日本免震構造協会では、我が国の免震・制振技術を海外に展開すべくいくつかの国で免震・制振セミナーを開催してきている。

最初は、トルコだった。トルコでは大規模な医療施設を免震構造で建設しており、その際に日本の技術を導入したいという要望もあったのが最初の取りかかりだった。下は建築模型だが、1200床の医療施設。これ全部が免震構造。
7d6434e3

そうしたこともありトルコの首都アンカラで政府関係者を対象にしたセミナーを開催し、その後、イスタンブールで技術者などを対象としたセミナーを開催した。トルコの後はルーマニアで同様のセミナーを開催した。ルーマニアでは1970年代に建設された建物の耐震化が問題となっており、免震・制振技術よりも耐震補強に関する知見が求められていたように思う。

そして、今年の8月にはマレーシアとインドネシアで開催し、10月末にはインドでの開催が予定されている(私は校務の関係で参加できない)。マレーシアには大きな地震はないとのことで、耐震設計もそれほど求められていないという。しかし、セミナーには100名ほどが参加し、積極的に質疑応答があったと聞いている。

マレーシアの構造設計基準はユーロコードをベースにしており、インドネシアでは米国ASCE基準がベースになっているそうだ。いずれの国でも設計基準にはヨーロッパや米国の基準を下敷きに作られている。日本の耐震設計基準などはいくつもの震災経験に基づいて改訂されてきており、実績も高いと思われる。しかし、英文化して広く海外に周知できていなかったためか、日本の設計基準が世界で流通しているとはいいがたい。

別に日本の設計基準が他の国で使われなくてもいいのかもしれないが、日本の設計者や技術者が世界で仕事をするには、日本の設計基準が使えた方が便利だろう。さらに日本の震災経験を広く共有することで世界各地で起きる震災をできるだけ軽減することにも役立ててほしい、という思いもある。

そこで、日本の「免震構造設計指針」(日本建築学会)を英訳した。あまりダウンロードされていないようだが、広く活用してもらえると嬉しい。ただ現実問題として、すでに各国では設計基準をユーロコードや米国基準にならってつくっているため、日本基準を使ってもらうことは難しいだろう。

設計基準として使うことは無理でも、設計思想(フィロソフィー)は伝えることができるのではないだろうか。「免震構造設計指針」はその名のとおり「指針」であり、こういう計算をすればいいという手順は具体的に示されていない(逆に、使えない?)。ある意味、免震建物の設計を支援するための情報や考え方、すなわち設計思想が書かれている。こうした設計思想が数々の震災の経験に基づいて築き上げられたものなら、なおさら有益だと思われる。

海外での免震・制振セミナーを通じて、日本の経験や設計思想といったものを伝えていけたらと思う。こうした活動を通じて、日本と海外の設計者や技術者が交流を促進することにもつなげたい。いまは国内の仕事で忙しいかもしれないものの、その後に備えておくことも必要ではないかと・・・