「みなもちゃん」という俗称は宮永咲の寝言からきていますが、
別に「ちゃん」である必要はないんですよね。

「みなも」だけでもいいし、
人名であることを明らかにするために敬称をつけるにしても他の選択肢がある。
まぁ広く普及しているので私は「みなもちゃん」を採用しています。
ただ、私にとってこの「ちゃん」は既に名前の一部と認識しています。
「さかなクン」「KABA.ちゃん」「中山きんに君」みたいなものです。

たまに「みなも」と表記するときはありますけど、それは文字数の関係で省略しているだけであって、敬称を取っているわけではないんですよね。
だから私がいつもみなもちゃんみなもちゃん言っていてもキャラをちゃん付けで呼んでいる意識は全くありません。
この辺みなさんと認識がズレているのかいないのか気になります。




他のキャラはフルネームですね。
「宮永咲」「宮永照」といった感じ。

以前は「さん」とか「氏」とか、姓名どちらかだけとか、試行錯誤をしていましたが、
結局は名前単体に落ち着きました。




まず、敬称を付けるか否か問題ですが……

敬称って、自分と相手の関係を表すものだと思っています。
自分と宮永咲はどのような関係があるかと考えると……?????????
年をとるごとにキャラクターを架空と認識する傾向が強くなってよくわからなくなってきました。

赤の他人でも普通は敬意を示す意味で「さん付け」しますが……
やはり架空の人物に敬意を示すということにどこか違和感があってピンと来ません。
立場が上とか下とか対等とかそういう次元にすらいないような気がします。

キャラの誕生日も……年に一度ファン内でスポットライトが当てられる良い文化なので私も祝っていますが……
実際のキャラの誕生日は原作者が脳内で思いつかれた日とかヤングガンガンで初登場した日とかの方が適切だと思ってしまいます。
なんかノリで「おめでとうございます!」と言ってはいますが、誰に向けて言っているのか自分でもよくわかりません。

あと敬称を付けると文字数が増えるし、平仮名が多くなって読みにくいという理由もあります。






次に姓名どちらで呼ぶか問題。

下の名前で呼んでいる一般的ですが、「佐藤裕子」と「室橋裕子」がいる以上は万能ではありません。
「末原恭子」「藤田靖子」「久保貴子」「亦野誠子」のような「子」キャラは個人的に苗字の方が印象強いです。
さらには「国広一」とか苗字を抜いたら読みにくいことこの上ないし……。

そういうのを臨機応変にするの面倒くせーーーー!!と思ったのでフルネーム統一にしています。

ブログ外ではそういう自分ルールはありませんが、
姓名どちらで呼ぶか一瞬迷うケースが多いのでフルネーム呼びが多くなりがち。

例えば、「小鍛治」と「健夜」のどちらが印象強い・ピンと来る・聞き慣れている・気に入っている・象徴しているか微妙なところだと思います。
他にも「辻垣内 智葉」「桧森 誓子」「姉帯 豊音」「天江 衣」あたりは作中で姓名どちらも同じくらい呼ばれており、漢字のインパクトも対等なので、どう呼ぶのかは個人差が出るのではないでしょうか?みなさんはどっちで呼んでいます?


これは呼び方を統一してから気づいたことですが……
フルネームはかっこいい。
字面もそうですが、特に発声した際の語呂が良いんですよね。ある程度は考えられているなーと思います。
もちろん、ぶっきらぼうな感じが出るので好みによりますが。