↑咲-Saki-第158局の一般通過薔薇

漫画の文法から考えると白水哩・鶴田姫子がいる部屋に飾られている花ですが…、
いかんせん前後でバラが全く見当たらないのでどこに置かれているものなのか?そもそも存在しているのか?よくわかりません。
よく探せば見つけられるのかもしれませんが、とりあえず私は無理でした。誰かおしえて。








話を大転回させますが、
みなもちゃん初登場の咲-Saki-第102局でもバラがありましたね。
(バラだよね?)

これは第158局とは異なり白色です。
やっぱりバラといえば赤色を連想するよねぇ。

ちなみに白バラは第102局よりも前の第99局にもあります。
ちょうど2回戦を決定づけた場面ですね。
よく見比べるとわかりますが、
完全に一致です。

宮永咲が嶺上開花を和了るときに出る演出はユリの花と決まっているようなものなので、コレは意味深ですね。
結局準決勝でもユリの花だったので更に謎が深まります。




さて、第99局と第102局の白バラには大きな違いがあります。
それは実際に存在しているかどうかです。

第99局は演出です。本当に麻雀卓の周りに花が咲いているわけではありません。
しかし、第102局は宮永咲の記憶映像ですから、実際に宮永咲が目で見た可能性が高いです。

白バラは重要な席で用いられる花なので、宮永咲にとって何か印象に残る会が行われたのでしょう。
白バラが使われる会といえば、まず結婚式が思いつきますが、少し考えにくいですよね。

他には葬式でしょうか。
トゲがないので問題はないとは思います。(こういう花の使い分けって絶対に正しいがないからいくら調べても断言できない…)
やっぱりみなもちゃんは死んでるじゃないか(憤怒)
第99局の白バラは「引導を渡す」意味だったのでしょうか…?

他に何か意味がないかなーとググったら反ナチ抵抗運動が引っかかりました。みなもちゃんは首チョンパされて死んだってマジ?
みなもちゃんドイツ人説とかないかな……なんかこう……魚つながりで本藤悠彗のめちゃくちゃ遠縁とか……できない?



考え方を変えて、
白バラはイベントにあったものではなく、宮永咲の親しい誰かが好きだったもの、という線もありますね。
例えば母親が好きで家に飾っていたが、別居とともに見られなくなった…とか。

なんにせよ幅広い解釈ができそうです。