ハフィントンポスト『16歳女子高生、南極点から「サンドイッチ」で反撃』という記事があった。またABCニュースでも取り上げられている。
16歳の女子高生、ジェイド・ハマイスター(Jade Hameister)は「ポーラー・ハットトリック」という偉業を達成した。これは、南極点と北極点、グリーンランド氷床の3カ所をスキーで踏破するもので、16歳は史上最年少だという。

今年1月10日、37日間に及ぶ冒険の末、南極のアムンゼン・スコット基地にたどり着いたジェイド。セレモ二アル・ポールと呼ばれる南極点標識の隣で、誇らしげに国旗を掲げている。注目のポイントは、彼女が手に持っているサンドイッチだ。
180126082432-jade-hameister-sandwich-burn-exlarge-169

一体なぜサンドイッチなのだろうか。

彼女は写真のコメントで、その秘密を明かしている。
「ほら、あなたのためにサンドイッチを作りましたよ(ハム&チーズ入り)。37日間、600キロの距離をスキーで旅して南極点まで来られるんだったら、どうぞ召し上がってください 」

この"あなた"とは、彼女に対して性差別的なコメントをした、あるネットユーザーのことだ。

彼女が14歳のときに北極点への冒険をした後、TED(↓)で講演している。


この動画に対して「俺のためにサンドイッチを作ってよ」「何人の男に手伝ってもらったの?」など嘲笑するコメントを残した人がいたために、彼女はサンドイッチを持った写真を投稿したのだった。

この講演のなかで、彼女は世界中の女性がさまざまなことに挑戦するために、(小さくても)1歩を踏み出そうと呼びかけている。女性は「慎ましくあれ」といった価値観は間違いで、夢に向かって突き進むなかでは、自分を枠にはめることは不可能。「どう見られるか」を気にするのではなく、「どうしたいのか」について、体と頭を使って何ができるかを考えようと述べている。

自分の可能性を広げるには「勇気」がいる。「勇気」というのは、不安や自信の無さにもかかわらず行動する意志のことであり、自分たち自身が一番の敵となっていないか。まずは自分から始めることが大事だし、小さくても一歩を踏み出すだそう、と。

16歳か。。。
北極点や南極点を目指す冒険は、想像を絶する過酷なものだっただろう。そうした行動を実践した彼女の言葉には重みがある。彼女の旅については、National Geographic(ナショジオ)でも特集されている。彼女の冒険のドキュメンタリーが2018年中頃にナショジオから出るそうだ。