耐震工学研究会は、1999年から毎年数回の研究会を東京で開催している任意団体です。耐震設計に関する情報交換や勉強会を通じて、耐震設計の課題などについて議論しています。堅苦しい団体ではありませんで、耐震問題に関する”サロン”を提供したいと考えて発足しました(まだ十分ではないかもしれませんが)

第95回の研究会では、東北大学名誉教授の柴田明徳先生をお招きし、『日本における地震工学の発展』と題してご講演をいただきました。

地震は人間にとって不思議な自然の現象であり、また多くの災厄を人間の社会に与えてきた。科学の時代になり、地震現象の理解(地震学)と共に、地震災害の解明とその防止(地震工学)のための探究が始まった。建物を中心に、これまでの様々な地震災害と、多くの優れた先人たちによる地震工学の発展の過程を話していただきました。地震工学は過去の災害の経験に学び、それを克服しながら進歩してきています。しかし、社会の巨大化、複雑化により、これまでになかった困難な課題も新たに発生しています。私達ひとりひとりが過去を振り返り、その記憶を心にとどめ、将来に備えることが必要である、と解説いただきました。

柴田先生から、講演の概要とパワーポイントのスライド(いずれもPDF)をご提供いただいています。
ご興味がある方は、EeNiXのホームページからダウンロードができます。

ところで、柴田先生の名著『最新 耐震構造解析』で勉強された方も多いのではないでしょうか。いまは第3版となっています。昔この本で勉強された方が、本を研究会に持参されサインをお願いする場面もありました。
20170905185321487

ご講演の最後のスライドには、ここ100年くらいの建築物の大きさが示されていたのが印象的でした。たかだか100年の間に建築物はすごく巨大化してきました。地震被害からの経験を踏まえて、新しい構造技術や設計手法などが開発されてきています。過去の先人がどのようなことを考えていたのかを知ることは大切なことではないでしょうか。
shibata_eenix