帰国してからかなり時間が経ってしまいましたが、ようやく落ち着いてそのまま関西方面へ遠征してました!
その件はまた別の記事で書きます。



今回のアメリカ遠征で初めて時差ボケというものに悩まされました汗
帰国後の時差ボケもかなり時間が掛かったけど、関西遠征前にようやく収まりました。

仕事の退職日には既にアメリカに居たので、退職後の手続きも落ち着きだしました。



と言うわけで、遅くなりましたが1ヶ月分を簡単にまとめを!



と言いつつも、日々の様子はブログにアップしてきたので、日々の様子はそちらから読み取ってもらえればと。





今回の1ヶ月のアメリカ遠征。
うちにとって、沢山の経験ができました。良い経験もあれば、悪い経験もあったり、反省すべき点もあります。
それらを含め、今回の旅で経験したことは全て自分の中に吸収されて成長に繋がると思います。



まずは、様々な形で応援してくれた全ての皆さんに感謝の気持ちでいっぱいです。
本当にありがとうございます。


沢山の応援があり、色んな意見やアドバイスを頂きました。
20歳になって大人になったけど、まだまだ未熟で子供な面だらけです。
BMXだけではなく、人としても成長していきたいので、今後も応援よろしくお願いします。




そして、今年のアメリカ遠征で満足いく結果が残せなくとても悔しい気持ちになりました。
X GAMESは大会ではなかったけど、去年ほどの手応えが無く。
VANS PRO BMX CUP HBではギリギリ予選通過ならず。

とにかく、悔しいの一言に尽きます。
日本では絶対に味わえない、悔しさがあって。悔しさを経験できたのも、もっとライディングに出していかなきゃ行けないという事も痛感。

自分のスキルと技数不足
ガールズ大会の経験の無さで硬派にまとめたライディング
メンタルの弱さ
体力のなさ


悔しい事を経験した上に、当たり前だってレベルの今後の課題を実感させられました。

という事は、絶対的な課題は目の前に降りて来た訳だから、硬すぎる悔しさのバネを思いっきり踏み潰してぶっ飛んでしまおう!って訳です。



次の海外での女の子達との大会は、11月に中国遠征を予定して居ます。
数ヶ月しかないけど、やれるだけやります。
もうあんな悔しい思いしたく無いし、応援してくださるみんなに、うちのバチバチなみなとスタイルのライディングを見せられる様に頑張ります。





今回の遠征で、うちよりもバッチシ結果を残した人がいます。
去年も一緒にアメリカ遠征したナオキさん。今年も最初から最後まで共に遠征をしました。



ナオキさんはフォトグラファーとして、世界に名前を広げ始めてます。
ナオキさん自身が、大会側に直接連絡しまくって、頑張るナオキさんを見て協力者も現れてくれて、X GAMESとUS OPENのメディアパスをゲット。


ライダー、ジャッチ、メディカル、メディアと言う限られた人しか入ることの出来ないパーク内で写真撮りまくってました。
膨大な枚数の写真を夜な夜な整理して、アップしてくれていました。
ガールズ達を始め、メンズのプロも。
超有名人 ケビン・ペラザもナオキさんの写真を気に入ってくれてました。


ナオキさんは色んな大御所に積極的に声をかけたり、コミュニケーションとって繋がりを作っていました。
英語がペラペラと言う訳では無く、それでもガンガン攻めてました。


去年のアメリカ遠征、それをまとめて最近リリースしたナオキさん初のフォトブック、今年のアメリカ遠征…
ナオキさんは着実に結果を出して繋いで行っています!

去年はうちのゲストとして会場に入っていたのに、今年は全部メディアパスを取って自分の撮りたい写真を撮ってます。
本当に凄いです。うちもナオキさんに負けないくらいステップアップして、広げていきたいです!



ナオキさんとこれからも一緒に、色んなことができる様に!!
うちのわがままでナオキさんと一緒に飛んでる写真を撮ってもらいました!





書き出したら止まらない勢いです。
それくらい、アメリカ遠征で思った事が沢山です。


本当にありがとうございます!
そしてこれからも、どうぞよろしくお願いします!

大池 水杜