ハイジは7月7日に7才になりました写真_3~1


ケーキにも縁起の良い数字が並びます120708_1727~02
数字の部分は母が3日前からヨーグルトの水を抜いて作った
自信作だそうで。。
パーティ中、3回もアピールがあったそうです(笑)
(黄色はかぼちゃ、緑は青汁粉、ピンクは人参との事)

写真_1~2

こちらはハイジケーキ。人間用です。


そして、毎年恒例の、七夕飾りショット
写真_1~3

ちょっと見えづらいですが、
毎年母が短冊に書く短歌があります。


「朝顔に つるべ取られて もらい水」


・・・朝、井戸に水を汲みにきたけれど、つるべの部分に
朝顔のつるが巻きついていた。摘み取ってしまうのが
勿体無くて、他の井戸に水をもらいに行った・・・・

という心がほっこりする様な歌なんです


江戸時代に加賀千代女さんによって詠まれたもので、
花好きだった曾祖母が毎年短冊に書いていた歌。
同じく花好きの母も引き継いでいる様です


毎年七夕に、ハイジの誕生日に、
この歌が思い起こされると
優しくっていつも明るい笑顔だった曾祖母が
ハイジを暖かく見守ってくれている気がします

写真_1~1
「ひぃおばあちゃん、わたしの事見てくれてるかな」


これからもずーっと見守ってくれるはずだよ、ハイジ


さてさて。
お楽しみケーキタイムは・・・

「うみゅうみゅ、なかなか美味である120708_1734~01
努力のかいあって、今までに無い位がっついて
ペロリとたいらげたそうな。。


・・めでたしめでたし