In a little while from now
If I'm not feeling any less sour
I promise myself to treat myself
And visit a nearby tower

   今から少し経って
   辛い気持ちが少しでもおさまらなかったら
   すぐに楽にしてあげるよと自分の心に約束して
   近くの塔に行って

And climbing to the top
Will throw myself off
In an effort to
Make it clear to whoever
Wants to know what it's like When you're shattered

   てっぺんまで登って
   そこから身を投げよう
   そうしたら
   みんなに分るだろう
   人が傷つけられるってどんなことかというのが

Left standing in the lurch at a church
Where people saying, My God, that's tough
She stood him up
No point in us remaining

   教会で置き去りにされ立ち尽くし
   来客が言う「何てことだ、これはひどい
   新郎を置き去りにして花嫁が逃げたって
   ここに残っててもしょうがない


We may as well go home
As I did on my own
Alone again, naturally

   みんな家に帰ろう」って
   僕もそうした
   やっぱり、また独りになった

To think that only yesterday
I was cheerful, bright and gay
Looking forward to who wouldn't do
The role I was about to play

   たった昨日までは
   僕は気さくで明るくて元気で
   前向きで、まさかこんな目に
   あうとは思ってもみなかった

But as if to knock me down
Reality came around
And without so much as a mere touch
Cut me into little pieces

   でもまるで僕を打ちのめすかのように
   現実がやってきて
   軽く触れたかと思うと
   僕の心は粉々に打ち砕かれた

Leaving me to doubt
Talk about God in His mercy
Oh, if he really does exist
Why did he desert me

   僕は疑いに包まれ
   神の慈悲深さについて人に聞いてみた
   もし神が存在するなら
   どうして僕を見捨てたのか

In my hour of need
I truly am indeed
Alone again, naturally

   助けが必要な時に
   今僕が本当に必要としてる時に
   やっぱり、また独りになった

 It seems to me that
 There are more hearts broken in the world
 That can't be mended
 Left unattended
 What do we do
 What do we do

    僕が思うのは
    世界には他にも傷ついた心の持ち主がたくさんいる
    傷は癒されず
    放ったままにされている
    僕らはどうしたらいい
    僕らはどうしたらいい

Alone again, naturally
Looking back over the years
And whatever else that appears
I remember I cried when my father died
Never wishing to hide the tears

   やっぱり、また独り
   昔のことなどを
   思い返してみると
   父が死んだ時、僕は泣いた
   人前でも涙を恥ずかしいと思わなかった

And at sixty-five years old
My mother, God rest her soul
Couldn't understand why the only man
She had ever loved had been taken

   そして65歳の時
   母を、神は天に召された
   どうして母が愛したたった一人の人が
   奪われてしまったのか理解できなかった

Leaving her to start
With a heart so badly broken
Despite encouragement from me
No words were ever spoken

   母はひどく傷ついた心で
   一人とり残された
   僕がいくら励ましても
   母は黙ったままだった


And when she passed away
I cried and cried all day
Alone again, naturally
Alone again, naturally

   そして母が亡くなった時
   僕は一日じゅう泣いていた
   やっぱり、また独りになった
   やっぱり、また独りになった