iPadを買ってからいろいろとアプリをダウンロードしたりして試しているが、これといった使い方がいまいちピンとこない。出先でメールチェックするだけなら、iPhoneで事足りるし、本格的に仕事をしようとするとパソコンの方が良い。iPadは画面も大きいので、メールをチェックして返信するにも楽だし、メモも取りやすいのは確か。少人数でのプレゼンなどでは強みを発揮するかも知れない。

iPadで電子書籍を読むのは良いかもしれない。本をめくるような感覚でページの移動ができる操作感は優れものである。直感的に操作ができるインターフェイスは今後のパソコンにも取り入れていくべきだろう。しかし、iPadなどで読める電子書籍はそれほど多くない(と思う)。青空文庫を読むことができるi文庫、マンガを中心としたeBook、雑誌などのマガストアなどはあるが。

電子書籍ではないが、国立国会図書館の近代デジタルライブラリーでは明治・大正期の図書の画像データが公開されていたり、建築学会の図書館では古い資料の画像データを公開している。今後も図書のデジタル化はすすめられていくだろう。グーグルでも本や雑誌の電子化がすすめられている。

かさばっても保管に場所をとっても、書籍が刊行されるのであれば購入したい。本に線を引きながら読むのも楽しい。


最後に、iPadに関連する話題を紹介する。
一つは、iPadを収納するハードケース。いかにもアメリカといった雰囲気。iPadを操作するのにフタを開けないといけないのはちょっと使いづらいかな。

もう一つは、古いアップルのコンピュータを加工してiPadのスタンドに変身させたもの(詳しくはこちらから)。iPadが固定されてしまうが、古いマッキントッシュが最新機種に生まれ変わったような錯覚を受ける。古いアップル製コンピュータを知らない世代にはわからないかも知れない。最初に買ったコンピュータがマッキントッシュSEだったし、今でも記念に保管している(動作しないかも知れないが)。