2008年02月13日

自己啓発月間 〜英語スクール探し その1〜

ちょいとご無沙汰しておりましただ。
ご無沙汰の間に、あたくし、誕生日を迎えておりました。


アメリカ生活も早2ヶ月になろうとしている今日この頃、
緊張の連続だった当初より幾分運転もスムーズになり、
慣れてきた矢先、
主婦業バーンアウト、そして
寒い、だの
痒い、だの
申しており、
気付けば誕生日を過ぎておりました。


そんな私への旦那どんのプレゼントは
“部屋着”

テロテロ、毛玉付き、色落ちなどした
洋服しか持っていないわたくしめを
不憫に思ったのでしょう。

正直、嬉しくもありましたが、微妙なプレゼントですね。


・・・そんな自虐ネタはさておき、
これからしばらくは、アカデミックなアメリカの側面を
お伝えしていきま〜す。


英語を上達させるぞ!の意気込み通り、
あたくし、学校探しに勤しんでおりました。


学校と一言に申しましても、こちらには
仝豎愕惺
大学
アダルトスクール
ESL
等様々なスタイルで学習が出来ます。


,藁磴┐丱戰襦ッツのようなものですね。
きちんとした学習システムで効率的に勉強できそうですが、
なにせ授業料が目ん玉が落ちるくらい高いのです。
1つの教室を見学して、早々にあきらめました。


△砲弔い討蓮∈8綉していきます。
話題が広すぎる!


は、怪しいネーミングですが、いわゆる生涯学習ってやつですな。
社会人などでも、コンピューターなど専門知識など
様々な武器を身につけてキャリアアップを図る、といった目的やら
純粋に趣味として遊べるクラフトやワークアウト系など。
色々な奨学金などで成り立っているようですが、参加費は極めて安く
タームも1回だけ、または3ヶ月と、短期間の為
気軽に参加できます。

また、気軽に参加できる内容としてPark Districtという、要は
公民館が主催しているような地域密着型の講座もあります。
これも以降記載しますね。


いEnglish as second languageの略です。
英語を第二母国語とする人たちのクラスで、アダルトスクールで無料で
行っていたり、もしくは大学のクラスに組み込まれているものなど
様々ありまする。


以上のクラスの種類の豊富さから、勉強したい!という意欲に対して社会の間口が
広く、無料で受講できるコースや、割安な料金設定など、
太っ腹な雰囲気は流石アメリカですな、といった感じ。


そんな驚きと共に、げっそりしたのは、様々な学びのスタイルがありすぎて、
あっしのような、エトランジェにとって自分にあったクラスの
取捨選択が非常に悩ましい!!!

ほげ〜っ!


ということで、次回も慎重に取捨選択していくプロセスを
記載していくあるので、興味のある方はチェキアウト☆

まったね〜!





mindy0208 at 01:46│Comments(2)TrackBack(0)シカゴ生活 | 学問悶

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by まめこ   2008年02月13日 11:08

旦那どん、優しいですねぇ〜!!!家着ってのは微妙でも、なかなか自分では買わないし(外に着て行けない様なものを着てるから買わないみたいな?!)プレしてくれるなんて、いいじゃないですかぁ〜。

でもでも、すごい!語学上達への道〜♪しかし、色々あるんですね!英語を学ぶ手段が。。。さすが、公用語だけありますね!!
ま、私の反応として、、「アダルトスクール」もち、変な風に考えてしまいました ^o^ エヘッ☆
Mindyさんにピッタリ♪とも思ったり?!(意味が違うか 笑)

2. Posted by mindy   2008年02月13日 23:29
まめこ、いつもコメント有難う。
でも必ずシモのコメントに持っていくのはやめて下さい、ってそれは私が仕掛けているからか?!

学ぶ種類が多いだけに迷い所だけれど、前提としては
自分が学ぶ意欲と行動が無いと、どれも効果がないんだよね。それが判っているから辛いわ・・・。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字