってから本を制作し始めたんだっけ…?逆だっけ…?忘れたけど数年前からもしどっちかが同人誌を作ることになったらお互い協力しようねとかそんな雑談はしてた気がする。ありがとね~
委託先サークルのブログ→わんわんバス

2日目の西ら-15bで(す!サークルチケット余ってないらしいので私はスペースにいませんが)お待ちしております!



【追記】
「2日目とか他に咲新刊ないし行かねえよ通販しないの?」という声をいただきました…。
今の時代は簡単にネット頒布できるらしいですが、コミケ後すぐに行ったら足を運んでもらった人に申し訳ないですし…。(コミケ用に同人誌をつくるという経験をしたかっただけなんや…)
とりあえず刷ったものを捌ききって何年かしたら何らかの形で頒布する気はあります。安心してください。

あと1日目のサークルスペースに常駐している人でしたら私が直接頒布してもいいのでTwitterに連絡ください。(それ以外の人は待ち合わせが非常に困難なので応相談)