阿知賀編の実写化が発表されました。

私はヤンガンの早バレ対策は特にしておらず、Twitterも普通に見ていたのですが、
まさかニコニコのシャドウバーズ動画で知ることになるとは思わんかったよ。ネットってこわいなー
第1弾の発表ツイートは日付が変わった直後だったのに今回は正午。
私はヤンガン買わない派なので公式情報で騒げるのが半日遅れた。


エキストラ◆小沼雄一監督、ダブ制作◆9/14,22,25、笠間市 – いばらきフィルムコミッション
コレ↑はやはり阿知賀編のことだったんですね。
「さまざまなジャンルの美女たちを集めてきた小沼雄一監督が、ネクストブレイクを期待する女優たちからフレッシュな美少女たちを選出!」ってなんか人聞きの悪い褒め言葉みたいですが大丈夫でしょうか。


第1弾がなかなか好評だったので不安は比較的ありませんが、
キャラがガラリと変わるので安心もできない感じ。
こればっかりは実際にお出しされるものを観ないとどーしようもない。

キャラの見た目に関しては、
阿知賀編は現実にいそうな髪型が多いから心配はしていませんね。
新道寺に癖強デザインがいるけど、むしろ角が取れてそれはそれでいいんじゃないかなって……。
「現実にはいないけど再現できなくはない」デザインが最も実写化で可愛さを保ちにくいと思っていますが、
阿知賀編はそういうキャラは少ないんじゃないか?



さて一番気になるのはストーリーの構成
どこまでやるの?って話。
ドラマ4話+劇場版だけなら第1弾と比べて特別編がない分ちょっと短いですね。

アニメと同じテンポでやるなら菓子畜生がドラローに振り込むまで、むしろ足りないくらい。

実写第1弾と同じテンポなら原作の2巻あたりを全カットすればギリ最後までいけるんじゃね?ってところ。

ただ阿知賀編はややこしい能力持ちが多いのがネック。
特にあわあわとか新道寺の映倫激おこコンビとかその辺。
文字もなく駆け足で説明されても「は?」ってなりそう。
そもそも理解したところで「は?」だから杞憂か?

今、思ったんですけどあわあわ役の人って巨乳なんですかね?そうじゃないですんかね?



水面日和的に気になるポイントは「みなも…さかな…」があるかどうかですが、
まぁカット最有力候補なので望み薄かなと。

ということで今回は白糸台の麻雀マシン役に期待しましょうかね。
私が咲-Saki-を知ったのはアニメ阿知賀編なのですが、
中原麻衣さんのスーパー自摸自摸ロンロン無双タイムが好きなンすよ……






咲-Saki-阿知賀編episode of side-A また、みんなではしゃごう!Blu-ray初回完全生産限定Special-BOX