映画の感想を書き終わったので、今更ですが最新話の感想も書きます。
今号のヤンガンは咲実写DVD付きだから必見!!(友達に貸したのでまだ観てない)



















菫「私が友達と食べるってことなら問題ないだろう」
なにこいつ……いつの間にか友達面してくるんですけど……。

今回に限らず弘世菫って宮永照に絡むよな!
前々回で「どっちの味方だ!?」とか言ってたけど、
いや味方だと思ってたのかよ……。

まあ、宮永照は自分からは人と関わろうとする性格ではないですからね。
弘世菫も弘世菫で学校のアイドルみたいな扱いになっているので宮永照は話し相手として面白いのかも。






スコアが低くても強い人がいること証明したかった理由は、
点数がプラマイゼロでも強い知り合いの誇りのためだそう。

点数がプラマイゼロでも強いやつ……いったい何者なんだ……。
みなもちゃんですね!間違いない。そうであってくれ。

今は「知り合い」という認識をしている弘世菫ですが、
いつになったら家族と宮永照は訂正するのでしょうか。
そもそもこの回想は宮永照が妹と会ったから始まった弘世菫の回想なので、
いずれは妹のことにも触れるはず……はず。








また、宮永照が麻雀を嫌っている理由は「たまにつらいことを思い出すから」。
これは宮永咲が言っていた勝つと怒られ負けるとお年玉を取られる家族麻雀を指しているのでしょうか。
それとも、もっと大きな、一家離散の出来事などでしょうか?

仮に後者だとしても麻雀が一家離散の直接的な原因と考えるのは早計な気がする。
それにしても宮永照が妹に対して悪い感情は持っていなさそうなので、反動で両親の虐待疑惑が強くなっててウケる。




ようやく、ここに来てお菓子が登場し、阿知賀編先鋒戦直後からの親しみ深い宮永照になってきましたが、
じゃあ何故いままで菓子ではなく読書ばかりだったのか……?いや部活もないのにお菓子を食べる方がおかしいけど。
宮永照の申し訳程度の文学少女シーンって阿知賀編直前以来でしたっけ?……と思ったら本編13巻でも本を持ってはいましたね。
読書が好きというより一人の時間が欲しいって感じがしますけど、どーなんでしょ。







【おまけ】
170miyataeru02122129