ゴルフ

a08da638.jpg今日は恩師と卒業生でゴルフ。昨日の雨が嘘のような快晴でした。天気は素晴らしいが、スコアは最低でした。ちゃんと練習せなあかんな。練習は大切だ!

でも、日頃の運動不足を解消(?)できた1日でした。きっと明日は筋肉痛でしょう。

移動書斎?

今日は建築学会で委員会。といっても研究ではなく、作業が中心。作業は約2時間で終了。これから帰宅します。

通勤時間が長いと考えれば………しかし4時間は長いかな。

そこでパソコンを持っていき、時間があれば作業をすることになる。当たり前だが、研究室にいるのと同じにはならない。どんな場所でも集中できる人もいるようだが、そういった能力は天性のものなのだろうか。

EPIC 2014

2014年のメディアはどうなっているか?

少し前に短編映画がネット上で公開され話題になった、ということを新聞で知りました。

Google(グーグル)がAmazon.comを買収して、グーグルゾンという情報を操る大きな企業になり、そしてついには....暇があるときにでも見て下さい。

EPIC 2014

本当に世界はそのようになっていくかも知れないし、そうならないかも知れませんが、我々の生活にメディアは大きな影響を与えるのは間違いありません。

かしわ飯弁当

8b1eb11f.jpg今から打ち合わせのため大阪に行きます。

この弁当は子供の時の記憶があり懐かしいのでついつい買ってしまいます。

弁当には割り箸がつきものです。
食事が終わって箸を折る人がいますが、理由は何でしょう?
再利用を防ぐため?
空の弁当箱にいれてゴミの嵩を減らすため?
割り箸を作るのにどれだけの木材が使われているのだろうか。地球環境問題の観点からは問題かも。かといって、使い捨てのプラスチックの箸やフォークでは食べた気がしない?日本の食文化にも関連する些細なようだが重要な課題だと思う。

力自慢のため?
箸を曲げて折ることは易しいが、引きちぎることは殆ど不可能だ。同じ箸なのになぜか。その理由の説明は材料力学(構造力学)の初歩的な知識があればできる。


両国

0b0a1208.jpg今日は両国に来ています。O組の技術セミナーのパネルディスカッションに参加しています。

写真は江戸東京博物館です。形はユニークです。

アンパンマン

アンパンマンの作者は「やなせたかし」さんといいます。

最初のアンパンマンは絵本から始まったそうです。
アンパンマンは正義の味方ですが、他のヒーローに比べると少し弱いし、傷つきやすいです。
作者いわく「ほんとうの正義というものは、けっしてかっこうのいいものではないし、そしてそのためにかならず自分も深く傷つくものです」と。

アンパンマンのテーマソングも意味深です。
その一節から

   なんのために 生まれて
   なにをして 生きるのか
   こたえられないなんて
   そんなのは いやだ!

子どもには難しいですね。大人でも答えるのはしんどそうです。
あなたは、何のために生まれてきたのですか?

植木屋

今日、東京での会合で年配の先生が言った言葉。

我々(大学教授)は所詮、植木屋なんだ。庭木(学生)に水や肥料をやって成長を促すことは出来る。しかし、庭木が成長しないと剪定も出来ないし、枝振りを修正できないと。
第一には、学生自身の意識改革が必要で、次に大学は成長を助ける良い環境を提供する必要があるだろう。

生協の白石さん

『生協の白石さん』を知っていますか?

国立系大学にはたいてい生協があり、弁当や文具・書籍などを販売しついます。
生協には「ひとことカード」があり、それに対する白石さんの回答がネット上で話題となり、講談社から本(1000円)もでました。

一例を紹介すると。
「愛は売っていないのですか?」
「どうやら、愛は非売品のようです。もしどこかで販売していたとしたら、それは何かの罠かと思われます。くれぐれもご注意ください。」

ネットで検索すると白石さんが勤務する大学の学生が作ったブログ「がんばれ、生協の白石さん」もみつけることができます。

学園祭

今日の午前中は雨模様であいにくの天気だったが、午後からは晴れ間も見えて、学園祭にくるお客さんも増えただろう。

模擬店なども多数出店され、それなりににぎわっているだろう(研究室で仕事をしているので、見に行くことは簡単なのだが、実際には見ていない)。

今日から3日間は本学の学園祭が行われる(よって明日は全学で休講)。以前は学園祭による休講はもっと多かった。今は講義回数を確保することが最優先となり(回数が問題であり、中身はあまり問われていない)、そのしわ寄せをくっている。

