南房の里山便り

里山には宝物がたくさんあります。 自然界からの恵みをそのまま頂戴できる宝物があり、その宝物を生活に取り入れていく楽しさがあります。小さいながら果樹園、菜園からは虫・鳥害から逃れた収穫物もあります。添加物、農薬まみれの食品からは極力遠ざかりながら「生きている限り健康でいたい」、「安心できるのは手作り」をモットーに、退職後、南房総の山中で里山暮らしをしています。

まだまだ都会から離れられないでおられる方々へのメッセージです。
「人生の大役がお済みになったら、里山暮らしをしてみませんか」
里山暮らしの先輩として、今の生活、とくに自然食へのこだわりを中心に紹介していきたいと思います。
少しでも参考にしていただけたら嬉しいです。

毎朝いただくスムージーの主役、雲南百薬。
雲南と名付けられているが、原産地は南米熱帯地方。

正式和名はアカザカズラ。別名をオカワカメという。

百薬といわれるだけあって、薬効は数多い。
とりあえず私の関心事である免疫力アップ、骨粗しょう症予防だけを紹介させていただく。

雲南百薬垣根16年9月22日


雲南百薬花アップ16年9月

シナモンに似たかすかな香りが心地よい。

我が家ではスムージーのほか、みそ汁の実、油いため、三杯酢などにするが
クックパッドにはいろいろと出ているから、そのうちにレシピの幅を広げたいと思っている。


久しぶりの天然酵母パン
すり荏胡麻入りで焼き上げた。

この記録的高温の日中、発酵の早いこと。
あっという間に過発酵。
かっこうは悪いが、味、香り、歯触りは上々の出来。

初使用のすり荏胡麻が期待以上の働きをしている。

明日の朝食が楽しみ。

すり荏胡麻入り天然酵母パン8の9



かつて、この近辺にも雑草に混じって生えていたメハジキ。

今はほとんど見かけなくなった。

ここにあったんだけどなぁ、
とときおり思いだしては淋しく思っていたところ、
イギリスから購入した種子に混じって
イギリス生まれの種子が我が家にやってきた。

それから3~4年。
今では勝手に殖えて、畑にまで侵入してきている。

おもに婦人病に効果があるという。
血流障害を除いて血行をよくする効果もありとのこと。
血の巡りの悪い私としては、ぜひぜひ、お世話にならなくてはなるまい。

中国名「益母草」(ヤクモソウ)、
英名「English Motherwort」
漢方薬にも処方されている立派な薬草である。

薬用酒にするのが効果的なのだそうだ。


メハジキ6月8日


このページのトップヘ