--------------------------
*注意
茶番あり。一部modあり(茶番時以外はバニラ)。
--------------------------

前回(#3)にて・・・

07

整地を終え、後は水路に水を流すだけ。
さて、バケツを持って水を汲みに…

32

バケツが ない


━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─


37

現実世界にいては気づけなかったことであるが、
ここにいるとバケツすらも強大な文明の利器に感じられる。


しかし、泣き言は言っていられない。バケツを作るには鉄が必要だ。
他のもので代用できる気がしないでもない。が、それでも必要なのだ。

27

採掘場の建設地は家の裏手、川沿に決定した。


「川沿いに採掘場…?」


という読者諸兄姉の疑問は当然のものである。
だがそこには、口にするのも憚られる、深い事情があるのだ。














一言で言うと、見栄えの問題だ。

09

敷地はこれくらいに決定した。


「小さくない…?」


という読者諸兄姉の疑問は当然のものである。
だがこれは、私の念入りな計画の末に導き出された答えなのだ。

ちなみに、私が徹夜で完成させた設計図もある。


 













無題
 





 
計画は完璧だ。


━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─


外観よりも、急がれるのは実質的な採掘システムである。

30

ここから直下的に穴を掘り、地下数十メートル地点までハシゴを繋げる。

34

直下堀りのリスクも、私の類稀なる幸運を持ってすればほぼ無に等しい。





















20




















18

採掘方法は、かの有名なブランチマイニング方を採用。

ちなみに私は不死身である。


━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─


なんとか鉄を掘り終えた。

49

かまどで精錬し、バケツを製作する。

27

これでようやく、農作業に進展が見られそうだ。


━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─


24

以上が農場作成中に起きた事の顛末だ。

次回は、採掘場の外観を完成させたいと思う。 




第四話 ← <第五話・終> → 第六話 


Twitter始めました!よろしければフォローお願いします!
botやスパム以外は、基本フォロバ100%です。
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