dreamscape更新(2016/08/03)

・阿知賀準決勝の咲のお昼寝のブランケット→未春が直しました。

??????????
最初は咲-Saki-第11巻102局のことかと思ったけど「お昼寝」だから違うよね。

となると第104局のことでしょう。
まずは寝る前。
ブランケットは縦長の向きです。

そして寝た後。
本編では角度が悪くてわからないので、阿知賀編第16局で補足します。
ブランケットは横長の向きです。


これを吉留未春がやったということ…?

なんで???????
そんなことしたら起きそう。
特別おかしいわけではありませんが
「直しました」なので、向きを変えたわけではなさそうな気がします。

なので、
宮永咲が寝ている間にブランケットが大きく崩れ、
そこにたまたま部屋に戻ってきた吉留未春がブランケットを直した、
とも考えられます。



では誰がブランケットを動かしたのか…?

・宮永咲が自分で動かした。
・他人が動かした。

普通に考えれば前者ですが不可解な点があります。
なぜなら「宮永咲の寝相は悪くない」からです。

11巻でも8巻でも3巻でもそうですが、
片岡優希に比べて宮永咲は落ち着いて眠っています。せいぜい寝返りをうつくらいです。
布団からはみ出たり、布団を蹴飛ばすようなことはしません。


しかし!

今回は安眠できない条件が整っていました!

1、まずお昼寝(二度寝)という時点で好ましくない。

2、冷房がきいて涼しいのに顔面は直射日光で暑い(むしろ熱い)(眩しい)

3、よりによってあのアレ(要はみなもちゃんとかその辺の過去)の夢を見ている。


そういえば第1話で宮永咲が過去の夢を見たときは「登校中に木陰で寝る」という状況でした。どこでも眠れるなこの主人公…
その時も寝相が見られなかったので、やはり条件の3、あのアレの夢を見ていたから苦しんでいたのではないでしょうか????

ちなみにアニメ咲-Saki-全国編第13局では天江衣が乗る前から苦しんでいました。
火災を思い出しているならともかく、普通に桟橋で仲良く遊んでいる思い出でこんな顔しなくても…
でもあのアレの夢ですからね…





一応は他者がブランケットを崩した説も考えましょうか。
とはいえ、いまさら宮永咲にイタズラをするなんて今宮女子でもやらないよな…
やはりこれは妖怪枕返しの仕業ですね…。
それか妖怪みなもちゃん。