学園祭などは無くてもいいと言われる方もおられるが、あった方がいいと思う。クラブ活動の成果などの発表の場でもあるが、どちらかというと”お祭り”の方がウエイトが高い。学園祭が模擬店だけなら無くしても良いかもしれない。

メンバーと共同で何かを達成することは素晴らしいことであるが、その目的がお金儲けでは何か寂しい(お金が今後の活動に活かされるのであれば良いが)。本来であれば、学生の意見や企画の発表の場であり、創造的な活動に使って欲しいものだ。

大学周辺の住民の方も来られることが多いと思う。この機会に学内のPRをするというのも面白いし、効果的なように思う。本学ではオープンキャンパスを1回だけ、しかも夏に開催するだけであるが、こういった機会を利用することも必要であろう。

今日は「文化の日」。学園祭が文化的な活動につながれば、それに越したことはない。

野球発祥の地

60ac07dd.jpgこの碑は東京 神保町の学士会館にある。昔、ここには開成高校(東京大学の前身)があり、ここでアメリカ人が野球を指導したのが日本での野球の始まりのようだ。

卒業文集

先日、小学校の同級生がやっている焼き鳥屋で飲んだ。会うのは30年ぶりになる。小学校時代の面影があるものの、街中であったらきっと分からないだろう。

そのとき、小学校卒業時にみんなで作った卒業文集を見せてくれた。もちれんガリ版刷りで手書き。よく30年以上もの間持っていたなと感心する。

自分が書いているのは『練習』というタイトルで、縄跳びのことを書いている。『練習は大切だ』ということを言っている。内容については記憶がないが、小学校の時に、こんなことを書いていたんだと、すごく懐かしく感じた。

小学校や中学校時代の記憶を呼び覚ますモノは殆ど残っていない。しかし、何か残っていると自分がどのように過ごしてきたのか、自分は何者か(大袈裟かな)がわかるのではないだろうか。

これからは少しでも残していきたいと考えている。ただ、整理が苦手な自分に出来るだろうか。

昨日、車のトランクから荷物を下ろした時に腰を痛めたようだ。体をかがめたりするときに違和感がある。ひどくならないうちにと鍼灸治療に行ってきた。
お灸は熱かったーー
(ちなみに、鍼治療の英訳は、acupuncture。灸療法は、moxibustionです)

運動不足も原因だろう。そのため寝る前に少し腹筋とか腕立て伏せなどしているが、まだまだ足りないのだろう。


とり皮

439ff4da.jpg

昨晩は大阪から友人がきたので、焼鳥屋で飲みました。
権兵衛という焼鳥屋の名物はとり皮です。他の店では食べられません。
適度に脂が落とされており、いくらでも食べることができます。昨日も3人で20本注文してしまいました。
満足して頂いたようで良かったです。

いや〜。飲み過ぎてしまったようです。

一期一会(いちごいちえ)

一期一会の語源は、「茶会に臨む際は、その機会を一生に一度のものと心得て、主客ともに互いに誠意を尽くせ」といった、茶会の心得かららしい。

長い人生の中で多くの人と知り合うが、その関わり合いの深さも千差万別であろう。同じ人物でも異なった影響をもったり、与えたりする。

人が生きるということは、他人とのかかわりあいの連続であり、どういった関係をもつかでその後の人生が変わることもある(そのときは変わったなどと意識しなくても、時間がたって分かることも多い)。

その瞬間を大事にして生きていくしかない。

ところで、一期一会に相応しい英訳って、どんな文章でしょうか?
下の2つは新聞やネットに掲載されていたものです。
"a once-in-a-lifetime encouter"
"one opportunity, one encounter"

レオンハルト・オイラー

オイラーという数学者の名前は聞いたことがあるでしょう。
彼はたくさんの論文を書きましたが、無限級数の問題は特に興味をひくものがあります。
例えば、以下の無限級数の答えはなんでしょうか?

1+2+3+4+5+・・・・・・

普通であれば、無限大(∞)と答えるでしょうね。
ところが、オイラーによれば、

=−1/12

になるのです!!!
信じられませんが、証明されている事実です。
ほんと、不思議ですね。
オイラーという人物について、もう少し深く学んでみようと思っているところです。

働くということ

今日、本学の大先輩(N氏)から電話連絡があった。
今年4月に中途入社した卒業生が2ヶ月で退社したとの連絡だった。
卒業生は入社前にN氏にあって、いろいろと話を聞いていた。
退職する前に、一言相談してもらえればなんとかなったかも知れないというN氏からの連絡だった。

折角つかんだチャンスだったのに、何が原因だったのか?
今となっては分からない。今の生活がうまくいっていることを祈るだけだ。

先日の彗揚会セミナーで、ゼネコンの現場で働いているOGが後輩に話していた言葉が耳に残っている。
卒業時に恩師から「10年頑張ってみなさい」と言われた。
この言葉があったから続けられたのかどうか分からないが、女性にもかかわらず現場でやれてきたのは、この言葉があったように思うと。若い頃はよく意味が分からなかったが、今となれば意味を自分なりに理解できると。

何事も続けてみることも大事だ。もちろん方針転換を適切に判断することも重要であるが、その後のことも考えて行動すべきであるし、2ヶ月で適切に判断できるとは思えない。
簡単にあきらめる今の風潮は「努力」を軽視することに繋がっているのではないか。

学生の技術者としての教育において、専門的な知識云々の前に、人間としての教育が必要なのか? そこまで大学に期待されるのは荷が重い・・・・・。

記念日?

9a6880eb.jpg今日はちょっとリッチに外食だ!
白トリフもトッピングしてもらった。この季節の風物詩だね。
ついでにワインを2本も飲んでしまったよ(@_@)



フリーターと総選挙

週間東洋経済に東京学芸大学の山田教授が寄稿している。
今回の総選挙での小泉チルドレン(この呼び名自体おかしいと思うが)を「幸運のみで当選」の実例として取り上げ、自民党が増やした得票数500万票という数字はフリーターや派遣社員の数に符合すると述べている。

そして、フリーターを次のように分析している。
平均的能力の持ち主は余分な努力をしなくなる。かわりに「幸運」による成功を求め始める。その典型が「フリーター」なのだと。
しかし、夢に向かって必死に努力している人は少ない。なぜなら夢が叶わなかったときに努力が無駄になることを恐れるから。
それでも彼らは、いつか幸運が訪れ、成功することを夢見る。

努力をダサイとかいって否定する風潮が加速しているのを危惧している。

「運が悪い」などと言うが、確かに運・不運はどうしようもない。
しかし、「運命」は変えることができると思っている。
そのためには「努力」をするしかないのである。もちろん、場合によっては才能も必要になるだろうが。

パキスタン地震

パキスタン地震から2週間がたった。犠牲者数は毎日のように増え、5万人を超えた。このままではもっと増える可能性が高い。

なぜ、このような大きな被害になったのか。遠い海外のことだから関係ないというのではなく、そこから学ぶべき教訓はあるはずだ。もし関東でも大きな地震が発生すれば、似たような状況にならないとも限らない。

いまは救助、救援が優先されるべきであるが、その後の調査から実体が明らかになることを期待したい。


乾杯!

a3890d3b.jpg少し遅くなったけど、何回目かの記念日を祝して乾杯!

このシャンパンは卒業生から贈って頂いたものです。おいしく頂いていま〜す。ありがとう。
Archives
Recent Comments
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

講義中・・・
著書など
研究室のマスコット
「アイソレータ・マン」。頭部は積層ゴムで、胸にはダンパーのマークでエネルギー充填
『耐震・制震・免震が一番わかる』
共著ですが、このような本を技術評論社から出しました。数式などを使わずに耐震構造、制震構造、免震構造のことを、できるだけわかりやすく解説しています。
『免震構造−部材の基本から設計・施工まで−』
免震構造協会の委員会活動の成果として、このような本をオーム社から出しました。免震構造の基本をしっかり学べるような内容となっています。
『4秒免震への道−免震構造設計マニュアル−』
いまでは少し内容が古いかもしれませんが、免震構造の基本的な考えを述べています。初版は1997年に理工図書から出ていて、2007年に改訂版を出しました。
  • ライブドアブログ